「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

コットン素材「サーカスTC」の雨対策は?設営・撤収時の注意点も!

コットン素材「サーカスTC」の雨対策は?設営・撤収時の注意点も!

テンマクデザインのサーカスTCを雨の日に使う場合に役立つ対策方法を解説します。高い人気を誇っているサーカスTCの魅力はどこにあるのか?という点もまとめました。雨天時のサーカスTCの対策だけではなく、設営や撤収時の注意点も紹介するので、参考にしてください。


サーカスTCの雨対策を紹介!

テンマクデザインの「サーカスTC」を知っていますか?サーカスTCはTC素材のテントです。
TC素材とは、ポリエステルとコットンを混ぜて織った生地のことで、幅広い対応力や、結露もしにくいなど、メリットが多いです。しかしコットンは、雨に弱いのもまた特徴。
サーカスTCの雨天時の対策や、設営方法と撤収時に注意すべき点を、メリットと共に紹介します。購入・使用を検討している方は参考にしてみてください。

サーカスTCの魅力

サーカスTCの魅力①薪ストーブが使える

サーカスTCは、素材の性質やワンポール型という構造上、薪ストーブを使いやすいです。まず、通気性が良く、透湿性もあるため結露しにくいです。冬は内外の温度差が大きくなりやすいですが、これなら安心です。
また、薪ストーブには付き物の煙突も、テントの上や横から出すことができます。加えて、化学繊維に比べて布が燃えづらいので、乾燥する冬場には心配な火災についても、不安はかなり解消されるでしょう。寒い冬のキャンプに安心して使えると言えますね。

サーカスTCの魅力②高い保湿性

サーカスTCは、素材の特徴上、保湿性が高いです。コットンは吸湿性に優れています。冬はテント内の熱を逃がさず、湿度も保ち、暖かいままに。
夏はジメジメした湿気を吸い取り、通気性の良さとの合わせ技で涼しくなります。それぞれの季節に合わせて活躍してくれるのです。

サーカスTCの魅力③機能性も充実

サーカスTCは他にも、優れた機能性があります。例えば遮光性の高さでみると、しっかりと日陰を作ることができます。紫外線への対応力も完璧です。
一般的なワンポールテントと違い、前後に入り口があり、大きく開くのも魅力です。風通しが良くなり、密閉空間になりがちなテント内の閉そく感を解消してくれます。
設営におけるバリエーションの幅も多く、キャンプ場の環境は様々ながら、その環境に合わせて対応することが可能です。まさに使い勝手の良いテントなのです。

サーカスTCの雨対策

TC素材の宿命として雨に弱いのが難点ですが、天気予報に気を配ったとしても、突然のにわか雨という可能性はあります。 ぜひやっておきたい雨対策を紹介します。

インナーを使う

雨対策としてぜひ使いたいのがインナーテントです。テンマクデザインからは、様々なインナーテントやグランドシートが発売されています。
地面への対策さえできれば良いという方なら、グランドシートだけでも事足りるでしょう。地面以外への備えも必要なら、インナーテントを1つ買うことをオススメします。虫対策にもなりますよ。

グリーンシートを四角に切る

ODグリーンシート

¥1701

山間部や緑地地帯において、周囲に馴染みやすい色合いのグリーンシートです。強度としてもかなり丈夫で、使いやすい商品です。

2.7mx3.6mOGS-05
40代/男性
40代/男性

色が珍しく使いやすい

評価:

珍しい色でしたし、作りがしっかりしていたのが良かったです。

前述のグランドシートの代用品として、グリーンシートも使えます。安上がりに済ませたかったり、キャンプ場で急に思い立ったりした場合はこの方法がオススメです。
テントの半分を埋めたければ180cm×270cm全面カバーしたければ180cm×540cmに切って敷けば、十分にグランドシートの代わりになります。

サーカスTCの設営方法と撤収時の注意点

ここまで魅力と雨対策を紹介してきましたが、肝心の設営方法はどうなのか。撤収の際の注意点も併せて、解説します。

設営方法①ペグで固定

まずは五角形の布と、付属のベルトを用意しましょう。布の真ん中にベルトの先を通したら、付属のペグでしっかり固定。布の五角形、それぞれの角へ向かってベルトを伸ばし、それぞれの先端をペグダウンします。

設営方法②幕を引っ掛けてポールを立ち上げる

ペグダウンできたら、その5ヶ所全てに、テントの幕を引っ掛けます。きちんと引っ掛けたら幕の中へ入り、ポールを立ち上げましょう
これで完成です。強風対策としてスカートやガイロープの全ての箇所にペグダウンしても、30分はかかりません。とても簡単です。

サーカスTCの撤収時の注意点

サーカスTCの撤収も、そう難しくはありません。張り綱を収納しテントを倒して、ベンチレーションも収納(これは設営・撤収共に忘れがちなので注意!)。あとはテントを畳みます。
ずっと晴れならこれで良いのですが、問題はテントが濡れていたときです。雨などで濡れた場合、そのまま放っておくと、ポリコットン幕はすぐにカビが生えてしまいます。早めに乾燥させることが大事です。
日光を当てれば乾きますから、必ず乾燥させてから撤収あるいは帰宅後すぐに乾かしましょう。それがどうしても難しければ、雨の恐れがある際には、別のポリエステル幕を使ったほうが良いかもしれません。

サーカスTCの雨対策を学んでキャンプを楽しもう!

近年大人気のサーカスTCについて、その幾つかの魅力と共に、雨への対策や設営方法、撤収時に注意したい点を解説してみました。検討中だったり、雨のときに困っていた方の参考になったでしょうか。
正しく使えば、初心者にも扱いやすく、利便性も高い、本当に便利なテントです。しっかり雨対策をして、皆さんもぜひ、楽しいキャンプを!

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー