「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプでおすすめの「ピザ窯」10選!尾上製作所やスノーピークの本格的な逸品も

キャンプでおすすめの「ピザ窯」10選!尾上製作所やスノーピークの本格的な逸品も

キャンプで大活躍のピザ窯を、わかりやすく紹介します。人気アウトドアブランドが扱っている、おすすめのピザ窯もピックアップし掲示しています。また、ピザ窯を選ぶ際のポイントも詳しく考察しているので、ぜひ参考にしてみてください。


ピザ窯を選ぶ際の3つのポイント

キャンプでピザを美味しく作るためには、機能性の高いピザ窯が必須ですアウトドアで使うのであれば、屋外でもストレスなく使用できるピザ窯が良いでしょう。そこで、キャンプで使用するピザ窯の選ぶポイントを3点紹介します。

キャンプ向きなピザ窯は軽量でポータブルなタイプを

軽量でポータブルのピザ窯は運搬に負担がかからないので、キャンプで使用するにはおすすめです。準備をする際も負担なく設置でき、作業もはかどります。撤収する際も楽なので、携帯性の優れているピザ窯はキャンプに向いています。

熱源は直火式をチョイス、自宅利用も込みなら電気式でもOK

直火式であれば、屋外で手軽に使うことが可能です。電気式の場合は電源サイトであれば使用できますが、電気が通っていなければもちろん使うことはできません。また、電気式は直火式よりも火力が劣るため、焼き加減の調整が難しい点がデメリットです。

しかし、簡単に手入れができ使いやすいといったメリットもあります。自宅でも利用を考えている人は、電気式もおすすめです。

焼き加減を確認できる温度計付きを選ぼう

ピザ作りは焼き加減の調整が難しいという特徴がります。高温で加熱すれば香ばしくパリッとした食感を味わえますが、焦がしてしまう恐れもあります。トッピング食材には火が通っているのに、生地が生焼けなんてこともあるでしょう。

そんな悩みを解消してくれるのは、温度計付きのピザ窯。温度計があれば、焼き加減の調整がしやすくなります。温度を目視できれば失敗も少なくなり、美味しいピザが堪能できます。

あわせて読みたい関連記事

ピザ窯を自作してキャンプを楽しもう!初心者でも簡単に作る方法は?

https://news-magazine-campers.com/articles/1218

ピザ窯を自作する方法について紹介します。キャンプなどで、ピザ窯を自作して焼いたら楽しみが倍増しますよね。ピザ窯を自作するのは難しくて無理だと諦めていませんか。初心者でも自作できる方法をまとめてみました。ピザ窯のDIYについて参考にしてください。

キャンプでおすすめのピザ窯10選

キャンプで本格的なピザを食べるためには、ピザ窯は外せません。美味しいピザを作るのに、機能性の高いピザ窯がおすすめです。ここからは、キャンプでおすすめのピザ窯を10選紹介します。

キャプテンスタッグ ピザ グリル&ファイアースタンド

キャプテンスタッグ ピザ グリル&ファイアースタンド

¥ 2,490 ( 2024年1月11日時点 )

「ピザ グリル&ファイアースタンド」は焚き火台にセット可能、バーベキューの網でも調理可能です。ファイアースタンドは、ほかの鍋やスキレットなどにも利用できます。


製品サイズ

ピザグリル:(約)外径290×高さ60mm、

ファイアースタンド:(約)外径300×高さ95mm

重量セット(約)900g
材質
ピザグリル:亜鉛めっき鋼版、ファイアースタンド:鉄(クロムめっき)

尾上製作所 コンパクトピザオーブン2

尾上製作所 コンパクトピザオーブン2

¥ 5,975 ( 2024年1月11日時点 )

「コンパクトピザオーブン」は、小窓が付いており焼き加減が直接目で確認できます。赤外線効果で効率良く加熱し、焼きムラを防ぎます。温度計付きなことも嬉しいポイントです。


サイズ約38×32×13cm
重量約2.6kg
材質ステンレス・スチール・アルミ・セラミック

あわせて読みたい関連記事

コスパ最強でかっこいいのは「尾上製作所(ONOE)」!おすすめのキャンプ用品12選

https://news-magazine-campers.com/articles/1743

「尾上製作所(ONOE)」のキャンプ用品を、わかりやすく紹介します。BBQコンロやテーブル、ラックなど使いやすくおすすめな商品をピックアップして、徹底的に解説しました。また、「尾上製作所(ONOE)」の詳しい概要もまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ENRO ポータブル ピザ窯 窯焼名人2

ENRO ポータブル ピザ窯 窯焼名人2

¥36,980

見た目から本格的なピザ窯の「ポータブル ピザ窯 窯焼名人2」です。デザイン性のかっこよさも特徴なので、キャンプギアのデザインにもこだわるキャンパーにおすすめです。400度以上の温度が可能なので、本格的なピザづくりを楽しむことができます。


サイズ‎約65×39×65cm
重量約10.7 kg
材質ステンレス

ロゴス(LOGOS) LOGOS THE KAMADO Emiwa

LOGOS THE KAMADO Emiwa

¥ 35,611 ( 2024年1月11日時点 )

「LOGOS THE KAMADO Emiwa」は、同時調理が可能なピザ窯です。焼き料理と鍋料理を並行して行えるので、万能さが特徴。複数人でのキャンプでも重宝できます。


サイズ約50×50×58cm
重量約8.5kg
材質ステンレス・スチール

APELUCA ピザオーブンポット

APELUCA ピザオーブンポット

¥ 19,800 ( 2024年1月11日時点 )

「ピザオーブンポット」は、シンプルでコンパクトな形状が人気です。フタが二重構造になっており、高い熱伝導率を誇っています。上部に炭を置く手間も省けるので、手軽に且つ本格的なピザを作ることができます。


サイズ全長290mm×幅240mm×高さ140mm
重量1,470g(ハンドル含む)
材質

本体:鋼板(シリコン樹脂塗装)、

蓋・ピザポット:ステンレス鋼、

中蓋:鋼板(フッ素樹脂塗装)、

つまみ:ウォールナット(天然オイル塗り)、

ハンドル:フェノール樹脂、ステンレス鋼

グリーンライフ 蓋付き折りたたみバーベキューコンロ

グリーンライフ 蓋付き折りたたみバーベキューコンロ

¥ 8,800 ( 2024年1月11日時点 )

4WAY仕様の「蓋付き折りたたみバーベキューコンロ」です。ピザ窯以外に、バーべキュやオーブン焚き火台としても使用でき、非常に汎用性が高いです。また、コンパクトに畳めて持ち運びも負担なくできます。


サイズ約‎48×33×41.5cm

重量

約4kg
材質ステンレス・スチール

ファイヤーサイド ピザオーブン KABUTO

ファイヤーサイド ピザオーブン KABUTO

¥ 28,900 ( 2024年1月11日時点 )

「ファイヤーサイド ピザオーブン KABUTO」は、燃料を随時追加できるので加熱時間を長く保つことができます。屋外で拾った枝なども燃料として利用できるため、自然を身近にアウトドア感を楽しむことが可能です。


サイズ約440×740×836mm(ハンドル、煙突含む)
重量約16.5kg
材質ステンレス・木・コージェライト

スノーピーク フィールドオーブン

スノーピーク フィールドオーブン

¥ 46,200 ( 2024年1月11日時点 )

サクサクのピザを味わえる「フィールドオーブン」です。炭だけではなく、薪を使った調理もできるので高い火力を維持できます。お店で食べられるようなピザを自然の中で満喫できる、おすすめのピザ窯です。


サイズ

本体/460×470×150mm、

陶板/φ370×20mm、

陶板用収納ケース/400×430×20mm

重量

6.6kg(本体/4kg、ハンドル/150g、

陶板/1.5kg、ロストル/750g、固定用バンド/100g

材質

本体/ステンレス鋼、ハンドル/スチール、

陶板/耐熱陶器、ロストル/ステンレス鋼

あわせて読みたい関連記事

スノーピーク「IGTテーブル」はレイアウトが楽しい!魅力やカスタム方法をレビュー

https://news-magazine-campers.com/articles/1838

自由自在のカスタムが楽しい!スノーピーク「IGTテーブル」の実体験レビューを紹介します。「IGTテーブル」は空間をうまく使いあらゆるものを拡張、収納ができ、ソロからグループまで幅広いキャンパーに対応する優れものです。カスタム方法など、ぜひ参考にしてくださいね。

村の鍛冶屋 オリジナルピザ窯26cm

村の鍛冶屋 オリジナルピザ窯26cm

¥ 8,800 ( 2024年1月11日時点 )

「オリジナルピザ窯26cm」は、カセットコンロで手軽にピザを作ることが可能です。そのため、屋外だけではなく自宅利用にもおすすめ。焼き魚や燻製料理などにも対応しています。


サイズ

鍋本体:(約)直径26cm×高さ3.5cm

重量(約)1,870g
材質耐熱セラミック(鍋、蓋)、18-8ステンレス(丸網)

ポータブル本格ピザ窯ボーノ

ポータブル本格ピザ窯ボーノ

¥ 24,800 ( 2024年1月11日時点 )

直径25cmのピザが焼ける「ポータブル本格ピザ窯ボーノ」です。ピザスト―ン・ピザピールが付属なので、すぐに本格的なピザを味わえます。一台あれば、肉・魚・野菜全般調理できる高機能ピザ窯です。


サイズ約340×503×805mm
重量約12kg
材質ステンレス

キャンプでも本格的なピザを楽しもう!

キャンプ飯のバリエーションを増やしてピザにチャレンジしたいと考えている人には、ピザ窯はおすすめです。自然を肌で感じながら本格的なピザを味わうのは、格別でしょう。

この機会にオススメを参考にピザ窯を手に入れて、一層とキャンプを楽しんでみてください。

この記事のライター

映画好きでお酒好きの、物書きです。

関連する投稿


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

国内メーカーNANGAのおすすめアイテムをご紹介します。冬キャンプを快適に過ごすなら、ダウン製品は欠かせません。キャンプだけでなく、さまざまなシーンで活躍するアイテムもたくさんあります。NANGAの冬キャンプにぴったりなダウンやシュラフを参考にしてください。


【実体験】安さだけじゃない!100均ダイソーの「ハンギングラック」を使ってみた

【実体験】安さだけじゃない!100均ダイソーの「ハンギングラック」を使ってみた

100均ダイソーの「ハンギングラック」を紹介します。100均ダイソーは、キャンプグッズが豊富で、キャンパーさんに人気ですよね。安さだけじゃない、ダイソーの「ハンギングラック」がどれだけ素晴らしいか、体験をもとにお伝えします。


【実体験】まるで蛇口!自動で水が出てくる「ドメティック 電動給水セット」を使ってみた

【実体験】まるで蛇口!自動で水が出てくる「ドメティック 電動給水セット」を使ってみた

キャンプにおすすめのドメティック 「電動給水セット」を実体験レビューします。キャンプに欠かせない水を、まるで自宅の水道の蛇口のように使える便利なギアです。まるで、自宅の水道を使用しているような体験ができます。ぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。