「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

「HARIO(ハリオ)」のアウトドアコーヒーセットに注目!おすすめ14選、おいしい淹れ方も紹介

「HARIO(ハリオ)」のアウトドアコーヒーセットに注目!おすすめ14選、おいしい淹れ方も紹介

ハリオのアウトドアコーヒーセットを紹介します。せっかくキャンプでコーヒーを淹れるなら、道具にもこだわりたいところ。世界的ブランド「ハリオ」なら、家庭用からアウトドアで使える商品まで幅広く取り揃ています。そんなハリオのコーヒーセットからおすすめをピックアップしました。


世界的なドリッパーブランド「ハリオ」

「HARIO(ハリオ)」は、100年以上の歴史を持つ国内唯一の耐熱ガラス工場を保有する日本のブランドです。そんなハリオの特徴について紹介します。

コーヒー好きにぴったりな「HARIO outdoor」シリーズ

キャンプで本格的なコーヒーを楽しみたいけど「道具がかさばる」「ガラスが割れちゃいそう」など、ちょっとハードルが高いですよね。

そんな心配を解決してくれるのが「ハリオ outdoor」シリーズ。ドリッパーやサーバーはステンレス製。専用バッグを使えばストレスなく収納できて持ち運びも簡単。さらに、直火でも焚き火でも使用できることは嬉しいポイントです。

おいしいコーヒーの方程式をつくった「V60」

ハリオのV60を使って入れたコーヒーはなぜ美味しいのか?その理由は形状です。円すい形のV60は 扇形のドリッパーに比べてコーヒーの粉の層が深くお湯の流れる時間が長いため、しっかりと豆の旨味を引き出す ことができます。

また、フィルターの内側についている溝は 空気の通り道を塞がず注いだお湯がたまらない構造 になっていることで、コーヒーの味わいをしっかり堪能できることがV60の特徴です。

あわせて読みたい関連記事

キャンプにおすすめのコーヒー道具12選!淹れ方や100均の情報も

https://news-magazine-campers.com/articles/1573

キャンプにおすすめのコーヒー道具を紹介します。キャンパーさんの間では、キャンプ飯だけでなくコーヒーにこだわりはじめる方が急増中。キャンプで使うためのコーヒー道具や淹れ方などをまとめてみました。キャンプ場でおいしいコーヒーを飲みたい方は参考にしてください。

◆ハリオがおくる「V60 アウトドアコーヒーフルセット」

おすすめの「V60 アウトドアコーヒーフルセット」を紹介します。キャンパーの好みに合わせたコーヒーが楽しめる「V60 アウトドアコーヒーフルセット」をチェックしていきましょう。

V60 メタルドリップケトル・ヴォーノ 500mL

ハリオ V60メタルドリップケトル・ヴォーノ ステンレス 500ml

¥ 3,918 ( 2024年1月13日時点 )

軽くて持ちやすい細口のドリップケトル。操作性が良く、お湯の速さや量を自在に調節できます。底が広めなので小型のバーナーや焚き火でも使用可能。


サイズ
幅 215 mm × 奥行 115 mm × 高 140 mm、口径 71 mm
容量
実用容量 500mL
重量(個箱含む)
約400 g

V60 メタルコーヒーサーバー

ハリオ V60 メタルコーヒーサーバー 500ml

¥ 4,400 ( 2024年1月13日時点 )

ガラスに比べると保温性も良く割れる心配がないので、安心してアウトドアに持ち出せます。注ぎ口はキレが良く、冷めたら直火で温め直しができるのも嬉しいポイント。


サイズ
幅 170 mm × 奥行 126 mm × 高 120 mm、口径 78 mm
容量
実用容量 500mL
重量(個箱含む)
約400 g

V60 メタルスタッキングマグ

ハリオ V60 メタルスタッキングマグ

¥ 1,240 ( 2024年1月13日時点 )

オールステンレスで衝撃にも強く、重ねて収納できるスタッキングマグカップ。内側には目盛りが付いており、多用途に使えます。


サイズ

幅 116 mm × 奥行 87 mm × 高 85 mm、口径 87 mm

容量
実用容量 300mL / 満水容量320mL
材質
ステンレス

V60 メタルコーヒーミル

ハリオ V60 メタルコーヒーミル

¥ 4,719 ( 2024年1月14日時点 )

ハンドルがコンパクトに収納できるステンレス製コーヒーミル。コーヒーの風味を損なわないセラミック刃によって、粉の粗さを自在に調節できます。中の臼が洗えるので、いつでも清潔に保つことが可能です。


サイズ
幅 130 mm × 奥行 47 mm × 高 160 mm、口径 47 mm
容量
コーヒー豆 17g
重量(個箱含む)
約300 g

V60 メタルドリッパー

ハリオ V60 メタルドリッパー

¥ 2,640 ( 2024年1月14日時点 )

軽い素材の丈夫なステンレス仕様になったことで、熱伝導率が良くなりました。お湯をかけてドリッパーを温めるという手間が省けることがメリットです。


サイズ
幅 145 mm × 奥行 120 mm × 高 90 mm、口径 120 mm
容量
1-4杯用
重量(個箱含む)
約200 g

V60 アウトドアコーヒーバッグ

ハリオ V60 アウトドアコーヒーバッグ

¥ 2,048 ( 2024年1月14日時点 )

コーヒーを淹れるために必要な器具を一つにまとめて持ち運べるアウトドアコーヒーバッグ。形状が様々な器具もこのバッグに収納すれば、持ち運びも苦になりません。肩紐は取り外し可能です。


サイズ
幅 330 mm × 奥行 290 mm × 高 170 mm
容量
14L
重量(個箱含む)
約500 g

V60 アウトドアコーヒーベーシックセット

ハリオ V60 アウトドア コーヒー ベーシックセット

¥ 8,299 ( 2024年1月14日時点 )

V60シリーズの「ハリオ アウトドア」のベーシックセットです。ドリッパー、ケトル、サーバー、ペーパーフィルター、バッグがセットになっています。


セット内容

O-VCB-B、O-VDM-02-HSV、O-VKB-70-HSV、

O-VCSM-50-HSV、VCF-02-40M

重量(個箱含む)
約1500 g

キャンプにもぴったり!ハリオでおすすめのコーヒーアイテム

「基本は家で使うけど、時々はキャンプにも持っていきたい」という方も多いですよね。 中でも外でも活躍してくれるおすすめの道具を紹介します。

V60 保温ステンレスサーバーPLUS 800

ハリオ V60 保温ステンレスサーバー PLUS 800

¥ 4,745 ( 2024年1月14日時点 )

コーヒーを直接ドリップできて保温もしてくれる保温ステンレスサーバー。中まで洗いやすい広めの口径で、内側の金属の磨き加工により着色しにくいのも嬉しいポイント。


サイズ
幅 182 mm × 奥行 135 mm × 高 172 mm 口径 73 mm
容量
保温可能容量800mL
重量(個箱含む)
700 g

プアコントロールケトル・粕谷モデル 600mL

ハリオ プアコントロールケトル・粕谷モデル 600mL 

¥ 3,980 ( 2024年1月14日時点 )

粕谷哲氏プロデュースの「粕谷モデルシリーズ」です。注ぎ口とハンドルの位置関係を見直し、よりスムーズで思い通りの注湯が可能に。一味違うケトルが、いつものコーヒータイムを楽しませてくれます。


サイズ
幅 270 mm × 奥行 150 mm × 高 127 mm、口径 70 mm
容量
実用容量:600mL
重量(個箱含む)
550 g

フタ付き保温マグ300

ハリオ フタ付き保温マグ300

¥ 1,370 ( 2024年1月14日時点 )

蓋を外して直接ドリッパーを置けるステンレス製マグカップ。スライド式の蓋なのでデスク周りでも安心して使えます。


サイズ
幅 119 mm × 奥行 88 mm × 高 102 mm
容量
実用容量:300mL
重量(個箱含む)
200 g

コーヒーミル・コラム (新パッケージ)

ハリオ コーヒーミル・コラム

¥ 3,080 ( 2024年1月14日時点 )

2023年リニューアルされた新パッケージです。クラシカルなドーム型デザインが特徴のミル。臼は摩擦熱が発生しにくいセラミック製のため、熱による粉へのダメージを防いでくれます。


サイズ
幅 152 mm × 奥行 104 mm × 高 231 mm
容量
コーヒー豆 40g
重量(個箱含む)
600 g

ドリップポット・ウッドネック 3人用

ハリオ ドリップポット・ウッドネック 3人用

¥ 2,600 ( 2024年1月14日時点 )

じっくりと抽出することで豆本来の味を楽しめるネルドリップは、キャンプでゆったりとした時間を過ごすのにピッタリです。細かな抽出によって、コクや渋みなどを逃がさず本格的なコーヒーを味わうことができます。


サイズ
幅 110 mm × 奥行 110 mm × 高 195 mm
容量
3-4杯用 実用容量:480mL 満水容量:1040mL
重量(個箱含む)
420 g

V60透過ドリッパー02レッド(PP製) (新パッケージ)

ハリオ V60透過ドリッパー02レッド(PP製)

¥ 495 ( 2024年1月14日時点 )

しっかりとした旨味を抽出できる「円すい形」を採用。バリスタの世界大会でチャンピオンが使用したことから有名となり、世界の定番になったハリオを代表する商品となっています。


サイズ
幅 137 mm × 奥行 120 mm × 高 102 mm、口径 116 mm
容量
1-4杯用
重量(個箱含む)
400 g

ディップコーヒーバッグ

ハリオ ディップコーヒーバッグ

¥ 385 ( 2024年1月14日時点 )

ティーバッグのように手軽にコーヒーを楽しむことができる、アウトドアにぴったりのコーヒーです。ディップコーヒーバッグに好みの量の粉を入れておけば、持ち運びも簡単でより気軽にコーヒーを楽しめます。


サイズ
幅 110 mm × 高 108 mm
容量
1杯用
重量(個箱含む)
約27.5 g

あわせて読みたい関連記事

キャンプにもピッタリ!保温マグカップの選び方やおすすめ10選を紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1598

保温マグカップの選び方について解説します。保温マグカップは、熱い飲み物は熱く、冷たい飲み物は冷たく維持してくれます。容量や素材、飲み心地についても調べてみました。四季折々のキャンプにぴったりなマグカップを10選、特徴や選び方とともに紹介します。

◆ハリオに学ぶ「おいしい一杯」の淹れ方とは

円すい形のドリッパーは、お湯を注ぐスピードで抽出するコーヒの味を変えられます。 早く注げばスッキリした仕上がりに、ゆっくり注げば深いコクを出せるので、基本の淹れ方と自分の好みを知って思い通りの「美味しい一杯」を探求してみましょう。

ペーパーフィルターを折り曲げ、お湯で湿らせる

まずは、ペーパーフィルターを用意します。ペーパーフィルターをチャック部分に沿って折り、ドリッパーの内側にぴったり密着するようにセット してください。ドリッパーをサーバーの上に置き ペーパーフィルター全体が濡れるようにお湯をかけます

あとは、ペーパーフィルターの匂いを取り、器具を温めるためです。サーバーに落ちたお湯は捨てます。

粉の蒸らし方とお湯の注ぎ方にポイントが

次は、杯数分のコーヒー粉を入れ、ドリッパーを持ち上げ左右に軽く揺すって粉を平らにし戻します。コーヒー粉の2倍の量のお湯を粉全体が湿るように中心からゆっくり注ぎ、注ぎ切ってから 30秒蒸らしてください。

そして、30秒経ったら3回に分けてお湯を注いでいきます。1回の湯量は粉量✕4倍。中心から渦状に注ぎ ペーパーフィルターにお湯がかからないように注意します。2回目以降は表面の泡の層が崩れないうちに注ぎはじめてください。

ドリッパーに注いだお湯が出きったら完成

ドリッパーに注いだお湯がすべてできったら完成です。 杯数に関係なく、抽出時間は3分以内を目安にしてください。 豆の好みや抽出時間によって、味わいは変わってきますのでお気に入りの味を見つけてくださいね。

あわせて読みたい関連記事

アウトドアで使えるコーヒードリッパーおすすめ16選!ペーパーレスも

https://news-magazine-campers.com/articles/1258

ドリップコーヒーの美味しい淹れ方、選び方を初心者の人でも分かりやすいように簡潔にまとめています。アウトドアにおすすめのコーヒードリッパーも16個紹介しています。コーヒードリッパーを購入しようと思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

◆ハリオのコーヒーセットはキャンプでも自宅でも使いたい!

ハリオのアウトドアコーヒーセットを紹介しました。たくさんご紹介しましたが、気になるアイテムはありましたか?こだわりのアイテムでコーヒーを淹れば、キャンプも日常も特別な時間になりますね。

ぜひハリオのコーヒセットを使って、おいしいコーヒーライフを楽しんでください。

この記事のライター

自然の中で過ごすのが好きです。最近は登山にハマっています。

関連する投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

国内メーカーNANGAのおすすめアイテムをご紹介します。冬キャンプを快適に過ごすなら、ダウン製品は欠かせません。キャンプだけでなく、さまざまなシーンで活躍するアイテムもたくさんあります。NANGAの冬キャンプにぴったりなダウンやシュラフを参考にしてください。


【実体験】安さだけじゃない!100均ダイソーの「ハンギングラック」を使ってみた

【実体験】安さだけじゃない!100均ダイソーの「ハンギングラック」を使ってみた

100均ダイソーの「ハンギングラック」を紹介します。100均ダイソーは、キャンプグッズが豊富で、キャンパーさんに人気ですよね。安さだけじゃない、ダイソーの「ハンギングラック」がどれだけ素晴らしいか、体験をもとにお伝えします。


【実体験】まるで蛇口!自動で水が出てくる「ドメティック 電動給水セット」を使ってみた

【実体験】まるで蛇口!自動で水が出てくる「ドメティック 電動給水セット」を使ってみた

キャンプにおすすめのドメティック 「電動給水セット」を実体験レビューします。キャンプに欠かせない水を、まるで自宅の水道の蛇口のように使える便利なギアです。まるで、自宅の水道を使用しているような体験ができます。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「ピザ窯」10選!尾上製作所やスノーピークの本格的な逸品も

キャンプでおすすめの「ピザ窯」10選!尾上製作所やスノーピークの本格的な逸品も

キャンプで大活躍のピザ窯を、わかりやすく紹介します。人気アウトドアブランドが扱っている、おすすめのピザ窯もピックアップし掲示しています。また、ピザ窯を選ぶ際のポイントも詳しく考察しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。