「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

環境に優しく、洗練されたデザイン!抜群の機能性を誇る「ジャックウルフ・スキン」

環境に優しく、洗練されたデザイン!抜群の機能性を誇る「ジャックウルフ・スキン」

ドイツ発信のアウトドアブランド「ジャックウルフスキン」おすすめのテントを紹介します。リサイクル素材の使用など、サステナビリティにも力を注いでることでも話題となっています。ドイツ発の洗練されたデザインやこだわりの機能性など、気になるテントをピックアップしています。


狼の足跡マークでおなじみ、ドイツ発「ジャックウルフ・スキン」とは

オオカミの足跡で知られる「ジャックウルフスキン」について紹介します。ドイツではよく知られるブランドですが、あまり馴染みがないという方もいますよね。ジャックウルフスキンの詳細についてみていきましょう。

2023年春より!テントとタープにリサイクル素材を使用して環境にやさしい

出典:JackWolfskin

ジャックウルフスキンは、2023年春シーズン以降登場したテントすべて、フライとフロアマットにリサイクル素材を使用するようになりました。このシーズンに大きくアップデートされ、エコフレンドリーなイメージも持たれるようになったと言えます。

またそれ以前でも、リサイクル素材ではないものの、100%PFCフリーといった自然に対する環境問題に取り組んでいました。自然への配慮を考えた、自然派キャンパーにとってリスペクトできるポイントだと言えますね。

ファミリー向けテントでも軽量

出典:JackWolfskin

ファミリー向けの大型テントは、重さがネックとなることもありますよね。たとえば、ファミリーに人気のコールマン「タフスクリーン」は、4~5名収容可能なサイズで約17㎏です。とても重いというわけではありませんが、そこそこ重さはありますよね。

その点、ジャックウルフスキンの「グランドイリュージョン」は、なんと約6.5㎏という軽さなんです。これは、ジャックウルフスキンが軽くて丈夫なDACポールをフレームに使用していることが理由。

山岳シーンでも持ち運びやすい軽量さとタフさが、ジャックウルフスキンの魅力だと言えるでしょう。

海外規格でサイズ感もゆったり

出典:JackWolfskin

ドイツ生まれの「ジャックウルフスキン」のテントは、海外規格サイズなのでゆったりしていることが特徴です。日本規格のテントにはなかなかない、190~200㎝の高さを持つテントもあります

そのため、背の高い男性でもストレスなくテント内を移動することが可能です。

【ソロ~2人用】ジャックウルフ・スキンでおすすめのテント

ジャックウルフスキンのソロ・デュオ向きテントを紹介します。

GOSSAMER(ゴッサマー)

ジャックウルフスキンの「ゴッサマー」は、軽量でコンパクトなソロ用テントです。トンネル構造のおしゃれなグリーンカラーが特徴。インナーテントは、メッシュ素材を使用しているため、蚊帳としての使い道もあります。


対応人数1名
重量1,750g
耐水圧フライシート:4,000mm フロアシート:10,000mm
インナーテントサイズ225x90/80x75/40cm
価格¥28,600(税込)
ジャックウルフスキン公式サイト「ゴッサマー」

ECLIPSE II(エクリプス II)

ジャックウルフスキンの「エクリスプ2」は、シンプルで飽きのこないデザインが特徴の2人用テントです。スペイン南部の森林地帯で過ごすイメージで作られた、優しいデザインやカラーがおしゃれ。

自立式のインナーテント構造を採用しているので、設営も簡単なので初心者でも取り入れやすいタイプです。


対応人数2名
重量4,200g
耐水圧フライシート:4,000mm フロアシート:10,000mm
インナーテントサイズ220x150x110cm
価格¥37,400(税込)
ジャックウルフスキン公式サイト「エクリプス II」


対応人数2名
重量4,200g
耐水圧4,000mm
サイズ220x150xH110cm 
価格¥22,330(税込)

※こちらはリサイクル素材ではありません

ジャックウルフスキン公式サイト「エクリプス II」

SKYROCKET II DOME(スカイロケット II ドーム)

ジャックウルフスキンの「スカイロケット II ドーム」は、約2.5㎏の超軽量さが魅力のテントです。1~2名収容可能サイズで、ツーリングにもおすすめ。2つのエアダクトによって、テント内の空気を循環してくれるため通気性抜群です。


対応人数1~2名
重量2,490g
耐水圧フライシート:4,000mm フロアシート:10,000mm
インナーテントサイズ220x140x105cm
価格¥60,500(税込)
ジャックウルフスキン公式サイト「スカイロケット II ドーム」


対応人数
1~2名
重量2,490g
耐水圧
フライシート:4,000mm
サイズ230x205xH110 cm
価格¥42,900(税込)

※こちらのカラーはリサイクル素材ではありません

ジャックウルフスキン公式サイト「スカイロケット II ドーム」

あわせて読みたい関連記事

2人のデュオキャンプはテント選びが大事!タイプ別のイチオシおすすめを紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1588

2人で過ごすデュオキャンプにおすすめのテントを紹介します。あまり聞きなれない方も多いかもしれませんが、デュオキャンプとは2人で行くキャンプのことです。カップル、親子、友達などのパターン別におすすめのテントについてまとめてみました。

STAR TUNNEL II(スタートンネル II)

超軽量トンネル型テントです。ソロもしくはデュオサイズで、コンパクト収納がメリット。インナーテントはメッシュ素材を使用しているので、夏場など温かい季節はインナーテントだけでも使用可能です。自然と一体型で過ごすことができます。


対応人数
2名
重量
2,280g
耐水圧
フライシート:4,000mm フロアシート:10,000mm
インナーテントサイズ225x125/105x90/60cm
価格¥39,600(税込)
ジャックウルフスキン公式サイト「スタートンネル II」

【3人用】ジャックウルフ・スキンでおすすめのテント

ジャックウルフスキンの3人用おすすめテントを紹介します。

STRATOS LITE III(ストラトスライト III)

ジャックウルフスキンの「ストラトスライト III」は、耐風性が高い超軽量ポールを使用していることが特徴です。軽量なので、トレッキングなどでの持ち運びも負担が軽減されます。インナーテントは、モスキート除けにもなるメッシュ素材を使用。

通気性もよく、耐水圧も高いスペックも魅力です。



対応人数3名
耐水圧フライシート:1,500㎜ フロア:6,000㎜
インナーテントサイズ220x160/145x110cm
価格¥102,300(税込)
ジャックウルフスキン公式サイト「ストラトスライト III」

REAL DOME LITE III(リアルドームライト III)

インナーテントに高通気性素材を使用している「リアルドームライト III」は、テント内の通気性がよく快適さが魅力です。軽量で丈夫、オールシーズン対応の3人用テント。機能性、デザイン性とバランスがよいおすすめのタイプとなっています。


対応人数3名
耐水圧フライシート:1,500㎜ フロア:6,000㎜
インナーテントサイズ225x180x125cm
価格¥97,900(税込)
ジャックウルフスキン公式サイト「リアルドームライト III」

ECLIPSE III(エクリプス III)

2つのエアダクトにより、テント内の空気を循環させ高い通気性を実現したテントです。こちらは、3人用タイプなので、デュオキャンプや小さなお子さん連れのファミリーにもぴったりです。


対応人数3名
重量5,200g
耐水圧フライシート:4,000mm フロアシート:10,000mm
インナーテントサイズ225x180x120cm
価格¥42,900(税込)
ジャックウルフスキン公式サイト「エクリプス III」


対応人数3名
重量5,200g
耐水圧フライシート:4,000mm フロアシート:10,000mm
価格¥26,180(税込)

※こちらはリサイクル素材ではありません。

ジャックウルフスキン公式サイト「エクリプス III」

SKYROCKET III DOME(スカイロケット III ドーム)

超軽量さと高通気性が特徴の「スカイロケット III ドーム」3人用テントです。3シーズン使用可能、2つのエアダクトによる通気性のよさが魅力。スカイロケット2よりもゆとりがあるサイズなので、小さなお子さんが1人いるファミリーやデュオにおすすめです。


対応人数3名
重量3,100g
耐水圧フライシート:4,000mm フロアシート:10,000mm
インナーテントサイズ
225x170x115cm
価格¥71,500(税込)
ジャックウルフスキン公式サイト「スカイロケット III ドーム」

【ファミリー】ジャックウルフ・スキンでおすすめのテント

ジャックウルフスキンのファミリー向け大型テントを紹介します。

GRAND ILLUSION IV(グランドイリュージョン IV)

4名まで対応の、ファミリーやお友達とのキャンプにおすすめのテントです。比較的、サイトを選ばないサイズ感なので便利。ゆとりがあるため、寝室もリビングも快適で、前室部分は大きな荷物を置けるスペースとしても活用可能です。


対応人数
4名
重量
6,550 g
耐水圧
4,000㎜
価格¥82,500(税込)
ジャックウルフスキン公式サイト「グランドイリュージョン IV」

あわせて読みたい関連記事

【2023】おすすめの2ルームテント21選をメーカー別に紹介!おしゃれでコスパも抜群

https://news-magazine-campers.com/articles/1813

2ルームテントは便利で広いのでファミリーに人気のテントになっています。今回は、おすすめの2ルームテントをメーカー別に21選紹介します。2ルームテントはおしゃれでコスパも抜群です。そんな2ルームテントの詳しい特徴も一緒に解説しますので参考にしてください。

GREAT DIVIDE RT(グレート ディヴァイド RT)

最大2部屋確保可能な大型テントです。4~6名収容可能となっているので、ファミリーやグルキャンにおすすめ。独自のリアルトンネルテクノロジーにより地面深くポールを設置することができます。そのため、耐風性や居住スペース確保に優れていることがメリットです。


対応人数4~6名
重量12,800g
耐水圧フライシート:4,000mm フロアシート:10,000mm
インナーテントサイズ230x230/200x185/160cm、230x180/120x150cm
価格¥165,000(税込)
ジャックウルフスキン公式サイト「グレート ディヴァイド RT」

TRAVEL LODGE RT(トラベルロッジ RT)

まるで住まいのような大型テント「トラベルロッジ RT」は、ワンランク上のキャンプスタイルを楽しめます。6つの窓があるため通気性も抜群。キャノピーポールを使用すれば広々とした前室を確保できます。居住空間を充実させたいキャンパーさんにおすすめです。


対応人数5~7名
重量

2,0200g

耐水圧フライシート:4,000mm フロアシート:10,000mm
インナーテントサイズ

235x300/270x190/175cm、225x135/85x190/175cm

価格¥209,000(税込)
ジャックウルフスキン公式サイト「トラベルロッジ RT」

あわせて読みたい関連記事

おしゃれなデザインが映えるおすすめの「大型テント」21選!選び方や注意点も

https://news-magazine-campers.com/articles/1807

デザインを重視したいキャンパーさんにおすすめの「大型テント」を紹介します。おしゃれなテントを選べば、キャンプでの居心地や気分も変わりますよね。おしゃれな大型テントを探している方は、おすすめや選び方など、ぜひ参考にしてください。

ジャックウルフ・スキンのテントから目が離せない!

出典:JackWolfskin

出典:JackWolfskin

ジャックウルフスキンのおすすめテントを紹介しました。洗練されたデザインや高い機能性だけでなく、自然環境への配慮まで考えられたジャックウルフスキンのテントは魅力に溢れています。

2023年SSからはじまったリサイクル素材への転換は、今後のシリーズにも期待できるポイントです。新たなテントを探しているキャンパーさんは、ぜひおしゃれでサステナビリティ溢れるジャックウルフスキンのテントをチェックしてみましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連する投稿


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


脱・定番を目指すなら北欧ブランド!「ROBENS(ローベンス)」のおすすめテント15選

脱・定番を目指すなら北欧ブランド!「ROBENS(ローベンス)」のおすすめテント15選

「ROBENS(ローベンス)」の、おすすめテントをピックアップして紹介します。それぞれテントの適用人数や、適したシチュエーションなども徹底解説。また、「ROBENS(ローベンス)」のブランドとしての特徴も詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【2023】おすすめの2ルームテント21選をメーカー別に紹介!おしゃれでコスパも抜群

【2023】おすすめの2ルームテント21選をメーカー別に紹介!おしゃれでコスパも抜群

2ルームテントは便利で広いのでファミリーに人気のテントになっています。今回は、おすすめの2ルームテントをメーカー別に21選紹介します。2ルームテントはおしゃれでコスパも抜群です。そんな2ルームテントの詳しい特徴も一緒に解説しますので参考にしてください。


おしゃれなデザインが映えるおすすめの「大型テント」21選!選び方や注意点も

おしゃれなデザインが映えるおすすめの「大型テント」21選!選び方や注意点も

デザインを重視したいキャンパーさんにおすすめの「大型テント」を紹介します。おしゃれなテントを選べば、キャンプでの居心地や気分も変わりますよね。おしゃれな大型テントを探している方は、おすすめや選び方など、ぜひ参考にしてください。


最新の投稿


【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

焼酎に良く合う大人の味付けを目指して、「牛タン味噌煮込み」作りにチャレンジしました。ダッチオーブンを使って、長時間煮込むことで具材の旨味を極限に引き出すことに成功しました。具材を入れて煮込むだけの簡単レシピなので、ぜひ参考にしてください。


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。