「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプにおすすめのコーヒー道具12選!淹れ方や100均の情報も

キャンプにおすすめのコーヒー道具12選!淹れ方や100均の情報も

キャンプにおすすめのコーヒー道具を紹介します。キャンパーさんの間では、キャンプ飯だけでなくコーヒーにこだわりはじめる方が急増中。キャンプで使うためのコーヒー道具や淹れ方などをまとめてみました。キャンプ場でおいしいコーヒーを飲みたい方は参考にしてください。


キャンプでおいしいコーヒーを淹れてみよう!

キャンプなどのアウトドアで飲むコーヒーは格別なものがあります。インスタントコーヒーでもいいのですが、せっかくなら自分好みのコーヒーを淹れてみたいと思いませんか。コーヒーの淹れ方は、何種類かあるので、それによっても道具が異なります。

初めての方は、何から揃えればいいのか、どんな違いがあるのかわからない方がほとんどでしょう。凝れば凝るほど楽しくなるコーヒーは奥が深いため、コーヒー好きは話し出したら止まらなくなってしまうほどです。

この記事では、初めての方にもわかりやすいコーヒーの道具について紹介しています。素敵なコーヒータイムを満喫するためにチェックしていきましょう。

知っておきたい基本のコーヒーの淹れ方と道具

キャンプでコーヒーを淹れるために、まずは基本のコーヒーの淹れ方と道具について紹介します。コーヒーの淹れ方はいくつかありますが、ここでは5つの淹れ方について触れていきます。それぞれの違いについてみていきましょう。

コーヒーの淹れ方と道具①:本格派には「ドリッパー」

コーヒーフィルターにコーヒーの粉をセットしたものを入れる道具のことを「ドリッパー」と言います。ドリッパーの底には穴が開いているので、お湯を注ぐとその穴から抽出されたコーヒーが出てくるような仕組みです。

ドリッパーには、円錐型と台形型がありますが、初心者の方には台形型がおすすめ。円錐型はお湯の注ぎ方をコントロールしながら自分好みの味にしていくことに適しているため、慣れた方でないと使いこなすことが難しいためです。

コンパクトなものが多く、値段も手頃であることからはじめての方におすすめとなっています。

コーヒーの淹れ方と道具②:初心者におすすめ「コーヒープレス」

コーヒープレスは、フランスで生まれたコーヒー道具で別名フレンチプレスとも言います。コーヒープレスも初心者におすすめできる簡単さが魅力です。挽いたコーヒー豆をコーヒープレスに入れて、お湯を注ぎプレスするといった手間が少ない使い方となっています。

コーヒープレスを使うメリットは、コーヒーオイルをしっかりと抽出してくれることです。そのため、コクのあるコーヒーを楽しめるなど味の安定を図ることができます。値段も手頃で、デザインがおしゃれなことも人気がある理由です。

コーヒーの淹れ方と道具③:ケトルにもなる「パーコレーター」

パーコレーターは、ポットのような形が特徴で、蒸気圧を利用してコーヒーを抽出する道具です。パーコレーターのメリットは、お湯の循環によってコーヒーの濃度が変わっていくため、好みの濃度で淹れることができることです。

また、パーコレーターはキャンプなどのアウトドアにおすすめと言われています。ドリッパーやコーヒープレスの場合、フィルターなど他のアイテムが必要となるため荷物が増えることになります。

それに比べて、パーコレーターはこれひとつだけでコーヒーを淹れることができるため、荷物の負担が少ないことがメリットです。さらに、ケトルとしての役割もできることも便利な点となります。

 

コーヒーの淹れ方と道具④:エスプレッソ好きは「エスプレッソメーカー」

エスプレッソメーカーは、電気式と直火式があります。キャンプで使う場合は、直火式が便利。エスプレッソメーカーも、蒸気を利用してコーヒーを抽出する機械です。本場イタリアでは、電気式よりも直火式の方がよく使われています。

構造はシンプルなので、初心者の方でも簡単にコーヒーを淹れることが可能です。さらに、エスプレッソにミルクを足せば、おしゃれなカフェオレなどを作ることもできます。一体型の作りなので、キャンプへの持ち運びも負担がない点もメリットです。

コーヒーの淹れ方と道具⑤:手軽さなら「ドリップパック」

一番手軽な方法は、ドリップパックを使うことです。ドリップパックは、さまざまなメーカーから販売されているので、自分好みのドリップパックを選べば手間なくおいしいコーヒーを楽しむことができます。荷物にもならないこともメリットです。

自分で作る点では劣りますが、失敗知らずで手頃であることが、ドリップパックのおすすめポイントとなります。

キャンプで使うコーヒー道具の選び方

キャンプで使うコーヒー道具の選び方を紹介します。さまざまな種類があるコーヒー道具ですが、自分はどれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。コーヒー道具をはじめて購入する際の選び方についてみていきましょう。

コーヒー道具の選び方①:人数や量で選ぶ

コーヒーを淹れる道具を選ぶときは、コーヒーを一度にどれくらい淹れることになるかを考えて選びましょう。ソロキャンプが基本の場合なら、エスプレッソマシーンかコーヒープレスがおすすめです。グルキャンなど大人数の場合は、パーコレーターが向いています。

パーコレーターは容量が大きいので、5~6人くらいのキャンプなら1度にみんなでコーヒーを楽しむことができます。ファミリーキャンプなど3~4人の場合は、量を調節できる小さいサイズのドリッパーがおすすめです。

ただし、商品によってサイズなどが異なるため確認してから選びましょう。

コーヒー道具の選び方②:コーヒーの味で選ぶ

コーヒー道具を選ぶ際に一番重要なポイントは、やはり味の好みだと言えます。なぜなら、コーヒーの抽出方法によって味わいが異なるためです。すっきりとした味わいを好むならハンドトリッパー、豆の味を楽しみたいコクを求めるならコーヒープレスがおすすめです。

さらに濃い豆の味を味わいたいならパーコレーター、濃厚な甘みやほのかな苦みを楽しみたいならエスプレッソマシーンを選ぶとよいでしょう。それぞれ淹れ方によっても味は変わってきますが、基本的な傾向となります。

コーヒー道具の選び方③:収納などアウトドアに向いた物を選ぶ

キャンプで使うコーヒー道具は、持ち運びのしやすさも重要です。車での移動であれば、さほどサイズは気にならないですが、バイクなどの場合はできるだけコンパクトで軽量な方がおすすめです。ドリッパーには、折り畳みできるタイプもあるので持ち運びに便利です。

また、耐久性もチェックしたいポイントとなります。スチール製やステンレス製であれば、耐久性があるのでアウトドアでの使用におすすめです。

【キャンプでコーヒー】おすすめの道具8選

キャンプにおすすめのコーヒー道具を紹介します。多くのキャンパーさんが利用している人気のコーヒー道具をピックアップしました。ぜひ、お気に入りをみつけてください。

①おすすめドリッパー:スノーピーク/フォールディングコーヒードリッパー「焚き火台型」

フォールディングコーヒードリッパー「焚火台型」

¥4620

スノーピークの「フォールディングコーヒードリッパー」は、焚き火台のデザインがおしゃれなドリッパーです。折り畳み式なのでコンパクト収納が可能。また、材質がステンレス製であるため耐久性も兼ねています。

まるで焚き火を囲むようにコーヒーを作ることができることもおすすめポイント。市販のコーヒーフィルターの使用が可能です。

サイズ104(W)×104(D)×96(H)mm
重量140g
材質ステンレス
男性
男性

安定感があって使いやすい

評価:

コンパクトに折り畳めるので便利です。今まで使ってた安物のドリッパーとは違い安定感があり満足しています。

②おすすめドリッパー:ユニフレーム/コーヒーバネット

コーヒーバネット

¥2200

ユニフレームの「コーヒーバネット」は、コンパクトで軽量なアウトドアにぴったりのドリッパーです。ステンレス製のワイヤーで作られています。壁になる部分がないことから、お湯を注いだときのガスを逃がさないことで雑味のない味わいになります。

アウトドアだけでなく、コーヒー専門店でも使用しているお店もあるなど多くの方に選ばれている逸品です。

 

サイズ約110 x 70mm
重量約46g
材質18-8ステンレス
男性
男性

使いやすいドリッパー

評価:

予想以上にしっかりしていて安定します。軽くて持ち運びやすく、収納袋が付いてるので保管もラクです。

③おすすめコーヒープレス:ハイマウント/プレス式コーヒーメーカー

プレス式コーヒーメーカー

¥3520

ハイマウントの「プレス式コーヒーメーカー」は、お湯も沸かせる便利なコーヒープレスです。持ち手はシリコンで覆われているいるため、火傷の心配がありません。一度に3カップまで淹れられる容量で、目盛りが付いているので分量も安心です。

ステンレス製の素材なので、耐久性もありキュートなロゴもおしゃれなコーヒープレスとなっています。

 

サイズ9.5D x 9.5W x 12.5H cm
重量約220g
容量満水 約750ml(目盛1cup=約180ml、2cup=約360ml、3cup=約540ml)
男性
男性

容量が大きいので便利

評価:

思っていたより大きかったのですが、一度に作る容量が多いので逆によかったです。はじめてコーヒープレスを使ってみましたが、予想以上においしいコーヒーが作れています。キャンプでのコーヒータイムが充実しました。

④おすすめコーヒープレス:ボダム/トラベルプレスセット フレンチプレス コーヒーメーカー

トラベルプレスセット フレンチプレス コーヒーメーカー

¥4950

ボダムの「トラベルプレスセット フレンチプレス コーヒーメーカー」は、持ち運びしやすいタンブラーにコーヒープレスの機能をつけたコーヒープレスです。キャンプなどのアウトドアではもちろん、オフィスや旅行などでも気軽に使うことができます。

おしゃれなデザインも特徴で、どこにでも持って行きたくなるようなかわいさも人気の理由です。

サイズ約幅8.0×奥行9.0×高さ18.5cm
重量約358g
容量約350ml
女性
女性

手軽で洗うのも簡単

評価:

手軽に使えて、パーツが少ないので洗うのもラクです。扱いが簡単なので、コーヒープレスをはじめて使う方にもおすすめです。自宅ではもちろん、オフィスにも旅行先でも愛用しています。

⑤おすすめパーコレーター:キャプテンスタッグ/パーコレーター 12カップ

パーコレーター 12カップ

¥8447

キャプテンスタッグの「パーコレーター 12カップ」は、手頃な値段と機能性に優れたコスパ抜群のパーコレーターです。パーコレーターに豆と水を入れて直火にかけるだけでおいしいコーヒーを作ることができます。

耐久性あるオールステンレス製なので、キャンプなどのアウトドアにおすすめです。

サイズ(約)幅186×奥行163×高さ212mm
重量(約)390g
満水容量(約)1,840ml
男性
男性

コスパに優れている

評価:

アウトドア用に購入しました。使い方はとても簡単で、おいしいコーヒーを楽しめています。値段も安く使いやすいのでコスパに満足。ステンレス製という点でも、気兼ねなく使えるところが嬉しいですね。

⑥おすすめパーコレーター:ペトロマックス/ニューパーコマックス

パーコレーターステンレス le14 2.1L

¥11916

ペトロマックスの「ニューパーコマックス」は、ステンレス製のシンプルデザインが特徴のパーコレーターです。耐久性あるステンレス製であるため、キャンプにもおすすめ。容量があるため、大人数のキャンプやファミリーキャンプのときなどに便利です。

パーコレーターとしてだけでなく、ケルトとしても使えることもメリットとなっています。

サイズ20.5×21×15cm
重量930g
容量2.1L
男性
男性

小窓から様子をチェックできる

評価:

安定感もあり使いやすい。小窓があるのが気に入っています。コーヒーの状態を確認できるので待つ楽しみもあります。

⑦おすすめエスプレッソメーカー:ビアレッティ/直火式エスプレッソメーカーモカエキスプレス2カップ用

直火式エスプレッソメーカーモカエキスプレス2カップ用

¥5940

イタリア発老舗メーカー、ビアレッテの「エスプレッソメーカー」です。エスプレッソの本場イタリアで愛され続けるビアレッテならではのこだわりが詰まっています。おいしいエスプレッソを自宅やキャンプで楽しむことができます。

本格的なエスプレッソにミルクを加えれば、カフェラテやカプチーノも味わうことが可能です。直火可能のエスプレッソマシーンなので、キャンプなどのアウトドアで使いやすいことがおすすめポイントです。

サイズ約8×14×14.5cm
重量約0.29kg
本体材質アルミニウム合金
女性
女性

至福のコーヒータイム

評価:

見ているだけでもうっとりしてしまうほど気に入っています。自宅用で使用していますが、アウトドアでも使ってみようかなと考え中。失敗せずに好みのエスプレッソを堪能しています。

⑧おすすめエスプレッソメーカー:ロゴス/見える!エスプレッソメーカー300

見える!エスプレッソメーカー300

¥5900

ロゴスの「見える!エスプレッソメーカー300」は、ポットの上の部分が透明であることが特徴です。コーヒーの様子をチェックできるので、見る楽しみもあります。コンロやガスバーナーの利用が可能なので、自宅でもアウトドアでも使うことができます。

サイズ(約)幅20.5×奥行10×高さ18cm
重量(約)700g
容量(約)300ml(抽出量は約250ml)
男性
男性

おいしいコーヒーを満喫

評価:

このエスプレッソメーカーを使ってからコーヒーがおいしくなりました。後片付けも簡単なことも気に入ってる点です。

【キャンプでコーヒー】その他必要な道具4選

キャンプでコーヒーを作るために必要な道具を紹介します。自分好みのコーヒーマシンを選んだら、必要な道具もチェックしましょう。コーヒー豆を挽くためのミルとコーヒーマグのおすすめをピックアップしました。

①厳選のコーヒーミル:キャプテンスタッグ /ステンレスハンディーコーヒーミルS

ステンレスハンディーコーヒーミルS

¥3580

キャプテンスタッグの「ステンレスハンディーコーヒーミルS」は、セラミックの刃を使用しているため豆本来の味を損ねないことがおすすめポイントです。さらに、セラミックの刃は取り外しできるため水洗いもできます。

また、ステンレス素材を使用しているため、錆びにくく耐久性があることも特徴です。そして、アウトドアにぴったりなコンパクトサイズも魅力です。

サイズ(約)本体/Φ46×高さ135mm、ハンドル/28×113×高さ35mm
重量(約):219g
容量(約):120m
男性
男性

メンテナンスが簡単

評価:

挽きたてのコーヒーをキャンプで飲みたくて選びました。味のおいしさもさながら、メンテナンスの容易さに脱帽です。常に清潔に保管できるため、味も落とさずにコーヒーを楽しめています。

②厳選のコーヒーミル:スノーピーク/フィールドバリスタミル

フィールドバリスタ ミル

¥11220

スノーピークの「フィールドバリスタ ミル」は、フィールドでおいしいコーヒーを楽しむためのコーヒーミルです。ハンドルと蓋が一体となっているため、管理も楽でコンパクト収納が可能となっています。スノーピークらしいシンプルなデザインもおすすめのポイントです。

サイズ160×48×160(h)mm
重量225g
材質ステンレス、鉄、セラミック、POM樹脂、天然木
女性
女性

軽くてかわいい

評価:

デザインが気に入って購入しました。かわいい上に軽くて持ち運びが便利です。

③厳選のマグカップ:ハリオ/メタルスタッキングマグ

メタルスタッキングマグ

¥1650

ハリオの「メタルスタッキングマグ」は、アウトドア使用のステンレス製マグです。スタッキングできるため、コンパクトで持ち運びしやすいことも特徴となっています。シンプルなシルバーカラーは、アウトドアらしい雰囲気たっぷり。

保冷・保温可能なので、ホットもアイスも楽しめます。

サイズ8.7 x 11.6 x 8.5 cm
重量102 g
素材ステンレス鋼
男性
男性

丈夫で使いやすい

評価:

キャンプにぴったりの雰囲気が気に入っています。毎回、キャンプ場でコーヒーを淹れて使っています。何度か落としましたが、問題なく使えています。

④厳選のマグカップ:スノーピーク /ステンレス真空マグ

ステンレス真空マグ

¥4400

スノーピークの「ステンレス真空マグ」は、保温性・保冷性に優れたステンレス製のマグカップです。ハンドル部分はフォールディング式となっているため収納しやすくなっています。また、超軽量のマグなのでキャンプなどのアウトドアにおすすめのマグです。

サイズ直径73.4mm×90.3(h)mm
重量110g
容量300ml
男性
男性

値段はするけどクオリティが高い

評価:

結露もなく、ホットコーヒーを淹れても表面が熱くないので快適です。値段が少し高いのがネックですが、長い目で見ればお得な気もします。

100均のコーヒー道具は初心者にもおすすめ!

キャンプでコーヒー道具を揃えたいけど、コストを抑えたい方は100均を利用するのもおすすめです。100均のダイソーやセリアでは、さまざまなコーヒー道具を取り扱っています。

コーヒーを作りたいけど、はじめてで不安な方は、いきなり高価な道具を揃えるよりも、手頃な100均の道具で試してみるとよいでしょう。

値段の差がある分多少の違いはありますが、口コミをみると大きな問題はないようです。100均のコーヒー道具は、練習用に取り入れたり、サブとして使ってみたりするとよいでしょう。

キャンプでおいしいコーヒーを淹れて至福の時間を過ごそう!

キャンプにおすすめのコーヒー道具を紹介しました。キャンプなどのアウトドアでコーヒーを飲めば、非日常の時間をよりリラックスして楽しめます。手軽なインスタントコーヒーも悪くはありませんが、せっかくなら本格的なコーヒーを飲みたいものです。

コーヒー道具を揃えるとなると、なんだかんだお金もかかるものなので、最初は手頃な100均などで揃えてみるのもおすすめ。慣れてきたら、ステップアップするのもよいでしょう。

キャンプ場で、自分好みのコーヒーを楽しむためにお気に入りの道具を揃えてみませんか。最高のコーヒータイムを体験できるでしょう。

アウトドアで使えるコーヒードリッパーおすすめ16選!ペーパーレスも

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tableware/%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%83%89%e3%82%a2%e3%81%a7%e4%bd%bf%e3%81%88%e3%82%8b%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%91%e3%83%bc%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%8116/

ドリップコーヒーの美味しい淹れ方、選び方を初心者の人でも分かりやすいように簡潔にまとめています。アウトドアにおすすめのコーヒードリッパーも16個紹介しています。コーヒードリッパーを購入しようと思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

エアロプレスでエスプレッソが作れる!キャンプで本格的なコーヒーを堪能

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%ad%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%a7%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%bd%e3%81%8c%e4%bd%9c%e3%82%8c%e3%82%8b%ef%bc%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97/

エアロプレスでエスプレッソを作る方法について、まとめています。また、エアロプレスの商品情報について解説し、その魅力についても解説しています。キャンプで美味しいエスプレッソを飲みたい方は、ぜひ参考にしてください。

キャンプにおすすめのコーヒーミル8選!手動式のおしゃれアイテムも

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tableware/%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%ab8%e9%81%b8%ef%bc%81%e6%89%8b%e5%8b%95%e5%bc%8f%e3%81%ae/

キャンプにおすすめのコーヒーミルを紹介します。コーヒーミルを購入する際の注意点や、キャンプで使うアイテムを選ぶポイントを詳しく解説しました。コーヒーミルを使用して、キャンプでおいしいコーヒーを飲みたい人は、ぜひ参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし