「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

脱・定番を目指すなら北欧ブランド!「ROBENS(ローベンス)」のおすすめテント15選

脱・定番を目指すなら北欧ブランド!「ROBENS(ローベンス)」のおすすめテント15選

「ROBENS(ローベンス)」の、おすすめテントをピックアップして紹介します。それぞれテントの適用人数や、適したシチュエーションなども徹底解説。また、「ROBENS(ローベンス)」のブランドとしての特徴も詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。


デンマーク発「ローベンス」とは

ROBENS(ローベンス)」は、デンマークのアウトドアブランドです。頑丈で雨風に強いテントは、過酷な状況下に適していているため、安心して利用できます。また、通気性も高く夏も冬も快適に使用でき、季節を選びません。

本記事では、デザイン性も高い人気の「ROBENS(ローベンス)」についてまとめました。さらに、「ROBENS(ローベンス)」おすすめのテントをいくつか紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ソロからファミリーまで幅広いラインナップが揃うローベンス

ROBENS(ローベンス)のテントは、雨風に強く安心感を得られます。頑丈な作りなので、急な天候の変化にも対応可能です。そこで、ローベンスのテントの特徴について詳しく解説します。

高い保温性と耐水性を誇るオールシーズン対応のポリコットン(TC)

ROBENS(ローベンス)のポリコットン素材のテントは冬は暖かく、夏は涼しく利用できることが魅力です。季節問わず快適にテントライフを送れるので、年中キャンプを楽しみたい人に適しています。

耐水性も高いので、急な天候の変化に対応できるのも心強いでしょう。ROBENS(ローベンス)のテントがあれば、アウトドアを心から楽しめます。

あわせて読みたい関連記事

TC素材の特徴・メリットは?ポリコットンのテント・タープも紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1199

TC素材の特徴・メリットについてまとめました。さらに、TC素材のデメリットについても深堀りしています。TC素材はポリエステルの良さもコットンの良さも持ち合わせています。TC素材のタープとテントの商品紹介もしているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

軽量コンパクトでお手頃価格なポリエステル

ポリエステル素材で作られているテントは、軽量なので持ち運びがしやすく初心者キャンパーにおすすめです。濡れても乾きやすいので、保管もしやすいのもポイントでしょう。また、リーズナブルでお財布にも優しくコスパも抜群です。

【ポリコットン】ローベンスでおすすめのテント

ROBENS(ローベンス)のテントは丈夫で通気性も申し分ありません。その秘密は、素材にポリコットンが使われているからです。ここからは、おすすめのポリコットン素材のテントを8選紹介します。

【6人用】ローベンスといえば定番「クロンダイク」

クロンダイク

¥ 75,900 ( 2023年12月23日時点 )

ROBENS(ローベンス)定番の「クロンダイク」です。中は大人が立って移動できるほどの空間の広さで、快適に過ごせます。入り口が大きく開き、出入りにも負担がかかりません。


使用サイズ390×370×270cm
収納サイズ80×27cm
重量16.7kg
テント素材
ハイドロテックス ポリコットン (65%ポリエステル/35%コットン)

【10人用】大家族・グループでも安心の「クロンダイク グランデ」

クロンダイク グランデ

¥ 143,000 ( 2023年12月23日時点 )

クロンダイクの大型サイズ「クロンダイク グランデ」は、複数人での利用におすすめです。入り口付近のフロア部分を取り外すことで、テント内のスタイルを変えることができます。また、煙突ポート装備なので薪ストーブ利用も可能です。


サイズ460×460×300cm
収納サイズ92×35cm
重量21.1kg
テント素材ハイドロテックス ポリコットン (35%コットン/65%ポリエステル)

【4人用】風速168kmにも耐える「フェアバンクス」

フェアバンクス

¥ 45,550 ( 2023年12月24日時点 )

4名対応のティピーテント「フェアバンクス」は、耐風性が高く強靭な作りが魅力です。インナードア・天井部分はメッシュになっており、空気の流れも確保でき虫の侵入も防ぎます。


使用サイズ365×300×185cm
収納サイズ77×20cm
重量9.6kg
テント素材ハイドロテックス ポリコットン (35%コットン/65%ポリエステル)

【7人用】もちろん家族でもOKな「フェアバンクスグランデ」

フェアバンクスグランデ

¥ 143,000 ( 2023年12月23日時点 )

7名対応の「フェアバンクスグランデ」は家族やグループ利用向きのテントです。フェアバンクス同様、耐風性に優れています。前室も確保できるので、快適なテントライフを送ることが可能です。


使用サイズ330×470×240cm
収納サイズ86×27cm
重量13.5kg
テント素材ハイドロテックス ポリコットン (65%ポリエステル/35%コットン)

【10人用】おしゃれなティピーテントなら「カイオワ」

カイオワ

¥ 146,400 ( 2023年12月23日時点 )

デザイン性も申し分ないスタイリッシュなテント「カイオワ」です。フロアーをめくり土間スペースを作ることで、薪ストーブを設置することができます。寒い時期のキャンプでも、暖かく過ごせます。


サイズ580×450×320㎝
収納サイズ93×28cm
重量23.4kg
テント素材ハイドロテックス ポリコットン (65%ポリエステル/35%コットン)

【4人用】2ルームならこれ「ダブルドリーマーTC4」

ダブルドリーマーTC4

¥ 89,820 ( 2023年12月23日時点 )

2ルームが魅力の「ダブルドリーマーTC4」です。通気性の高い素材に加えて、メッシュ生地のため空気を循環しテント内では心地良く過ごせます。


サイズ445×240×185cm
収納サイズ71×36cm
重量17.7kg
テント素材HydroTex Polycotton RS、リップストップ(35%コットン/65%ポリエステル)

【8人用】快適広々な空間がうれしい「チヌーク ウルサ」

チヌーク ウルサ

¥ 158,900 ( 2023年12月23日時点 )

「チヌーク ウルサ」は、開放感を存分に味わえる8人用ティピーテントです。前室部分が大きく開くので、テント内から外の景色を見渡すこともできます。


サイズ475×425×300cm
収納サイズ106×30cm
重量21.7kg
テント素材ハイドロテックス ポリコットン (65%ポリエステル/35%コットン)

【10人用】大きな出入り口がかわいい「トラッパーチーフ」

トラッパーチーフ

¥ 165,000 ( 2023年12月23日時点 )

アーチ形の出入り口が個性的な10人用ティピーの「トラッパーチーフ」です。肌触りの良い専用のカーペットは、抗菌仕様で洗濯も可能なので清潔感を保てます。


収納サイズ約100x32cm
重量約23.2kg
テント素材ハイドロテックスポリコットン (35%コットン/65%ポリエステル)

あわせて読みたい関連記事

環境に優しく、洗練されたデザイン!抜群の機能性を誇る「ジャックウルフ・スキン」

https://news-magazine-campers.com/articles/1826

ドイツ発信のアウトドアブランド「ジャックウルフスキン」おすすめのテントを紹介します。リサイクル素材の使用など、サステナビリティにも力を注いでることでも話題となっています。ドイツ発の洗練されたデザインやこだわりの機能性など、気になるテントをピックアップしています。

【ポリエステル】ローベンスでおすすめのテント

ROBENS(ローベンス)のポリエステル素材のテントは、2人用のテントを多く扱っておりソロで使用するにもおすすめです。こちらでは、ローベンスのテントの中でも、リーズナブルなポリエステル素材のテントを7選ピックアップしました。

【2人用】軽量で登山にもぴったりな「ロッジ2」

ロッジ2

¥ 42,999 ( 2023年12月23日時点 )

「ロッジ2」は、コンパクトで軽量なので持ち運びに負担がかかりません。また、二人で利用しても荷物置きのスペースが確保でき快適に過ごせます。両サイドのパネルは、大きく開くため通気性もよい点もおすすめポイントです。


サイズ290×245×110cm
収納サイズ48 x 18 cm
重量3.1kg
素材

ポリエステル・ハイドロテックスHD・75Dポリエステル189T

・68Dポリエステル190T・75DポリエステルTaffeta210T

【2人用】エントリーモデルの「ボルダー2」

ボルダー2

¥ 25,630 ( 2023年12月24日時点 )

使い勝手の良い自立式テントの「ボルダー2」です。両側に開口部分があるので、出入りもスムーズにできます。コンパクトで軽量であることも魅力です。


サイズ約260×230×110cm
収納サイズ約51×14cm
重量2.2kg
素材

ポリエステル・75Dポリエステル185T・68Dポリエステル190T

75DポリエステルTaffeta185T

【2人用】小さな前室に荷物をしまえる「トー2」

トー2

¥ 36,740 ( 2023年12月24日時点 )

2人用自立式テントのエントリーモデルです。「トー2」は、シンプルなタイプなので初心者にもおすすめ。リーズナブルな価格も魅力です。


サイズ約‎280×245×110cm
重量

約2.9kg

【2人用】おしゃれなコンパクトテント「スターライト2」

スターライト2

¥ 27,800 ( 2023年12月23日時点 )

「スターライト2」は、ソロキャンパーにおすすめのコンパクトさが魅力です。前と後ろが跳ね上がっており、風の影響を弱める役割を担っています。


サイズ約225×175×110cm
収納サイズ約43×16cm
重量約2.5kg

【2人用】ゆとりある空間を演出する「ゴスホーク2」

ゴスホーク2

¥ 45,800 ( 2023年12月23日時点 )

コンパクトですがトンネル型のため、スペースに余裕を感じられる「ゴスホーク2」です。軽量さが特徴のトレイルレンジシリーズ。雨風にも強く、対候性も期待できます。


サイズ300×240×105cm
収納サイズ46×18cm
重量3.9kg
素材

75Dポリエステル190T・68Dポリエステル190T

75Dポリエステルタフタ210T

【3人用】ポールの曲線美が映える「シクラプロ3」

シクラプロ 3

¥ 71,500 ( 2023年12月23日時点 )

「シクラプロ 3」は、丸みを帯びたデザインが特徴で幅と高さを確保しています。自立式テントなので設営が簡単。初心者でも使いやすいテントです。


サイズ345×210×115cm
収納サイズ55×17cm
重量4.2kg
テント素材

ポリエステル・HydroTex HD RS・75Dポリエステル189T

・リップストップ・難燃性・68Dポリエステル190T

・75Dポリエステルタフタ210T

【4人用】小型ティピーテントなら「グリーンコーン 4」

グリーンコーン 4

¥ 57,200 ( 2023年12月23日時点 )

フェアバンクスと同型の風に強いテント「グリーンコーン 4」です。見た目のコンパクトさによらず、4名収容可能。家族利用やグループに向いています。


サイズ365×300×195cm
収納サイズ60x20cm
重量5.2kg
素材

ポリエステル・ハイドロテックス HD・75Dポリエステル189T

遅燃性・68Dポリエステル190T

あわせて読みたい関連記事

【ソロ・デュオ】人気急上昇中!うさぎでおなじみ「DOD」でおすすめのテント14選!

https://news-magazine-campers.com/articles/1776

キャンパーに大人気のブランド「DOD」。可愛いウサギのロゴマークですが、可愛さだけでない個性あふれる商品がたくさんあり、中でもテントはネーミングセンス溢れた商品が盛りだくさん!そんなDODのテントの中で、おすすめ商品を厳選して14品紹介します。

ローベンスの洗練された北欧スタイルでキャンプを楽しもう!

強靭な構造が魅力的なローベンスのテントは、アウトドアでの信頼性抜群です。まだ試していない人は、この機会にローベンスのテントを堪能してみてください。

この記事のライター

映画好きでお酒好きの、物書きです。

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【Amazonで5000円以下】コンパクトでおしゃれな逸品揃い!おすすめの焚き火台14選

【Amazonで5000円以下】コンパクトでおしゃれな逸品揃い!おすすめの焚き火台14選

Amazonで5,000円以下で購入できるコスパのいい焚き火台を紹介します。ソロから複数人でのキャンプで活躍する焚き火台を、ピックアップして紹介しています。また、スペックなども詳しくまとめているので、ぜひチェックしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


ソロからファミリーまで網羅!キャンプ飯に欠かせない「クッカー」のおすすめ20選

ソロからファミリーまで網羅!キャンプ飯に欠かせない「クッカー」のおすすめ20選

クッカーはキャンプ飯を作るうえで欠かせない必須アイテムです。今回は、ファミリー向けからソロ向けまで用途別に、おすすめのクッカーを20選紹介します。商品の詳しい特徴も一緒に解説しますのでキャンプで使用するクッカーの参考にしてください。


環境に優しく、洗練されたデザイン!抜群の機能性を誇る「ジャックウルフ・スキン」

環境に優しく、洗練されたデザイン!抜群の機能性を誇る「ジャックウルフ・スキン」

ドイツ発信のアウトドアブランド「ジャックウルフスキン」おすすめのテントを紹介します。リサイクル素材の使用など、サステナビリティにも力を注いでることでも話題となっています。ドイツ発の洗練されたデザインやこだわりの機能性など、気になるテントをピックアップしています。


最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。