「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ハクキンカイロが冬キャンプにおすすめ!使い方や消し方を知って防寒対策

ハクキンカイロが冬キャンプにおすすめ!使い方や消し方を知って防寒対策

ハクキンカイロが冬キャンプにおすすめなので、その理由を徹底解説します。ハクキンカイロの使い方や消し方、注意点も説明しています。また、冬キャンプにおすすめのハクキンカイロと同タイプの商品も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


冬キャンプにおすすめのハクキンカイロを紹介!

冬の寒い日のキャンプには、防寒具が必須となります。防寒対策に、カイロや湯たんぽを利用している人も多いでしょう。ハクキンカイロは、少量のオイルで最大24時間発熱し、温度が下がりにくいカイロとなっていて、冬のキャンプにおすすめです。
本記事では、ハクキンカイロの使い方とメリット・デメリットを詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ハクキンカイロが冬キャンプにおすすめの理由

ハクキンカイロは、使い方が簡単で冬キャンプの防寒にとても役立つアイテムなので、掘り下げていきます。ハクキンカイロがどうして冬キャンプにおすすめなのかを、詳しく説明しているので参考にしてください。

理由①暖かさが長時間持続する

ハクキンカイロは燃料が25mlと少量で、最大24時間暖かさが続きます。ハクキンカイロにあるプラチナ触媒により、多くの酸素を吸着させるため、長時間燃焼できる仕組みとなっています。
使い捨てカイロは段々と温度が冷めてきますが、ハクキンカイロは温かさが長時間持続するので、冬のキャンプの防寒対策に適しています。

理由②安全な発熱の仕組み

ハクキンカイロは 、燃料となるベンジンが気化する時のガスとプラチナが接触して発熱する仕組みとなっています。この仕組みがプラチナ触媒というもので、水と炭酸ガスに分解され、その時の熱を利用しているので炎がでません。
ハクキンカイロはベンジンに直接点火して燃やしているわけではないので、ポケットなどに入れても安全に使用できます。

理由③使い捨てカイロの13倍の熱量

ハクキンカイロは、熱量は使い捨てカイロの約13倍なのに、消費熱量はとても少なくなっています。わずか25mlの燃料で、最大24時間暖かさが持続される燃費の低さです。
使い捨てカイロは徐々に温度が下がっていくのに対して、ハクキンカイロは発熱の温度も下がらずに保ってくれます。また、使い捨てカイロは氷点下では発熱しません。ハクキンカイロは気温の影響を受けにくいので、氷点下でも問題なく発熱します。

理由④環境に優しい

ハクキンカイロは、直接火をつけているわけではないので炎が出ませんプラチナ触媒により、微量の炭酸ガスと水蒸気が出るだけです。そのため、環境に優しいカイロとなっています。
使い捨てカイロは、一度の使用のみで再利用ができないので、ゴミになり環境によくありません。一方、ハクキンカイロは燃料がわずか25mlで最大24時間保温でき、半永久的に使用可能です。

理由⑤おしゃれなデザイン

ハクキンカイロは、シルバーのボディでレトロ感があり、とてもおしゃれなデザインとなっています。キャンプ用品は機能だけではなく、デザインも重視している人におすすめです。
ハクキンカイロは直接触ると、とても熱いので付属のカバーを使用する必要があります。付属のカバーも、ネイビーの本体とアイボリーのタグに英字でHAKKINと印字されていておしゃれです。

理由⑥コスパが良い

ハクキンカイロは、わずかな燃料でスタンダードで最大24時間保温が持続し、燃料を足すことにより繰り返し使用できます。また、部品の交換が可能となっているので、半永久的に使えて、とてもコスパが良いカイロとなっています。

ハクキンカイロの種類と燃料

ハクキンカイロは、スタンダードとミニ、ジャンボの3種類あります。本体の大きさと1回に注入できるベンジンの量、保温持続時間が違いますので解説します。ハクキンカイロの燃料は、紹介している2種類のベンジンのどちらかを使用してください。指定以外の燃料を使うと、本来の機能が発揮できない可能性があるので注意してください。

種類①ハクキンウォーマースタンダード

ハクキンウォーマー スタンダード

¥3515

スタンダードタイプのハクキンカイロは、25mlのベンジンで最大24時間保温可能です。冬場のキャンプやアウトドアの使用に適したカイロとなっています。
燃料は、ハクキンカイロ指定ベンジンを使用してください。他の燃料を使用すると、本来の機能が発揮できない可能性があります。

サイズ幅80×奥行22×高さ150mm
保温時間最長24時間
30代/男性
30代/男性

とても温かくてかっこいいハクキンカイロ

評価:

ハクキンカイロを初めて使いました。使い捨てカイロとは違うぬくもりで、とても気に入りました。キャンプなどの防寒対策に一役買いそうです!ただ、ベンジンの匂いがするので、オイル系の匂いが苦手な人は使用が難しいかもしれません。

種類②ハクキンウォーマーミニ

ハクキンウォーマー ミニ

¥2968

ハクキンカイロミニは見かけは小さいのに、18mlのベンジンで最大保温時間が18時間と十分に効果を発揮してくれます。見た目が可愛いポケットサイズになっていて、キャンプはもちろん、ちょっとした移動に気軽に使えて便利です。

サイズ幅80×奥行20×高さ125mm
保温時間最長18時間
40代/女性
40代/女性

ポケットに丁度のサイズ感

評価:

ハクキンカイロが当たっているところ以外の周辺も温まり、使い捨てカイロより保温時間が長くて重宝します。使い方もオイルを入れて点火するだけなので、簡単です。スタンダードタイプのハクキンカイロと迷いましたが、私にはミニのハクキンカイロが丁度良かったです。

種類③ハクキンウォーマージャイアント

ハクキンウォーマージャイアントは、燃料が50ml使用で最長30時間保温効果があります。長時間使用できるので、キャンプやアウトドアにおすすめとなっています。1泊でしたら、燃料を足す手間がなくて便利です。
冬のキャンプでは、寝袋の中に入れておくと湯たんぽ代わりになり、朝まで暖かく眠れておすすめです。
40代/男性
40代/男性

長時間温かくキャンプに最適!

評価:

ハクキンカイロのジャンボタイプは最長30時間も保温されていて、キャンプにとてもおすすめです。スタンダードも持っていますが、ジャンボの方が発熱が良く、温かい感じがします。使い方はスタンダードと同じでした。

燃料①エビスベンジン500ml

ハクキンカイロ指定 エビスベンジン 500ml

¥1656

高度な精製がされており、不純物が取り除かれていて、ハクキンカイロに最適な燃料となっています。非常に揮発性が高いので火気に近づけないようにしてください。また、静電気にも注意が必要です。

20代/男性
20代/男性

ハクキンカイロ指定だから安心

評価:

ハクキンカイロ指定のベンジンなので安心して使えます。以前、ホワイトガソリンを使用していましたが、専用のベンジンの方が着火が良く、保温力も優れていておすすめです。

燃料②NTベンジン500ml

カイロ用NT ベンジン 500mL

¥759

硫黄分の少ない原油を高精製に処理したカイロベンジンで、良好な着火と保温力が維持されます。引火の恐れがあるので、火気と静電気に注意してください。

20代/女性
20代/女性

保温力が良い!

評価:

低温でも着火が良く、匂いも少ないベンジンだと思います。やはり、カイロ用のベンジンがハクキンカイロの機能を十分に発揮してくれると思います。

ハクキンカイロの使い方と消し方

ハクキンカイロの使い方

  • 火口を外し、注油カップをセットする
  • 使用する分のベンジンを注入し、注油カップを90度回転させる
  • 注入カップを取り外し、逆さまにして本体を軽く押し余分なベンジンが出ないか確かめる
  • 火口の触媒部にライターなどで火を3~5秒近づけると酸化が始まる
  • 蓋をして、専用のケースに入れる
ハクキンカイロの使い方は、ベンジンを注入して点火するだけなのでとても簡単です。準備する物も、ハクキンカイロの他にベンジンとライターかマッチだけです。
ハクキンカイロの火口を外した際は、ガラス繊維の触媒部が見えますが、デリケートな部分なので触れないように気をつけてください。
また、点火する時は本体を逆さまにして行わないでください。触媒部にススがついて不良の原因になりますし、ベンジンが漏れると引火する危険もあります。

ハクキンカイロの消し方

ハクキンカイロは消火機能が備わっていません。そのため、燃料の量で使用時間を調整する必要があります。
どうしても消したいときは、火口を外す方法があります。火口はとても熱くなっているので、耐熱グローブなどを使用してください。また、火口は耐熱の場所に置きましょう。
ただ、途中で消火してしまうと燃料の残量が分かりません。次に使用する時、燃料の注入量が分からず、入れすぎの原因となるので注意してください。

キャンプでハクキンカイロを使う時の注意点

ハクキンカイロの燃料となるベンジンは引火性があり、気をつけなければいけない点がいくつかあるので解説していきます。ハクキンカイロは、注意点さえ守れば安全に使うことができます。

注意点①匂い対策

ハクキンカイロは燃料にベンジンを使用するので、どうしてもベンジンのシンナーのような匂いがします。匂いの感じ方には個人差がありますが、不快に思う人もいるでしょう。
そういう方は、ハクキンカイロを出して使用せずに、ポケットに入れて使用することをおすすめします。ハクキンカイロをポケットに入れて使用すると、匂いが軽減するからです。

注意点②火の気のない場所で使う

ハクキンカイロの燃料であるベンジンは、可燃性の液体なので火の気があると引火して、火事になる可能性があります。そのため、ベンジンをハクキンカイロに注入する時は、火の気のない場所で行ってください。

注意点③火口の交換

ハクキンカイロの火口は使用していると、オイルの汚れで触媒反応が起こりにくくなります。そして、火口が劣化すると、本体が温まりにくくなってしまいます。
ハクキンカイロの火口の劣化は目では確認しにくいので、1~2シーズンを目安に交換することをおすすめします。

注意点④飛行機への預け入れや持ち込みがNG

 ハクキンカイロは、燃料が発火の恐れがあるために、危険物として取り扱いされます。そのため、飛行機への預け入れや持ち込みができません。
但し、新品で包装されたままのハクキンカイロは、預け入れや持ち込みが可能となっています。

ハクキンカイロと同タイプのおすすめ商品

ジッポ カイロ ハンディウォーマー

カイロ ハンディウォーマー

¥7150

ライターオイルを注入すると、最長12時間保温可能です本体は光沢を抑えたマットなブラックで、指紋が付きにくくなっています。専用のフリースケースとオイル注入カップが付属されています。

サイズ約 幅68×奥行14×高さ101mm
保温時間最長12時間
40代/男性
40代/男性

マットなブラックがかっこいい!

評価:

一見ライターを思わせるような、かっこいいデザインです。丁度良い暖かさが持続するので、防寒にとても役立ちます。ライターオイルが燃料なので、購入しやすいのも助かります。冬キャンプや普段使いに活躍しそうです。

燃料充填式カイロ ポケットウォーマー i-HOT

燃料充填式カイロ ポケットウォーマー i-HOT

¥1380

20mlの燃料を注入すると、最長16時間、約46度の一定温度で発熱します。20mlを注入できるカップとベルベットタッチのキャリングケースが付属されています。

サイズ約 幅68×奥行15×高さ102mm
保温時間最長 16時間
20代/女性
20代/女性

使い方が簡単!

評価:

燃料を入れるのが面倒と思っていましたが、注入カップが使いやすくて良かったです。冬の寒い日の防寒に役立ちそうです。値段も手頃なので、家族分購入できました。冬のキャンプに持って行くのが今から楽しみです。

エグゼラックス プラチナエコ暖 ポケット懐炉

エグゼラックス プラチナエコ暖 ポケット懐炉

¥1540

市販のライターオイルで使用できるポケットカイロです。1回のオイル補給で最長20時間保温可能となっています。最高温度は約50℃、平均温度は約42~50℃です。
オイルの注油カップと本体を収納するケースが付属されています。

サイズ約 幅70×奥行8×高さ100mm
保温時間最長20時間
30代/男性
30代/男性

防寒に購入

評価:

市販のライターオイルで使用できて便利でした。オイルの注入量で使用時間を調整できるので、無駄なく使えます。値段も手ごろなので家族全員分購入できました。冬のキャンプで使用するのが楽しみです。

ライターオイル カイロ 暖

ライターオイル カイロ 暖

¥2178

ライターオイルを使用し、1回の充填で最長16時間発熱可能です。付属の巾着に入れて使用し、巾着表面が約45℃の温かさが持続します。バーナー部分は50~60回使用可能です。

サイズ約 幅60×高さ90×奥行18mm
保温時間最長16時間
30代/女性
30代/女性

簡単に使えて長時間温かい

評価:

ライターオイルで簡単に使用できて便利です。丁度良い温かさが16時間も続いて、繰り返し使えるので、買って良かったです。冬キャンプで寝袋の中に入れて使おうと思います。

ハンディーウォーマー

ハンディウォーマー

¥3425

オイルを注入して点火すると、表面温度が約55~70℃を最長24時間保ってくれます。オイルは1時間に約1.5mlするので、使用時間に合わせて注入量を計算できて便利です。付属のカバーに収納して使用してください。

サイズ幅68×奥行16×高さ95mm
保温時間最長24時間
50代/男性
50代/男性

冬キャンプの防寒対策に

評価:

ハクキンカイロと同じで約24時間保温されるので、キャンプの防寒対策にとても役立ちます。ポケットに入れて使ったり、シュラフの中に入れて湯たんぽ代わりに使ったりしています。オイルを入れて点火するだけなので、使い方は簡単でした。

ハクキンカイロは冬キャンプで大活躍

ハクキンカイロは、少量のオイルで約24時間保温でき、半永久的に使えるとてもエコなカイロです。発熱の温度も下がらず温かいまま使用でき、冬のキャンプの防寒に役立ちます。
冬のキャンプの寒さ対策に、ハクキンカイロをぜひ活用してみてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー