「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

メスティンのバリ取りとシーズニング方法!最初のお手入れが大切

メスティンのバリ取りとシーズニング方法!最初のお手入れが大切

メスティンのバリ取りやシーズニングの方法を徹底解説します。メスティンのバリ取りに必要な物とその方法、シーズニングがなぜ必要なのか、シーズニングの方法をわかりやすく解説します。ぜひ参考にしてメスティンを使いこなしましょう。


メスティンのバリ取り・シーズニング方法を解説

近年、キャンパーの人気アイテムなのがメスティン。メスティンといえばトランギア社の製品が有名です。お手頃価格で、いろいろな料理を楽しめる万能アイテムですが、最初の手入れが少しばかり大変。
多くの方が苦労する最初の手入れのやり方を、わかりやすく解説するので、ぜひ参考にしてください。

メスティンのバリ取り方法

買ってすぐのメスティンは、本体と蓋の部分がザラザラしていて、誤って肌をひっかけケガを負ってしまう危険性があります。そのため、ザラザラをなくすバリ取りをやることをおすすめします。
時間のかかるものではなく、ほんの10分程度で済むので、ぜひバリ取りをやって快適に使ってください。

準備するもの

  • 軍手などの手袋
  • 目の粗い紙やすり(#20~60程度)
  • 目の細かい紙やすり(#1000程度 仕上げ用)

上記3つがバリ取りをするときに必要です。全部ホームセンターで手に入りますので、メスティン購入時に併せて買っておくといいでしょう。

紙やすりを使ったバリ取り方法

  • メスティンの蓋を目の粗い紙やすりで蓋と並行に削る
  • メスティンの蓋を斜めにぐるりと一周削る
  • メスティン本体を目の粗い紙やすりで蓋と並行に削る
  • メスティンの本体を斜めにぐるりと一周削る
  • 仕上げに目の細かいやすりで本体と蓋を磨く
  • 削りカスを洗い流して完了
削りカスがたくさんでるので、作業する場所は選びましょう。屋外やすぐに洗い流せる洗面所でやるといいでしょう。
一度やればなめらかで快適に使えるので、買ったらすぐにやっておくのがいいでしょう。

メスティンのシーズニング方法

シーズニングとは、メスティンの表面に皮膜を張って、料理時の焦付きを防いだり、保管後のサビ付きを防いだりします。また、金属臭の臭い取り効果もあります。
ここではシーズニングのやり方を紹介するので、参考にしてください。

シーズニングはなぜ必要?

シーズニングは必須ではないですが、不要でもなく、シーズニングをした方がさまざまな効果が期待できます。
料理をする時の焦げ付きを防いだり、サビ付きを防いだりという効果があります。トランギアのメスティンを買った時に、バリ取りと併せてやっておくと、いいでしょう。
長くメスティンを使っていくのであれば、最初の手入れをしっかりやっておきましょう。

シーズニングのやり方

  • メスティンを洗剤でよく洗いましょう
  • 用意した鍋に米の研ぎ汁をいれ、メスティンを浸す
  • 火をつけ煮る(約10分〜15分)
  • 鍋からメスティンを取り出して、軽く洗い流して完了

シーズニングをするときに用意する物は、鍋と米の研ぎ汁だけです。シーズニング完了後に洗剤でゴシゴシ洗ってしまうと、せっかく張った皮膜が落ちてしまうので、気を付けましょう。

メスティンのバリ取りに関するQ&A

バリ取りはやらないといけないの?

必須ではないですが、やっておいた方が安全に快適に使用できます。シーズニングよりは優先度が高いものになります。

バリ取りに使う紙やすりだけど、他で代用できないかな?

できます。仕上げの時に使う紙やすりは爪切りや爪やすりで代用が効きます。

バリ取りは一回やったら、そのままでいいの?

はい。一度ざらざらをとってしまえば、その後のバリ取りは不要になります。

メスティンのバリ取り方法まとめ

トランギアなどのメスティン購入後の、最初のお手入れについて解説してきました。バリ取りにしても、シーズニングにしても不要ではなく、どちらかといえば必要な手入れになります。
キャンパーにとって必須とも言えるアイテムなので、大切に手入れをして長く使い使いましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー