「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【2023年】福島のおすすめキャンプ場12選!人気コテージや無料スポットなど

【2023年】福島のおすすめキャンプ場12選!人気コテージや無料スポットなど

福島県は70%が森林という自然豊かな県で、土地面積はなんと日本で3番目の広さを有しています。この自然を生かしたさまざまなキャンプ場があり、コテージや無料スポットなどキャンパースが厳選した、福島県の魅力を感じられるおすすめキャンプ場を紹介します。


福島はアクセスも良く初心者におすすめのキャンプ場多数!

福島県は会津、仲通り、浜通り地方と大きく3つにわかれていて地域で気候や文化が大きく 違う特徴がある県です。 海、山、湖畔と自然があふれるキャンプ場が多くあり、 都心からアクセスが良く初心者、そして手ぶらでも楽しめるキャンプ場が多数あります。 数ある福島県のキャンプ場の中からセレクトしたおすすめのスポットを紹介します。

コテージ・バンガローがおすすめのキャンプ場

福島県にあるコテージやバンガローがおすすめのキャンプ場です。

少人数から利用でき、変わったところで古民家もあります。

初心者でも手ぶらでも楽しめるキャンプ場を紹介します。

①:奥会津ただみの森キャンプ場

奥会津ただみの森キャンプ場は南会津郡の高台にあるキャンプ場です。 オートサイトのほかバンガロー、コテージ 古民家もあり、家族から団体(大人数)も利用できます。 アウトドアブランドで有名な「Snow peak」との提携キャンプ場で、 「手ぶらでCAMP」プランで、キャンプデビューもできますよ。

住所

〒968-0421 福島県南会津郡只見町只見向山2832

電話番号

0241-82-2432

シーズン利用

5月1日から11月3日・定休日なし

料金

・入村料400円 ・コテージ・16,000円設備充実・2階ロフト付き5~6名 ・東バンガロー6,000円 3~4人用照明付き、電源も確保 ・西バンガロー8,500円トイレ付4~5人用 ・古民家 山中家33,000円古い古民家を移設囲炉裏あり(団体可) ・古民家 目黒家35,000円石伏集落より移転・トイレ棟なども併設(団体向) ・オートサイト5,000円 ・モバイルハウス14,000円2人2棟 ・バイク1,000円

アクセス

白河ICから約120分

公式サイト

『奥会津ただみの森キャンプ場』公式HP

②:羽鳥湖畔オートキャンプ場

標高700mの場所にある羽鳥湖畔オートキャンプ場は 夏の平均気温21℃と、とても涼しく過ごすことができるキャンプ場です。 すべての設備が整っている本格的なコテージがあり テラスではBBQも楽しめます。

住所

〒962-0623 福島県岩瀬郡天栄村羽鳥芝草2-4

電話番号

0248-85-2033

シーズン利用

4月1日から11月27日 期間中は無休

料金

ノーマルサイト・1区画 3,300円~ AC電源付きサイト・1区画 4.400円~ フリーサイト・1区画 3,300円~ 1棟 4名様 寝具追加で最大で6名 追加料金1名3,300円~ (セミシーズン16,500円 オンシーズン22,000円 トップシーズン27,500円)

アクセス

都心から車で2時間30分・白河ICから車で30分

公式サイト

『羽鳥湖畔オートキャンプ場』公式HP

③:RVRESORT猪苗代湖モビレージ

RVRESORT猪苗代湖モビレージは 福島県猪苗代湖の湖畔で50年以上の歴史があるキャンプ場です。 猪苗代湖は遠浅で子どもでも遊べ、冬は白鳥飛来する湖です。 コテージは2棟、バンガローは4棟あり、コテージはペット不可、 コテージ、バンガローの宿泊を考えている方は設備面を確認することを おすすめします。

住所

〒965-0201 福島県会津若松市湊町大字赤井字笹山原408

電話番号

0242-94-2052

シーズン利用

4月~1月

料金

利用料 大人 800円 子供 500円(3歳以下無料)  キャンピングカー、トレーラー 4,000円  車(5m未満)テントサイト    3,000円  バイク   1,400円  自転車・徒歩 400円 ・バンガロー 4人1棟 11,000円、2人1棟 7,000円 ・コテージ  4人1棟 16,000円 電源使用料1泊(15A・1泊)1,000円 ※コテージ2棟(ペット不可) ※バンガロー2人用は(テント替わり・寝具なし) ※バンガロー4人用(テーブル・椅子・暖房・寝具なし)

アクセス

磐越道猪苗代磐梯高原ICから車で15分

公式サイト

『RVRESORT猪苗代湖モビレージ』公式HP

温泉に入れるおすすめキャンプ場

たくさん遊んだあとは温泉でゆっくり疲れを癒しましょう。 福島県にある温泉を楽しめるおすすめのキャンプ場を紹介します。

①:ふくしま県民の森 フォレストパークあだたら

標高600mに位置するふくしま県民の森フォレストパークあだたらは 自然豊かなキャンプ場です。 設備やレンタル品も充実しているので初心者でも安心です。 自慢の温泉は宿泊の方なら、何度でも無料で利用できますよ。

住所

969-1302 福島県安達郡大玉村玉井字長久保68

電話番号

0243-48-2040

シーズン利用

通年

料金

「基本料金・施設利用料金・環境保全費・消費税・入湯税」等の合計金額 オートキャンプ場:宿泊日帰りのかた人数分1人1回 大人660円・小中330円幼児無料 1棟・コテージ5人用18,700円  1棟・コテージ7人用23,100円 1棟・常設トレーラ17,600円 1サイト・3,300円 1サイト・キャラバンサイト5,500円 1サイト・グループサイト2,750円 1サイト・フリーサイト1,650円 環境保全費330円(1施設1利用期間につき) 入湯税150円(1人1日) ※くわしい内容は公式サイトを確認してください。

アクセス

本宮ICより車で 20分・二本松ICより車で 20分

公式サイト

『フォレストパークあだたら』公式HP

②:天神岬スポーツ公園キャンプ場

天神岬スポーツ公園キャンプ場は、 広大な芝生公園と海を一望できるキャンプ場です。 宿泊施設からレストラン、アイスショップもあり、 キャンプ場としても設備は整っていて大人も子どもも楽しめます。 天神岬温泉しおかぜ荘で源泉100%の温泉でのんびりするのもいいですね。  

住所

〒979-0604福島県双葉郡楢葉町大字北田字上ノ原27-29

電話番号

0240-25-3113

シーズン利用

通年 定休日なし

料金

・オートキャンプ場:1区画5500円 ・フリーキャンプ場:1区画2200円 (1泊増すごとに1650円追加) ・BBQサイト:1炉1日1100円 ・入浴大人700円 小人300円 ・ご休憩入浴(大広間・レストルーム・浴衣・タオルセット込) ・大人1200円小人600円 岬ロッジ・コテージ2棟あり ※詳しい詳細は公式HPで確認してください。

アクセス

常磐自動車道広野ICより10分

公式サイト

『天神岬スポーツ公園キャンプ場』公式HP

③:エンゼルフォレスト白河高原

福島県岩瀬郡にあるエンゼルフォレスト白河高原は広大な敷地にあり、 「ワンちゃんと一緒に楽しむ」をコンセプトした複合リゾート施設です。 リゾート施設の中にキャンプ場があり、 サニタリー棟・トイレ・ランドリーなど設備も整っています。 天然温泉「彩光の湯」やサウナ・スパなど温泉施設が充実していて一日中楽しめます。 ※キャンプ場は2023年7月14日までの営業です。 7月中旬からキャンプ場が別の場所に移転し、スノーピークが管理するようになります。 詳しい詳細はスノーピーク公式HPで確認をお願いします。

住所

〒962-0623福島県岩瀬郡天栄村大字羽鳥字高戸屋39

電話番号

(予約センター)050-3129-1015

シーズン利用

通年

料金

日帰りおとな1200円子ども(3歳から小学生)600円 ※森のサウナは別料金 ・AC電源付サイト   1,600円~ ・キャンピングカーサイト2,600円~ ・ドッグフリーサイト 3,100円 ・ドッグフリーキャンピングカーサイト3,100円~ (犬1頭目1100円2頭目以降550円追加) ※詳しい内容は公式HPで確認してください。

アクセス

白河ICから車で約30分

公式サイト

『エンゼルフォレスト白河高原』公式HP

無料・料金が安いおすすめキャンプ場

ソロでもファミリーでも気軽にキャンプを楽しみたい。 さらにお安い料金や無料ならもっと魅力的ですよね。 福島県で無料やお安い料金で楽のしめるキャンプ場を紹介します。    

①:崎川浜キャンプ場

崎川浜キャンプ場は猪苗代湖畔のキャンプ場です。 簡易な炊事場、トイレ、更衣室もあり湖水浴も楽しめます。 無料キャンプ場なので、設備的には十分なのではないでしょうか。 近くにはコンビニ、お風呂は車で20分ほど走ると「サニーランド湘南」があります。 駐車場は繁忙期有料になるので注意しましょう。

住所

〒965-0203 福島県会津若松市湊町静潟字平浜

電話番号

0242-93-2113(湊町観光協会)

シーズン利用

5月~10月末

料金

無料(繁忙期駐車場は有料)

アクセス

河東ICから車で20分

公式サイト

『崎川浜キャンプ場』公式HP

②:あだたら高原野営場

福島県二本松市、標高700m安達太良山の麓にある無料キャンプ場です。 山に囲まれているため、秋の紅葉シーズンはおすすめです。 トイレ・炊事棟(洗い場・かまどが8基)があり、 岳温泉街まで車で10分、大型スーパーは20分の場所にあります。 キャンプ場を利用する際はメールまたは電話で申請してください。

住所

〒964-0073 福島県二本松市上葉木坂3番地2

電話番号

0243-55-5116

シーズン利用

4月1日から11月30日

料金

無料

アクセス

二本松ICから車で20分 本宮ICから車で30分

公式サイト

『あだたら高原野営場』公式HP

釣りができるおすすめキャンプ場

福島県内のキャンプ場でアウトドアを楽しめるキャンプ場は さまざまありますが、釣りを楽しめ、釣った魚を食べられるたり、 魚の大きさを記録し思い出として残せるおすすめのキャンプ場を紹介します。  

①:FOME BASE

福島市にあるキャンプ場「FOME BASE」 気軽にキャンプを楽しめるように道具から設備まで整っているキャンプ場です。 「グランピング」も体験でき、施設内には釣りぼりあります。

住所

〒960-0271 福島県福島市飯坂町茂庭 字中川原6

電話番号

024-596-1500

シーズン利用

通年 定休日あり(不定休)

料金

入場料 大人1,000円 小人500円 未就学児無料 ※土日大人500円追加 ※ハイシーズン大人1,000円追加 駐車場1000円 グランピングサイト(2~4名テント1張):20,000円 グランピングサイト(2~6名テント1張):24,000円 キャンプサイト5名以下1,500円 キャンプサイト5名以上2,000円 タープ1,000円 タープ付きテント2,000円 釣り竿レンタル(餌付き)200円 餌100円 マス(塩焼き、魚) マスつかみ取り5匹で2,000円

アクセス

飯坂ICから車で15分

公式サイト

『FOME BASE』公式HP

②:磐梯高原曽原湖キャンプ場

福島県北塩原村にある磐梯高原曽原湖キャンプ場は湖畔にあるキャンプ場です。 曽原湖はバス釣りスポットで、ボートのレンタルもあります。 キャンプ場は標高800mの場所にあり夏は涼しく、避暑キャンプにおすすめです。

住所

〒 969-2701福島県耶麻郡北塩原村大字  桧原字曽原山1096-138

電話番号

0421-32-3371(予約は電話のみ・080-6038-0596)

シーズン利用

4月28から10月下旬 定休日なし

料金

入場料おとな500円子ども3歳以上300円 テントスペース1張1,000円 タープスペース1張1,000円 ツールームテント1張1,500円 駐車場1,000円キャンピングカー1台2,000円 ※バイクは入場料・テントスペース・駐車料込2,000円  日帰り大人400円子ども3歳200円駐車場500円 ※バンガロー室内は照明のみ バンガロー3畳1棟2,500円 バンガロー4.5畳1棟4,500円 バンガロー6畳1棟6,500円 バンガロー10畳1棟8,500円 貸しボート(ローボート) 1時間1,000  4時間2,000円 1日3,000円

アクセス

猪苗代磐梯高原ICから車で約30分

公式サイト

『磐梯高原曽原湖キャンプ場』公式HP

教えたくない!穴場的おすすめキャンプ場

福島県にはさまざまなキャンプ場がありますが、 あまり知られていない穴場的なキャンプ場ってありますよね? 本当は誰にも教えたくない小さなキャンプ場を紹介します。  

①:ホップガーデンオートキャンプ場

福島県田村市にある自然公園内(グリーンパーク都路)のキャンプ場 10区画のサイトという小さいキャンプ場ですが施設は充実しています。 2023年には高台にフリーサイト4区画増設され、全部で14区画、 もちろんネーミング通りクラフトビールも楽しめるキャンプ場です。    

住所

〒963-4702 福島県田村市都路町岩井沢北向185−1(グリーンパーク都路内)

電話番号

0247-61-4114

シーズン利用

4月1日~12月19日 定休日なし

料金

・オートサイト(AC電源付)・6名まで・車両乗入れ可・ペット可1泊4,500円~   ・手ぶらキャンプセット・パッケージ付1泊33,500円~ ・4名まで・ACあり・車両乗入れ可・ペット可(食材だけ持ち込み) ・フリーサイト・ACなし・車両乗入不可・ペット可1泊2000円~ ・高台フリーサイト(AC電源付)・4名まで・車両乗入可・ペット可1泊4,000円~ (予約時サイトの指定はできません)

アクセス

郡山市内から40分

公式サイト

『ホップガーデンオートキャンプ場』公式HP

②:ほとり遊び場キャンプ場

福島県北塩原村にあるほとり遊び場キャンプ場は 最大12張の小さなキャンプ場です。 キャンプ場には小川が流れていて、曽原湖に繋がっています。 サイトは早いもの勝ち。空いている時は予約もできます。 管理棟が不在の場合はインスタのDMでやり取りできます。

住所

〒969-2701福島県耶麻郡北塩原村桧原曽原山1096−63

電話番号

090-6682-7965

シーズン利用

通年

料金

大人¥2,000 4歳~小学生500円・中高校生1,000円 車両1台1,000円 バイク500円 (連休料金は1テント1,500円追加・ソロ用小さいテント1,000円追加)

アクセス

猪苗代磐梯高原ICから車で30分

公式サイト

『ほとり遊び場』公式HP

福島県で気軽にキャンプを楽しもう!

福島県のキャンプ場を紹介しました。福島県は五色沼やあぶくま洞など絶景スポットが 多く、福島県の自然や文化をキャンプ場でも楽しめる場所がたくさんあります。 福島県は広く、雪の量は地域差がかなりあります。 会津地方は豪雪ですが、浜通りは雪が少ないなどそれぞれの気候に特徴があり、 福島県の自然を気軽に楽しめるキャンプ場でアウトドアライフを堪能しましょう。

秋田県おすすめのキャンプ場【2023年】初心者やファミリーが楽しめるスポットも

https://news-magazine-campers.com/campsite/hokkaido_tohoku/akita-camp-2023/

秋田県のおすすめのキャンプ場を紹介します。秋田県はコテージやバンガローなど初心者にもおすすめのキャンプ場を予約することができます。本記事では、秋田県のキャンプ場のメリットを解説し、厳選したおすすめのキャンプ場を紹介します。

宮城のおすすめキャンプ場8選!人気コテージや無料スポットも紹介

https://news-magazine-campers.com/campsite/hokkaido_tohoku/camp_miyagi/

穏やかな気候が特徴の宮城県は、全国でも有数のキャンプ場の宝庫です。コテージ泊やオートキャンプなど様々なキャンプスタイルが楽しめます。この記事ではキャンパーズが厳選した、宮城の自然を肌で感じられるおすすめのキャンプ場を紹介します。

ソロキャンプにおすすめの北海道のキャンプ場15選!車中泊できる場所も

https://news-magazine-campers.com/campsite/hokkaido_tohoku/%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a0%b415%e9%81%b8/

北海道にあるソロキャンプにおすすめのキャンプ場を紹介します。北海道にあるキャンプ場の中で車中泊できるキャンプ場や女性キャンパーにおすすめのキャンプ場を厳選してまとめています。北海道でソロキャンプできるキャンプ場を探している方は、ぜひ参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連する投稿


【沖縄】やんばるの自然で遊び尽くす!東京ドーム5個の広さ「つつじエコパーク」をレビュー

【沖縄】やんばるの自然で遊び尽くす!東京ドーム5個の広さ「つつじエコパーク」をレビュー

沖縄本島の北部、東村にある「つつじエコパーク」に行ってきました。バンガローやキャンプ場などの宿泊施設があり、アスレチックやカヌー体験など、やんばるの自然を思いっきり味わうアクティビティも豊富です。初心者でも楽しめる最高のアウトドア体験施設を体験レビューします!


【山梨】ペット同伴可!川遊びもできる「ウエストリバーオートキャンプ場」をレビュー

【山梨】ペット同伴可!川遊びもできる「ウエストリバーオートキャンプ場」をレビュー

山梨県南アルプス市にある「ウエストリバーオートキャンプ場」をペットキャンパーが体験レポート!釣りも川遊びも楽しめて、ファミリーキャンプに大人気!高規格だから初心者も女性も大満足です。ドッグランサイトなどキャンプ場の魅力を紹介していきます。


【北海道】大人が本気で遊べる!童心に返る「白老キャンプフィールド ASOBUBA」体験レポート

【北海道】大人が本気で遊べる!童心に返る「白老キャンプフィールド ASOBUBA」体験レポート

北海道、大人が本気で遊べて童心に帰れるがコンセプトの「白老キャンプフィールド ASOBUBA」の体験レポートを紹介します。2020年7月にオープンした通年営業のキャンプ場です。今回は実体験をもとにキャンプ場の紹介やおすすめをまとめてましたので参考にしてください。


【北海道】道央エリアでツーリングキャンプをしよう!おすすめキャンプ場を紹介

【北海道】道央エリアでツーリングキャンプをしよう!おすすめキャンプ場を紹介

北海道・道央エリアでツーリングにおすすめのキャンプ場を紹介します。ツーリングでは道北や道東などが人気ですが、道央も負けず劣らず人気のスポットが点在しています。そんな道央の魅力とともにおすすめのキャンプ場をまとめてみました。


【北海道】道北ツーリングおすすめのキャンプ場6選!バイカー憧れのスポットを巡ろう

【北海道】道北ツーリングおすすめのキャンプ場6選!バイカー憧れのスポットを巡ろう

北海道の道北エリアにあるツーリングにおすすめのキャンプ場を7つ厳選しました。観光がてら名スポットを巡った後は愛車を眺めながら北海道の大自然の中で有意義なひとときを過ごせるでしょう。北海道に訪れた際には本記事を参考にお気に入りのキャンプ場を見つけてみてください。


最新の投稿


【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

焼酎に良く合う大人の味付けを目指して、「牛タン味噌煮込み」作りにチャレンジしました。ダッチオーブンを使って、長時間煮込むことで具材の旨味を極限に引き出すことに成功しました。具材を入れて煮込むだけの簡単レシピなので、ぜひ参考にしてください。


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。