「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【神奈川】都心から約1時間!自然の中で本気で遊べる「表丹沢野外活動センター」をレビュー

【神奈川】都心から約1時間!自然の中で本気で遊べる「表丹沢野外活動センター」をレビュー

神奈川県・秦野市にある「 表丹沢野外活動センター」でデイキャンプをしてきました。東京から約1時間とアクセスが良く、手軽に自然で遊べる場所です。施設の設備も充実しているので初心者の方にもおすすめ。「 表丹沢野外活動センター」の体験レビューをまとめてみました。



ライター紹介:静岡県西伊豆町出身。海と山に囲まれた自然豊かな場所で生まれ育った影響から、ダイビングインストラクターや操舵手といった海にかかわる仕事に携わってきました。年齢を重ねるうちに日本の自然は海だけでないことに気づき、山にも目を向けるように。そんな時にソロキャンプにハマった叔母に誘われ、今年念願のキャンプデビュー。月に1回、神奈川から伊豆近辺のキャンプ場で叔母と一緒に特訓しています。

都心からアクセス良好「 表丹沢野外活動センター」でデイキャンプ

神奈川県秦野市「 表丹沢野外活動センター」でデイキャンプをしてきました。東京から約1時間というアクセスの良さと充実した設備が特徴です。そんな「 表丹沢野外活動センター」の魅力をレビューします。

ソロもファミキャンにもおすすめ「表丹沢野外活動センター」とは

「 表丹沢野外活動センター」のコンセプトは、「遊んで、体験して、つながる!」です。遊びを通して体験し、交流を楽しむことで、表丹沢の魅力を感じて欲しいという願いが込められています。

施設は、木々に囲まれた場所にありますが、場内全域には無料wifi、温泉、炊事棟、水洗トイレなど設備が充実。そして、清潔に管理されているため、お子さん連れのファミリーや女性でも安心して利用できます。

また、お子さんが遊べる「あそびば」もあるので、ファミリーにも人気です。

「 表丹沢野外活動センター」の住所やアクセス方法


住所
〒259-1302 神奈川県秦野市菩提2046-5
連絡先
0463-75-0725
アクセス

新東名高速道路(第二東名)丹沢秦野スマートICより8分

東名高速道路 秦野中井ICより23分

日帰り利用時間
10:30~18:00 (10月~3月は17:00)

高速道路を使うことで「 表丹沢野外活動センター」までのアクセスは比較的スムーズです。

あわせて読みたい関連記事

【神奈川】おすすめのチェアリングスポット5選!おすすめのお弁当も紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1634

神奈川おすすめのチェアリングスポットを紹介します。海や山に囲まれた神奈川県には、チェアリングスポットがたくさんあります。ゆったり癒されるチェアリングスポットやランチにおすすめのお弁当情報もまとめてみました。チェアリングスポットを探している方は参考にしてください。

子ども大興奮!森林あそびば

BBQ広場の上には、芝滑りやターザンロープなどがある「森林あそびば」があります。広々としたスペースで、お子さんがたっぷり遊べるエリアです。プチアスレチックのような感じなので、お子さんにとってワクワクが止まらないことでしょう。

注意点としては、遊ぶ時は長袖、長ズボンなどを着用した方が良さそうに感じました。

森林浴を満喫!ハイキングも楽しめる

表丹沢の魅力は、森林浴やハイキングを手軽に楽しめることです。5つのハイキングコースがあり、筆者おすすめは、「表丹沢野外活動センター・葛葉の泉コース」です。このコースは、「表丹沢野外活動センター」を経由します。

そして、環境省より名水百選に選定されている秦野名水「葛葉の泉」を巡ることができるコースとなっていることが特徴。名水に触れながらのハイキングで、リフレッシュもおすすめです。

サイトの紹介

表丹沢野外活動センターのテントサイトは、芝生区画サイトとフリーエアサイトがあります。デイキャンプで使用できるのは、芝生区画サイトとバーベキュースペースです。今回利用したのは芝生区画サイトです。

サイト付近までの車の移動や乗り入れは禁止なので、駐車場から荷物を運ぶ必要がありますが、秦野の街を眺められるロケーションを見ればその苦労も吹き飛んでしまいます。

また、Lサイズのレンコンテントを設営しても、少しスペースが余るくらいの広さがあるので十分な広さ。芝生も綺麗で、無料Wifiも完備と快適なサイトでした。

設備

チェックインは駐車場に隣接している管理棟で行います。スタッフの方が常勤してくださってるので安心です。キャンプ場の使い方や注意点を丁寧に教えてくれます。

管理棟では、テントや調理器具などさまざまなレンタル品を取り扱っていました。また、薪や炭も販売していたので、荷物の運搬が大変な場合でも荷物を減らしてレンタル利用するのもおすすめです。

広々とした炊事棟には、かまどや調理場があり、屋根付きなので雨の日でも安心です。

かまどもたくさんあるので、ハイシーズンでも比較的混雑せず利用できそうです。

トイレ&シャワー棟は土足厳禁でとてもきれいです。

「表丹沢野外活動センター」の設備はすべて清潔に保たれていますので、野外の水回りが苦手な方でも心配なく使用できます。

シャワーは5分200円で利用可能です。

お風呂棟。アメニティは完備されていないため、持参していきましょう。

キャンプ飯

今回のキャンプ飯は、寒い冬にぴったりの味噌煮込みうどんをメインに、冷凍の一口ちらし寿司、アップルクロワッサンでした。

アップルクロワッサンは、叔母が事前に下ごしらえしてくれた、りんごとカスタードプリンを混ぜて、市販のクロワッサンに入れて焼いてくれました。ちなみにクロワッサンはパイシートを忘れてしまったため、途中のコンビニで購入したものです。

ハプニングはつきものですが、試行錯誤して作ってくれたアップルクロワッサンは絶品でした。お子さんにもおすすめなので、キャンプのおやつとして取り入れてみるとよいでしょう。

「表丹沢野外活動センター 」の気になったポイント

有意義な時間を過ごすためにも、「表丹沢野外活動センター」を利用する際の注意点を2つ紹介します。予約時の参考にしてくださいね。

駐車場からサイトまで距離があるため荷物は最小限に

オートキャンプ場ではないので、一般駐車場から芝生サイトまで荷物を運ぶ必要があります。体力に自信のない方や、日頃から荷物が多くなってしまう方は、サイトに持ち込む持ち物を最小限にしておくと良いでしょう。

駐車場からサイトまでは坂道ですが、個人的には荷物を運ぶカートが重宝しました。

ちなみに一般駐車場からBBQひろば、芝生サイトまでは階段で繋がっています。カートを使わない方はショートカットもできますが、足元には充分にお気をつけください。

石が埋まっている箇所がある

所々に石が埋まってる箇所があります。地面自体が固いわけではないので、鍛造のペグを持参するほどではないですが、ペグを打つのが大変だと感じる方はいるかもしれません。 公式サイトではYペグやXペグをおすすめしています。

気になる料金や予約法は?

「表丹沢野外活動センター」予約方法や値段について紹介します。

値段

デイキャンプの場合は以下の通りです。

利用時間10:30~17:00 ( ※10月~3月)
料金
4500円/1区画
定員5名

予約方法

公式サイトによると、ネット予約(オンライン決済)を推奨されています。オンライン決済を希望しない方は、電話や来場による予約も承っているので確認してみるとよいでしょう。

あわせて読みたい関連記事

【神奈川】緑に囲まれ川に癒される!東京から90分で行ける「マウントブリッジキャンプ場」をレビュー

https://news-magazine-campers.com/articles/1803

神奈川県の西丹沢湖を北上した先にある「マウントブリッジキャンプ場」で、デイキャンプをしてきました。東京から90分ほどで訪れることができるので関東のキャンプ場の中でも好条件。そんな「マウントブリッジキャンプ場」の体験レビューをまとめてみました。

表丹沢野外活動センター」の周辺情報

名水はだの富士見の湯

秦野市にある日帰り天然温泉施設「名水はだの富士見の湯」。大風呂、ジャグジー、露天風呂、サウナで心身ともにリフレッシュできます。お食事処や売店、リラクゼーションなども提供していました。

丹沢のお土産も取り扱っていましたので、ぜひ立ち寄ってみてください。

無人販売所

「 表丹沢野外活動センター」までの道中に野菜の無人販売所がありました。値段もお手頃で大きなサイズの野菜が手に入ります。

まとめ

都心から約1時間で行ける「表丹沢野外活動センター」でのデイキャンプ体験レビューを紹介しました。筆者がこれまで訪れたキャンプ場の中で、一番水まわりがきれいな印象です。

夏になると混雑が予想されますので、賑やかな場所が苦手な方は、オフシーズンがおすすめです。

この記事のライター

静岡県西伊豆町出身。ダイビングやドルフィンスイム、ディキャンプなど地球で遊ぶのがだいすき!

関連する投稿


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


【実体験】軍幕キャンプ!ポーランド軍のポンチョテントで無骨キャンプを楽しんでみた

【実体験】軍幕キャンプ!ポーランド軍のポンチョテントで無骨キャンプを楽しんでみた

ポーランド軍のポンチョテントは、人気上昇中の軍幕の中でも比較的安価で手に入りやすいことが特徴。ポーランド軍幕の魅力を入手方法から使い方まで、これまでのキャンプ画像と共にお伝えしていきます。ぜひ最後まで読んでポーランド軍幕の魅力に触れてみて下さい。


【実体験】マルチグリドルだけで作る「暗殺者のパスタ」レシピ!ワンパンパスタを作ってみた

【実体験】マルチグリドルだけで作る「暗殺者のパスタ」レシピ!ワンパンパスタを作ってみた

マルチグリドルだけで作る「暗殺者パスタ」のレシピを紹介します。ファミキャンなどで大人数のパスタを作ると、道具も必要で手間がかかりますよね。そんな悩みを解決してくれるのが、マルチグリドル!ワンパンパスタを実現する、レシピやコツなど参考にしてみてくださいね。


【静岡】魅惑の崖キャン!プレオープンのキャンプ場「gakeno.camp.ground」をレビュー!

【静岡】魅惑の崖キャン!プレオープンのキャンプ場「gakeno.camp.ground」をレビュー!

静岡県伊東市に魅惑のキャンプ場「gakeno camp ground」がプレオープン!「gakeno camp ground」でブッシュクラフトキャンプを楽しんできました。設備や予約の方法、近くに買い出しできるお店はあるのかなど、サイト情報も含め徹底解説します。


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。