「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

宮城のおすすめキャンプ場8選!人気コテージや無料スポットも紹介

宮城のおすすめキャンプ場8選!人気コテージや無料スポットも紹介

穏やかな気候が特徴の宮城県は、全国でも有数のキャンプ場の宝庫です。コテージ泊やオートキャンプなど様々なキャンプスタイルが楽しめます。この記事ではキャンパーズが厳選した、宮城の自然を肌で感じられるおすすめのキャンプ場を紹介します。


おすすめのキャンプ場を厳選!宮城は穏やかな気候が魅力

一年中を通して過ごしやすい気候が魅力的な宮城県。 宮城県には数多くのキャンプ場があり、 さまざまな体験と、非日常を味わうことができます。

宮城県の雄大な自然を満喫でき、ファミリーキャンプや、ソロキャンパーでも気軽に楽しめるおすすめのキャンプ場を厳選しまとめました。
宮城県でキャンプ場を探している方はぜひ参考にしてみてください。

コテージ・バンガローがおすすめのキャンプ場

宮城県にあるコテージやバンガローが人気の、家族で楽しめるキャンプ場を厳選しました。 キャンプ場選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。

①:不動尊公園キャンプ場

宮城県と福島県の県境にある丸森町に位置する不動尊公園キャンプ場は、年間を通して営業しているので、季節ごと楽しむことができるキャンプ場です。

コテージは4人用(約10帖)と8人用(約13~15帖)の2タイプがあり、 7月~8月のハイシーズンは、利用料金が通常に比べて高く設定されています。
「てぶらでテントプラン」があったり、コテージ外部にはBBQスペースが併設されていることが特徴です。

また管理棟内にはテイクアウトカフェがあったりと、 園内は設備も充実しているキャンプ場です。

住所

〒981-2116 宮城県伊具郡丸森町不動64-1

電話番号

 0224-72-2646

シーズン利用

営業時間  9:30~17:30(12月~3月)9:30~17:00 休園日:火曜日(祝日の場合・翌日)年末年始・その他

料金

コテージ(4人用):11,000円~            (8人用):15,000円~            1名追加につき1000円        7月~8月はコテージ使用料プラス2500円               1名追加料金 プラス500円

アクセス 

JR「丸森駅」から車で15分

公式サイト

『不動尊公園キャンプ場』公式HP

②:市民岩出山いこいの森キャンプ場

市民岩出山いこいの森キャンプ場は大崎市からそれほど離れていない場所にあり、 自然豊かな場所にあるキャンプ場です。

5月には満開の八重桜を鑑賞することができ、川遊びや釣りなど自然と遊ぶにはぴったりでお子さん連れのファミリーキャンプにも最適。

バンガローAは3棟・バンガローBは2棟あり、日帰りと宿泊どちらでも利用可能です。 炊事施設は無料で利用でき、温水シャワー・水洗トイレなど設備も備わっています。

住所

〒989-6445宮城県大崎市岩出山南沢木通沢132-1

電話番号

0229-72-0947

シーズン利用

4月下旬から11月下旬

料金

バンガローA(3棟)1泊  市内利用者 2230円 市外利用者 2680円 日帰り10時から午後3:30 市内利用者 1110円 市外利用者 1340円 バンガローB (2棟) 1泊  市内利用者 4450円 市外利用者 5340円 日帰り10時から午後3時30 市内利用者 2230円 市外利用者2680円

アクセス

古川ICから車で約20分。

公式サイト

『市民岩出山いこいの森キャンプ場』公式HP

③:おしか家族旅行村オートキャンプ場

おしか家族旅行村キャンプ場は、金華山と海が一望できる牡鹿半島の先端に位置している キャンプ場です。

A-4棟、B-2棟の計5つのケビン棟があり、5名から最大10名まで宿泊できます。
AC電源(20A)付オートサイト施設もあり最大5名まで利用可能。 サニタリー棟には炊事場・温水シャワー・水洗トイレ・コインランドリーが完備されていて、無料で利用できることが魅力的です。

また管理棟には売店があって、レンタル品も用意されているので安心してキャンプを楽しめます。

住所

〒986-2523 宮城県石巻市鮎川浜駒ケ峯1−1

電話番号

0225-45-3420

シーズン利用

(2) ケビン(通年)キャンプ(4月1日から11月30日)

料金

A棟(A-1・2・3・4 )15270円 利用人数5名  冬季暖房費1000円冬季 1名追加2500円 B棟(B-1・2)22400円 利用人数8名 冬季暖房費1000円 1名追加 2500円

アクセス 

石巻港ICから車で60分

公式サイト

『おしか家族旅行村キャンプ場』公式HP

④:神割崎キャンプ場

神割崎キャンプ場は志津川湾を眺めるには最高のロケーションのキャンプ場です。

南三陸町の町まで25分でスーパーやコンビニも近く、15分ほどでホテル観洋の日帰り温泉で汗を流すこともできます。

ログキャビン(レギュラー2棟・ワイド3棟)は、4名から最大6名まで利用できます。レギュラーはペット同伴可能ですが、ワイドはペット同伴不可なので注意しましょう。

オートサイトはAC電源・無料WI-FIも利用できます。また車1台のみ、バイクは2台までの駐車OK。手ぶらでキャンププランもあり、初めてでもキャンプを楽しめる場所です。

住所

〒986-0781 宮城県本吉郡南三陸町戸倉寺浜81−23

電話番号

0226-46-9221

シーズン利用

通年(年末年始除く)9:00から18:00 定休日:火曜日

料金

入園料小学生以上600円 小学生未満無料 日帰り・ディキャンプ 小学生~高校性 200円 一般300円 小学性以下無料 利用時間10時から17時 レギュラータイプ1棟5000円  ※(レギュラーはペット可) 日帰りは(レギュラー)1棟 2000円 ワイドタイプ1棟 10000円 日帰りは(ワイド)1棟4000円 ※(ワイドはペット不可)

アクセス

仙台から車で1時間50分 三陸ICから約25分(国道398経由)

公式サイト

『神割崎キャンプ場』公式HP

無料・安く利用できるおすすめのキャンプ場

宮城県のキャンプ場は全国でTOP10に入るほど数が多く、 その中でも無料や安く利用できるキャンプ場を紹介します。
予算を気にせず家族で楽しめるキャンプ場を探している方はぜひ参考にしてください。

①:達居森(たっこもり)と湖畔自然公園キャンプ場

宮城県大衡村にある達居森と湖畔自然公園キャンプ場は、無料で利用できるキャンプ場です。

達居森標高は262.6m。公園内には遊歩道があり、山頂まで1500mの山歩きを楽しむことができます。
設備はトイレと炊事場、水道は有料2分¥100で利用することができます。キャンプ場を利用するには、事前申請許可が必要です。 必ず確認してくださいね。

住所

〒981-3601 宮城県黒川郡大衡村大瓜牛野9

電話番号

022-341-8515

シーズン利用

通年

料金

無料 公園施設利用届が必要

アクセス

大衡ICから車で約25分

公式サイト

『達居森と湖畔自然公園キャンプ場』公式HP

②:遠刈田公園

宮城県刈田郡蔵王町にある、遠刈田(とおがった)公園の 多目的広場が無料でキャンプができる場所です。

近くにはコンビニ、車で5分ほど走ると遠刈田温泉街があり、温泉も楽しめます。
キャンプ場を利用するには、事前申請が必要です。公演周辺に山林があり、焚き火台や常設かまどなども現在使用不可となっているため注意しましょう。キャンプ場を利用する際には確認することをおすすめします。

住所

〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉

電話番号

0224-34-4210 サン・スポーツランド蔵王 0244-33-2214 蔵王町役場建設課 

シーズン利用

通年

料金

無料 申請書必要 持参か郵送

アクセス

遠刈田温泉から車で5分

公式サイト

『遠刈田公園』公式HP

③:三滝堂ふれあい公園(みたきどう)

宮城県登米市にあるャンプ三滝堂ふれあい公園内にあるキャンプ場です。

予約不要、無料で利用できるのでハイシーズンには大勢の人で賑わう人気スポット。
公園内には遊具や川があり、浅瀬なので小さな子どもでも大人と一緒なら遊ぶことができるでしょう。 管理棟や炊事棟、売店など施設も充実しているのも特徴です。

大人も子どもも楽しめるおすすめのキャンプ場です。

住所

〒987-0902 登米市東和町米谷字相川1番地6 

電話番号

0220-42-2882

シーズン利用

通年(11月から4月末まで管理人不在)

料金

予約不要 無料 

アクセス

三滝堂ICから車で5分

公式サイト

『三滝堂ふれあい公園』公式HP

④:水の森公園キャンプ場

仙台市泉区にある水の森公園キャンプ場は、仙台市中心部から車で20分と、とても利便性の良いキャンプ場です。

1区画あたり500円とワンコインでキャンプができるのも魅力的です。駐車場は無料で103台駐車可能で、荷物を運ぶための荷台も数台用意されています。
駐車場からキャンプサイトまで距離があるのとても便利ですよね。

キャンプ場を利用する際には予約が必要です。管理棟窓口か電話、 空き状況はブログで確認することができます。

住所

〒981-3121 仙台市泉区上谷刈字堤下8

電話番号

022-773-0496

シーズン利用 

3月1日~11月30日

料金

テントサイト1区画500円  宿泊棟   1棟 6,100円

アクセス

仙台市中心部から車で20分

公式サイト

『水の森公園キャンプ場』公式HP

魅力溢れる宮城のキャンプ場を楽しもう!

宮城県のおすすめのキャンプ場を紹介しました。
数あるキャンプ場の中から初心者・ファミリーでも気軽に楽しめ、 何も持たずに手ぶらでできるキャンプも魅力的ですよね。

忙しい日常から離れキャンプで気分を変えてみると心もリフレッシュできます。 通年営業しているキャンプ場も多く、 宮城県の四季にふれながら、楽しい思い出づくりをしてみましょう。

登別の穴場「つどいの館キャンプ場」でキャンプを満喫!サイトや料金は?

https://news-magazine-campers.com/campsite/hokkaido_tohoku/%e7%99%bb%e5%88%a5%e3%81%ae%e7%a9%b4%e5%a0%b4%e3%80%8c%e3%81%a4%e3%81%a9%e3%81%84%e3%81%ae%e9%a4%a8%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a0%b4%e3%80%8d%e3%81%a7%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97/

登別にある穴場のキャンプ場、つどいの館キャンプ場を紹介!この記事では、集いの館キャンプ場の特徴や魅力、利用にあたって注意すべきポイントを紹介していきます。なぜ、つどいの館キャンプ場が穴場のキャンプ場と言われているのか、理由もまとめました。

【北海道・東北地方版】手ぶらキャンプが楽しめるおすすめのキャンプ場21選!

https://news-magazine-campers.com/campsite/hokkaido_tohoku/%e3%80%90%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%83%bb%e6%9d%b1%e5%8c%97%e5%9c%b0%e6%96%b9%e7%89%88%e3%80%91%e6%89%8b%e3%81%b6%e3%82%89%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%8c%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%81/

北海道・東北エリアで手ぶらキャンプを楽しめるキャンプ場を紹介します。各道県別に3か所ずつ設備やレンタル品が充実しているおすすめのキャンプ場を紹介しているので、北海道や東北で手ぶらキャンプを楽しめる場所を探している方はぜひ参考にしてみてください。

ソロキャンプにおすすめの北海道のキャンプ場15選!車中泊できる場所も

https://news-magazine-campers.com/campsite/hokkaido_tohoku/%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a0%b415%e9%81%b8/

北海道にあるソロキャンプにおすすめのキャンプ場を紹介します。北海道にあるキャンプ場の中で車中泊できるキャンプ場や女性キャンパーにおすすめのキャンプ場を厳選してまとめています。北海道でソロキャンプできるキャンプ場を探している方は、ぜひ参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連する投稿


【沖縄】やんばるの自然で遊び尽くす!東京ドーム5個の広さ「つつじエコパーク」をレビュー

【沖縄】やんばるの自然で遊び尽くす!東京ドーム5個の広さ「つつじエコパーク」をレビュー

沖縄本島の北部、東村にある「つつじエコパーク」に行ってきました。バンガローやキャンプ場などの宿泊施設があり、アスレチックやカヌー体験など、やんばるの自然を思いっきり味わうアクティビティも豊富です。初心者でも楽しめる最高のアウトドア体験施設を体験レビューします!


【北海道】大人が本気で遊べる!童心に返る「白老キャンプフィールド ASOBUBA」体験レポート

【北海道】大人が本気で遊べる!童心に返る「白老キャンプフィールド ASOBUBA」体験レポート

北海道、大人が本気で遊べて童心に帰れるがコンセプトの「白老キャンプフィールド ASOBUBA」の体験レポートを紹介します。2020年7月にオープンした通年営業のキャンプ場です。今回は実体験をもとにキャンプ場の紹介やおすすめをまとめてましたので参考にしてください。


【北海道】道央エリアでツーリングキャンプをしよう!おすすめキャンプ場を紹介

【北海道】道央エリアでツーリングキャンプをしよう!おすすめキャンプ場を紹介

北海道・道央エリアでツーリングにおすすめのキャンプ場を紹介します。ツーリングでは道北や道東などが人気ですが、道央も負けず劣らず人気のスポットが点在しています。そんな道央の魅力とともにおすすめのキャンプ場をまとめてみました。


【北海道】道北ツーリングおすすめのキャンプ場6選!バイカー憧れのスポットを巡ろう

【北海道】道北ツーリングおすすめのキャンプ場6選!バイカー憧れのスポットを巡ろう

北海道の道北エリアにあるツーリングにおすすめのキャンプ場を7つ厳選しました。観光がてら名スポットを巡った後は愛車を眺めながら北海道の大自然の中で有意義なひとときを過ごせるでしょう。北海道に訪れた際には本記事を参考にお気に入りのキャンプ場を見つけてみてください。


【2023年版】大阪キャンプ場おすすめ23選!人気コテージや穴場スポットを紹介

【2023年版】大阪キャンプ場おすすめ23選!人気コテージや穴場スポットを紹介

大阪のおすすめキャンプ場を紹介します。コテージ泊や、無料のキャンプ場、穴場のキャンプ場など特色ごとに人気のキャンプ場を厳選!都会のイメージがある大阪ですが、意外にも身近にキャンプ場が多くありましたので、おすすめをピックアップしてまとめてみました。


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。