「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

コールマン「トンネル2ルームハウス」の魅力とは?口コミやサイズも

コールマン「トンネル2ルームハウス」の魅力とは?口コミやサイズも

コールマンのトンネル2ルームハウスの魅力を解説します。購入前に気になる口コミや、サイズ・価格について調べました。コールマンのトンネル2ルームハウスLDXと、スノーピークのエルフィールドを比較してみました。トンネル型テント選びの参考にしてみてください。


コールマン「トンネル2ルームハウス」について紹介!

前室と寝室が一体化したトンネル型テントは、リビングスペースが広く、ファミリーキャンプ用に人気があります。中でも、コールマンのトンネル2ルームハウスは、バリエーション豊富で、口コミでも評判です。
この記事では、コールマンのトンネル2ルームハウスのメリット・デメリットを解説します。比較されることの多い、スノーピークの製品との違いについてもまとめましたので、参考にしてみてください。

コールマン「トンネル2ルームハウス」の魅力

魅力①色や機能などラインナップが豊富

40代/男性
40代/男性

丈夫さで選ぶならコールマン

評価:

コールマンの特徴は、強風でもポールが折れたり、テント生地が破れたりすることがなく、頑丈な点だと思います。 トンネル2ルームハウスは、サイズやカラーに選択肢が多く、価格がリーズナブルなので、おすすめしやすいです。

魅力②設営が簡単や撤収が簡単

コールマンのトンネル2ルームハウスは、他の種類のテントに比べて設営や撤収が簡単です基本的には、ポールをテントのスリーブに通し、ポールを立ち上げると、トンネル2ルームハウスの形状が出来上がります。
トンネル2ルームハウスは、ドーム型テントのようにポールが交差しません。このため、テントの形が掴みやすく、初心者でも設営しやすいと、口コミでも評判です。

魅力③広いので快適にキャンプができる

40代/女性
40代/女性

ファミリーキャンプに余裕サイズ

評価:

大人2人と小学生の子供1人とでトンネル2ルームハウスに1泊しました。大人がもう1人増えても余裕のサイズで、快適に過ごせました。 ファミリーサイズですが、リーズナブルな価格もうれしいです。

魅力④キャンプ場で被ることが少ない

コールマンのトンネル2ルームハウスは、バリエーションが複数あるので、キャンプ場で同じ製品を使っている人に会いにくいです
また、トンネル2ルームハウスは、同じモデルでもショップオリジナルカラーなどの展開があります。このため、他のキャンパーと被りたくない人におすすめです。

魅力⑤通気性がよい

30代/男性
30代/男性

風が通りやすい

評価:

トンネル型テントは、天井に熱気が溜まりやすいので、真夏だと暑いという口コミをよく見かけます。しかし、コールマンのトンネル2ルームハウスは、前後の開口部を開けると、風が通り抜けて涼しく過ごせます。

魅力⑥ダークルームは室内の温度が上がりにくい

コールマンのトンネル2ルームハウス/LDX+は、日光を90%ブロックするダークルームを採用していますダークルームは、コールマン独自のテクノロジーで、遮光性に優れた素材を採用したテントです。
トンネル2ルームハウス/LDX+は、テント内の温度上昇が抑えられるので、炎天下でも快適に過ごすことが可能です。朝日の強い日差しをさえぎるので、よく眠れると口コミでも評判です。

コールマン「トンネル2ルームハウス」の商品紹介

トンネル2ルームハウス スタートパッケージ オリーブ×コヨーテ

トンネル2ルームハウス スタートパッケージ オリーブ×コヨーテ

¥82800

コールマンと、人気キャンプ用品通販サイトのナチュラムとのコラボ製品です。ミリタリー感漂うオリーブ×コヨーテカラーのトンネル2ルームハウスです。
ジャストサイズのグランドシートとテントシートが付属しており、すぐにキャンプが始められます。グランドシート・テントシート付きで、リーズナブルな価格も、おすすめポイントです。

サイズ660×330×高さ200cm
重量15.5kg
素材フライ:75Dポリエステルタフタ(耐水圧2000mm)、フロア:210Dポリエステルオックス(耐水圧2000mm)
30代/女性
30代/女性

1人でも設営できるトンネル2ルームハウス

評価:

トンネル2ルームハウスは、アルミ合金製ポールなので扱いやすく、1人でも設営できます。リーズナブルな価格のナチュラムショップで、コールマン製品が購入できて助かります。

ILトンネル2ルームハウス LDX デニム

ILトンネル2ルームハウス/LDX デニム

¥67700

ファッショナブルなキャンプアイテムで知られるMonroとのコラボ製品で、青と白を基調としたインディゴレーベルシリーズの一つです。パッチワークデニムプリントが目をひく個性的なトンネル2ルームハウスです。
キャンプチェアやガスランタンなど、同じレーベルで揃えてもいいですね。広々した余裕のサイズですが、10万円以下で手に入る価格も注目ポイントです。

サイズ660×330×高さ200cm
重量16kg
素材フライ:75Dポリエステルタフタ(耐水圧2000mm)、フロア:210Dポリエステルオックス(耐水圧2000mm)
40代/男性
40代/男性

遠くからでも見つけやすい

評価:

濃いグリーンやカーキが多いコールマンのテントの中では、個性的なトンネル2ルームハウスです。キャンプ場に設営したとき、遠くから見ても一目で見つけられます。 珍しいデザインですが、リーズナブルな価格でコスパが高いと思いました。

アテナ トンネル2ルームハウス/LDX

アテナ トンネル2ルームハウス/LDX

¥154000

他のトンネル2ルームハウスよりも大型で、6人まで泊まれます全面にスカートがついているので、冬でも隙間風を防いで快適です。前面だけでなく、サイドにも出入り口があって、大人数でも動線に困りません。
他のトンネル2ルームハウスに比べて価格が高いですが、その分機能性に優れた製品です。

サイズ380×678×高さ200cm
重量20kg
素材フライ:75Dポリエステルリップストップ(耐水圧2000mm)、インナー:68Dポリエステルタフタ
40代/男性
40代/男性

設営サイズを事前に確認しておこう

評価:

大型で自立しないトンネル2ルームハウスなので心配でしたが、2人で作業して20分ほどで設営できました。 広くて快適ですが、設営に場所を取るので、キャンプサイトのサイズを事前に確認しておくのがおすすめです。

コールマン「トンネル2ルームテント」のデメリット

デメリット①インナーテント側にスカートがついていない

コールマンのトンネル2ルームハウスのうち「アテナ」以外は、後方のインナーテント取り付け部分にスカートがありませんこのため、地面とテントの隙間から風が入りやすく、冬は寒く感じることがあります。
トンネル2ルームハウスの口コミを見ると、インナーテント部分のスカートを、自作する人もいるようです。

デメリット②重量がある

コールマンのトンネル2ルームハウスは、前室、寝室ともに余裕のあるサイズですが、その分大型で重量があります従来品と比べると、トンネル2ルームハウスはアルミ合金製ポール使用で、やや軽量にはなりました。
通常モデルのトンネル2ルームハウスLDXでも、15kg以上あります。自動車で行くキャンプなら問題ありませんが、ツーリングなどには不向きでしょう。

デメリット③インナーテントが破れることがある

デメリット③インナーテントが破れることがある

トンネル2ルームハウスは、構造上、インナーテントの吊り下げ部分に負荷がかかりやすくなっています。通販サイトなどを見ると、使用しているうちに、フックの紐部分が破れるといった口コミが多数見られます。劣化が目立ってきたら、丈夫な素材で補強する必要があります。

トンネル2ルームテントとエルフィールドとの比較

スノーピーク「エントリー2ルームエルフィールド」の商品紹介

エントリー2ルームエルフィールド

¥87780

初心者にも扱いやすいスノーピークのトンネル型テントです。スカート付きで隙間風を遮断するので、オールシーズン対応しています。
側面と前後の開口部すべてメッシュにでき、十分な通気性が確保できます価格と機能性のバランスがよく、ファミリーやグループ利用にちょうどよいサイズのテントです。

サイズ600×380×高さ210cm
重量15.5kg
素材75Dポリエステルタフタ(耐水圧1800mm)
40代/女性
40代/女性

設営方法が分かりやすい

評価:

大人2人と子供2人のキャンプで使っていますが、ポールが色分けされていて、子供も手伝いがしやすいです。前室が広いので、テーブルなどを置いても圧迫感が少なく快適です。

トンネル2ルームテントとエルフィールドとの比較

商品名

トンネル2ルームハウス

エルフィールド

設置サイズ

660×330×高さ200cm

600×380×高さ210cm

インナーサイズ

235×300×高さ185cm

230×315×高さ175cm

重量

15.5kg

15.5kg

収容人数

5人

4人

トンネル2ルームハウスもエルフィールドも、設置サイズ、インナーサイズはほぼ同じです。価格も同程度ですが、種類によっては、トンネル2ルームハウスのほうが低価格の場合があります。
どちらも一部のみスカート付きで、インナーテント部分はスカートがありません。トンネル2ルームハウスは、後方にメッシュパネルがありませんが、エルフィールドは前後ともにメッシュにできます。
エルフィールドは、アーチの頂点部分を縦につなぐリッジポールや、屋根を覆うルーフシートがあります。形状が安定し、日差しをさえぎる効果がありますが、トンネル2ルームハウスに比べて設営に時間がかかります。

トンネル2ルームハウスの設営と撤収方法

設営方法

  • 前後を確認してフライシートを広げ、スタンディングテープのバックルをとめる
  • メインポールをスリーブに通す
  • メインポールを片側のみ、フライシート側面下のグロメットに差し込む
  • 反対側のフライシート側面下にあるストラップアジャスターを緩める
  • アジャスターのある箇所のメインポールを立ち上げ、ポールの端をグロメットに差し込む
  • 緩めたストラップを引いて、張り具合を調整する
  • 後ろ3箇所をペグで仮止めする
  • メインポールを立ち上げて本体を伸ばし、前面2箇所をペグで仮止めする
  • バイザーポールをセットする
  • 張り具合を調整しながら、側面の必要箇所をペグ打ちする
  • 仮止めした部分のペグを打ち直して固定する
  • 側面の必要箇所に自在ロープをセットする
  • インナーテントをセットする
トンネル2ルームハウスを設置するとき、斜め前から風を受ける向きで張ると、風の影響を軽減できます。フライシートはメッシュパネルがある方が前、インナーテントはコールマンのロゴがある方が前になります。
ロープを張るときは、トンネル2ルームハウスから約1m離れた位置を目安にペグダウンします。スタンディングテープを外す場合は、代わりにペグで固定します。外したスタンディングテープはポケットに収納できます。
エルフィールドはこの手順に加えて、リッジポールを差し込み、ルーフシートを取り付ける作業があります。 トンネル2ルームハウスと異なり、バイザーポールはありません。

撤収方法

  • インナーテントを取り出す
  • フライシートを固定していたペグ、ロープを取り外す
  • フライシートに差し込んでいたポールを取り出す
  • フライシートをたたむ
  • インナーテントをたたむ
  • インナーテントの上にフライシートを重ね、ポールケースを芯にして巻く
  • 収納袋に入れる
フライシートをたたむときは、テント上部に当たる四隅を持ち、中央に折り込みながら縦半分にします。それから両端を内側に折り、収納袋に入る大きさまでたたみます。
インナーテントをたたむ前に、空気が抜けやすいよう、ファスナーを一部開けておきます四隅を広げて四角形にし、ドアを中心としてサイドを内側にたたみ、幅四分の一サイズにします。エルフィールドはこの手順に加えて、ルーフシートをたたんでしまう作業があります。
トンネル2ルームハウスとエルフィールドで迷っています。

トンネル2ルームハウスは、種類が豊富なので、キャンプ場で他の人と被りたくない人におすすめです。また、設営手順がエルフィールドより簡単です。
エルフィールドは、前後側面メッシュにでき、ルーフシートがついています。夏の涼しさを重視する人におすすめです。

トンネル2ルームハウスはサイズが広くて使いやすい!

コールマンのトンネル2ルームハウスは、カラーや機能性のバリエーションが豊富です。このため、目的に合わせて、ぴったりの製品が選べます。
個性的なプリント柄の製品もあり、他のキャンパーと道具が被りたくない人におすすめです。余裕サイズのトンネル2ルームハウスで、家族やグループでのキャンプを楽しみましょう。

コールマン「インスタントテント」の魅力とは?簡単に設営できると評判

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tent/%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%80%8c%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%8d%e3%81%ae%e9%ad%85%e5%8a%9b%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f/

コールマンの「インスタントテント」を紹介します。コールマン「インスタントテント」の魅力を、4つの項目に分けて解説!また、インスタントテントの設営方法とたたみ方も説明しています。インスタントテントに関するQ&Aも設けていますので、ぜひ記事を参考にしてください。

コールマンのマスターシリーズを手に入れよう!おすすめの新商品は?

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%92%e6%89%8b%e3%81%ab%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%82%88%e3%81%86%ef%bc%81/

コールマンの人気シリーズである、マスターシリーズの商品を紹介します。コールマンのマスターシリーズの中から、キャンプ用品のマストアイテムを5つ厳選しました。テントやテーブル、チェアなど記事の中でおすすめしているので、ぜひ参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし