「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【大阪】山頂から絶景を見渡すパノラマビュー!関西の穴場「風葉キャンプ場」レビュー

【大阪】山頂から絶景を見渡すパノラマビュー!関西の穴場「風葉キャンプ場」レビュー

大阪の夜景を望むことができる風葉キャンプ場を紹介します。大手キャンプ場予約サイトにも掲載されていない、知る人ぞ知る穴場キャンプ場です。大阪、奈良の境目にあり、関西圏からのアクセスも抜群。カフェ、露天風呂などがあり、施設も充実しているので、ぜひチェックしてみてください。


大阪を一望!絶景が待つ「風葉キャンプ場」

関西穴場、筆者お気に入りのキャンプ場「風葉キャンプ場」の魅力を紹介します。実体験で感じたことも含めてレビューしますので、ぜひチェックしてみてください。

関西の穴場キャンプ場「風葉キャンプ場」とは

ライター撮影

風葉キャンプ場は、本当はあまり教えたくない穴場キャンプ場ですが、あまりに気に入ったので紹介したいと思います。大手キャンプ場予約サイトにも掲載されていない、知る人ぞ知る施設になります。

場所は、大阪府と奈良県の県境にある生駒山山頂付近なので、大阪と奈良からのアクセスも抜群です。また、サイトからのサンセットと夜景、そしてパノラマに広がる絶景を楽しめることがキャンプ場の大きな魅力となっています。

風葉キャンプ場の特徴は、生駒山山頂から河内平野を一望することができることです。目の前に広がる大阪の街並みと、夜は夜景を望むことができます。夕方になると河内平野に沈む夕陽は圧巻です。

風葉キャンプ場の住所やアクセス方法


住所大阪府東大阪市上石切町2-1570
電話番号090-5045-7800
チェックイン/アウト14:00/11:00
定休日月曜日、金曜日

信貴生駒スカイライン沿いにあります。信貴生駒スカイラインは、阪奈道路の山上口I.Cからアクセスすることができますが、有料道路です。料金所で、風葉キャンプ場を利用する旨を説明すると、往復分の金額提示してくれますので、支払ってください。

聖天口料金所から、車で約10分ほどの距離です。生駒山上駅からは徒歩15分と電車でもアクセスすることができます。

あわせて読みたい関連記事

【2023年版】大阪キャンプ場おすすめ23選!人気コテージや穴場スポットを紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1737

大阪のおすすめキャンプ場を紹介します。コテージ泊や、無料のキャンプ場、穴場のキャンプ場など特色ごとに人気のキャンプ場を厳選!都会のイメージがある大阪ですが、意外にも身近にキャンプ場が多くありましたので、おすすめをピックアップしてまとめてみました。

自己紹介

生粋のソロキャンパー。ひたすら焚き火をしながら酒を呑むスタイルで、キャンプを適当に始めてから、いつのまにか8年目に突入です。おしゃれでもなく無骨でもなく、テキトーにやってます。基本同じキャンプ場は利用せず、いろいろなキャンプ場に出没。たまにファミリー、グルキャンもします。

サイトの紹介

風葉キャンプ場には、大きく分けて3つのエリアがあります。フォレストサイト、サンセットサイト、森のフリーサイトです。

フォレストサイトは5サイト、サンセットサイトは2サイトになります。森のフリーサイトは、ソロテントが5張りぐらいできるかの大きさです。

全てのサイトには、細かい砂利が敷かれています。土ではないので、テントやグランドシートが泥々になることはありません。

サンセットサイトC

ライター撮影

Cサイトの前には何もないので、1番景色が良いサイトです。大きさは5m×5mで、駐車場から約30mとなっています。大型テントは張れない可能性がありますので、ご注意下さい。

サンセットサイトB

ライター撮影

先ほどのCサイトの一段上にあるのが、Bサイトです。広さは少し狭くなり5m×3.5m。筆者が利用したサイトで、コールマンのツーリングドームLXとタープを張れるぐらいのサイズでした。こちらも大型テントは難しいでしょう。

フォレストサイトE

ライター撮影

フォレストサイトは、ソロキャンプ向けで1番駐車場からも遠くなり、他のサイトからも離れています。静かに過ごしたい人向けです。Eサイトは、3m×3mとソロテントが張れるぐらいの広さです。

フォレストサイトD

ライター撮影

Dサイトは2.5m×4mと、細長のサイトです。

森のサイト(フリーサイト)

ライター撮影

森の中にあるフリーサイトは、駐車場からすぐ近くにあります。搬入がしやすく、価格も安いですが、景色を楽しむことはできません。グルソロキャンをしたい人には、おすすめのサイトです。

管理棟や販売所

管理棟(受付)

ライター撮影

こちらが管理棟になります。到着したらまずここで受付と利用料金の支払いを済ましてください。管理棟で薪の販売もしていますので、必要なら購入できます。

設備

炊事場

ライター撮影

野外トイレ

ライター撮影

水回りの設備は、炊事場については1ヶ所のみです。トイレは、野外の簡易トイレと管理棟内にもあり2つあります。そして、室内トイレはウォシュレット付きで綺麗なので、女性は室内トイレの利用をおすすめします。

また、圧巻なのは、夜景を望むことができる露天風呂があることです。利用料金は1時間2,500円となっていますので、宿泊する際はぜひ利用してみてください。このほかにも室内シャワーがあり、1回あたり500円となっています。

カフェも併設

カフェテラス

ライター撮影

風葉キャンプ場には、おしゃれなカフェも併設されています。営業日は土日だけですが、奇跡の絶景を見ながらランチを堪能してみてください。おしゃれな内装の店内はもちろん、天気の良い日は室外のテラスを利用するのがおすすめです。

開放的な空間でゆっくりとお過ごしください。

夜景

ライター撮影

生駒山にある風葉キャンプ場からは、大阪の河内平野を一望することができます。夜景だけではなく、沈む夕陽も見ることができ、その美しさは圧巻です。天気が良いときを狙って、ぜひ利用してみてください。

あわせて読みたい関連記事

【関西】温泉など入浴施設のあるRVパークおすすめ11選!快適に車中泊を楽しもう

https://news-magazine-campers.com/articles/1710

関西のRVパークの紹介です。温泉など入浴施設がある車中泊初心者にも優しいおすすめのRVパークを取り上げました。施設ごとの特徴や魅力、周辺の観光スポットなども合わせて紹介していますので、快適で楽しい車中泊の参考にしてください。

気になったポイント

キャンプ場の様子

ライター撮影

風葉キャンプ場で1番気になるのは、設備面が乏しいことです。炊事場とトイレは簡易のものなので、設備は充実しているとは言えませんので女性やお子さん連れの方などはご注意ください。

また、サイトが斜面にあることもあり、階段での移動しなくてはいけません。駐車場からサイトまで荷物を持って行くのは少し大変なので、工夫が必要です。

気になる料金や予約法は?

風葉キャンプ場の料金と予約方法を説明します。

値段

利用料金は、サイトによって異なります。サイトごとの料金を表にまとめてみました。

サイトの種類料金

サンセットサイト

(A、B、Cの3サイト)

大人3,000円、小学生以下1,500円(2名以上の利用条件)

*1人利用は5,000円

フォレストサイト

(D、Eの2サイト)

大人2,500円、小学生以下1,000円

*1人から利用可能

森のフリーサイト

大人2,000円、小学生以下1,000円

*1人から利用可能

予約方法

予約方法は2つあり、ホームページからと電話で予約することができます。ホームページからは予約フォーマットに記入すると後日メールで連絡がありますので、確認してください。

「風葉キャンプ場」の周辺情報

キャンプ場の近くには、「COOL JAPAN AWARD」を受賞した夜景で有名な生駒山上遊園地があります。開園は1929年とかなりの歴史を誇る施設で、奈良県にある唯一の遊園地です。

実は、この遊園地にあるサイクルモノレールは、SNSでも話題になっている乗り物で、大阪の夜景と景色を堪能することができます。風葉キャンプ場を利用する際には、寄ってみてはどうでしょうか?

あわせて読みたい関連記事

【2023年版】奈良県のおすすめキャンプ場21選!人気コテージや穴場スポットなど

https://news-magazine-campers.com/articles/1718

2023年の奈良県のおすすめキャンプ場についてまとめています。ここではコテージ付き、無料、周囲に温泉があるなどのキャンプ場を紹介します。またあまり知られていない穴場も紹介しているのでキャンプ場を決めるときの参考にしてみてください。

まとめ

サイトの様子

ライター撮影

本当は教えたくないほどお気に入りの穴場キャンプ場「風葉キャンプ場」を紹介しました。オーナーさんが手作りされている施設で、その人柄も素敵でした。こじんまりした雰囲気が心地よく、ソロキャンプからファミリーキャンプまで楽しむことができます。

設備は必要最低限なので、高規格なキャンプ場を望む人向けではありません。しかし、それ以上の絶景や夜景を楽しむことができますよ。気になったらぜひ利用してみてください。

この記事のライター

Zen

生粋のソロキャンパー。ひたすら焚き火をしながら酒を呑むスタイルで、キャンプを適当に始めてから、いつのまにか8年目に突入です。おしゃれでもなく無骨でもなく、テキトーにやってます。基本同じキャンプ場は利用せず、いろいろなキャンプ場に出没。たまにファミリー、グルキャンもします。

関連する投稿


【兵庫】淡路島の高規格キャンプ場!「ウェルネスパーク五色キャンプ場」をレビュー

【兵庫】淡路島の高規格キャンプ場!「ウェルネスパーク五色キャンプ場」をレビュー

淡路島にある「ウェルネスパーク五色」は予約困難な人気の高規格キャンプ場です。キャンプサイトも綺麗ですが充実の設備が人気の理由!そんな「ウェルネスパーク五色」でどんな体験をしてきたのか、実際に泊まったレビューをお届けします。


【大阪】大阪市内から約60分!関西のおしゃれキャンプ場「ゴリラフィールドとよの」レビュー

【大阪】大阪市内から約60分!関西のおしゃれキャンプ場「ゴリラフィールドとよの」レビュー

京阪神からのアクセスが良い、豊能にある個性的なキャンプ場「ゴリラフィールド」を紹介します。名前の通り、ゴリラがコンセプトなフィールドですが、おしゃれな雰囲気と、快適なサイトが魅力的です。今回は、そんな大阪の注目キャンプ場、ゴリラフィールドを紹介します。


YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

話題のYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を監督インタビューを含めて徹底解説します。まだ「おやじキャンプ飯」を観たことがない方にも、続編が気になるファンの方にも、わかりやすく詳細をまとめてみたのでぜひチェックしてみてください。


【2023年版】大阪キャンプ場おすすめ23選!人気コテージや穴場スポットを紹介

【2023年版】大阪キャンプ場おすすめ23選!人気コテージや穴場スポットを紹介

大阪のおすすめキャンプ場を紹介します。コテージ泊や、無料のキャンプ場、穴場のキャンプ場など特色ごとに人気のキャンプ場を厳選!都会のイメージがある大阪ですが、意外にも身近にキャンプ場が多くありましたので、おすすめをピックアップしてまとめてみました。


【関西】温泉など入浴施設のあるRVパークおすすめ11選!快適に車中泊を楽しもう

【関西】温泉など入浴施設のあるRVパークおすすめ11選!快適に車中泊を楽しもう

関西のRVパークの紹介です。温泉など入浴施設がある車中泊初心者にも優しいおすすめのRVパークを取り上げました。施設ごとの特徴や魅力、周辺の観光スポットなども合わせて紹介していますので、快適で楽しい車中泊の参考にしてください。


最新の投稿


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし