「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【和歌山】学校でキャンプ!ノスタルジック体験ができる「SHINODA BASE」をレビュー

【和歌山】学校でキャンプ!ノスタルジック体験ができる「SHINODA BASE」をレビュー

シノダベースは、学校でキャンプとノスタルジックな体験ができるユニークなキャンプ場です。校庭がキャンプサイトになっていることが特徴で、校舎の中には休憩所や、遊べるスペースがあります。特別な時間を過ごせた素敵なシノダベースを体験レビューします。


ライター自己紹介:生粋のソロキャンパー。ひたすら焚き火をしながら酒を呑むスタイルで、キャンプを適当に始めてから、いつのまにか8年目に突入です。おしゃれでもなく無骨でもなく、テキトーにやってます。基本同じキャンプ場は利用せず、いろいろなキャンプ場に出没。たまにファミリー、グルキャンもします。

憧れの学校キャンプ「SHINODA BASE」で童心に返ろう

廃校キャンプ場、シノダベースとはどのような施設なのか?詳しく解説いたします。

小学校に泊る「SHINODA BASE」とは

145年という長い歴史に幕を閉じた信太小学校をリノベーションしてキャンプ場に生まれ変わったのがシノダベースです。残された校舎内には、遊べるスペースや図書室があり、校庭は、サイトとして利用できます。>

学校に泊まるという非日常な体験が叶うキャンプ場。夏は残されたプールで遊ぶこともできます。お子様連れから、ソロキャンパーまで、どなたでも安心して利用できる施設です。

シノダベースの住所やアクセス方法


住所和歌山県橋本市高野口町九重87-1
電話番号0736-42-3932
営業期間通年
アクセス

高野口ICから車で約5分

大阪市から約1時間半ほどの場所にあります。京都からは約2時間、奈良から約1時間と関西の主要な都市からのアクセスが良いと言えます。高速道路を下りてから、車で約5分とアクセス良好なこともおすすめポイントです。

あわせて読みたい関連記事

【大阪】大阪市内から約60分!関西のおしゃれキャンプ場「ゴリラフィールドとよの」レビュー

https://news-magazine-campers.com/articles/1823

京阪神からのアクセスが良い、豊能にある個性的なキャンプ場「ゴリラフィールド」を紹介します。名前の通り、ゴリラがコンセプトなフィールドですが、おしゃれな雰囲気と、快適なサイトが魅力的です。今回は、そんな大阪の注目キャンプ場、ゴリラフィールドを紹介します。

校庭がキャンプ場!サイトの紹介

筆者が利用したのはフリーサイトです。車の乗り入れはできませんが、駐車場から距離は50mもないので、搬入は苦になりませんでした。サイトまでは段差がないので、カートがあれば便利でしたよ。

サイトの真ん中がフリーサイトになります。ソロテントなら10張りぐらいはできそうな広さです。オートサイトがフェンス側面にありますので、設営する向きは向かい合わないようにしたいですね。

オートサイトはフェンス沿いにあります。サイトとサイトの間は、ロープで仕切られているだけなので少し分かりにくいかもしれません。横のサイトにはみ出して設営しないように気をつけてください。

地面は土に少し草が生えています。元々は校庭なので、水はけは悪くなさそうです。ペグは刺さりやすかったので、設営はスムーズにできるでしょう。

校庭にテントを張るという非日常的な体験ができます。外から校庭は丸見えなので、気になる人は気になるかもしれませんね。

図書館やプレイルーム!コワーキングスペースにも

視聴覚室をリノベーションしたコワーキング室が施設内にあります。Wi-Fi、冷暖房完備で、山や田んぼが見える静かなお部屋です。会議室もあります。

施設の中には、卓球台が置いてあるプレイルームに、豊富な本が揃った図書室もあり、自由に使用することが可能です。もちろん利用料金は無料となっています。

給食カフェ

懐かしい給食メニューが食べことができるカフェがあります。みんな大好きなカレーとソフト麺の2つのメニューがあり、子供の頃に戻ったような気持ちになれます。3日前の予約制となっていますので、事前に予約してください。

水風呂はプール!テントサウナ

残念ながら今回撮影はできなかったのですが、学校のプールを水風呂として使えるテントサウナのレンタルサービスもあります。テントサウナのみの利用もでき、キャンプと併用しても利用も可能です。

サウナで暖まった身体で、そのままプールにダイブするのは気持ち良さそうですね。夏はプールとしてオープンしてます。浮き輪や水鉄砲などがレンタルでき、学校のプールで、童心に戻って思いっきり楽しんでください。

夜の過ごし方

廃校キャンプ場といっても普通のキャンプ場と同じで、焚き火をすることができます。夜は焚き火の炎を眺めながらゆっくりと過ごすのがおすすめです。また、空も綺麗なので天体観測もいいのではないでしょうか。

また、敷地内には電灯がありますので、夜でもトイレに行くときは、明るくて安全でした。小さなお子さんが一緒にいても安心できる環境です。

あわせて読みたい関連記事

【大阪】山頂から絶景を見渡すパノラマビュー!関西の穴場「風葉キャンプ場」レビュー

https://news-magazine-campers.com/articles/1818

大阪の夜景を望むことができる風葉キャンプ場を紹介します。大手キャンプ場予約サイトにも掲載されていない、知る人ぞ知る穴場キャンプ場です。大阪、奈良の境目にあり、関西圏からのアクセスも抜群。カフェ、露天風呂などがあり、施設も充実しているので、ぜひチェックしてみてください。

「シノダベース」気になったポイント

筆者が気になった点は、小学校を利用しているので、トイレの小便器の高さは低かったことです。綺麗に清掃されていますが、廃校なので古さは少し気になりました。

また、キャンプ場の周りは住宅があるため、大自然の中でキャンプをしている雰囲気とはなりにくいと言えます。森や山の中でのキャンプが好きな人にとっては、気になるかもしれません。

気になる料金や予約法は?

シノダベースの気になる利用料金と予約方法を案内します。

値段

◾️入場料

大人1名(中学生以上)500円(税込)
子供1名(小学生)300円(税込)

◾️サイト料金

オートサイトA  7m×9m3,500円〜
オートサイトB  8m×9m
4,000円〜
ソロキャンプサイト(フリーサイト)2,500円〜
デイキャンプ( 11時〜17時)3,000円 *繁忙期3,500円

価格は、高くもなく安くもない、平均的な設定になっています。入場料がありますので、人数によって価格が変わるでしょう。オートサイトは、大きさによって値段が違います。

手ぶらでキャンプできるプランも用意されています。全てレンタル品で、利用料金は、税込12,000円です。初めてキャンプをしてみたい人は、こちらのプランもおすすめです。

予約方法

予約はキャンプ場予約サイト「なっぷ」ですることができます。公式ホームページに予約するページがありますが、リンク先は「なっぷ」となります。

公式LINEからも予約することができます。ホームページから友達追加することで、そこから予約することも可能です。

「シノダベース」の周辺情報

元々は小学校で山の中にあるわけでもないため、周辺には買い出しに行ける店がたくさんあります。1番大きくて品揃えが豊富なのは、オークワ高野口店で、車で約10分ほどの距離です。

入浴施設も同じ距離ぐらいであり、天然温泉ゆの里があります。帰りの際に利用して、疲れた身体を癒してください。

あわせて読みたい関連記事

YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

https://news-magazine-campers.com/articles/1822

話題のYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を監督インタビューを含めて徹底解説します。まだ「おやじキャンプ飯」を観たことがない方にも、続編が気になるファンの方にも、わかりやすく詳細をまとめてみたのでぜひチェックしてみてください。

まとめ

個性的な廃校キャンプが体験できるシノダベースを紹介しました。筆者はソロで利用しましたが、グループからファミリーまで幅広く楽しめるキャンプ場となっています。

遊べるスペースや、夏はプールとアクティビティも豊富。人気のテントサウナも最近利用できるようになり、日々アップデートされています。関西で少し変わったキャンプがしたいならシノダベースを是非、利用してくださいね。

この記事のライター

Zen

生粋のソロキャンパー。ひたすら焚き火をしながら酒を呑むスタイルで、キャンプを適当に始めてから、いつのまにか8年目に突入です。おしゃれでもなく無骨でもなく、テキトーにやってます。基本同じキャンプ場は利用せず、いろいろなキャンプ場に出没。たまにファミリー、グルキャンもします。

関連するキーワード


学校 廃校

最新の投稿


【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

焼酎に良く合う大人の味付けを目指して、「牛タン味噌煮込み」作りにチャレンジしました。ダッチオーブンを使って、長時間煮込むことで具材の旨味を極限に引き出すことに成功しました。具材を入れて煮込むだけの簡単レシピなので、ぜひ参考にしてください。


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。