「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

クッカーおすすめ8選!炊飯はもちろんアウトドア料理にも使えて便利

クッカーおすすめ8選!炊飯はもちろんアウトドア料理にも使えて便利

おすすめのクッカーを8選紹介します。キャンプやアウトドアで、炊飯などのアウトドア料理を作るために、必要なクッカーをまとめました。また、購入時に失敗しないように、クッカーの選び方も合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


アウトドアで大活躍するクッカーを紹介!

キャンプやアウトドアでおいしい料理をつくりたいなら、クッカーは必須アイテムです。おいしい料理を作るためにも、最適な商品を選びたいところです。使用する場面やキャンプに行く人数によって、最適なサイズや素材を選ぶことがポイントになります。
この記事では、まず、クッカーを選ぶポイントを3つ紹介します。その後、炊飯などのアウトドア料理に最適な、おすすめのクッカーを8選紹介していきます。

クッカーの選び方

選び方①携帯性

まず、クッカーを選ぶ際の重要なポイントは、携帯性です。とくにソロキャンパーは、荷物が多いと移動が不便ですよね。なるべく荷物はコンパクトに収納して、移動の負担を減らす必要があります。
クッカーを選ぶときは、調理器具をそれぞれ積み重ねることができ、コンパクトに収納可能な「スタッキング」モデルを選ぶとよいでしょう。スタッキングが可能ならば、持ち運びに苦労しませんし、簡単に収納できます。

選び方②サイズと深さ

サイズや深さも重要なポイントです。底が浅めのクッカーは、底面の面積が広いため、火が通りやすいというメリットがあります。炊飯はもちろん、炒め料理や煮込み料理に適しており、幅広い料理ができるでしょう。
底が深めのクッカーは、十分な深さがあるので、汁物料理を作るときやラーメンを茹でるときに、とても重宝します。容積が大きいので、中にほかの調理道具を収納できるので、ソロキャンパーには嬉しいポイントです。

選び方③素材にも注目

素材は大きくわけて3種類あります。チタン素材のクッカーは、抜群の軽さが特徴です。荷物を運ぶのに苦労するソロキャンプにおすすめの素材です。また、金属独特な臭いがせず、食べ物の風味を損なうことなく調理することができます。
アルミ素材のクッカーは、価格が安めであり、こげ付きにくいのが特徴です。初心者に最適な特徴を持った素材なので、キャンプやアウトドアを始めて間もない方におすすめです。
ステンレス製のクッカーは、熱伝導性が非常に高いです。時間がかかりがちな煮込み料理などの調理時間を、大幅に短縮することができます。それぞれの素材に特徴があるので、自分にあった素材のクッカーを選んでください。

おすすめのクッカー8選を紹介

パックアウェイ クッカーセット

パックアウェイ クッカーセット

¥6020

コンパクトサイズの1人用クッカーセットです。こげつきにくいノンスティック加工を施したアルミ製です。炊飯などのキャンプ料理をする場合は、こげの心配が軽減されます。
フタ付きのフライパンと、片手鍋がセットになっています。メッシュポーチ付きです。

サイズ18.5×14cm
重量約480g
30代/男性
30代/男性

ノンスティック加工で汚れが付きづらい!

評価:

この商品はノンスティック加工なので、こげが付きにくいです。炊飯や煮込み料理などにチャレンジします!

HEAT-1 DG-1100

HEAT-1 DG-1100

¥6694

クッカーの底部にあるヒートエクスチェンジャーによって、熱を素早く食材に通します。外部に逃げる熱を最小限に抑え、底面に熱が行き渡ります。 取っては、折りたためるので収納に便利です。

サイズ130×120mm
重量206g
40代/男性
40代/男性

料理に最適な深底です

評価:

熱伝導率が高いので、通常のクッカーよりも早くお湯を沸騰させることができます。素早く料理ができるので、料理を時短したい方におすすめの商品ですね。

カートリッジクッカーセット

カートリッジクッカーセット

¥1397

ソロキャンパーなどの、持ち運びしやすい商品を探している方におすすめです。取っ手部分が可動式で、リュックやザックに収納しやすいのがポイントです。重量も200gとかなり軽量なため、ソロキャンプに最適です。

サイズ121×93mm
重量200g
10代/男性
10代/男性

軽量でコンパクトに収納可能です

評価:

大学生のソロキャンパーです。軽量でコンパクトサイズ、そして値段も安い商品です。バイクで移動するのですが、リュックに収納できるので、まったく邪魔になりません。

ツーリングクッカーセット

ツーリングクッカーセット

¥4180

ポットやトレーなど、アウトドア料理に必要なアイテムが5点セットになっています。1~2人のツーリングに適したサイズです。
全てステンレス製の素材なので、サビにくく、耐久性に優れています。また、スタッキングが可能なため、コンパクトに収まるのもポイントです。

サイズ15.6x7.8cm
重量530g
30代/男性
30代/男性

種類豊富な調理アイテムが魅力

評価:

フライパンやポットなど、豊富な調理器具がコンパクトに収納可能なのが魅力です。キャンプやアウトドアはもちろんですが、ツーリングにも最適です!

アルミパーソナルクッカーセット SCS-020

アルミパーソナルクッカーセット SCS-020

¥5400

このクッカーは浅底で広い形をしているので、片方はポッド、もう片方はお皿として使えます。もちろんクッカー自体も、炊飯などの炒め料理に向いています。
全てのクッカーにハンドルがついているので、調理がしやすいです。また、表面には洗いやすい加工を施してあります。

サイズ155×100mm
重量485g
30代/女性
30代/女性

食器はキャンプに持参しなくなりました

評価:

このクッカーセットがあれば、食器やポットの代わりとしても使用できます。そのため、食器を別で持参しなくなりました。荷物の軽くなって、負担が減りました!

チタンウルトラライトクッカー2RED

チタンウルトラライトクッカー2RED

¥5170

ソロ用として使いやすい小型モデルのクッカーです。重さはなんと、115gという袋ラーメンと変わらぬ重さです!
さらに、取っ手がグラグラせず、安定しています。取っ手が取り外しできない代わりに、頑丈に溶接されています。

サイズ13.6×6.4cm
重量115g
20代/女性
20代/女性

超軽量で女性に優しい!

評価:

重さが115gという超軽量設計なので、持ち運びに負担がありません。登山やキャンプなど、移動の多い場所に持参しても問題なしです。

サーモスタッククッカーコンボ

サーモスタッククッカーコンボ

¥7920

調理もできる750mlの大型マグ、マグリッド、コジー(保温ケース)がセットになっています。シーンに合わせて、多彩な組み合わせで使用可能です。さらに、スタッキングも可能なので、持ち運びにも困りません。 

サイズ105x125mm
重量182g
30代/男性
30代/男性

マグの種類が豊富です

評価:

3種類のマグがあり、保温・保冷もできます。ラーメンやコーヒーをシェアするのに使用しており、ファミリーキャンプや大人数でアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

エスビット アルミクックセット

エスビット アルミクックセット

¥12100

見た目にこだわりたい方にもおすすめです。このかわいらしいデザインが人気の理由の一つです。重量は804gと比較的軽量で、ハードアルマイト加工されたクックセットです。付属のポット(2個)とパンに焦げ付き防止処理がされています。

サイズ117×202mm
重量804g
20代/女性
20代/女性

かわいらしいデザインでお気に入りです

評価:

機能性、携帯性、デザイン、どれをとっても高いレベルの商品です。値段はほかの商品に比べて高めに設定されていますが、それ相応の価値があります。

おすすめのクッカーの比較表

ブランド

Coleman(コールマン)

DUG(ダグ)

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

LOGOS(ロゴス)

snow peak(スノーピーク)

EVERNEW(エバニュー)

SOTO(ソト)

イイヅカ

画像

商品名

パックアウェイ クッカーセット

HEAT-1 DG-1100

カートリッジクッカーセット

ツーリングクッカーセット

アルミパーソナルクッカーセット SCS-020

チタンウルトラライトクッカー2RED ECA252R

サーモスタッククッカーコンボ SOD-521-24

エスビット アルミクックセット

特徴

・コンパクトサイズで軽量 ・こげつきにくいノンスティック加工 ・フタ付きのフライパンと、片手鍋がセット ・メッシュポーチ付き

・ヒートエクスチェンジャー機能搭載 ・お湯を早く沸かせられる ・取っ手は折りたたみ可能 ・おしゃれなデザイン

・持ち運びしコンパクトサイズのクッカー ・取っ手部分が可動式 ・重量も200gとかなり軽量 ・保温機能もある

調理器具が5点セット ・1~2人のツーリングに適したサイズ感 ・全てステンレス製の素材 ・スタッキングが可能

食器やポットとして使用できる ・全てのクッカーにハンドルがついている ・洗いやすいように加工が施されている ・熱伝導率が高い

115gという超軽量設計 ・取っ手が安定している ・スタッフバッグ付き ・安心の日本製

大型マグ、マグリッド、コジー(保温ケース)がセット ・スタッキングも可能 ・保温・保冷ができる ・多彩な調理が可能

焦げ付き防止処理付き ・かわいらしいデザイン ・比較的軽量 ・メッシュバッグ付属

商品リンク

楽天(¥6,020)

クッカーでアウトドア料理を作ろう!

炊飯などのアウトドア料理に最適なクッカーの選び方と、おすすめの商品8選を紹介しました。キャンプやアウトドアを楽しむために、クッカーは必須のアイテムです。
素材やサイズ、携帯性など、メリットや特徴をおさえたうえで、最適なものを選ぶ必要があります。この記事では、数多くのクッカーの中でも、人気な商品をピックアップしています。ぜひ、購入の際は参考にしてみてください。

焚き火料理に使えるおすすめクッカー紹介!ステンレスなど素材もチェック

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/bonfire/焚き火料理に使えるおすすめクッカー紹介!ステ/

焚き火料理に使えるおすすめクッカーを紹介!アルミやステンレス、ソロキャンプに最適なクッカーやスノーピークの製品も紹介しています。焚き火など直火で使える鍋などもあるので、焚き火で使えるクッカーを探しているという人はぜひそちらも参考にしてみてください。

ソロキャンプにおすすめのクッカー15選!炊飯や鍋料理にも使える!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tableware/ソロキャンプにおすすめのクッカー15選!炊飯や鍋/

ソロキャンプにおすすめのクッカー15種を紹介。素材や収納性など、ソロキャンプ向けのクッカー選びで重要なポイントを解説します。クッカーの焚き火での使用や、商品のセット内容などの特徴をまとめて比較表にしましたので、ぜひチェックしてみてください。

山クッカー角形3がおすすめ!炊飯は以外にいろいろなレシピを試せる

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tableware/山クッカー角形3がおすすめ!炊飯は以外にいろい/

山クッカー角形3がおすすめで人気の理由を解説します。山クッカー角形3の商品詳細とあわせて、その魅力を徹底的にまとめました。山クッカー角形3を使用したおすすめのレシピと疑問を解決するQ&Aもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。