「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

TC素材の特徴・メリットは?ポリコットンのテント・タープも紹介

TC素材の特徴・メリットは?ポリコットンのテント・タープも紹介

TC素材の特徴・メリットについてまとめました。さらに、TC素材のデメリットについても深堀りしています。TC素材はポリエステルの良さもコットンの良さも持ち合わせています。TC素材のタープとテントの商品紹介もしているので、気になる方はぜひ参考にしてください。


TC素材の特徴・メリットやテント・タープを紹介!

この記事では、TC素材の特徴やメリット・デメリットをはじめ、TC素材を使ったおすすめのタープやテントを紹介していきます。

TC素材の特徴・メリット

特徴・メリット①火に強い

そういったときに素材によっては穴が開いてしまうこともあるため、テントやタープを選ぶ際は注意が必要です。しかし、TC素材は難燃素材のため火の粉が飛んだとしても穴が空いてしまうことは少ないです。

特徴・メリット②雨に強い

TC素材は火に強いだけではなく、雨に強いのもメリットの1つです。小雨程度であれば長時間雨の中で使用しても雨が漏れてくるということがほとんどありません。天気を気にせずキャンプを楽しみたいという人にTC素材のタープやテントはぴったりです。

特徴・メリット③遮光性や通気性にも優れている

また、テントを使っていると地面からの水蒸気でムシムシとすることがありますが、通気性に優れているためTC素材を使ったテントは快適に過ごせます。

TC(ポリコットン)素材のおすすめテント

テンマクデザイン サーカス TC DX

サーカス TC DX

¥91377

テンマクデザインから出ているTC素材を使った1人から2人での使用を想定したテントです。入り口の1か所はファスナーで簡単に開閉できるサイドフラップ付きになっています。そのため、ポールを使えばタープのように張り出して使えるようになっているのも特徴の1つです。

使用時サイズ442cm×420cm×280cm
収納時サイズφ27cm×63cm
重量約12.3kg

オールシーズン使えて便利

評価:

オールシーズン使えて便利で、意外と居室空間が広めなのがすごくいいです。

FIELDOOR パップテント320

パップテント320

¥18150

軍隊で使っているようなパップテントタイプで、ソロキャンプにぴったりです。少しでも居住空間を広く確保するために、二股ポールを採用しています。ソロキャンプ用の丈夫でおしゃれなテントを探している人におすすめです。

使用時サイズ320cm×210cm×130cm
収納時サイズ73cm×20cm×20cm
重量約7.5kg

居住空間を広く確保できるのが魅力

評価:

パップテントは居住空間が狭くなりがちですが、二股ポールで空間を広くとれるのがすごく魅力です。

BUNDOC ソロ ティピー1

ソロ ティピー1

¥31740

TC素材を使ったティピーテントで、ティピーテントなので1人でも簡単に組み立てができます。遮光性が高いだけではなく、UVカット加工もされているため夏の強い日差しでもしっかり遮ってくれます。また、スカートが付いているため、温度調整がしやすくオールシーズン使えるのも魅力です。

使用時サイズ240cm×240cm×150cm
収納時サイズ44cm×24cm×24cm
重量約4.8kg

ワンポールのティピーテントで組み立てが楽

評価:

TC素材のテントは重量があるため設営が大変ですが、ワンポールのティピーテントなので設営がすごく楽です。

GeerTop ワンポールテント

ワンポールテント

¥38720

4人前後の人数が入れるサイズのワンポールテントで、家族やグループでの使用にぴったりです。ワンポールテントなので設営が簡単で、防水加工が施されているため小雨程度あれば重たくなることはありません。

使用時サイズ250cm×250cm×190cm
収納時サイズ21cm×88cm×21cm
重量約6.45kg

グループキャンプにぴったり

評価:

サイズも大きくて設営も簡単なのでグループキャンプにぴったりで重宝しています。

NEUTRAL OUTDOOR TCテント3.0

TCテント3.0

¥63800

NEUTRAL OUTDOORから出ているTC素材を使ったおしゃれなワンポールテントです。3人から5人程度入れるサイズで、家族やグループでのキャンプにおすすめです。ワンポールのテントなので設営が簡単にでき、普段からあまりキャンプをやらないような初心者にもおすすめです。

使用時サイズ300cm×300cm×200cm
収納時サイズ24cm×24cm×83cm
重量約7kg

おしゃれな大きいサイズのテントが欲しい人におすすめ

評価:

グランピング施設にあるようなおしゃれなテントで、キャンプをグループでおしゃれな感じで楽しみたいという人におすすめです。

クイックキャンプ TCワンポールテント

TCワンポールテント

¥39800

クイックキャンプから出ているTC素材を使ったワンポールテントで、開口部が大きめに設計されているため出入りがしやすいです。また、通気性もよくインナーとグランドシートもすべて付属しているため購入すればすぐにさまざまな使い方ができます。3人から5人ぐらいの人数が入れるぐらいのサイズです。

使用時サイズ440cm×380cm×290cm
収納時サイズ65cm×25cm×25cm
重量約13.7kg

不器用な人でも簡単に設営できる

評価:

キャンプ初心者で不器用な自分でも説明書を見れば簡単に設営ができました。"

TC(ポリコットン)素材のおすすめテントの比較表

ブランド

テンマクデザイン

FIELDOOR

BUNDOC

GeerTop

NEUTRAL OUTDOOR

クイックキャンプ

画像

商品名

サーカス TC DX

パップテント320

ソロ ティピー1

ワンポールテント

TCテント3.0

TCワンポールテント

特徴

・1人もしくは2人でぴったりのサイズ ・オールシーズン使用可能 

・ソロキャンプ向けのサイズ ・二股ポールで居住空間を確保

・UVカット加工もされている ・ティピーテントで組み立て簡単

・ワンポールテントなので設営が楽 ・グループキャンプ向きのサイズ

・デザインがおしゃれ ・3人から5人程度が入れる大きさ

・おしゃれなワンポールテント ・4人から5人程度が入れる大きさ

商品リンク

楽天市場

TC(ポリコットン)素材のおすすめタープ

テンマクデザイン 青空タープTC

青空タープTC

¥30580

テンマクデザインから出ているTC素材を使ったスクエアタープですが、大人数でも使えるサイズ感が特徴です。天井部分にしっかりとベンチレーターがあるため、屋根下で焚き火をやったとしても煙が上手く逃げてくれます。遮光性が高く、オールシーズン使えるのが魅力です。

使用時サイズ490cm×490cm×100cm
収納時サイズ58cm×28cm×23cm
重量約6.3kg

ファミリーでキャンプを楽しむときに便利

評価:

5人から6人ぐらいでキャンプするときでも狭すぎない大きさでいつも重宝しています。

テンマクデザイン 焚火タープTCコネクトヘキサ

焚火タープTCコネクトヘキサ

¥29480

テンマグデザインから出ているヘキサタープで、テンマクデザインのサーカスTCといったTC素材を使ったテントと連結して使用可能です。もちろん単体での使用も可能で、さまざまな使い方ができます。多少の雨であれば弾いてくれるため問題ありません。

使用時サイズ580cm×450cm×280cm
収納時サイズ73cm×19cm×19cm
重量約5.4kg

サーカスTCとセットで使っている

評価:

キャンプで毎回サーカスTCと一緒に使っていますが、居住スペースを広く確保できるのでおすすめです。

FIELDOOR レクタタープTC

レクタタープTC

¥17160

FIELDOORから出ているTC素材を使ったタープで、サイズは4~5人で使っても狭く感じないぐらいのサイズ感です。ポールなどを上手く活用することによってさまざまな使い方が可能で、その日の気分や使用しているキャンプサイトに合わせて張り方を簡単に変えられます。

使用時サイズ435cm×500cm
収納時サイズ60cm×43cm
重量約5.3kg

汎用性がとても高い

評価:

汎用性の高いタープで、さまざまな使い方ができるのでとても便利です。

TIANBOLANG TC TARP

TC TARP

¥10260

TIANBOLANGから出ているTC素材を使ったタープですが、撥水加工が施されているのが特徴です。撥水加工によってある程度の雨であれば弾いてくれるため、突然の雨でも安心して使えます。また、遮光性に優れているため、直射日光の強い夏場に最適なアイテムでもあります。

使用時サイズ320cm×295cm
収納時サイズ35cm×13cm×13cm
重s量1.5kg

雨でも安心して使える

評価:

使用中に突然小雨が降ってきましたが、問題なく使えました。

EVERNEW ポリコットンタープTC4

ポリコットンタープTC4

¥18700

EVERNEWから出ているソロキャンプでも携行や設営がしやすいTC素材を使ったタープです。使用時のサイズが400cm×285cmで大きめに見えますが、意外と丁度いいサイズ感で十分な居住スペースを確保しやすいです。また、重量もそれほどないため、携行しやすく1人で設営しやすくなっています。

使用時サイズ285cm×400cm
収納時サイズ不明
重量1.8kg

ソロキャンプで使いやすい

評価:

比較的軽いのでソロキャンプでも持ち運びや設営しやすく重宝しています。

NORDISK カリ ダイヤモンド

カリ ダイヤモンド

¥46200

NORDISKから出ているおしゃれなデザインのTC素材を使ったタープです。撥水加工が施されているため、急な雨が降ってきても小雨程度であれば全く問題ありません。

使用時サイズ400cm×510cm
収納時サイズ14cm×87cm
重量7kg

おしゃれで使いやすい

評価:

おしゃれなデザインと使いやすさがお気に入りです。

TC(ポリコットン)素材のおすすめタープの比較表

ブランド

テンマクデザイン

テンマクデザイン

FIELDOOR

TIANBOLANG

EVERNEW

NORDISK

画像

商品名

青空タープTC

焚火タープTCコネクトヘキサ

レクタタープTC

TC TARP

ポリコットンタープTC4

カリ ダイヤモンド

特徴

・天井にベンチレーターあり ・大人数で使えるサイズ感

・テンマクデザインのTCテントと連結可能 ・撥水加工が施されているため小雨程度なら問題なし

・4~5人で余裕に使えるサイズ ・汎用性がとても高い

・撥水加工が施されている ・遮光性も高い

・ソロキャンプにおすすめ ・比較的軽めで携行しやすい

・おしゃれなデザイン ・撥水加工が施されている

商品リンク

楽天市場

TC素材のデメリット

デメリット①汚れやすい

そのため、コットンとポリエステルの混紡であるポリコットンもポリエステルと比べると汚れやすく落ちにくいです。つまり、ポリコットンをつかったタープやテントは手入れが化学繊維100%のものよりも大変になってきます。

デメリット②重量がある

そのため、TC素材を使ったタープやテントは使っていない化学繊維100%のものと比べても重く、装備を軽くしたい場合にはあまり向いていません。

デメリット③カビやすい

そのため、めんどくさがりの人やしっかりと乾燥させる時間が確保できない人にはTC素材を使ったアイテムはおすすめできません。

TC素材は火の粉や雨に強い!

ポリコットンは難燃素材で遮光性や通気性に優れていますが、汚れやすかったり乾きにくいためカビやすかったりします。そういった特徴をしっかりと理解した上で、ポリコットンのタープやテントを使って行きましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー