「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【山梨】露天風呂にサウナも!「マウントフジキャンプリゾート」のグランピング施設をレビュー

【山梨】露天風呂にサウナも!「マウントフジキャンプリゾート」のグランピング施設をレビュー

山梨にある圧倒的開放感が魅力の「マウントフジキャンプリゾート」には、1万坪の敷地内に2棟のグランピング施設があるのをご存じでしょうか。完全なるプライベート空間を堪能できる、充実施設を現地の写真とともに詳しく紹介します。


「マウントフジキャンプリゾート」グランピング施設をレポート!

富士山麓最大級の広さを誇る「マウントフジキャンプリゾート」は4万坪の空間を贅沢に使ったキャンプ場です。前回、キャンプ場を体験レポートしましたが、今回は、ラグジュアリーなグランピング施設を見学してきたので徹底紹介したいと思います!

「マウントフジキャンプリゾート」のグランピング施設

「マウントフジキャンプリゾート」にある別邸山麓は贅沢尽くしのグラマラスキャンピングエリア。テントサイトがあるエリアから離れた場所にあり、プライベート空間を大切にしたい方向けです。

プレミアムなキャンプ体験をしたい貴⽅におすすめのグランピング施設となっています。ただし、予約条件などもあるため最後までチェックしてみてください。

「マウントフジキャンプリゾート」の住所やアクセス方法


住所〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村7328
電話番号0555-85-2608
営業期間4月~12月 ※詳しくは公式サイトをご確認ください。
アクセス中央自動車道「河口湖インター」から車で約20分
「マウントフジキャンプリゾート」公式サイト

ライター自己紹介

おうち大好き超インドア派の女子が主婦になったのをきっかけに家族キャンプに行くようになり、今ではすっかり犬連れキャンパーに。マルチーズ×ヨーキーの〝アスロ〟と、白黒ポメラニアンの〝ジェスロ〟と共に夫婦で月一程度、関東近郊のキャンプ場に出かけアウトドアライフを楽しんでいます。

グランピング施設は2棟ある

「マウントフジキャンプリゾート」の別邸山麓には2つのグランピング施設があり、各専有面積は約5000㎡。贅沢に空間を使用した敷地内には、寝室、ダイニングルーム、露天風呂、サウナを完備しています。

アウトドアでありながらホテルに宿泊しているかのようなゆったりとした時間を過ごせることが魅力です。

セキュリティもバッチリ

別邸山麓はセキュリティ対策も万全です。チェックイン時に提示される暗証番号を入力しないとエリア内に入れないシステムになっています。

そして、別邸山麓は1万坪のエリア内にグランピング施設2棟と、常設サイト3区画と最大でも5組しか利用できません。不特定多数の人がキャンプする場所に抵抗がある方も安心してアウトドア体験ができますね。

おしゃれで広々とした室内

テント内には最大4名までが宿泊可能です。ライトや小物、観葉植物などインテリアがオシャレすぎる!フローリングの室内は冷暖房設備で手前と奥に2つずつベッドが置かれ、中央にはリビングスペースとしてローテーブルやソファーが置かれています。

遮光性の高い厚手の生地のテントはファスナーによる窓の開閉が可能で、天気が良い日は自然光あふれる明るい空間になります。

ワインセラーも!スタイリッシュなダイニング

こちらはキッチンとダイニング。水回りのほかに大型冷蔵庫にバーベキューガスコンロなど、本格的料理が楽しめるキッチンを完備。冷蔵庫は有料ですがドリンクや氷があり、お隣には高級ワインが入ったワインセラーまであります。

オシャレな照明に薪ストーブも設置され、まさに夢のような贅沢空間!ダイニングテーブルからは、広大な富士山麓の景色を楽しむ事ができるので優雅な食事を楽しめそうですね。

スノーピークのキッチン用品も!おしゃれなキッチン

キッチンには包丁、まな板に加え調味料までもが常備されています。お皿やカトラリーもスノーピーク製のものがあり自由に使用可能です。これなら自宅と変わらずいつもの調理が可能なので、外食が難しい小さなお子様がいても安心ですね。

「マウントフジキャンプリゾート」ではシェフによる、富士の麓の食材をふんだんに使ったキャンプディナーも用意されています。利用の3日前までに予約が必要ですが、贅沢に出来立ての料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

プライベートな露天風呂やサウナ

なんと!「マウントフジキャンプリゾート」のグランピングには露天風呂までついているんです。贅沢なひのきの露天風呂は追い焚き機能も付いており、いつでも温かい状態で浸かれます。

シャンプーやボディソープも完備されており、タオルも用意されています。まさに手ぶらで楽しめるグランピングならではのサービスですね。

露天風呂の奥にはプライベートバレルサウナを完備! 自身で薪を炊くスタイルなので温度調整も自由自在です。オシャレな猫足バスタブで整った身体をクールダウン。

夏季シーズンには5メートルを超える専用のプールも利用できるそうです。

清潔感あふれるダブルシンクの洗面台スペース

露天風呂の目の前には清潔感のあふれる明るいトイレとダブルボウルの洗面化粧台があります。広い洗面スペースにはドライヤーもあるので、お風呂上りのケアは問題なさそうですね。もちろんトイレはウオシュレット完備です。

大人数での利用の際は、別邸山麓エリア専用サニタリールームも自由に利用できるそうです。

気になったポイント

ここで「マウントフジ・キャンプリゾート」のグランピング施設を見学して気になったポイントをご紹介したいと思います。利用時はぜひ参考にしてください。

調理器具は少し持参したほうがいいかも!?

充実したキッチンですが、お鍋などは用意されているものの限られているため、作る料理が決まっている場合は調理器具を持参したほうがいいかもしれません。事前に確認するといいでしょう。

私は、ホットプレートやカセットコンロがあったほうがみんなで楽しめるかもしれないなと思いました。敷地内に焚き火スペースもあるため、アウトドアらしくバーベキューを楽しむのも良いと思います。

気になる料金や予約法は?

「マウントフジ・キャンプリゾート」の料金と予約方法をご紹介。別邸山麓は限定2棟のためトップシーズンは予約がなかなか取れないことも…。

キャンプ予定日が決まったらすぐに予約することをおすすめします。

値段

「マウントフジ・キャンプリゾート」別邸山麓のグランピング施設の料金設定は年間を通して3種類となっています。

年間固定週末(金・土・祝日) 47,680円/人

春・秋・冬平日(日~木・祝日は除く) 31,180円/人

夏7月~9月平日(日~木・祝日は除く) 36,680円/人

予約方法

今回ご紹介した「マウントフジ・キャンプリゾート」の別邸山麓のグランピングサイトの予約には、オートサイトキャンプ場内にあるグランピングサイトCの利用実績か利用者の紹介が必要となります。

グランピングサイトCは冬季営業休止(12月~3月)となるので、来春のオープンには予約が殺到する可能性があります。3か月前から予約可能なので、予定日が決まったら早めに予約を入れることをおすすめします。

「マウントフジキャンプリゾート」の周辺情報

「マウントフジキャンプリゾート」の周辺スポットのおすすめは車で約10分の道の駅なるさわ」です。鳴沢村で育った新鮮な高原野菜やフルーツ、地場産の原料を使った加工品や山梨県のお土産などが販売されています。

隣接する「なるさわ富士山博物館」は、富士山に関する様々な知識が学べる大人でも楽しめるスポットです。

「道の駅なるさわ」公式サイト

まとめ

大自然の中で設営から始めるテント泊はキャンプの醍醐味を味わえますが、ラグジュアリーな空間で贅沢な時間を過ごすグランピングもまた魅力的でした。

テント泊もグランピングも、その両方の魅力を兼ね備えた「マウントフジキャンプリゾート」は施設も設備もまさに圧倒的。私もいつか「マウントフジキャンプリゾート」で富士山麓の魅力を十分に楽しむグランピング体験をしてみたいです!

【山梨】富士山麓最大級の広さ!プライベート感溢れる「マウントフジキャンプリゾート」をレビュー

https://news-magazine-campers.com/articles/1801

山梨県の富士山麓にある「マウントフジキャンプリゾート」をペットキャンパーが体験レポート!圧倒的開放感が魅力のキャンプ場です。最大級クラスと言われる、広々としたドッグランサイトや、施設情報などの魅力をたくさんの画像とともに詳しくお届けします。

【山梨】ペット同伴可!川遊びもできる「ウエストリバーオートキャンプ場」をレビュー

https://news-magazine-campers.com/articles/1792

山梨県南アルプス市にある「ウエストリバーオートキャンプ場」をペットキャンパーが体験レポート!釣りも川遊びも楽しめて、ファミリーキャンプに大人気!高規格だから初心者も女性も大満足です。ドッグランサイトなどキャンプ場の魅力を紹介していきます。

予約殺到の新施設「キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖」に行ってみた!子どももペットも大喜びの魅力とは

https://news-magazine-campers.com/articles/1783

日本一予約が取りずらいと有名な〝キャンプ・アンド・キャビンズ〟が山梨県の山中湖にニューオープン。子連れキャンパーさんが大喜びな施設やイベントが盛りだくさんです!出来立てほやほや、充実施設をいち早くペットキャンパーが体験レポート!

この記事のライター

Ash

おうち大好き超インドア派の女子が主婦になったのをきっかけに家族キャンプに行くようになり、今ではすっかり犬連れキャンパーに。
愛犬たちと月一程度で関東近郊のキャンプ場に出かけアウトドアライフを楽しんでいます。

関連する投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【神奈川】緑に囲まれ川に癒される!東京から90分で行ける「マウントブリッジキャンプ場」をレビュー

【神奈川】緑に囲まれ川に癒される!東京から90分で行ける「マウントブリッジキャンプ場」をレビュー

神奈川県の西丹沢湖を北上した先にある「マウントブリッジキャンプ場」で、デイキャンプをしてきました。東京から90分ほどで訪れることができるので関東のキャンプ場の中でも好条件。そんな「マウントブリッジキャンプ場」の体験レビューをまとめてみました。


【神奈川】景色が抜群!都心から日帰りもOK「ちがさき柳島キャンプ場」をレビュー

【神奈川】景色が抜群!都心から日帰りもOK「ちがさき柳島キャンプ場」をレビュー

神奈川県の湘南エリアで唯一のキャンプ場「ちがさき柳島キャンプ場」で、デイキャンプしてきました。アクセスがよく設備やレンタル品が整っているため人気があります。そんな「ちがさき柳島キャンプ場」の体験レビューをまとめてみました。


【山梨】富士山麓最大級の広さ!プライベート感溢れる「マウントフジキャンプリゾート」をレビュー

【山梨】富士山麓最大級の広さ!プライベート感溢れる「マウントフジキャンプリゾート」をレビュー

山梨県の富士山麓にある「マウントフジキャンプリゾート」をペットキャンパーが体験レポート!圧倒的開放感が魅力のキャンプ場です。最大級クラスと言われる、広々としたドッグランサイトや、施設情報などの魅力をたくさんの画像とともに詳しくお届けします。


【山梨】ペット同伴可!川遊びもできる「ウエストリバーオートキャンプ場」をレビュー

【山梨】ペット同伴可!川遊びもできる「ウエストリバーオートキャンプ場」をレビュー

山梨県南アルプス市にある「ウエストリバーオートキャンプ場」をペットキャンパーが体験レポート!釣りも川遊びも楽しめて、ファミリーキャンプに大人気!高規格だから初心者も女性も大満足です。ドッグランサイトなどキャンプ場の魅力を紹介していきます。


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。