「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

「サーカスTC DX」のレビューまとめ!サイズや設営方法・デメリットは?

「サーカスTC DX」のレビューまとめ!サイズや設営方法・デメリットは?

「サーカスTC DX」のレビューをまとめました。「サーカスTC DX」のサイズや、どのように設営するのかを解説します。たくさんのメリットもありますが、デメリットの詳細もあわせて紹介します。なぜ人気の商品なのか、口コミを交え魅力を伝えます。


「サーカスTC DX」のレビューやスペックをチェック!

サーカスTC DXは日本を代表するアウトドアブランドである、テンマクデザインの人気商品です。初心者からベテランまで幅広く使え、売り切れになってしまう商品です。口コミを紹介しながら、この商品のレビューをしていきます。
設営方法が簡単で、さまざまなアレンジを楽しめます。ソロキャンプやデュオキャンプでも、スペースは十分なサイズ感です。多くの人を満足させるスペックを、ぜひチェックしてください。

「サーカスTC DX」の商品情報

テンマクデザイン サーカスTC DX ダックグリーン

¥43780

サーカスTC DXは、テンマクデザインの人気商品「サーカスTC」から、進化したテントです。雨が侵入しやすい欠点を改善したのが、サイドフラップです。テクニカルコットンの材質は従来どおり継承され、暑さ寒さに柔軟な対応力があります。
一番の特徴であるサイドフラップを工夫することで、さまざまなアレンジを楽しめるのです。付属品も充実の内容で、設営が簡単になるよう「設営ガイドセット」というものを付属しています。
ポールも、テント設営用とサイドフラップの跳ね上げ専用である2本付属しています。サイドフラップをアレンジしたい人は、追加でポールを購入しましょう。

30代/男性
30代/男性

大満足です!

評価:

サーカスTCを使っていましたが、さらに進化したDXが発売されたということで、気になっていました。購入できて本当に良かったです。サイドフラップでいろんなアレンジを楽しめるので、飽きるということがありません。

「サーカスTC DX」のメリット

メリット①2箇所の出入り口と材質

サーカスTC DXには、2箇所の出入り口があります。そのため、テント内の風通しが抜群です。サーカスTC DXの材質は多くのレビューが集まっており、こだわりがあるのが見てわかります。
生地には遮光性があり、紫外線を気にしません。コットン混紡生地を使用しており、別名テクニカルコットンといいます。ポリエステルとコットンが混ざった生地で、普通のポリエステルより防火性があり、防結露の性能もあります。
通気性もあるため、換気には困りません。断熱性能もあるので、テント内での暖房効率が上がるのです。

メリット②サイズ感と設営のしやすさ

サーカスTC DXのサイズ感も、レビューすべきポイントです。2m以上の高さがあり、幅も4mもあります。ソロでもデュオでも余裕の広さです。
サーカスTC DXは設営のしやすさもメリットで、初心者でも簡単に設営できます。ワンポールテントというもので、中央の1本のポールだけで支えるテントです。強風に強く、高さがあるので空間を広くできます。
20代/女性
20代/女性

本当に使いやすい

評価:

友達とキャンプをして、その使いやすさに驚愕しました。組み立てが簡単すぎて、女二人でも楽勝です。

メリット③ファスナー付きのサイドフラップ

サーカスTC DXは、片方の入り口にファスナー付きのサイドフラップが装備されています。付属のポールを1本追加するだけで、前室を設けることができます。サーカスTCでは雨が吹き込むという難点がありましたが、改善されました。
新たにポールを追加し、サイドフラップをタープとして使うことも可能です。より開放的な居住空間を確保できます。天幕の下を、リビングスペースとしても利用可能です。
40代/男性
40代/男性

タープ持っていなくても最高

評価:

ソロキャンパーです。サイドフラップは便利すぎです。雨も防いでくれるので、大助かり。ポールを追加するだけでタープにもなるから、いっぱい遊べます。

メリット④アレンジが楽しめる

サーカスTC DXにサイドフラップを装備したことで、さまざまなアレンジを楽しめます。円錐形の三角テントとしても使用可能です。
ポールを追加することで、サイドフラップの部分だけでもタープに変身します。持っているタープを組み合わせることでも、スペースを広げられます。

メリット⑤コスパ・カラーバリエーション

サーカスTC DXの価格帯は、安価なテントと高額なテントの中間です。良質な材質、多様なアレンジを楽しめます。長期的に使える丈夫さを考えても、価格以上の価値があります。
サーカスTC DXのカラーバリエーションは、サンドカラーとダックグリーンの2色が基本です。その他にも期間限定色なども追加予定のようです。

「サーカスTC DX」のデメリット

デメリット①乾きにくい・汚れやすい

サーカスTC DXは、濡れると乾きにくいというデメリットがあります。サイドフラップで雨が吹き込むことは防げますが、雨のなかで使用した後は、必ず干して乾かしましょう。
濡れたまま放置すると、カビの原因になります。汚れやすいというデメリットもあり、きれいに使っていても多少の汚れは覚悟したほうが良いでしょう。

デメリット②有効面積は狭い

サーカスTC DXもワンポールテントなので、サイズ感に対して有効面積が狭くなるというデメリットがあるのです。テントの中心にポールが立ちますので、中央を使いたいときに障害になります。
円錐状の形状なので、隅に行くほど高さがなくなります。行動できないスペースが生まれますので、リビングスペースの配置には工夫が必要です。
20代/女性
20代/女性

少し狭さを感じる

評価:

すぐに設営ができて便利だけど、思ったよりものを置けなくて狭い感じがする。主に真ん中で活動するけど、ポールがあって邪魔。

デメリット③虫が入りやすい・雨が入り込みやすい

サーカスTC DXにはインナーテントが付属されていないので、虫が入りやすいというデメリットがあります。カンガルースタイルのように、別のインナーテントを購入し、設置することで解決できます。
サーカスTC DXのサイドフラップを使用せず、従来どおり三角テントとして使用すると、このデメリットが生じます。雨が入り込みやすいデメリットも挙げられるため、サイドフラップを使ってこの問題を解決しましょう。

デメリット④重量が重い

サーカスTC DXは重量が増しました。ソロで女性が一人で持ち運ぶには、体力が必要です。サーカスTCから生地の面積が増量された分と、付属品のポールが増えたためです。
サーカスTCは約10kg、サーカスTC DXは約12kgと、2キロも違います。しかし、パーツを分けて運ぶことで、重さを分散できます。一番重量があるパーツは、天幕です。天幕と他のパーツを分けて運べば、比較的楽に運搬できます。

「サーカスTC DX」の設営方法

設営方法①基本のスタイル

  • 五角形のガイドを使用し5箇所にペグを打つ
  • テントの生地を広げペグにかける
  • 長太ポールをテントの頂点を持ち上げるように立てる
  • ナイロンテープを引っ張りテントの張りを調節
  • 付属の張り網で仕上げる
サーカスTC DXの基本のスタイルは、従来の三角テントの形状です。設営場所の中央に五角形のガイドを置き、細いナイロンテープを通した赤色のペグで固定します。五角形の角に向かって伸ばし、最大限伸ばした場所にペグを5箇所打ちます。
テントの生地を広げる際、サイドフラップ上部のベンチレーションを開けておきます。5本継ぎポールを、テント内側の黒い布に当て持ち上げます。
ペグ打ちしたナイロンテープのベルトを調節します。最後に付属の張り網を結び付け、ペグを打ちテントの張り具合を仕上げて完成です。
20代/男性
20代/男性

初めてのソロキャンプ

評価:

初めてのキャンプの相棒に、サーカスTC DXを選んでよかった。初めてのテント設営に不安を感じたけど、設営ガイドセットがあれば簡単でした。

設営方法②玄関スタイル

  • サイドフラップのファスナーを全開にする
  • 3本継ぎの付属のポールをサイドフラップの中央に差し込む
  • ポールの角度を調節する

サーカスTC DXの玄関スタイルとは、サイドフラップを使用した形状です。これにより雨の侵入を防止してくれるので、雨天のキャンプにも困りません。

設営方法③タープスタイル

  • 別売りのポールをもう1本用意する
  • サイドフラップの片側を分離する
  • ポールで端を固定しタープのような屋根が完成

サーカスTC DXのサイドフラップを工夫すると、タープスタイルにできます。もう一方の入り口を開ければ、さらに解放感を楽しむことができます。

「サーカスTC DX」に関するQ&A

サイドフラップを玄関のように、扉付きにできますか?

別売りのサーカスTC DX専用のフロントフラップを購入しましょう。メッシュ素材の窓がついていますので、日の光を遮り、風通しも問題ありません。中心には開閉が可能なファスナーがついています。
注意点は、完全にはテントと連結できません。そのため風雨などは多少吹き込む可能性があります。 

サーカスTC DXに底面はありますか?

残念ながら底面はなく、サーカスTC DXだけで横に寝ることはできません。コットを使うか、別売りのシートを敷く必要があります。

暖房器具はどのようなものが有効ですか?

小型の石油ストーブ、薪ストーブが有効です。石油ストーブは不完全燃焼の状態を長い時間継続すると、一酸化炭素中毒に陥ります。必ず、換気を行ってください。
薪ストーブを使用の際は、サーカスTC DXの出入り口のファスナーを利用して、煙突を突き出せます。薪ストーブ用には作られていませんが、このような応用も楽しめるのが魅力です。

「サーカスTC DX」をソロ・デュオキャンプで使おう!

サーカスTC DXは、ソロ・デュオキャンプで使えます。十分なスペースを確保できるサイズ感なので、使い方は幅が広いです。ソロですぐに組み立てられるので、設営も簡単です。
材質も優れていて、あらゆる場面で使えます。サーカスTC DXの大きな特徴でもあるサイドフラップがあれば、雨の中のキャンプを楽しめます。
サーカスTC DXの活躍の機会は多いので、アウトドアの強い味方になります。レビューを参考にして、楽しくキャンプをエンジョイしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。