「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

おしゃれなデザインが映えるおすすめの「大型テント」21選!選び方や注意点も

おしゃれなデザインが映えるおすすめの「大型テント」21選!選び方や注意点も

デザインを重視したいキャンパーさんにおすすめの「大型テント」を紹介します。おしゃれなテントを選べば、キャンプでの居心地や気分も変わりますよね。おしゃれな大型テントを探している方は、おすすめや選び方など、ぜひ参考にしてください。


大型テントのメリット・デメリット

大型テントは、利用目的によってメリット・デメリットがあります。大人数のグルキャンやファミキャンであれば、設営の手間が省け、運搬の負担もありませんが、少人数の場合は負担が大きくなります。

その一方で、リビングを広く使うことができるため、イスやテーブルを置いてくつろげることは大きなメリットですよね。そのため、大型テントを選ぶときは、目的に合うタイプを選ぶ必要があるんです。

どのタイプが、自分のキャンプスタイルに合うのか、大型テント選びのポイントについてみていきましょう。

大型テントの選び方

大型テントの選び方について紹介します。さまざまなタイプのテントがありますが、単にデザインだけで選んでしまうと、デメリットを強く感じてしまうことになりかねません。大型テントを選ぶときの参考にしてください。

持ち運びやすさなら「ドーム型テント」

大型テントの中でも、比較的コンパクトで持ち運びしやすいのが「ドーム型テント」です。キャンプ場への持ち運びの負担を軽減したい、できるだけコンパクト収納を心掛けたい方におすすめ

デメリットとしては、重量。ただし、オートキャンプの方であれば、さほど気にならないでしょう。

設営や撤収が楽なのは「ワンポールテント」

三角の形が特徴の「ワンポールテント」は、設営が簡単な点がおすすめポイントです。テント設営に自信がない方に安心できるタイプ。ただ、形的にデッドスペースができやすいため、荷物のスペースなどを考えないといけないデメリットもあります。

居住空間にゆとりがあるのは「トンネル型テント」

縦長が特徴の「トンネル型テント」は、天井が高くリビングスペースを広く使えることがメリットです。アーチ型となっているため風の抵抗に強く、ある程度の悪天候への耐久力があります。

ただし、大型のトンネルテントの場合、キャンプ場によっては区画サイトに入らないこともあるので、事前の確認が必要です。

リビングと寝室を分けるなら「2ルームテント」

「2ルームテント」のメリットは、なんと言っても居住空間の広さです。ベッドスペースとリビングスペースを持つことができるため、快適な空間を確保できます。寝る場所をしっかり確保したい方にぴったり。

畳んだ状態でもかさばることや、重量があることがデメリットと言えます。

短時間で簡単設営なのは「ワンタッチテント」

時間を効率的に過ごしたいキャンパーさんにおすすめは「ワンタッチテント」です。なんといっても、ワンタッチテントの魅力は設営の簡単さ。時間を掛けずにテントの設営ができるので、時間が限られるデイキャンプや初心者の方にぴったりです。

ただし、シンプル構造なので強度は弱め。ワンタッチテントを選ぶ際には、機能性についてチェックしましょう。

【ドーム型】おすすめの大型テント

おすすめのおしゃれな大型「ドーム型テント」を紹介します。デザイン重視の方におすすめのドーム型テントをピックアップしました。

ムラコ ZIZ TENT SHELTER BLACK

Muraco ZIZ TENT SHELTER BLACK

¥ 165,000 ( 2023年11月30日時点 )

多彩なタープアレンジや広々とした室内が魅力のテントです。シェルターとしての利用も可能。ムラコらしいシックなデザインは、洗練された印象を与えます。ドーム型の構造によって安定感がある点もおすすめポイントです。


展開サイズW310×D580×H205cm
重量約16kg
カラーブラック

スノーピーク アメニティドームL

スノーピーク アメニティドームL

¥ 64,900 ( 2023年11月30日時点 )

スノーピークのベストセラーテント「アメニティドーム」の4~5人用テントです。シーズン通して使用でき、耐久性にも定評があるエントリーモデル。キャンプ初心者の方にもおすすめできるコストパフォーマンスに優れたテントとなっています。


収納サイズ74×24×27(h)cm
重量9.8kg(フレーム・ペグ・ロープ含む)
対応人数6名

スノーピーク ランドロック

スノーピーク ランドロック

¥ 217,800 ( 2023年12月2日時点 )

丈夫なフレームワークにより、風への耐久性があり、快適な居住空間を持つ「ランドロック」は、満足度が高い大型テントです。オールシーズン利用できるため、シーズン問わず活躍します。


サイズ625×405×205(h)cm
重量22kg(付属品含む)
対応人数6名

あわせて読みたい関連記事

スノーピークの人気テント17選!ソロ、デュオ、ファミリー別におすすめを紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1723

スノーピークが手掛ける人気テントを18種類紹介します。「スノーピークのテントがおすすめって聞いたから欲しいけど、種類が多くて選べない」という方のために、本記事ではソロ、デュオ、ファミリーキャンプ別におすすめテントを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ノースフェイス ランダー6

ザノースフェイス ランダー6

¥ 84,150 ( 2023年12月2日時点 )

人気ブランドノースフェイスの「ランダ―6」は、大人が6人同時に横になる余裕がある大型テントです。天井の高さが2mあるので、テント内で立って歩くことが可能。スノースカート付きなので、冬場も使えるオールシーズン対応テントです。


フロアサイズW290×D250cm
重量約9.7kg
対応人数6名

オガワ アポロン

オガワ|アポロン

¥ 119,410 ( 2023年12月2日時点 )

開放感ある、全開放可能なメッシュパネルが特徴のオガワ「アポロン」です。シンプルなフレームアウトを使用し、強度や耐久性に定評があります。インナーテントを外せば、シェルターとしての利用も可能です。


収納サイズ80x45x35cm
重量約23.0kg(付属品除く)
カラーサンドベージュxダークブラウン

【ワンポール】おすすめの大型テント

大型ワンポールテントのおすすめを紹介します。設営や撤収が簡単でおしゃれなワンポールテントをピックアップしました。

ゼインアーツ ZEKU-L

ゼインアーツ ZEKU-L

¥ 135800 ( 2023年12月3日時点 )

簡単設営を考えられた設計となっているので、初心者にも安心です。ワンポールテントは、スペースが狭くなりがちですが、エクステンションフレームによりゆったりとした空間を確保。10人程度の大人数対応可能なシェルターとしても利用可能です。


サイズ5.4L x 4.7W x 2.85H m
重量15.38Kg

テンマクデザイン サーカスTC BIG

テンマクデザイン サーカスTC BIG

¥ 59,980 ( 2023年12月3日時点 )

設営しやすさで人気の「サーカスTC」のビッグサイズテントです。サーカスTCの特徴である、ダブルファスナーや2か所の出入り口はそのままなので、通気性のよさや開放感もそのまま。ドアパネルを開放的に開けておけば、シェルターとしての利用も可能です。


サイズ520×520×H350cm
重量17.8kg

オガワ ピルツ15 T/C

オガワキャンパル ピルツ15T/C

¥ 136,400 ( 2023年12月3日時点 )

おしゃれなデザインの「ピルツ15T/C」は、広さと高さがある開放的なワンポールテントです。裾の部分を固定し、1本のポールを立てるだけの簡単設営。また、ひさし付きとなっているので、日除けや小雨などの侵入を防ぐこともできます。


収納サイズ90×40×35cm
重量約17.6kg(付属品除く)
対応人数8名

DOD ワンポールテント (L)

DOD(ディーオーディー) ワンポールテントL

¥ 48,670 ( 2023年12月3日時点 )

DODのおしゃれワンポールテントLは、大型サイズなのに設営が簡単!グルキャンやファミリーキャンプにおすすめです。また、インナーテントには、メッシュ素材を使用しているので通気性が抜群。テント内で快適に過ごすことができます。


組み立てサイズ(約)W460×D460×H300cm
重量(約)12kg
対応人数8名

ノルディスク アスガルド

ノルディスク(Nordisk)アスガルド

¥ 144,540 ( 2023年12月4日時点 )

大人数のグルキャンやファミリーキャンプにおすすめのおしゃれ大型テントです。アスガルドは、コットン素材を使用しています。一見暑そうに感じるコットン素材ですが、アスガルトは保温性・透湿性に優れていることから快適に過ごすことが可能です。また、ペグダウンとポールを1本建てるだけの簡単設営も魅力となっています。


サイズ400x375x250㎝
重量16㎏
対応人数6名

【トンネル型】おすすめの大型テント

おすすめの「トンネル型テント」を紹介します。快適な居住空間を求めるキャンパーさんにおすすめのおしゃれテントをピックアップしました。

テントファクトリー ブルーウィンド トンネル2ルームテント

テントファクトリー ブルーウィンド トンネル2ルームテント

¥ 72,868 ( 2023年12月4日時点 )

遮光性に優れたドーム型テントです。テント内にインナーテントを吊り下げることで、寝室とリビングスペースを作ることができます。リビングスペースを広く取ることができるので、タープがなくても快適です。


サイズ5600×2550×1900(h)mm
重量13.6kg(付属品全て含む・トップルーフ除く)
対応人数4名

フィールドア トンネルテント620

フィールドア トンネルテント620

¥ 28,900 ( 2023年12月4日時点 ) 

フィールドアの「トンネルテント620」の魅力は、広いリビングと寝室を確保できることです。また、吊り下げ式のインナーテントなので設営も簡単。そして、インナーテントを使わなければ、大人数でのキャンプも可能です。大型テントの中では、手頃なお値段であることもメリットとなっています。


サイズ260cm×620cm×195cm
重量約13kg
対応人数4名

クイックキャンプ 2ルームトンネルテント クーヴァ

クイックキャンプ QUICKCAMP クーヴァ

¥ 89,800 ( 2023年12月11日時点 )

広々とした快適な空間が魅力の大型テントです。天井まで約2mなので、大人の男性でも余裕の高さ。両サイドに大型ウィンドウがあるため、開放感があり通気性も抜群です。また、ルーフフライがあることで、直射日光を避け結露も防ぐことができます。大人5名寝ても余裕のサイズなので、ファミリーキャンプにおすすめです。


サイズ幅680×奥行355×高さ200cm
重量20.5kg
対応人数5名

アルペンアウトドアーズ AOD-4

アルペンアウトドアーズ AOD-4

¥ 109,989 ( 2023年12月11日時点 )

ファミリーでもデュオでも使える、2つのテントが備わったフレキシブルで快適な大型テントです。2~3人用のテントと1人用のテントが付いているので、人数や構成によってスタイルを変更することが可能。デュオのときは、寝室を1つにしてリビングを広くすることもできます。他にはない、フレキシブルさが魅力です。


サイズ560×270×190cm
重量約20kg
対応人数1~3名

ラーテルワークス オルカ

ラーテルワークス オルカ

¥ 146,000 ( 2023年12月11日時点 )

ラーテルワークスの「オルカ」は、国内最大級のサイズが特徴です。インナーテントをつけた状態で、縦385㎝x横410㎝の広いリビングスペースはなかなか他ではない広さ。また、インナーテントを外せば、大人約20名ほどでのリビング使用が可能です。キャンプだけでなく、大人数のアウトドアにもおすすめです。

【2ルーム】おすすめの大型テント

キャンプおすすめの「2ルームテント」を紹介します。居住空間を快適にすることができるおしゃれな2ルームテントをピックアップしました。

ノルディスク レイサ6

ノルディスク レイサ6

¥ 96,928 ( 2023年12月11日時点 )

デンマーク発信のアウトドアブランド「ノルディスク」のおしゃれな大型テントです。北欧らしいセンスの良さが光るデザインは、自然に馴染む落ち着いたカラートーンが特徴となっています。初心者の方でも簡単に設営できるため、幅広い方に人気です。6名まで使用可能なので、ファミリーやグループキャンプにぴったりです。


サイズ高さ210×幅295×長さ645cm
重量17kg
対応人数6名

コールマン マスターシリーズ 4Sワイド2ルームコクーンⅢ

コールマン マスターシリーズ 4Sワイド2ルームコクーンⅢ

¥ 163,700( 2023年12月11日時点 )

コールマン、オールシーズン対応の最高峰と言われる「 マスターシリーズ 4Sワイド2ルームコクーンⅢ」は、1年中キャンプを楽しみたい方におすすめの大型テントです。4つの四季に対応するためのこだわりを追求したキャンパーの心をくすぐる魅力的なテントとなっています。


サイズ約670×400×220(h)cm
重量約34kg
対応人数5~6名

オガワ クーポラ

オガワキャンパル テント クーポラ 2679 ogawa

¥ 196,900 ( 2023年12月11日時点 )

レイアウト自由自在の唯一無二な大型テントです。キャンパーさん好みのキャンプスタイルを実現できることが大きなメリット。グランドシートが取り外し可能となっているため、レイアウト変更も簡単に取り入れられます。


サイズ285(横幅)×200(高さ)×270cm(奥行)
重量15.95kg (付属品除く)
対応人数8名

DOD カマボコテント3L

DOD カマボコテント3L

¥ 84,769( 2023年12月11日時点 )

うさぎのマークが特徴のおしゃれアウトドアブランド「DOD」人気のカマボコテントです。自然にぴったり馴染む、アースカラーがおしゃれ。また、簡単設計なので設営もラクにできます。そして、キャノピードアやスカートなど機能面でも優れているため、快適なキャンプを楽しめます。


サイズ約)W380×D760×H218cm
重量(約)19.9kg
対応人数7名(別売りインナーテント付きの場合)

【ワンタッチ】おすすめの大型テント

初心者や女性におすすめの「大型ワンタッチテント」を紹介します。設営時間を短縮できるラクラク設営のテントをピックアップしました。

ネイチャーハイク ワンタッチ テント 大型

ネイチャーハイク ワンタッチ テント

¥ 62,990 ( 2023年12月11日時点 )

2ルームで居住空間が快適なワンタッチテントです。両室と前後にキャノピー付きなので、風通し抜群な上、ゆったりとした前室を確保できます。小屋型のデザインがキュートで、設営が簡単なので女性にもおすすめ。ランタンフックやメッシュポケットなど、細かな気遣いも嬉しいポイントです。


サイズ約395cm×270cm×183cm
重量約22kg
対応人数4名

フィールドア ワンタッチテント300

フィールドア ワンタッチテント300

¥ 19,900( 2023年12月11日時点 )

手頃な価格が魅力の大型ワンタッチテントです。テントを広げて紐を引っ張るだけの簡単設営なので、初心者や女性でも気軽に設営できます。インナーテントは、広々としたサイズが魅力。大人でも余裕に寝転がることができます。ファミリーキャンプデビューなどにおすすめです。


サイズ 約300cm×500cm×180cm
重量約10.5kg
対応人数4名

大型テントを使用する際の注意点

大人数やファミリーにおすすめの大型テントですが、安全に過ごすための注意点もあります。大型テントを安全に使用するための注意点について、みていきましょう。

風の影響を受けやすいので鋳造ペグを推奨

大型テントの注意点の中でも、一番気を付けたいポイントは強風などの風に対する点です。大型テントの場合、風の影響を受けやすいため、テントと地面をしっかり固定しておく必要があります。

おすすめは、固定力が高い鋳造ペグを使用することです。風対策を怠ると、危険も伴うこともあるので鋳造ペグを使用して地面にしっかり固定することを推奨します。

あわせて読みたい関連記事

鍛造ペグと鋳造ペグの違いを比較!メリット・デメリットは?

https://news-magazine-campers.com/articles/467

鍛造ペグと鋳造ペグの違いを比較!どちらの方が安いのかなどメリットとデメリットを掘り下げているので、ぜひ参考にしてみてください。また、おすすめ激安商品や長さも紹介しているので、鍛造ペグの購入を検討しているという人はそちらも必見です。

ポールに巻き付けて折りたたんでコンパクトに収納しよう

大型テントを使用すると、頭を悩ませるのは収納ではないでしょうか。あれこれ適当に畳んでしまうと、収納袋に納まらない!なんてこともありますよね。大型テントを効率よく収納するために、ポールに巻き付けて折り畳む方法がおすすめです。

ポールにテントを巻き付けて、折り畳んでコンパクトにすれば収納が簡単になります。

収納前にはしっかり乾燥させよう

大型テントのアフターケアは面倒だと感じてしまう方もいるのではないでしょうか。確かに、干すために場所も必要ですし、なかなか労力が要ります。しかし、アフターケアを怠ってしまうと、カビが発生するなど劣化の原因になってしまうことも。

お気に入りの大型テントを長く安全に使用するために、必ずしっかり乾燥させることが大事です。使い終わったら、陰干しでしっかり乾燥させ、防水スプレーなどでケアしてあげるようにしましょう。

あわせて読みたい関連記事

テントを防水スプレーで強化しよう!選び方やタイミングを解説

https://news-magazine-campers.com/articles/1648

テントを防水するためのスプレーの選び方を詳しく説明します。また、テントに防水スプレーするおすすめのタイミングなどもわかりやすく解説しました。テントにぴったりの防水スプレーを種類別に紹介もしているので、ぜひとも参考にしてみてください。

キャンプを快適にしてくれる大型テントをゲットしよう!

おしゃれでおすすめの大型テントを紹介しました。大型テントの魅力は、サイズ感の大きさや居住空間の快適さにあります。ファミキャンやグルキャンの満足度が高まるおしゃれで快適な大型テントをみつけて、いつも以上のキャンプを味わってみませんか。

手軽な価格で設営が簡単なテント、ワンランク上のゴージャスなテントまでさまざまあるので、ご自身に合ったお気に入りをみつけてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


テント おしゃれ おすすめ

関連する投稿


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

国内メーカーNANGAのおすすめアイテムをご紹介します。冬キャンプを快適に過ごすなら、ダウン製品は欠かせません。キャンプだけでなく、さまざまなシーンで活躍するアイテムもたくさんあります。NANGAの冬キャンプにぴったりなダウンやシュラフを参考にしてください。


6つのタイプ別に解説!家族で使える「4人用テント」おすすめ30選

6つのタイプ別に解説!家族で使える「4人用テント」おすすめ30選

家族4人で使えるおすすめテントを6つのタイプ別に紹介します。さまざまなメーカーから販売されているテントですが、種類が多くて迷うかもしれません。それぞれのテントについて機能性や重量など詳しく解説しました。ぜひテント選びの参考にしてください。


最新の投稿


【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

焼酎に良く合う大人の味付けを目指して、「牛タン味噌煮込み」作りにチャレンジしました。ダッチオーブンを使って、長時間煮込むことで具材の旨味を極限に引き出すことに成功しました。具材を入れて煮込むだけの簡単レシピなので、ぜひ参考にしてください。


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。