「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ワークマンのラークスは冬キャンプにもってこい!他との違いは?

ワークマンのラークスは冬キャンプにもってこい!他との違いは?

ワークマンの人気防寒ブーツ、ラークスについて詳しく解説します。ワークマンのラークスの特徴やスペックなどを説明し、ラークスの代表的なQ&Aも掲載。あわせて、人気防寒ブーツのL.L.Beanのビーンブーツについても詳解します。


ワークマンのラークスの特徴と他との違いを紹介!

ワークマンのラークスは話題の防寒ブーツです。現場だけでなくコーディネートできるブーツと言われています。
では、なぜそんなにワークマンのラークスが人気になっているのか、気になる点を解説します。ワークマンのラークスのスペックや特徴や値段などを紹介。また、ほかの人気の防寒ブーツについても詳しく説明します。

ワークマンのラークスの特徴

ワークマンには機能性だけでなくファッション系の用品もそろっています。ワークマンは男性用品のイメージがありますが、最近は若い女子からの支持が絶大です。そんなワークマンで人気の防寒ブーツが「ラークス」です。
現場だけでなく、カジュアルなシーンでコーディネートもできる人気防寒ブーツのラークス。おすすめの特徴を紹介します。

ワークマンのラークスの商品紹介

リーズナブルな価格ながら柔らかいソールとフィット感抜群が特徴的なのが、ワークマンの「ラークス」です。アウトドアブーツとして人気が高く、幅広い世代の人々が履いています。
ラークスは靴の内部にフリースが貼られ、暖房効果が高く外部には防水対応も施されています。フィット感も抜群で、スリムなデザインでさまざまな場面でコーディネートできるでしょう。そんな、ラークスのおすすめポイントを紹介します。

特徴①サイズの種類と値段

ワークマンのラークスはM・L・LL・3Lの4サイズがあります。インソールを敷くと女子でも十分に履けるMサイズに、大きい足のサイズの方でも履ける28cmまであります。ラークスのサイズの詳細は下記の表を参考にしてください。
ワークマンのラークスの価格は、税込みで2,900円とお手頃価格です。カラーもクロとブラウンがあります。使用する場所やシチュエーション、コーディネートで使い分けられます。

ワークマンのラークスのサイズ

大きさ(cm)

Mサイズ

24.5~25.0cm

Lサイズ

25.5~26.0cm

LLサイズ

26.5~27.0cm

3Lサイズ

27.5~28.0cm

特徴②防水性・防寒性に優れた素材

ワークマンのラークスのソールは、柔らかく足にフィットします。ラークスは防水性も防寒性も優れた、アウトドアブーツになっています。
ラークスの内面にはフリースが施され、暖かく履けるブーツです。ブーツの底の部分から5cmは防水対応なので、多少の雨や雪にも十分に対応できます。ラークス内部にはインソールも敷いてあり、足裏が受ける衝撃を緩和します。

特徴③ビーンブーツに似たおしゃれなデザイン

ワークマンのラークスはぱっと見から、ビーンブーツを連想させるデザインといわれています。特に、ブラウンのタイプはよく似ています。それだけデザイン性が高いブーツともいえ、コーディネートも楽しめること間違いなしです。
そんなかわいいおしゃれな防寒ブーツですが、ガテン系の現場やアウトドア全般で気軽に履けるブーツになっています。

特徴④靴底の素材と作り

ワークマンのラークスのソール部分は、約1cm程度の厚みがあります。底の硬度も硬すぎず、柔らかすぎずで心地よい弾力があります。
滑り止め対策も十分に施されていて、濡れた地面でもしっかりと歩けます。ヒールは約1.5cmで前のめりにもならず、ちょうどよい高さになります。

ワークマンのラークスとL.L.Beanのビーンブーツとの違い

ワークマンのラークスによく似ているデザインといわれるのが、L.L.Beanのビーンブーツです。ビーンブーツのサイズや値段や特徴を紹介します。
L.L.Beanの100年以上続くビーン・ブーツは、今でも米国メイン州の自社工場で製造されています。優れた技術を持った職人さんたちが手作業で一つ一つ作っています。

L.L.Beanのビーンブーツの商品紹介

L.L.Beanはブーツのラインナップが豊富です。男性用だけでなく女子にも大人気のアイテムがたくさんあります。
そんな中で、人気のメンズブーツ「フルグレイン・レザービーン・ブーツ」があります。ワークマンのラークスによく似ているアイテムですが、本家のデザインです。

サイズ

7サイズ(25cm)~14サイズ(31.5cm)

高さ

約20cm

一足の重さ

約1.7kg

値段

23.100円(税込み)

メイン素材

レザー

違い①サイズ感と値段

L.L.Beanのビーンブーツは過去に、ハンティング時として使用されていました。そこから厚手のソックスを履いて、ブーツを履く様に製造されていました。そのため、どんな靴下を履いて、ビーンブーツを履くか考えながらサイズを選びましょう。
フルグレイン・レザービーン・ブーツは8サイズです。L.L.Beanのブーツのサイズは男性用が24cmから32cmまで、約5mm間隔で16段階あります。女性用は22cmから28cmまでのサイズで、ほぼ0.5mm間隔で13段階のサイズがそろっています。
値段は靴のタイプによって異なりますが、約10,000円から約40,000円の間に製品がラインナップされています。

違い②防水・防寒機能

ビーンブーツのレーザーは、ナチュラルで耐久性、防水性が高いフルグレイン・レザーが使用されています。ボトムのゴムは高品質な性質のものが使用され、確実な防水性が保たれるようにデザインされています。
靴底の溝には独特なチェーンパターンが刻まれています。靴底が接地する面を確実につかみ、滑りやすい場所も快適に歩けるようになっています。
ブーツの内部は合成繊維断熱材で保温素材のシンサレートのライニングが付いていて防寒効果が発揮されます。

違い③デザイン

L.L.Beanのビーンブーツは100年以上変わらないスタイルを守っています。アッパー部分はフルグレイン・レザーが使われています。下部には良質のゴムが使用され、レザーのブラウンとゴムの黒色のツートンカラーが基本デザインです。
ブーツのパーツにより、シングルステッチ、ダブルステッチ、トリプルステッチが施されています。機能性だけでなくデザインも引き立ちます。靴紐は太めのひもで、カラーの編み込みが見事なデザインになっています。

違い④履き心地

L.L.Beanのビーンブーツは開発されてから110年ほどですが、ほとんどデザインを変更せず現在まで続いています。今では世界全体で愛されています。足の形が異なる多くの人々が履いています。履き心地の良さは折り紙付きで世界が認めるブーツといえます。

ワークマンのラークスに関するQ&A

女子も履けますか?

ワークマンのラークスはMサイズで24cmからあります。靴下を履いてそのままラークスを履いている女性はたくさんいます。カラーにブラウンもあり女子も履ける防寒ブーツです。

雪の中も歩けますか?

ワークマンのラークスは積雪が10cm位であれば、靴の中に雪が入らなまま歩くことができます。ゴム底なので、雪面だけでなく凍結した路面でも滑りにくく歩くことができます。

防寒効果はどの程度ですか?

ワークマンのラークスは相当冷え込んだ場所で長時間履くのは少し難しいようです。足裏から冷気がじょじょに伝わってきます。内部にフリース地が貼ってありますが、雪山みたいに寒さが鋭いと防寒効果が少し落ちます。

ワークマンのラークスは冬キャンプにおすすめの防寒ブーツ!

ワークマンのラークスは手ごろな価格ながら防寒、防水の効果が高いブーツです。防寒ブーツですがおしゃれなデザインで、タウン用としても十分に機能します。
ワークマンのラークスは軽く歩きやすいブーツです。極寒の雪山では耐えられないこともありますが、冬季の一般的なキャンプ場では十分に使用できます。冬キャンプにワークマンのラークスを履いて出かけましょう。

ワークマン「ライトスリッポン」が人気!登山やキャンプ時に便利

https://news-magazine-campers.com/fashion/800/

ワークマンのライトスリッポンを紹介します。登山やキャンプの時に便利と口コミでも評判なライトスリッポンについて、人気の秘密を徹底調査しました!なぜキャンパーにもライトスリッポンが大人気なのか、魅力を詳しく解説していくので、チェックしてみてください。

ワークマンのモックシューズが人気!冬キャンプにもおすすめ!

https://news-magazine-campers.com/fashion/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%a2%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%81%8c%e4%ba%ba%e6%b0%97%ef%bc%81%e5%86%ac%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97/

ワークマンで販売されている、男女から人気のモックシューズについて徹底解説します。履きやすくて暖かい、そして動きやすいなどの多数の魅力をまとめました。値段やサイズ感なども紹介するので、ワークマンのモックシューズが気になる方はチェックしてみてください。

ワークマンの防寒ブーツ「ケベック」が人気!冬キャンプにおすすめ

https://news-magazine-campers.com/fashion/footwear/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%ae%e9%98%b2%e5%af%92%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%84%e3%80%8c%e3%82%b1%e3%83%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%80%8d%e3%81%8c%e4%ba%ba%e6%b0%97%ef%bc%81%e5%86%ac/

雪でのキャンプや釣りで使用する人達から人気の、ワークマン防寒ブーツ「ケベック」について調査しました。実際に使用した口コミを元に、ワークマン防寒ブーツ「ケベック」の魅力や機能性について紹介しています。防寒ブーツを選ぶ際の参考にして下さい。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。