「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【神奈川】景色が抜群!都心から日帰りもOK「ちがさき柳島キャンプ場」をレビュー

【神奈川】景色が抜群!都心から日帰りもOK「ちがさき柳島キャンプ場」をレビュー

神奈川県の湘南エリアで唯一のキャンプ場「ちがさき柳島キャンプ場」で、デイキャンプしてきました。アクセスがよく設備やレンタル品が整っているため人気があります。そんな「ちがさき柳島キャンプ場」の体験レビューをまとめてみました。


湘南海沿い「ちがさき柳島キャンプ場 」でデイキャンプ

海が好きなキャンパーには特におすすめしたい「ちがさき柳島キャンプ場 」。アクセスが良く手軽に自然を感じられるので、一度訪れたらリピートしたくなる場所です。ちょっとしたリフレッシュにもおすすめです。

湘南ならではの海沿いキャンプ場を紹介していきます。

海辺キャンプを満喫できる湘南エリア唯一のキャンプ場

クロマツ林に囲まれた、海まで 30 秒の好立地にある湘南エリア唯一のキャンプ場。一区画が広く、設備も充実しているため、デイキャンプだけでなく、安心して宿泊もできます。

「江ノ島×朝日」や「富士山×夕陽」といった最高のロケーションを望めることも「ちがさき柳島キャンプ場 」のメリットです。

「ちがさき柳島キャンプ場 」の住所やアクセス方法


住所〒253-0063 神奈川県茅ヶ崎市柳島海岸1592番1地先
電話番号0467-87-1385
受付時間AM 9:00 〜 PM 6:00
定休日火曜日 (7月25日~8月31日を除く)
アクセス方法
新湘南バイパス茅ヶ崎海岸IC出口より約3分


ちがさき柳島キャンプ場

自己紹介

静岡県西伊豆町出身。海と山に囲まれた自然豊かな場所で生まれ育った影響から、ダイビングインストラクターや操舵手といった海にかかわる仕事に携わってきました。年齢を重ねるうちに日本の自然は海だけでないことに気づき、山にも目を向けるように。そんな時にソロキャンプにハマった叔母に誘われ、今年念願のキャンプデビュー。月に1回、神奈川から伊豆近辺のキャンプ場で叔母と一緒に特訓しています。

チェックイン

到着したらチェックイン!車の場合は、サイトへの乗り入れはできないので駐車スペースに車を停めることになります。道沿いに縦列駐車する必要があり、基本的に1つの予約に対し1台までの駐車が可能です。

荷物が多い方や運ぶことが大変な方は、サイトの入り口付近を選んで車から近い区画を選ぶと良いでしょう。

スタッフの方が施設の使い方を丁寧に教えてくれたり、サイトの場所も一緒に選んでくれたりするので、初心者キャンパーでも安心です。

官理棟、設備について

「ちがさき柳島キャンプ場」の魅力は、設備の充実度にもあります。宿泊棟やログキャビン、BBQスペース、共用炊事場、トイレ・シャワーなど設備が充実していて、清潔に保たれている印象です。

管理棟では、電池やライター、シャンプー、カイロ、雨具など、痒いところに手が届くようなアイテムを多く取り揃えています。

レンタル品も豊富ですし、事前に予約すれば食材も用意してくれるので、手ぶらキャンプも可能。初心者やファミリーにはありがたいキャンプ場です。

サイトについて

テントサイトは、クロマツ林からの木漏れ日が輝く素敵な林間サイトとなっています。広々とした約7m四方のサイトは、他の区画とのスペースもあるのが嬉しいポイントです。火は耐火タイルの上で使用となるので、直火はしないように注意してください。

椅子やテーブルなどはないので、ご自身で用意するかレンタルを利用しましょう。

デイキャンプの過ごし方

今回のデイキャンプは、11時から16時まで5時間予定のスケジュールでした。荷物の移動とテントの設営がスムーズに行うことができれば、時間を有効に使うことができます。

私たちはまだ初心者なので、テント設営や火起こしに少し時間はかかりますが楽しみながらやっています。設営などが終われば、料理の準備。料理や火の管理は座りながらできるので休みながら行います。

デイキャンプの醍醐味は、なんと言ってもキャンプ飯ですよね。自然の中で食べるデザート付きのちょっと贅沢なごはんと、その後のコーヒーブレイクは最高です。余裕があるときは、テントの中でお昼寝をすることもあります。

キャンプ飯

今回のキャンプ飯は、チーズ海苔サンドイッチ、サラダといちごを添えたワンプレート、クラムチャウダー、チーズケーキでした。叔母が自宅で、ある程度下ごしらえをしてきてくれるので、デイキャンプでも調理はスムーズです。

チーズ海苔サンドイッチは叔母おすすめの組み合わせ。私たちの地元、伊豆の海苔を使っています。チーズケーキは私のリクエストに叔母が応えてくれました。はんごうで簡単にできるらしいので、ぜひ試してみてくださいね。

「ちがさき柳島キャンプ場 」の気になったポイント

「ちがさき柳島キャンプ場」を利用する際の注意点を3つ紹介します。予約時の参考にしてくださいね。

駐車スペースでの縦列駐車

車で来られる方は、駐車場について知っておく必要があります。駐車場ではなくキャンプサイト沿いに駐車スペースがあります。駐車するためには突き当りでUターンして縦列で車を停める必要があります。

チェックインの時間を除けば、車の出入りは少ないので、縦列駐車が苦手な方は慌てずゆっくり停めることをおすすめします。またチェックアウト後は車を停めておくことはできないので、速やかに移動するようにしましょう。

プランにより支払い方法が異なる

デイキャンプでテントサイトを利用する場合は、当日現地支払いです。プランによっては、事前に支払いを済ませておく必要がある場合もあり、支払い方法が異なりますので、あらかじめ公式サイトで希望のプランの支払い方法を確認しておくのが良いでしょう。

利用日から3日以内のキャンセルはキャンセル料(20%)が発生します。

乳幼児も定員人数に含まれる

テントサイトは、1サイト5名までの利用が可能です。乳幼児も定員人数に含まれるので、注意しましょう。定員オーバーする場合は、2サイトの予約が必要となりますが、車も2台まで停められるので安心です。

人数に合わせてプランやサイト数を決めることをおすすめします。


気になる料金や予約法は?

料金や予約方法について紹介します。シーズンやご利用タイプによって値段や支払い方法が異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

値段



宿泊日帰り
繁忙期 
3,700
3,200
通常期
3,200
2,700
閑散期 
2,700
2,200

※繁忙期 7月~8月の全日、年末年始、GW(4/27~5/6)

(宿泊) 3~6、9~11月の金・土・日・祝日の前日

(日帰り)3~6、9~11月の土・日・祝日

※通常期 3月~11月の繁忙期を除く全日  ※閑散期 12月~2月の繁忙期を除く全日


予約方法

電話ネット予約が可能です。事前支払いが必須なプランでお振込みを希望される場合は、電話にて連絡するとスムーズとなります。

「ちがさき柳島キャンプ場 」の周辺情報

「ちがさき柳島キャンプ場 」周辺には、サザンビーチや茅ヶ崎里山公園などの観光スポットもありますが、わたしがおすすめしたいのは「湘南天然温泉 湯乃蔵ガーデン」。地下1,500mから湧き出る温泉は、1日の余韻に浸りながら心身ともにあたためてくれます。

「ちがさき柳島キャンプ場 」から車で15分の場所にあるので、日帰り・宿泊の方も立ち寄りやすいでしょう。

まとめ

今回は湘南エリア唯一の「ちがさき柳島キャンプ場 」を紹介しました。アクセスが良く、設備やレンタル品、周辺施設が充実しているため、初心者キャンパーでも挑戦しやすいのではないでしょうか。

本記事が「ちがさき柳島キャンプ場 」を訪れるきっかけになればと思っています。

女性キャンパー2人でテントの設営&撤収にチャレンジ!どれくらいの時間がかかるのか検証レポート

https://news-magazine-campers.com/articles/1781

キャンプを初めて一年未満の女性キャンパー2人がテントの設営から撤収までにかかる時間をレポートします。これまでの失敗を活かして試行錯誤しながらのディキャンプ。説明書にはない女性初心者キャンパー目線の工夫も踏まえてご紹介していきます。

おしゃれジブリ風キャンプ飯に挑戦!大人もテンションが上がる朝ごはん体験レポート

https://news-magazine-campers.com/articles/1769

キャンプでの朝ごはんはいつもより豪華で華やかなものにしたいですよね。そこで今回は、キャンプの朝ごはんを楽しみたい人に向けて「おしゃれジブリ風キャンプ飯」に挑戦した感想をレポート。「切って焼くだけ」の誰にでも作れるレシピも合わせて紹介します!

【山梨】富士山麓最大級の広さ!プライベート感溢れる「マウントフジキャンプリゾート」をレビュー

https://news-magazine-campers.com/articles/1801

山梨県の富士山麓にある「マウントフジキャンプリゾート」をペットキャンパーが体験レポート!圧倒的開放感が魅力のキャンプ場です。最大級クラスと言われる、広々としたドッグランサイトや、施設情報などの魅力をたくさんの画像とともに詳しくお届けします。

この記事のライター

静岡県西伊豆町出身。ダイビングやドルフィンスイム、ディキャンプなど地球で遊ぶのがだいすき!

関連する投稿


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


【神奈川】都心から約1時間!自然の中で本気で遊べる「表丹沢野外活動センター」をレビュー

【神奈川】都心から約1時間!自然の中で本気で遊べる「表丹沢野外活動センター」をレビュー

神奈川県・秦野市にある「 表丹沢野外活動センター」でデイキャンプをしてきました。東京から約1時間とアクセスが良く、手軽に自然で遊べる場所です。施設の設備も充実しているので初心者の方にもおすすめ。「 表丹沢野外活動センター」の体験レビューをまとめてみました。


【大阪】バーベキュー場は無料!子連れデイキャンプにおすすめの「山田池公園」をレビュー

【大阪】バーベキュー場は無料!子連れデイキャンプにおすすめの「山田池公園」をレビュー

大阪府枚方市にある山田池公園。広大な敷地の中には、無料のバーベキュー施設があり、子連れデイキャンプに最高の場所です!バーベキューはもちろんめいっぱい遊ぶことができる山田池公園に行ってきました。デイキャンプ体験レビューを紹介します。


【神奈川】緑に囲まれ川に癒される!東京から90分で行ける「マウントブリッジキャンプ場」をレビュー

【神奈川】緑に囲まれ川に癒される!東京から90分で行ける「マウントブリッジキャンプ場」をレビュー

神奈川県の西丹沢湖を北上した先にある「マウントブリッジキャンプ場」で、デイキャンプをしてきました。東京から90分ほどで訪れることができるので関東のキャンプ場の中でも好条件。そんな「マウントブリッジキャンプ場」の体験レビューをまとめてみました。


【山梨】露天風呂にサウナも!「マウントフジキャンプリゾート」のグランピング施設をレビュー

【山梨】露天風呂にサウナも!「マウントフジキャンプリゾート」のグランピング施設をレビュー

山梨にある圧倒的開放感が魅力の「マウントフジキャンプリゾート」には、1万坪の敷地内に2棟のグランピング施設があるのをご存じでしょうか。完全なるプライベート空間を堪能できる、充実施設を現地の写真とともに詳しく紹介します。


最新の投稿


【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

焼酎に良く合う大人の味付けを目指して、「牛タン味噌煮込み」作りにチャレンジしました。ダッチオーブンを使って、長時間煮込むことで具材の旨味を極限に引き出すことに成功しました。具材を入れて煮込むだけの簡単レシピなので、ぜひ参考にしてください。


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。