「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

女子ソロキャンプの防犯対策!おすすめの道具や場所の選び方も!

女子ソロキャンプの防犯対策!おすすめの道具や場所の選び方も!

女子ソロキャンプを始める人が増えたことから、トラブルに巻き込まれるキャンパーも増えています。ソロキャンプで危険な目に合わないよう、必要な防犯対策について紹介!また、女子ソロキャンプならではの防犯対策や、おすすめの道具、防犯対策にもなる場所の選び方も解説します。


女子ソロキャンプ初心者も知っておきたい危険や対策を紹介!

ソロキャンプブームで、女子キャンパーもソロキャンプを楽しむ人が増えています。自由度が高いソロキャンプは、楽しみ方がイロイロ。
しかし、女子1人だからこそ危険な目にあう可能性もあります。どのような危険があって、どんな対策をしたらいいのか、女子ソロキャンプをする前にチェックしておきましょう。

女子ソロキャンプで意識したい危険

まずは、女子ソロキャンプにどんな危険が潜んでいるのかチェックしていきます。

女子ソロキャンプの危険①盗難被害

女子ソロキャンプで気をつけたいのは、盗難被害です。男性1人のソロキャンプよりも、女性1人のソロキャンプのほうが狙われやすいといわれています。貴重品や食料、持ち物などが、ちょっとテントを離れたスキに盗まれてしまうこともあるようです。
貴重品が盗まれることも怖いですが、犯人に出くわしてしまい暴行されてケガをする恐れもあります。

女子ソロキャンプの危険②他の利用者とのトラブル

キャンプ場では他の利用者とのトラブルも、女子ソロキャンプにありがちな危険です。例えば、隣のテントに大勢の人が集まり、朝方まで騒いでいて困ったという例もあるようです。
相手のマナーが悪くても、初心者のキャンパーや女子1人だと、やめてほしいと強く伝えられないことも。注意することで、トラブルに巻き込まれてしまう恐れもあります。

女子ソロキャンプの危険③野生動物の被害

比較的静かなキャンプ場には、冬でも野生動物が現れることもあります。 たぬきや鹿は遠くでみていれば可愛いですが、テントに入ってきたら怖い動物です。
持ち物の食料を食べられたり、テントを壊されたりすることがあります。野生動物に噛まれたり引っかかれたりして、ケガをする可能性あるでしょう。毒を持った蛇や虫に襲われることもあります。

女子ソロキャンプの防犯対策

女子ソロキャンプには、人的被害から野生動物の被害まで色々な危険が潜んでいます。では、それらの危険に対してどのような対策をしたらいいのか、具体的な対策をみていきましょう。

女子ソロキャンプの防犯対策①防犯グッズを用意する

危険を感じたときの対策として有効なのが、防犯グッズです。危ないと感じたら、誰かに伝えて逃げるのが1番。そのために、最低限の防犯グッズは持ち物に入れていくといいでしょう。
女子ソロキャンプにおすすめの防犯グッズは、防犯ブザーや催涙スプレーです。キーホルダータイプのおしゃれなデザインのものや、ポケットに入る小さいサイズの防犯グッズもあります。
ライトをつかってテントの周りを明るくすることで、防犯対策できます。車なしなら、ランタンを一晩中点けておく方法もありますが、人の体温や動きに反応してライトがつく、人感センサー内蔵の小型ライトを持っていくのもおすすめです。

女子ソロキャンプの防犯対策②テントに鍵をかける

女子ソロキャンプで怖いのは、寝ているときに突然知らない人が入ってくることです。同じようなテントが並んでいると、間違えて入ってきてしまう人がいるかもしれません。
間違えて入ってくることがないように、テントに鍵をかけることは大切です。テント出入り口のジッパーに、ダイヤル式の鍵をつけておくと防犯対策になります
ジッパーの輪っかが鍵を通すには小さい場合は、鍵が通るようにワイヤーなどでDIYするといいでしょう。 ただし、ハサミで簡単に切れる紐などを使う方法は、おすすめできません。

女子ソロキャンプの防犯対策③場所の情報をSNSに書かない

女子ソロキャンプの楽しさを伝えるために、SNSでアップするキャンパーもいます。「SNSにアップしてはいけない」とはいいませんが、ソロキャンプをしている詳しい場所や、女性1人でいることをアップするのは、おすすめできません
友達にしか見られないようにしているSNSでも、内容が流出する可能性があるのです。SNSにアップすることで、女性を狙った犯罪や事件に巻き込まれる可能性があります。できれば、帰宅してからSNSにアップするのがおすすめです。

女子ソロキャンプの防犯対策④多人数を装う

女子ソロキャンプが危険なのは、女性が1人でキャンプをしているからです。誰かいるかもしれないと思わせることで、犯罪や事件から回避できることもあります。
例えば、サンダルを2つ並べておくだけでも多人数を装うことができます。特に危険が多い夜は、冬でもテントの端から外から見えるように少しだけ男性用のサンダルを出しておくのもいいでしょう。
1人でキャンプをしているのか聞かれたときは、後から友達と合流すると伝えるのも多人数を装う方法の1つです。

女子ソロキャンプの防犯対策⑤他人を信用しすぎない

たまたまテントで隣同士になった人と仲良くなるというのも、キャンプの楽しみの1つです。
本当に親切なキャンパーは多いものの、中には下心がある人もいます。どれほど優しくされても、信用しすぎるのは危険です。親切そうな人だから大丈夫だろうと思っていると、事件や犯罪に巻き込まれることもあります。
優しくてフレンドリーな人でも、「もしかしたら事件に巻き込まれるかもしれない」と緊張感を持って接しましょう。 危ないと感じたときは、はっきり断る勇気を持つことも大切です。

女子ソロキャンプの防犯対策⑥女性らしいアイテムを控える

女子ソロキャンプをSNSでアップしようと考えている人は、女性らしい可愛いアイテムを持っていきたい人もいるでしょう。SNS映えするおしゃれなテントにしたい、可愛いマットを使いたいという気持ちはわかります。
ですが、あまりにも女性らしいアイテムばかりにすると、女性ソロキャンプであることを周りに宣伝しているようなものです。特に、キャンプ用のテントはベージュやカーキ色のものが多いので、可愛いカラーのテントはキャンプ場で目立ちます
テントだけでも女性らしさを控えることで、防犯対策になるでしょう。何泊もする予定なら、洗濯物にも注意しましょう。

女子ソロキャンプの防犯対策⑦車中泊をする

キャンパーなら自分で作ったテントで寝たいと思うものですが、女子ソロキャンプ初心者なら、車中泊がおすすめです。
テントは薄い布でできているため、どのような防犯対策をしてもテントをナイフで切られて事件や犯罪に巻き込まれる可能性があります。野生動物の爪で破かれて、ケガをすることがあるかもしれません。
無防備に寝ているときに何かあっても、女性1人で対処できることは限られています。日中はテントで楽しみ、夜は車中泊にすると防犯対策になるでしょう。
車中泊のメリットは、鍵がしっかりとかかることです。また、窓をしめておけば害虫に悩まされることもありません。車中泊は、冷暖房が使えるので冬キャンプにもおすすめです。
キャンプ場によっては、車中泊が禁止のところもあります。キャンプ場を選ぶときは、車中泊が可能なのかチェックしておきましょう

女子ソロキャンプに適した場所の選び方

キャンプ場は、全国に2,000か所以上あるといわれています。どのようなキャンプ場が女子ソロキャンプに適しているのか、選び方をみていきましょう。

適した場所の選び方①管理人が常駐している

女子ソロキャンプをするなら、管理人が常駐している場所を選びましょう。管理人がいても、普段は管理人室が無人になっているキャンプ場もあります。事件や犯罪に巻き込まれそうなとき助けを求められるように、管理人が常駐しているところを選びましょう。
初心者のキャンパーなら、管理人室に近いところでキャンプをするのもおすすめです。また、キャンプを始める前に、管理人室の場所をチェックしておきましょう

適した場所の選び方②携帯の電波が入る

携帯の電波が入るキャンプ場を選ぶことも、女子ソロキャンプをするために大切です。車なしで事件に巻き込まれそうなど、危険が迫ったときには警察へ、ケガや病気をしたときに病院へ連絡する手段になります
ほとんどのキャンプ場で携帯の電波が入るようになってきていますが、テントを張ったときに電波がきているか確認しておきましょう。位置情報はオンにしておくと、GPSが機能するので、場所を知らせることができます。ただし、写真を携帯で撮影すると場所がわかってしまうため、注意が必要です。
せっかく電波が入っても、携帯の充電が切れては意味がありません。車なしなら、充電できる環境も作っておきましょう。

適した場所の選び方③家族連れが多い

女子ソロキャンプをするときには、家族連れが多い場所を選ぶといいでしょう。初心者のキャンパーは、特におすすめの選び方です。
友達同士でキャンプをすると、悪ふざけをして事件やトラブルに巻き込まれる可能性もあります。家族連れでキャンプに来ている人が、事件やトラブルを起こすことは少ないでしょう。
子どもの声が耳障りに感じることがあるかもしれませんが、人の声があったほうが不審者も近づきにくく事件に巻き込まれにくいメリットがあります。

適した場所の選び方④区画割りされている

キャンプ場の中には、どこにテントを張ってもいい、区画がフリーになっていることがあります。区画フリーのキャンプ場は、自分のテントの近くにテントを張られて困ることも。
初心者のキャンパーはテントを張る適切な間隔がわからず、他のキャンパーとトラブルになることもあります。
初心者のキャンパーほど、区画が決まっているキャンプ場を選ぶといいでしょう。また、女子ソロキャンプなら、車が横付けできて車中泊できるスペースがあるキャンプ場がおすすめです。

女子ソロキャンプにおすすめの道具

女子ソロキャンプでは、女性らしい道具はあまり使わないほうがいいでしょう。具体的にどのような道具を選ぶといいのか、女子ソロキャンプおすすめの道具を紹介します。

女子ソロキャンプにおすすめの道具①テント

ワンタッチテント150

¥4950

1人用から6人用まで、人数に合わせたテントが選べるONE TOUCH TENT SERIESのテントは、キャンパー初心者にも人気があります。特殊構造のワンタッチテントで、張りたい場所にポンと張ることができます。

本体サイズ : (約)200cm×150cm×135cm 収納サイズ : (約)74cm×17cm×17cm重量 : (約)2.8kg
30代/女性
30代/女性

結構お安い値段で買える

評価:

ワンタッチテント持ってくと便利だよ

女子ソロキャンプで使うテントは、大切な道具です。テントを選ぶときに大切なのは、デザインとサイズになります。
デザインはシンプルで、男性でも女性でも使える道具がいいでしょう。サイズは2人用のものがおすすめです。女性1人で使うものでも、小さすぎるテントはよくありません。
車中泊にするなら1人用で問題ありませんが、テントで寝る予定なら、2人寝れるくらいのテントを選ぶと防犯にもなります。

女子ソロキャンプにおすすめの道具②ライト

フォレストランタンLED2.0

¥8800

最大80時間点灯が可能なのが、フォレストランタンLED2.0です。見た目もおしゃれなアイテムで、女子ソロキャンプの雰囲気を盛り上げてくれるでしょう。

本体サイズ : 24.13cm×15.2cm重量 :510g
20代/女性
20代/女性

レトロなランタンみたいな外観のLED

評価:

フォレストランタンかわいい。。。

女子ソロキャンプでは、軽量で明るさがあるライトを選ぶといいでしょう。おしゃれなデザインのライトを選ぶのもおすすめです。 

女子ソロキャンプにおすすめの道具③寝袋

AURORA500 STD シュラフ

¥38500

こだわりの羽毛を使った、シュラフカバーのいらない寝袋です。シュラフカバーを持っていかなくてもいいので、荷物を1つ減らすことができます。

本体サイズ : (約)210cm×80cm 収納サイズ : (約)21cm×28cm重量 : (約)1.2kg
30代/女性
30代/女性

これで春の登山とキャンプも余裕

評価:

ふわふわテントに、寝袋が気持ちいい。満喫。

テントで眠る場合も車中泊する場合も、寝袋があると便利です。コンパクトに持ち運べることも重要でしょう。寝袋に合わせて、マットを購入すると寝心地がよくなります。冬用の寝袋など、季節アイテムもチェックしましょう。

女子ソロキャンプにおすすめの道具④調理器具

調理器具 9点セット

¥3500

万能オタマやトング、包丁などがセットになった、初心者のソロキャンプにもピッタリの調理器具です。クッキングボードもついているので、不安定な場所でも調理がしやすくなります。

本体サイズ : (約)34cm×21cm×6cm重量 :960g
30代/女性
30代/女性

全ての準備がこれでOK

評価:

これでキャンプ料理のサポート体制は万全になった!

料理をするのも、キャンプの楽しみの1つ。調理器具は、使いやすくてコンパクトに持ち運べるものが理想的です。 

女子ソロキャンプは事件やトラブルに気をつけて楽しもう!

女子ソロキャンプは、場合によってはトラブルに巻き込まれる危険性があります。楽しい思い出になるように、初心者のキャンパーはしっかりと対策をして出かけましょう。

ソロキャンプが楽しすぎる人続出!一人で過ごす魅力に迫る!

https://news-magazine-campers.com/camping_knowledge/%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%8c%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%99%e3%81%8e%e3%82%8b%e4%ba%ba%e7%b6%9a%e5%87%ba%ef%bc%81%e4%b8%80%e4%ba%ba%e3%81%a7%e9%81%8e%e3%81%94%e3%81%99/

ソロキャンプの楽しすぎる魅力や、おすすめのソロキャンプスポットを詳しく紹介します。また、ソロキャンプを行う上での注意点や女子向けの防犯対策もまとめました。一人で大自然を堪能できる、ソロキャンプの楽しすぎる魅力をチェックしましょう!

冬のソロキャンプ必須アイテムと注意点!思いっきり楽しむ方法も!

https://news-magazine-campers.com/camping_knowledge/%e5%86%ac%e3%81%ae%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%bf%85%e9%a0%88%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%a0%e3%81%a8%e6%b3%a8%e6%84%8f%e7%82%b9%ef%bc%81%e6%80%9d%e3%81%84%e3%81%a3/

冬のソロキャンプに必要なアイテムはどのようなものがあるのか、商品紹介も交えて紹介していきます。冬のソロキャンプで注意する点も合わせて解説!冬のソロキャンプを目いっぱい楽しむ方法もまとめているので、参考にしてみてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連する投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【愛知】新規オープン!ソロ専用のキャンプ場「ソロキャンフィールド鳳来」をレビュー!

【愛知】新規オープン!ソロ専用のキャンプ場「ソロキャンフィールド鳳来」をレビュー!

新規オープンのソロ専用のキャンプ場「ソロキャンフィールド鳳来」をレビューします!2024年2月16日、愛知県新城市にソロ専用のキャンプ場「ソロキャンフィールド鳳来」がオープンしました。ソロキャンプの様子や、サイト情報まで徹底解説します。


YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

話題のYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を監督インタビューを含めて徹底解説します。まだ「おやじキャンプ飯」を観たことがない方にも、続編が気になるファンの方にも、わかりやすく詳細をまとめてみたのでぜひチェックしてみてください。


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。