「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【実体験】マルチグリドルだけで作る「暗殺者のパスタ」レシピ!ワンパンパスタを作ってみた

【実体験】マルチグリドルだけで作る「暗殺者のパスタ」レシピ!ワンパンパスタを作ってみた

マルチグリドルだけで作る「暗殺者パスタ」のレシピを紹介します。ファミキャンなどで大人数のパスタを作ると、道具も必要で手間がかかりますよね。そんな悩みを解決してくれるのが、マルチグリドル!ワンパンパスタを実現する、レシピやコツなど参考にしてみてくださいね。


ライター紹介:ハイタイ!2018年に東京から沖縄へ移住し、すっかり沖縄の自然に魅了されています。2024年をやんばるの山奥で迎え「今年はさらに沖縄の自然を楽しむ!」と決意を新たにし、キャンプも月に1度のペースで楽しみます!夫と3歳になる息子、そして時々お友達とのファミリーキャンプorグループキャンプをしています。

マルチグリドルでワンパンパスタ!「暗殺者のパスタ」を作ってみた

3歳の息子も大好物の「暗殺者のパスタ」は、トマトの美味しさをぎゅっと凝縮させた濃厚な味で、今や我が家の定番メニューです。

キャンプでも麺類を食べたいと思うのですが、たっぷりのお湯を沸かして、たくさんの麺を茹でる工程はキャンプではなかなか難しいですよね。少量ならまだしも、我が家には麺類大好きな夫がいるので、3人家族でも4人分が必要。

そこで見つけたのがマルチグリドルだけでパスタを作る方法です。調理器具がマルチグリドルのみのワンパンパスタなら、洗い物が少なく済み一石二鳥。友人家族も大絶賛の自慢のレシピを紹介します。

家族4人で食べる「暗殺者のパスタ」簡単レシピ

家族4人で食べる「暗殺者パスタ」の簡単レシピを紹介します。「暗殺者のパスタ」とは、イタリアでは昔からある調理法で、名前の由来は諸説あるようです。(暗殺レベルに美味しい?トマトが真っ赤で血のようだから?唐辛子が暗殺レベルに辛いなど…。)

我が家では小さい子どもも食べられるように唐辛子なしで作っていますので、お子さんがいる方は、ぜひ参考にしてください。

マルチグリドルだけでパスタができる?!

マルチグリドルだけでパスタが作れるのかと、不思議に思った方もいるのではないのでしょうか。これは、「暗殺者のパスタ」の調理法に合っているため実現できる方法です。

「暗殺者のパスタ」は麺を茹でずに焦がす調理方法であるため、全体に火が通りやすいマルチグリドルは最適の調理器具となります。我が家で愛用しているマルチグリドルは、CAINZの34cmサイズ。

軽量で焦げ付かないだけでなく、ケアも簡単です。この1枚で、炒める・焼く・煮る・煮込むなど…様々なことが出来ます。そして、まさかパスタ調理にまで活躍してくれるとは!今回はこの34cmサイズを使って調理しました。

CAINZ マルチグリドル34cm

あわせて読みたい関連記事

人気レシピをマルチグリドルで作ってみよう!おすすめキャンプ飯を紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1599

万能で便利なマルチグリドルを使ったおすすめレシピを紹介します。お手入れが簡単で焦げ付きにくいなど、メリットがたくさんあるマルチグリドルは、キャンパーさんたちに大人気です。マルチグリドルで作れるおすすめのレシピをまとめてみました。

材料と必要な道具

我が家は3人家族ですが、夫も息子もパスタが大好きなので4人分の材料を用意しています。


材料分量
乾燥パスタ400g
オリーブオイル70g
にんにく4片が適正(今回やや多めに入れました)
フレッシュバジル葉10枚程度
トマトピューレ200g
トマトペースト大さじ3
パルメザンチーズお好みで
食塩お好みで
仕上げ用オリーブオイルお好みで

約800mL

道具

マルチグリドル(直径34cmサイズを使用)

※ガスコンロで調理する場合、マルチグリドルを安定させるため、五徳の使用をお勧めします!

作り方

にんにくとフレッシュバジルを刻んでから調理開始です!

1.オリーブオイルにニンニクとバジルで香りづけ

2.オリーブオイルにパスタを投入

3.トマトピューレと少量の水を入れパスタを炒める

4.水を加えてパスタを柔らかくする

5.トマトペーストを加える

6.お好みでチーズとオリーブオイルを加える

ポイントはパスタを炒める際にわざと焦げ目をつけることと、パスタにトマトをたっぷり吸収させることです。

手順1:オリーブオイルにニンニクとバジルで香りづけ

たっぷりのオリーブオイル(今回は一瓶70gすべてを使用)を加熱し、ニンニクを加えます。写真のようにニンニクから泡が出る程度まで加熱します。

バジルも加え、オリーブオイルに香りを付けます。バジルが焦げる前に、加えたバジルとニンンクは皿に取り分けておきます。

手順2:オリーブオイルにパスタを投入

香りを付けたオリーブオイルに400gのパスタを投入します。

手順3:トマトピューレと少量の水を入れパスタを炒める

続けて加熱しながらトマトピューレを加えます

瓶の内側に残っているトマトピューレを余すことなく使うため、瓶に少量の水を入れてよく振り、その水もパスタに加えて、よく炒めます。

全体にトマトが行き渡るように炒めていくと、少しずつパスタが柔らかくなり、茶色い焦げ目がついてきます。

手順4:水を加えてパスタを柔らかくする

パスタに焦げ目がついたら、パスタ全体が浸る程度に水を加え、パスタを柔らかくします。

※今回はこの後、柔らかさを調整するために加えた水も併せて、分量記載の約800mLを使用しました。

手順5:トマトペーストを加える

水を加えたのちに、濃厚なトマトの風味をさらに深めるため、トマトペーストを加えます。全体をよくかき混ぜながら、好みの柔らかさになるまでパスタを炒め続けます。(水が足りなくなった場合は少量ずつ加えます。)

パスタがお好みの硬さになったところで、取り分けておいたニンニクとバジルを加えます。

手順6:お好みでチーズとオリーブオイルを加える

火を消した後、お好みでパルメザンチーズオリーブオイルを加えてよくかき混ぜます。

暗殺者のパスタ完成!

パスタを皿に取り分けたのち、残っていたフレッシュバジルを飾って完成です!分量やパスタの標準茹で時間によって調理時間は異なりますが、ここまでの調理時間は約30分でした。使った調理器具はマルチグリドルだけ!ワンパンパスタの出来上がりです。

マルチグリドルはこんなレシピもおすすめ

今回私たちはもう1つの麺料理にもチャレンジしました。私たちの住む沖縄には茹でずに食べられるそばがある!それは「沖縄そば」です。沖縄そばは「湯通し」するだけで食べられます。その程度の湯量であればマルチグリドルも対応可能です!

あらかじめ沸かしておいた湯でスープを作っておき、マルチグリドルでさっと湯通しした沖縄そばを加えて出来上がりです。マルチグリドルはお湯が沸くのも早くて助かります。

トッピングは三枚肉と青ネギで完成! 沖縄のスーパーに行けばどこでも手に入る沖縄そば。麺の種類も豊富なので、沖縄でキャンプをする際は、ぜひお好みの麺を選んで沖縄そばを楽しんでくださいね。

あわせて読みたい関連記事

【沖縄】やんばるの自然で遊び尽くす!東京ドーム5個の広さ「つつじエコパーク」をレビュー

https://news-magazine-campers.com/articles/1861

沖縄本島の北部、東村にある「つつじエコパーク」に行ってきました。バンガローやキャンプ場などの宿泊施設があり、アスレチックやカヌー体験など、やんばるの自然を思いっきり味わうアクティビティも豊富です。初心者でも楽しめる最高のアウトドア体験施設を体験レビューします!

まとめ

マルチグリドルで作る「暗殺者のパスタ」を紹介しました。ワンパンで4人分のパスタを作ることができるので、ファミリーキャンプにはありがたいメニューです!

トマトの濃厚さとパスタの焦げた風味が、白ワインと相性がばっちり。大人だけで食べる場合は、オリーブオイルに鷹の爪の香りもつけると良いでしょう。

大きな鍋とフライパンの大荷物じゃなくても、パスタは簡単に楽しめます。パスタ好きの皆さん、ぜひお試しあれ!

この記事のライター

沖縄在住。夫と2歳の息子と月に1度のファミリーキャンプ&仲間とのグループキャンプを楽しんでいます。フルタイムで働く中での束の間のリフレッシュ!ラクして楽しめるようにプランニングしています。沖縄の自然を楽しみながらのんびり焚き火を囲んだり美味しいものを食べる贅沢なひと時は最高です♪

関連する投稿


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


【実体験】軍幕キャンプ!ポーランド軍のポンチョテントで無骨キャンプを楽しんでみた

【実体験】軍幕キャンプ!ポーランド軍のポンチョテントで無骨キャンプを楽しんでみた

ポーランド軍のポンチョテントは、人気上昇中の軍幕の中でも比較的安価で手に入りやすいことが特徴。ポーランド軍幕の魅力を入手方法から使い方まで、これまでのキャンプ画像と共にお伝えしていきます。ぜひ最後まで読んでポーランド軍幕の魅力に触れてみて下さい。


【神奈川】都心から約1時間!自然の中で本気で遊べる「表丹沢野外活動センター」をレビュー

【神奈川】都心から約1時間!自然の中で本気で遊べる「表丹沢野外活動センター」をレビュー

神奈川県・秦野市にある「 表丹沢野外活動センター」でデイキャンプをしてきました。東京から約1時間とアクセスが良く、手軽に自然で遊べる場所です。施設の設備も充実しているので初心者の方にもおすすめ。「 表丹沢野外活動センター」の体験レビューをまとめてみました。


【静岡】魅惑の崖キャン!プレオープンのキャンプ場「gakeno.camp.ground」をレビュー!

【静岡】魅惑の崖キャン!プレオープンのキャンプ場「gakeno.camp.ground」をレビュー!

静岡県伊東市に魅惑のキャンプ場「gakeno camp ground」がプレオープン!「gakeno camp ground」でブッシュクラフトキャンプを楽しんできました。設備や予約の方法、近くに買い出しできるお店はあるのかなど、サイト情報も含め徹底解説します。


最新の投稿


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。