「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

スノーピークのチタンマグに焼き入れ!綺麗なチタンブルーの作り方は?

スノーピークのチタンマグに焼き入れ!綺麗なチタンブルーの作り方は?

スノーピークのチタンマグに、焼き入れをする方法を紹介します。チタンマグに熱を加える「焼き入れ」をして、綺麗なチタンブルーに変化させるための手順や必要な道具などを詳しく解説していきます。焼き入れに関するQ&Aもまとめたので、参考にしてみてください。


スノーピークのチタンマグに焼き入れをする方法を紹介!

人気のあるキャンプ道具のひとつであるチタンマグは、軽くて錆びずに独特の風合いがあるのが特徴です。また、熱が加わると綺麗なチタンブルーに変化するのも魅力ですよね。
キャンプで使うたびにチタンブルーに育てていくのも楽しみですが、なかなかブルーにならない場合もあるのではないでしょうか。
そんな時にすぐにチタンブルーにできる、「焼き入れ」でのチタンブルーの作り方を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

チタンマグに焼き入れをする方法・手順

スノーピーク「チタンマグ」の商品紹介

チタンシングルマグ

¥5389

チタンマグの定番といえばスノーピークですが、シングル(1重構造)とダブル(2重構造)のマグがあります。どちらも注意書きには「直火にかけないでください。」と記載があります。
ダブルマグは二重構造になっているので、直火にかけると破裂する恐れがあり、直火は厳禁です。
一重構造のシングルマグは破裂の恐れはなく、チタニウムも火にかけられる金属なので、自己責任で直火にかけることはできます。
「焼き入れ」ができるのは「シングルマグ」のみですので、ダブルマグでは絶対に焼き入れを行わないでください。

材質チタニウム
サイズφ76.2×82mm
容量300ml
重量50g
40代/男性
40代/男性

家族分スタッキングしています

評価:

450ml・300ml・220mlと購入し、家族分をスタッキングしています。ていねいに作られていて、変な使い方をしなければ一生使うことができそうです。

焼き入れ手順①必要な道具を準備

  • アルコールスプレーまたは重曹
  • カセットコンロ(またはシングルバーナーやバーナートーチ)
  • 革手袋
  • 鍋敷き
チタンマグに指紋や油分がついていると色ムラの原因になるので、重曹やウェットティッシュを使って油分を落とします。
熱源は、キッチンのコンロだと安全装置が働いてしまうことがあるため、カセットコンロやシングルバーナーなどがおすすめです。
加熱したチタンマグは大変高温になるので、革手袋や鍋敷きなどを使用してやけどに注意して行ってください。また、室内で行う場合は十分に換気をして、周りに可燃物を置かないなどの注意が必要です。

焼き入れ手順②チタンマグの汚れ落とし・脱脂

 マグに指紋や油分などの汚れが残っていると、焼き入れをしたときにシミのようになってしまうため、汚れを落として脱脂をしていきます。
チタンマグにアルコールスプレーを吹きかけ、キッチンペーパーなどで拭いて指紋や油分を落とします。拭き後あともムラの原因になるため、拭きあとが残らないようにしましょう。
重曹を使う場合は、熱湯に溶かした重曹にチタンマグを10分ほど浸けたあと、水洗いして水分が残らないように拭き上げます。

焼き入れ手順③加熱

必ずシングルマグであることを確認して焼き入れを行います。二重構造のダブルマグは直火にかけることはできません。
革手袋をしてチタンマグの底面を強火で炙っていきます。焼きムラにならないように円を描くように底面にまんべんなく火をあてながら熱していきます。
焼き色を見ながら、少し傾けて底面のカドも熱していきます。あとは好みの色になるまで熱します。焼時間が長くなるとチタンブルーを通り越して、青白くなります。
一度つけた焼き色は落とすことができないため、少しづつ様子を見ながら焼き入れていくのがおすすめです。今後もチタンマグを直火で使用していく方は、焼き色が追加されていくことも考慮しましょう。

焼き入れ手順④冷ます

焼き入れ後、熱いうちに急激に冷ますと変形の原因になるため、熱した面が触れないように上にして、鍋敷きなどに置いて冷まします。
冷めたらやさしく水洗いして、水分が残らないようにきれいに拭きましょう。水滴や拭きあとがのこっているとシミのようになってしまう場合があります。

チタンマグの焼き入れに関するQ&A

焼き入れをしたら変形して底がゆがんでしまいました

シングルマグではなくダブルマグを火にかけてしまったのではないでしょうか。ダブルマグは直火厳禁です
また、シングルマグも空焚きは変形の原因になるため、一か所にずっと火をあてることは避け、少しづつまんべんなく火をあてましょう。

他のメーカーのチタンマグでもできますか?

他メーカーのものでも、シングル構造のチタンマグなら焼き入れは可能です。ただし、メーカーでは直火使用は推奨されておらず、やり直しもできないことを念頭において自己責任で行ってください。

チタンマグに上手に焼き入れをして綺麗なチタンブルーを作ろう!

チタンマグに焼き入れをする手順や方法、綺麗なチタンブルーの作り方を紹介しました。キャンプのたびにマグを少しづつチタンブルーに育てていくのも素敵ですが、直火で使用する機会がないとブルーにならないですよね。
そんな方は「焼き入れ」にチャレンジして、自分だけのチタンブルーのマグにしてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー