「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【実体験】車中泊やキャンプにおすすめ!「ドメティック ポータブル冷凍冷蔵庫」を使ってみた

【実体験】車中泊やキャンプにおすすめ!「ドメティック ポータブル冷凍冷蔵庫」を使ってみた

車中泊やキャンプにおすすめのドメティックポータブル冷凍冷蔵庫を実体験レビューします。1泊2日の食材なら楽々入る大容量。冷蔵も冷凍も可能なため、アイデア次第でアウトドアライフをより快適に出来るアイテムです。ぜひ、参考にしてみてください。


料理大好き超インドア派キャンパーです。キャンプは好きだけど、出来るだけ楽に快適に過ごしたい!をモットーに、息子や主人とのアウトドアライフを楽しんでいます。

1泊2日の食材なら楽々収納!ポータブル冷凍冷蔵庫は手放せない

キャンプ場についたら、まずはキンキンに冷えたビールが飲みたい!そう思っているキャンパーはたくさんいるはず。しかし、保冷バックで持参したビールの冷え方がいまいちだった。そういう経験ありませんか?

またキャンプ場で食べようとたくさんの食材を用意したものの、食べきれず、余った食材の扱いに困った経験をされた方もいることでしょう。ドメティックのポータブル冷凍冷蔵庫を使えば、そんな悩みは不要です!

車のシガーソケットで作動するため、移動中の車内でビールを冷やしたり、なんなら1泊2日分の食材を適温で楽々保存できるのです。

今回はキャンパー夢のアイテム、ドメティック ポータブル冷凍冷蔵庫を実際に使用したメリット・デメリットについて詳しくご紹介したいと思います。

あわせて読みたい関連記事

【実体験】仕込んでいけば楽々簡単!「ミルフィーユ鍋」をキャンプで時短調理

https://news-magazine-campers.com/articles/1827

キャンプでミルフィーユ鍋を時短調理するコツを紹介します。キャンプ場での調理は面倒と思われることはありませんか?そこで、事前に準備するだけでキャンプ当日はほとんど何もしなくてよい!という簡単料理「ミルフィーユ鍋」の作り方を紹介いたします。

「ドメティック」ポータブル冷凍冷蔵庫とは

ドメティックのポータブル冷凍冷蔵庫は、ACとシガーソケットで使用できる冷凍冷蔵庫。キャンプ中いつでもキンキンに冷えたビールが飲め、魚や肉などの生鮮食品を新鮮に保てるため、キャンパーのアウトドアライフをより快適するおすすめ憧れギアです。

また冷凍庫としても使用できるので、キャンプに付き物の「氷問題」も解決します!

電源ケーブルで使用できる

AC電源を使用できるので、電源サイトであればキャンプ中ずっと庫内は冷えたまま。庫内容量は36ℓあるので、1泊2日のキャンプであれば十分。新鮮な食材を新鮮なまま持ち込むことができます。

あわせて読みたい関連記事

【ポータブル電源】キャンプで使うときに必要な容量を徹底解説!

https://news-magazine-campers.com/articles/1506

キャンプで使うポータブル電源の容量について解説します。ポータブル電源はキャンプの宿泊日数や使い方によって容量の目安が違います。キャンパーなら知っておきたい容量選びのポイントや、おすすめのポータブル電源も紹介しているので、最後まで読んでくださいね。

シガーソケットで使用できる

電源は車内にあるシガーソケットからも取ることができます。そのため、キャンプ場に向かう移動中にも冷蔵冷蔵庫の温度を保ったまま、食材を持ち運ぶことができます。キャンプ場近辺のご当地食材を買って帰るなどの楽しみも増えることでしょう!

冷凍と冷蔵、両方使える(設定温度の解説)

庫内の温度はプラス10度~マイナス22度の間で設定可能。季節に応じて、外気温度や使用用途で調整できます。

値段は?

キャンパーには嬉しいアイテム、ポータブル冷凍冷蔵庫ですが、さて値段は¥99,800。なかなかの高価格です。

しかし、さすが世界有名なワインセラーメーカーが製造販売しているだけあって、保冷効果は抜群。そして、ヒンジ一つ取ってみても頑丈なつくりになっており、蓋を取って溝を掃除することが出来たり、筐体の上に物を置けたりする頑丈さには安心感があります。

実際に「ポータブル冷蔵庫」をキャンプで使ってみた!

それでは、実際にポータブル冷凍冷蔵庫をキャンプで使用し、感じたメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

今回はAC電源のあるサイトでキャンプ

ポータブル冷凍冷蔵庫を使用したい!ということで、今回はキャンプ場の電源サイトを予約。冬のキャンプだったため、冷蔵庫は冷蔵温度(5度)に設定し、庫内に大人と子供の飲み物の他、野菜や肉、魚、調理済みの食材を詰め込み、キャンプ場に乗り込みました。

電源サイト内にあるAC電源に持参した電源ドラムを接続し、コードを延長します。そして、冷蔵庫背面にある電源部にコードを差し込んだら準備は完了です!

あわせて読みたい関連記事

キャンプで便利!ソーラーパネル対応ポータブル電源の選び方や注意点など徹底解説!おすすめ5選も紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1470

キャンプで便利なソーラーパネル対応ポータブル電源について解説します。ポータブル電源に使うソーラーパネルの選び方やソーラーパネルのメリット、デメリットを詳しく説明!おすすめのソーラーパネル対応のポータブル電源も紹介しますのでぜひキャンプで活用して下さい。

保冷効果について

さて、実際に使用してみた保冷効果はというと。写真の通り、ビールを取り出すと指紋がくっきりと付き、缶の側面が曇っていることがわかります。実際にビールを飲んだ感想はもちろんキンキン!!テント設営後の疲れが吹っ飛ぶ冷たさです。

炭酸水を冷やしてみた!

そして、常温状態からマイナス22度設定に入れた炭酸水はこの通り。がっちりと凍っているのがお分かりになることでしょう。夏場のキャンプでは、飲み物を冷凍状態で持ち込んで、夜間の保冷剤として使用することもできます。

USBで充電ができるメリット

キャンプ場では意外とスマホの出番が多いもの。久しぶりに家族写真が撮りたい。音楽を聴きながらリラックスしたい。夜のトイレの明り取りや、往復の車中でGoogleマップをカーナビ代わりに使用される方もいることでしょう。

ドメティックのポータブル冷凍冷蔵庫にはUSB出力があるため、スマホやスピーカーの充電ができるのもうれしいポイント。充電中は筐体の上にスマホやスピーカーを置いておけるため、機器が汚れる心配もありません。

保管の方法によってはデメリットも

冷凍冷蔵庫は直冷式のため筐体側面から冷却されます。そのためプラス5度設定にしていても、野菜などを側面に寄せて置いてしまうと凍ってしまうことも。凍った野菜は水っぽく触感が失われてしまうので、炒め物などには不向きでした。

庫内に物を入れるときは、周囲に飲み物を入れ野菜は真ん中に入れる方が良いようです。

まとめ

ドメティックのポータブル冷凍冷蔵庫を紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?かなり高価なキャンプギアとなりますが、買えば一生モノの宝!一度使えば、このアイテムなしにキャンプは無理!と思われることでしょう。

温度設定を変えることで使い方はいろいろ。アウトドアライフをさらに快適に楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

小学生わんぱく男児のママです。
ビールと温泉、子供の笑顔のためにアウトドアライフ頑張ってます!

関連する投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

国内メーカーNANGAのおすすめアイテムをご紹介します。冬キャンプを快適に過ごすなら、ダウン製品は欠かせません。キャンプだけでなく、さまざまなシーンで活躍するアイテムもたくさんあります。NANGAの冬キャンプにぴったりなダウンやシュラフを参考にしてください。


【実体験】安さだけじゃない!100均ダイソーの「ハンギングラック」を使ってみた

【実体験】安さだけじゃない!100均ダイソーの「ハンギングラック」を使ってみた

100均ダイソーの「ハンギングラック」を紹介します。100均ダイソーは、キャンプグッズが豊富で、キャンパーさんに人気ですよね。安さだけじゃない、ダイソーの「ハンギングラック」がどれだけ素晴らしいか、体験をもとにお伝えします。


【実体験】まるで蛇口!自動で水が出てくる「ドメティック 電動給水セット」を使ってみた

【実体験】まるで蛇口!自動で水が出てくる「ドメティック 電動給水セット」を使ってみた

キャンプにおすすめのドメティック 「電動給水セット」を実体験レビューします。キャンプに欠かせない水を、まるで自宅の水道の蛇口のように使える便利なギアです。まるで、自宅の水道を使用しているような体験ができます。ぜひ参考にしてみてください。


「HARIO(ハリオ)」のアウトドアコーヒーセットに注目!おすすめ14選、おいしい淹れ方も紹介

「HARIO(ハリオ)」のアウトドアコーヒーセットに注目!おすすめ14選、おいしい淹れ方も紹介

ハリオのアウトドアコーヒーセットを紹介します。せっかくキャンプでコーヒーを淹れるなら、道具にもこだわりたいところ。世界的ブランド「ハリオ」なら、家庭用からアウトドアで使える商品まで幅広く取り揃ています。そんなハリオのコーヒーセットからおすすめをピックアップしました。


最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。