「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

初心者におすすめの焚き火台・セット商品12選!やり方や持ち物も!

初心者におすすめの焚き火台・セット商品12選!やり方や持ち物も!

初心者キャンプにおすすめな焚き火台セットやツールを12選紹介!焚き火セットを使ったやり方についても詳しく掘り下げています。初心者に人気の焚き火セットも多数あるので、焚き火を始めたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。


初心者におすすめの焚き火台・セットを紹介!

初めてキャンプを始める人のために、初心者におすすめの焚き火台やセットを紹介します。焚き火台は見ていて癒されるだけでなく、調理を行うのにも利用可能。そのため、キャンプで焚き火をしたいと考えている人は特に必見です。
初心者でも使いやすい焚き火台やセットばかりを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。また、それぞれの焚き火台のやり方や選び方も掘り下げているので、初心者はやり方もチェックしましょう。

初心者のための焚き火台・セットの選び方

まずは、初心者のための焚き火台やセットの選び方についてです。正しい選び方を熟知していれば、初心者でも簡単に焚き火が行えます。特に、セットになっているものは携帯性や機能性に優れているので、初心者のソロキャンプにも最適です。

選び方①耐久性

耐久性は、初心者に最も重視してもらいたい項目です。焚き火台セットやツールの耐久性を見極めるためには、素材に注目してください。耐久性を求めるのなら、ステンレス製のセットやツールがおすすめ。ステンレスは錆びにくさもあるため、簡単なメンテナンスで済みます。
また、チタン製の焚き火台セットやツールも耐久性に優れています。素材によってそれぞれ特徴があるので、初心者は購入前に素材や商品別の特徴を把握しておくことをおすすめします。

選び方②携帯性

初心者のキャンプ用品の購入を検討している人の多くは、携帯性に注目する人が多いです。特にソロキャンプでは携帯性が重要で、できるだけ軽量で持ち運びやすいものがおすすめです。大人数用の焚き火台セットやツールでも、軽いに越したことはありません。
小さくコンパクトに折りたたんで収納できるという点も、初心者が携帯性を見極めるポイントの一つです。コンパクトなものならバックパックに収納できるので、初心者は持っているバックパックのサイズと照らし合わせてみましょう。

選び方③機能性

初心者用の焚き火台を購入するなら、機能性も重視してください。焚き火台セットの中には、別途でツールを追加できる場合があります。追加ツールを使えば、料理がはかどることも少なくありません。他にも、拡張機能が備わっているツールもあります。

選び方④セット内容・付属品

初心者に注目してもらいたいのは、セット内容や付属品についてです。初心者におすすめなのは、スターターセットです。焚き火に必要な付属品がすべてセットになっているため、それを購入するだけでキャンプで焚き火が楽しめるようになります。
ただし、セット内容はメーカーによって異なるので、購入前に確認しておきましょう。また、セット内容が同じでも形状が異なります。デザイン性が異なれば好みで選ぶこともできるので、ぜひいろいろ手に取って選んでみてはどうでしょうか。

選び方⑤価格

初心者におすすめな焚き火台の選び方として、価格も外せない項目です。初心者向けのものは安価で販売されていることが多いのですが、安くても十分機能性があります。もちろん、もっと本格的に行いたい場合はもう少し価格の高いものを購入するのもおすすめです。
初心者の場合は、4000円前後のセットを選ぶようにすると良いでしょう。事前に予算を決めておくことで、自分に合った価格の焚き火台やそのセットを購入できます。中古を選べば、よりお得に手に入れることも可能です。

選び方⑥使用人数

次は、使用人数についてです。使用人数によっておすすめなサイズが異なります。ソロキャンプ用のものなら手軽に持ち運べますが、大人数用の焚き火台となると少し重たいことも多いです。初心者用の焚き火ツールの軽量化を図るなら、素材に注目しましょう。
素材によって重さが異なり、特にチタン製のものは軽くて持ち運びやすいです。ただし、チタン製は軽い反面、価格が高いというデメリットがあります。その点、ステンレス製のものは適度に軽く、価格も安いことが多いです。

選び方⑦テーブルとの相性

本格的にキャンプを楽しみたいのなら、初心者でもテーブルとの相性に注目しましょう。テーブルは食事をするのに利用するため、焚き火台との高さが重要です。テーブルが高いのに焚き火台が低すぎると、座りながら作業が行えません。
そのため、できるだけテーブルと焚き火台が近くになるような高さを選びましょう。相性の良い高さなら、楽に作業が行えます。

選び方⑧まずはレンタルしてみる

初心者用の焚き火台セットやツールを選びきれないという人は、まずはレンタルしてみるというのもおすすめです。レンタルなら安価で色々な初心者用の焚き火ツールやセットを試せるので、最も自分に合ったセットやツールを見極めることができます。
ただし、中にはレンタルされていないメーカー品もあるので注意が必要。キャンプ場によってレンタルされているセットやツールも異なるため、事前に公式サイトで確認してから訪れることをおすすめします。

初心者におすすめの焚き火台・焚き火台セット12選

次は、初心者におすすめの焚き火台や焚き火台セットについてです。ユニフレームやスノーピーク、コールマンやロゴスなど有名メーカーから販売されている12選をピックアップしています。お気に入りのメーカーや自分に合った焚き火台を見つけましょう。

おすすめ商品①ユニフレーム/ファイアスタンド2

ファイアスタンド2

¥9032

初心者には、ユニフレームのファイアスタンド2がおすすめ。2021年に発売された商品で、コンパクトに折りたたむことができます。特殊耐熱鋼のメッシュが使われていて、メッシュ部分は巻くことが可能。
携帯にも最適な490gなので、軽い焚き火台が良いという初心者におすすめ。また、メッシュ部分から火の粉が落ちることはほとんどありません。

20代/男性
20代/男性

まだ新しい商品

評価:

販売されたばかりの商品で、あまり手に入りません。くるくると巻いて収納できる点が目新しく、購入してみました。火の粉が落ちないので、安心して焚き火が行えます。

おすすめ商品②ハイマウント/アジャスタブルグリルセットL

アジャスタブルグリルセットL

¥4389

初心者に人気のアジャスタブルグリルセットLは、少し大きめサイズです。そのため、複数人でのキャンプに最適です。30kgまでの重さに耐えられる他、5段階の高さに調節が可能。
テーブルの高さに合わせたいと考えている人にもおすすめです。もちろん、セット内容には収納ケースも付いていて、簡単に持ち運ぶことができます。

サイズ約370×310×190mm
重さ約3kg
素材ステンレス
30代/女性
30代/女性

友人とのキャンプに

評価:

友人と用具を持ち寄ってキャンプをしました。私が持っていたこちらの商品は高さが調節できるので、友人が持ってきたテーブルと相性抜群でした。

おすすめ商品③DOD/秘密のグリルちゃん

秘密のグリルちゃん

¥5490

DODの秘密のグリルちゃんは、ソロキャンプ初心者におすすめです。本体を広げるだけで簡単にセットが完了し、焚き火初心者でも安心です。
また、折りたためばポケットに入ってしまうほどの小ささで、軽さもあるので手軽に持ち歩けます。網は1本ずつ丸洗い可能なため、メンテナンスをきちんと行いたい人の願望も叶えてくれます。

サイズW34×D34.5×H19.5cm
重さ610g
素材ステンレス
40代/男性
40代/男性

かなり小さい

評価:

使用して驚いたのはその小ささです。ポケットに入れて持ち運べるので、ソロキャンプが充実しています。

おすすめ商品④テンマクデザイン/フラット焚き火台

フラット焚火台 L

¥8580

テンマクデザインのフラット焚火台 Lは、大人数でキャンプをする初心者におすすめ。みんなで焚き火を囲んで、ゆったりとした時間を過ごしましょう。
ただし、こちらの商品は地面との距離が近いため、下にある草が燃えてしまう可能性があります。火事にならないためにも、耐熱性シートと呼ばれるツールを併用することをおすすめします。

サイズ41.8×41.8×22.6(H)cm
重さ4.18kg
素材ステンレス
50代/女性
50代/女性

家族キャンプに

評価:

大きいサイズのものを探していて、こちらにたどり着きました。少し重たいですが、充実したキャンプが楽しめました。

おすすめ商品⑤ロゴス/the ピラミッド TAKIBI L

the ピラミッド TAKIBI

¥17930

焚き火調理に必要なツールがセットになった商品です。吊り鍋料理や串焼き、鍋料理やバーベキューを行うこともできます。組み立ては10秒で簡単に行えて、初心者でも簡単に組み立てられます。
また、他にも豊富なオプションアイテムが用意されているので、用途に合わせて追加の購入もおすすめです。使い方自由自在の焚き火台なので、初心者だけでなく上級者からも人気があります。

サイズ幅39×奥行38.5×高さ35cm
重さ4.4kg
素材ステンレス
30代/男性
30代/男性

キャンプ飯に最適

評価:

使い方次第で、無限に利用できます。キャンプ飯が好きな自分にはピッタリです。

おすすめ商品⑥スノーピーク/焚き火台M

焚き火台M

¥32230

スノーピークから販売されている焚き火台Mには、初心者に必要なツールがセットになっています。バーベキューを行える焼き網がついているので、使い方次第では焼き料理や鍋料理も可能。
少し大きめサイズの焚き火台なので、友人や家族を交えてキャンプをしたい初心者におすすめです。また、重さも少しあるため初心者は持ち運びには注意してください。

サイズ350×350×248mm
重量3.5kg
素材ステンレス
20代/女性
20代/女性

全部セットになっている

評価:

必要なものがセットになっているので、これを購入するだけでした。何が必要なのかわからない初心者におすすめです。

おすすめ商品⑦solo stove/ソロストーブタイタン

ソロストーブタイタン

¥14331

ソロストーブタイタンは木を燃やして焚き火を行いますが、それだけではありません。一度燃えた木の煙をもう一度燃やして調理が可能です。効率の良い燃焼が可能になっているため、ソロキャンプで調理を行いたい人から人気です。
また、その重さは468gととても軽量で、持ち運びやすさも抜群です。二酸化炭素の排出量が少ないことから環境に優しい他、換気が難しい場所での使用にも向いています。

サイズ約14cm
重量468g
素材ステンレス、ニクロムワイヤー
50代/男性
50代/男性

ソロキャンプにおすすめ

評価:

コンパクトなアイテムを探していました。一人で利用するのにちょう良いサイズで、機能性も良いので購入して良かったです。

おすすめ商品⑧ユニフレーム/ファイアグリル

ファイアグリル

¥7500

ユニフレームのファイアグリルは約20㎏の重さまで耐えられるので、重たいダッチストーブを置いても安心です。もちろん、バーベキューや焚き火を楽しむこともできます。
十分な高さを確保できるため、地面が焼けてしまうこともありません。価格もリーズナブルなので、ぜひこの機会に購入してみてはどうでしょうか。

サイズ430×430×330mm
重量2.7kg
素材ステンレス鋼
40代/女性
40代/女性

調理が楽しい

評価:

こちらの焚き火台を購入して、なおさら調理が楽しくなりました。幅が広がったので、色々挑戦してみたいと思います。

おすすめ商品⑨スノーピーク/焚き火台L

焚火台L

¥17160

スノーピークの代表とも言えるアイテムで、少し大きめサイズの焚き火台となっています。初心者でも簡単に扱える形状で、購入した人の中には他のメーカー品を買えないという人も。
価格は他の商品と比べると少し高いですが、長期間愛用できるので一度買ってしまえば問題ありません。また、定期的なメンテナンスを行うことで長持ちするアイテムでもあります。

サイズ455×455×315(h)mm
重さ5.5 kg
素材ステンレス
20代/男性
20代/男性

安心のスノーピーク

評価:

スノーピークの製品は品質が良く、自分は全部スノーピークで揃えています。焚き火台も申し分ないので、愛用していきたいと思います。

おすすめ商品⑩ユニフレーム/ファイアグリルラージ

ファイアグリル ラージ

¥11000

大人数での焚火やバーベキューには、ユニフレームのファイアグリル ラージがおすすめ。焼き面積がかなり広いため、一気にお肉や野菜を焼くことも可能です。
また、2台同時に使用することで焚き火とダッチオーブンでの調理ができます。火が良く燃える形状なので、効率よく火をおこしたいという人からも人気が高いです。

サイズ約570×570×390(網高)mm
重さ約5.5kg
素材ステンレス鋼
30代/女性
30代/女性

大人数で使用

評価:

少し重たかったですが、大人数でのキャンプに最適でした。地面から離れているので、火事の心配がありません。

おすすめ商品⑪コールマン/ステンレスファイアプレースⅢ

ステンレスファイヤープレイスIII

¥19799

コンパクトに収納したいという人には、コールマンのステンレスファイヤープレイスIIIがおすすめです。特殊な構造をしているこちらの焚き火台は、隙間から空気の流れができるので燃焼効率が良いアイテムとなります。
折りたためばコンパクトに収納で木、専用のケースに入れれば傷つくこともありません。ぜひ、焚き火や調理を楽しんでみてください。

サイズ約41.5×46.5×34.5(h)cm
重さ約5.7kg
素材ステンレススチール
50代/女性
50代/女性

作業効率が良いです

評価:

燃焼が上手くできる構造なので、焚き火で何かを作りたい時におすすめです。

おすすめ商品⑫SOTO/ヘキサ

ヘキサ

¥2200

ソロキャンプを行うなら、SOTOのヘキサが特におすすめ。ポケットに収納できるほど小さく、重さも226gしかありません。折りたためば薄く収納できるので、ポケットに入れてもかさばらない特徴があります。
小さいながらも大きめの鍋を乗せれるので、ちょっとした調理をしたい人にも最適です。価格も安いツールなので、ぜひこの機会に購入して見てはどうでしょうか。

サイズ幅155×奥行155×高さ79mm
重さ226g
素材ステンレス
40代/男性
40代/男性

コンパクト!

評価:

かなり持ち運びやすいアイテムです。ソロキャンプで利用していますが、愛用すると思います。

初心者におすすめの焚き火台比較表

ブランド

ユニフレーム

ハイマウント

DOD

テンマクデザイン

ロゴス

スノーピーク

Solo Stove

ユニフレーム

スノーピーク

ユニフレーム

コールマン

SOTO

画像

なし

商品名

ファイアスタンド2

アジャスタブルグリルセットL

秘密のグリルちゃん

フラット焚き火台L

the ピラミッド TAKIBI Lテキスト

焚き火台M

ソロストーブタイタン

ファイアグリル

焚き火台L

ファイアグリルラージ

ステンレスファイアプレースⅢ

ヘキサ

特徴

・丸めて収納 ・最新モデル ・火の粉が落ちない

・高さが調節可能 ・30kgまで乗せれる ・簡単に持ち運べる

・ポケットに入る ・軽量 ・ソロキャンプにおすすめ

・複数人でのキャンプに最適 ・位置が低い ・安価

・使い方自由自在 ・追加オプション可能 ・上級者にもおすすめ

・セットになっている ・複数人で利用可能 ・安心ブランド

・コンパクト ・軽い ・二段階燃焼

・高さがある ・重たいものを乗せれる ・安価

・代表アイテム ・長期間愛用できる ・メンテナンスが簡単

・高さがある ・大人数キャンプに最適 ・火がよく燃える

・燃焼効率が良い ・コンパクト ・少し重たい

・平たく収納可能 ・ポケットに入る ・かなりお得な価格

商品リンク

初心者のための焚き火のやり方と注意点

次は、初心者のための焚き火のやり方と注意点についてです。焚き火は、初心者でもコツさえ掴めば手軽に行えます。また、初心者は注意点を守ることも重要です。注意点を事前に知っておけば、安全にやり方を再現できます。気になるという人は、ぜひ参考にしてみてください。

用意する道具

  • 焚き火台
  • 着火剤
  • ライターやマッチなど
  • 耐熱マット

初心者が行う場合、まずは道具を用意するところから始めましょう。着火剤は必ず必要ではありませんが、初心者は持っていた方が安心です。また、初心者が行うと火事が起きることも少なくありません。そのため、初心者の内は耐熱マットを下に敷いておくようにしてください。

焚き火での着火手順

焚き火を行う際は、小さい火から大きな火になるようにしましょう。まずは着火剤を使って細い薪に火を点け、徐々に薪を大きくしていきます。小さい火から徐々に大きくしていくことで、安定した大きな火をつけることができます。

注意点①キャンプ場のルールに従う

焚き火のやり方を確認したら、キャンプ場のルールを確認しましょう。焚き火を行う際のルールが設定されている場所が多いです。キャンプ場によってルールが異なる場合もあるので、キャンプを行うたびに確認するようにしてください。
焚き火のやり方のルールが設定されていることもあります。初心者は自分のやり方がルールに沿っているのか確認しながら、行うようにしましょう。

注意点②焚き火台の配置場所

焚き火台のやり方として、配置位置が挙げられます。配置位置がテントに近いと、火事の原因になる場合があります。そのため、できるだけテントから離れた場所で利用しましょう。

注意点③焚き火時の服装

焚き火を行う際は、服装にも注意しましょう。燃えてしまわないように、燃えにくい素材の服装にする必要があります。火の粉に強いのは、コットンやウールです。また、袖口や襟元にも注意するようにしましょう。

注意点④後片付けの仕方

最後に、焚き火の後片付けについてです。水をかけるとススが舞ってしまうので、白く燃え尽きるまで待つのが最適です。灰や炭の捨て方はキャンプ場によって異なるので、ルールに従って捨てるようにしてください。

初心者におすすめの焚き火台・セットのQ&A

何を揃えれば良いですか?

まずは、スターターセットの購入がおすすめです。必要なものがすべてセットになっているので、手軽に始めることができます。

中々火がつきません

火がつかない場合は、着火剤を利用しましょう。また、薪が湿っていないか確認してください。それでも上手く火がつかない場合は、小さい火から大きい火になるように工夫するのがおすすめです。

初心者でも安心して使える焚き火台セットを見つけよう!

初心者用のセットやツールを使えば、初心者でも安心して焚き火が行えます。そのため、初めてでやり方もわからないという人は、まずは初心者用のセットやツールから揃えましょう。徐々にキャンプ用品を揃えていくことで、本格的なキャンプを楽しめるようになっておすすめです。
初心者でも簡単にできるやり方も紹介しています。やり方は小さい火から大きい火にするというポイントがあるので、初心者でもやり方のコツを掴めば簡単です。ぜひ初心者はこの機会に正しいやり方で、焚き火を行ってみてください。

焚き火で得られる効果8選!癒しや睡眠・ダイエットにも影響が?

https://news-magazine-campers.com/camping_knowledge/%e7%84%9a%e3%81%8d%e7%81%ab%e3%81%a7%e5%be%97%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e5%8a%b9%e6%9e%9c8%e9%81%b8%ef%bc%81%e7%99%92%e3%81%97%e3%82%84%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e3%83%bb%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83/

焚き火の知られざる効果について色々と解説する!焚き火で得られるうれしい効果を一つ一つ丁寧に説明!リラックス効果の他に、ダイエットやストレス解消等、意外と知られていない驚きの効果を続々と紹介するので、ぜひ焚き火で得られる効果を体感してほしい。

メッシュの焚き火台おすすめ10選!軽量&コンパクト!自作方法も紹介

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/bonfire/%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%81%ae%e7%84%9a%e3%81%8d%e7%81%ab%e5%8f%b0%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%8110%e9%81%b8%ef%bc%81%e8%bb%bd%e9%87%8f%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af/

メッシュの焚き火台は、軽量かつコンパクトに収納できることからアウトドアに最適!この記事では、メッシュの焚き火台のメリットとデメリットを紹介した上で、おすすめの製品を10個紹介します。自作をする方法も解説するので、参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連する投稿


YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

話題のYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を監督インタビューを含めて徹底解説します。まだ「おやじキャンプ飯」を観たことがない方にも、続編が気になるファンの方にも、わかりやすく詳細をまとめてみたのでぜひチェックしてみてください。


キャンプでも簡単に蒸し料理を楽しもう!おすすめの蒸し器10選

キャンプでも簡単に蒸し料理を楽しもう!おすすめの蒸し器10選

キャンプにおすすめの「蒸し器」を紹介します。蒸し料理は、材料をいれてあたためるだけなので、時間を有効活用することも可能です。家族とゆっくり蒸し器を使った料理で、ポカポカのキャンプを楽しんでみませんか。おすすめの蒸し器をチェックしてみましょう。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


土台作りで絶対に失敗しない焚き火!火起こし大好きなキャンパーが伝授する実体験レポート

土台作りで絶対に失敗しない焚き火!火起こし大好きなキャンパーが伝授する実体験レポート

キャンプの醍醐味の1つとして、焚き火があります。ただ眺めたり料理をしたりと、その楽しみ方も様々。しかし、特にキャンプを始めたばかりの初心者の方は火起こしでつまづくことが多いのも事実です。本記事では、焚き火をより楽しむためにも、失敗しない火起こしの方法をお伝えします。


【最新版】焚き火が出来るタープのおすすめ16選!選び方や注意点も紹介

【最新版】焚き火が出来るタープのおすすめ16選!選び方や注意点も紹介

焚き火の近くで設営できるタープをまとめています。安いのにコスパ抜群と評判の焚き火タープや、人気のヘキサタイプの軽量タープなど、おすすめアイテムをコンパクト・ラージのサイズ別に徹底調査!安全に焚き火を楽しむための注意点なども紹介しています。


最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー