「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

もはや冬キャンプの必需品!おすすめの「インナーシュラフ」12選

もはや冬キャンプの必需品!おすすめの「インナーシュラフ」12選

冬キャンプの必需品「インナーシュラフ」のおすすめを紹介します。シュラフ内の保温性を高めることができるインナーシュラフは、冬キャンプの睡眠を快適にしてくれるスーパーアイテムです。そんなインナーシュラフのおすすめや選び方についてまとめてみました。


冬に欠かせないインナーシュラフとは?

冬キャンプの必需品と言っても過言ではない、インナーシュラフは、寝袋の保温性を高めるための寝具です。また、インナーシュラフだけで眠ることも可能なので、冬以外の季節でも活躍します。

そして、インナーシュラフは保温性だけでなく、直接寝袋に触れないことから吸収性の役割も果たします。何かと便利なインナーシュラフは、キャンプにあって損はないアイテムのひとつです。

インナーシュラフの選び方

インナーシュラフの選び方について紹介します。インナーシュラフと言っても、さまざまな素材やタイプがあるので、ご自身の目的にあったインナーシュラフを選ぶ必要があります。

マミー型か、封筒型か

寝袋の形状に合わせたインナーシュラフを選ぶことは、大事なポイントです。寝袋と形状が合わないと、生地が余ってしまうなど寝心地に影響が出てしまいます。体を包み込むマミー型は保温性が高いことがメリット。

一方、封筒型は体を圧迫感がなく動かしやすいことが特徴です。最近では、どちらにも合わせられるタイプのインナーシュラフもあるので、寝袋を迷っている方にはおすすめとなっています。

生地の素材で寝心地が変わる

インナーシュラフ選びで最も重要なポイントは、素材です。適した素材を選ぶことは、キャンプでの快適な睡眠に大きく影響します。冬などの寒い時期は、フリース素材がおすすめ。吸湿性が高く保温性にも優れているため、寒さ対策に適しています。

暑い夏場は、速乾性が高いポリエステル、寒暖差がある春秋には、適応力があるコットン素材がおすすめです。また、オールシーズン対応可能なシルク素材は、デリケート肌の方に適しています。

寝袋としっかりフィットするか

インナーシュラフを快適に使うためには、サイズもしっかりチェックしましょう。寝袋よりもコンパクトなインナーシュラフを選んだ場合、窮屈で眠ることも一苦労などということにもなりかねません。

また、大は小なりと大きめなサイズを選んだ場合、寝袋の中で生地が余ってしまい快適な寝心地には程遠いことにもなります。インナーシュラフを選ぶときは、ご自身の寝袋のサイズを確認してから選んでください。

収納サイズや重量は要検討

アウトドアでの使用では、携帯性に優れていることも選ぶポイントとなりますが、インナーシュラフに関してはケースバイケースで考える必要があります。登山などで移動がハードなケースは、軽量でコンパクトなインナーシュラフがおすすめです。

しかし、冬キャンプなどで保温性が重要視される場合は、少々重めであっても保温性が高いインナーシュラフを選ぶべきだと言えます。そのため、携帯性については状況判断で選ぶようにしましょう。

暑い夏だけ使うならシュラフとして使えるかをチェック

インナーシュラフは、冬のイメージが強い寝具ですが、他の季節でも使うことができます。夏など暑い季節しかキャンプに行かない方は、シュラフとして使用可能なタイプかをチェックしましょう。

インナーシュラフを寝袋として使うことができれば、荷物を軽くすることができるので、軽量化したい方におすすめです。

【マミー型】おすすめのインナーシュラフ

マミー型のおすすめ「インナーシュラフ」を紹介します。保温性に優れたマミー型は、冬キャンプにおすすめです。

イスカ ライナーサイドジッパー スーパーライト

イスカ ライナーサイドジッパー スーパーライト

¥ 4,620 ( 2023年12月27日時点 )

イスカの「ライナーサイドジッパー」は、軽量コンパクトさを実現させたマミー型インナーシュラフです。できるだけ軽くするために、ファスナーサイズを小さくしています。また、ポリエステル素材であることから、速乾性があるため夏キャンプや寝汗が気になる方にもおすすめです。


使用サイズ78(肩幅)x205(全長)cm
収納サイズ8×8×21cm
重量320g
素材ポリエステル100%

ナンガ スリーピング バッグ インナー シーツ

ナンガ スリーピングバッグインナーシーツ

¥ 4,898 ( 2023年12月27日時点 )

スリーピングバッグにこだわりを持つ「ナンガ」のインナーシーツです。通気性に優れたポリエステル素材を使用しているため、汗でのべたつき感などを避けることができます。また、夏のキャンプで1枚で使用することも可能。さらに、ハーフファスナー使用によって軽量さやコンパクトさも実現しています。


使用サイズ80cm×210cm(レギュラー)
収納サイズ12cm×18cm
重量約425g
素材ポリエステルメッシュ

ネイチャーハイク インナーシーツ シュラフ

ネイチャーハイク インナーシーツ

¥ 2,890 ( 2023年12月27日時点 )

保温性と弾性に優れたインナーシーツです。肌に密着するため冷たい空気の侵入を防ぎ、保温力を高めることができます。また、スペースにゆとりがあるため、マミー型であっても窮屈さを感じさせないことも魅力です。


使用サイズ約200cm✕80cm
収納サイズ約9cm✕9cm✕19cm
重量350g
素材80%ポリアミド繊維+20%弾性繊維

スナッグパック フリースライナー インナー シュラフ

スナグパック フリースライナー

¥ 8,690 ( 2023年12月27日時点 )

ヨーロッパ国内でアウトドアウエアを作り続ける老舗ブランド「スナグバック」のフリースライナーです。フリースタイプのインナーシュラフは、寒い季節にピッタリの素材。保温性だけでなく、滑らかな肌触りも特徴となっています。アウトドアに映えるアースカラーのデザイン性も魅力です。


使用サイズ縦(長さ)220×横(胸囲)76cm
収納サイズ直径18×長さ25cm
重量1,000g
素材ポリエステルフリース

シートゥサミット サーモライトリアクター コンパクトプラス

シートゥーサミット サーモライトリアクター コンパクトプラス

¥ 11,844 ( 2023年12月27日時点 )

女性など、小柄な方にぴったりのコンパクトサイズなインナーシュラフです。2種類のサーモライトファブリックを組み合わせていることが特徴。腰回りと足元にサーモライトパネルを使用しています。また、ストレッチ性素材を使用しているので寝袋内での窮屈さを感じずに快適に過ごすことができます。


使用サイズ幅90cm×全長183cm
収納サイズ約φ10×15.5cm
重量263g
素材サーモライト80g/m2、サーモライト100g/m2(胴回り・足元)

あわせて読みたい関連記事

キャンプで快眠を約束する最強のおすすめ枕16選!100均からモンベルまで一挙紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1750

キャンプでおすすめの枕を紹介します。重要視されることが少ない枕ですが、枕一つで快眠できるかどうかのカギを握っていると言っても過言ではありません。枕の選び方から、耐久性・機能性に優れた様々な種類の枕をまとめてみました。ぜひ、キャンプ枕選びの参考にしてみてください。

【封筒型】おすすめのインナーシュラフ

封筒型おすすめのインナーシュラフを紹介します。布団型となる封筒型は、動きやすい開放感が魅力です。

モンベル シームレス ダウンハガー800 サーマルシーツ

ダウンハガー800 サーマルシーツ

¥ ¥30,500 ( 2023年12月28日時点 )

モンベルの高品質さが特徴のインナーシュラフです。高品質の800フィルパワー、EXダウンを使用。また、夏場は単体使用可能で、ブランケットのように使うこともできます。そして、ストレッチ性もあるなど機能性に優れているため快適さに定評があります。


使用サイズ∅12×24cm
対応サイズ183cmまで
重量386g
素材ナイロン・タフタ

ワークマン 3Mシンサレートインナーシュラフ

ワークマンの高機能性中綿、3Mシンサレートを使用したインナーシュラフです。夏場はブランケットとして、冬場がインナーシュラフとしてなど、オールシーズン使用できることが魅力。ダブルファスナー仕様なので、気温に合わせた開閉自由さもおすすめポイントです。


使用サイズ縦180×横70cm
収納サイズ円周58×高さ37cm
重量1.2kg
価格¥3,500 ( 2023年12月28日時点 )
ワークマン公式サイト

あわせて読みたい関連記事

【ワークマン】フュージョンダウン+(プラス)シュラフが最高!秋冬キャンプにおすすめ

https://news-magazine-campers.com/articles/1770

ワークマンのフュージョンダウンシュラフについて、徹底的に解説します。ワークマンのフュージョンダウンシュラフの優れた機能性をわかりやすく説明しました。また、その他の特徴もまとめて、詳しく触れているのでぜひ、参考にしてみてください。

ロゴス 抗菌防臭シルキーインナーシュラフ

ロゴス 抗菌防臭シルキーインナーシュラフ

¥ 2,981 ( 2023年12月28日時点 )

シルクのような肌触りが特徴のインナーシュラフです。デュポン社のSilvadur(TM)を使用していることで、高い抗菌・防臭性を実現しています。清潔さを保ちながら、保温性もキープ。洗濯機での丸洗いが可能なので手軽なお手入れも扱いやすさの魅力です。


使用サイズ(約)長さ210×幅84cm
収納サイズ(約)直径9×長さ17cm
重量(約)360g
素材抗菌防臭シルキーモイスクロス

コールマン フリース スリーピングバッグ

コールマン Coleman フリース スリーピングバッグ 封筒型 (Dフォッシル)

¥ 8,499 ( 2023年12月28日時点 )

シンプルなデザインで幅広い用途が魅力のインナーシュラフです。封筒型なので、ブランケットのような使い方などさまざまな使い方も可能。保温性もあり、フリース素材なので肌触りも優しく快適です。


使用サイズ約191×84cm
収納サイズ約Φ17×H29cm
重量約760g
素材ポリエステル

キャプテンスタッグ フリースクッションシュラフ

キャプテンスタッグ フリースクッションシュラフ

¥ 2,576 ( 2023年12月28日時点 )

ポリエステル素材の封筒型フリースクッションシュラフです。使用しないときは、クッションとしても使うこともでき、タオルなどの布をプラスすれば枕としても利用できます。同じタイプを2枚使用すれば連結も可能。お子さんなどと一緒にダブルで使うこともおすすめです。


使用サイズ(約)幅75×長さ190cm
収納サイズ(約)40×30×10cm
重量879.99 g
素材ポリエステル100%

サイクルトラック インナーシュラフ

サイクルトラック インナーシュラフ

¥ 1,580 ( 2023年12月28日時点 )

ゆったりサイズで快適な、ポリエステル素材のインナーシュラフです。肌に優しいエコなポリエステル素材を使用。シーツのような肌触りが快適です。また、手頃な値段も魅力なので複数枚揃えても負担がありません。


使用サイズ210x70㎝
収納サイズ23x16x5㎝
重量380g
素材ポリエステル

ホロムア インナーシュラフ

ホロムア インナーシュラフ

¥ 4,180 ( 2023年12月28日時点 )

日本キャンプ協会のインストラクターが監修の元、少しでもキャンパーが快適に過ごせるかを追求して作成されたインナーシュラフです。吸水性が高い上質なポリエステル素材を使用することで、寝ているときの汗などを防ぎ快適な睡眠に誘います。


使用サイズ約210cm×75cm
収納サイズ縦約25cm×横約20cm×幅(厚み)約5cm
重量約395g
素材ポリエステル

あわせて読みたい関連記事

冬キャンプの防寒対策は重要!快適に過ごすために必要なギアを紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1569

冬キャンプでの防寒対策について、詳しく考察します。防寒対策をする上での、大切なポイントをわかりやすく説明しました。また、冬キャンプでの防寒対策におすすめのキャンプギアを一挙公開しているので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

キャンプの睡眠時間を格上げするインナーシュラフ!

冬キャンプ必需品「インナーシュラフ」のおすすめを紹介しました。ご自身に合うインナーシュラフをみつけて、快適な睡眠を目指しましょう。インナーシュラフは、寝袋の中だけでなくさまざまな使い方ができます。

自宅での防寒対策や防災時にも役立つため、キャンプ以外での用途もおすすめです。キャンプでの睡眠を快適にするためにお気に入りのインナーシュラフをみつけてくださいね。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連する投稿


冬キャンプの防寒は足元から!ノースフェイスなどおすすめの「靴」12選

冬キャンプの防寒は足元から!ノースフェイスなどおすすめの「靴」12選

冬キャンプにうってつけな、防寒靴をわかりやすく解説します。また、防寒靴を選ぶ際のポイントを、深く掘り下げました。さらに、おすすめの防寒靴のスペックなどもまとめて掲載しているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。


冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

国内メーカーNANGAのおすすめアイテムをご紹介します。冬キャンプを快適に過ごすなら、ダウン製品は欠かせません。キャンプだけでなく、さまざまなシーンで活躍するアイテムもたくさんあります。NANGAの冬キャンプにぴったりなダウンやシュラフを参考にしてください。


軽量かつコンパクトでコスパ最強!おすすめの「冬用シュラフ」11選

軽量かつコンパクトでコスパ最強!おすすめの「冬用シュラフ」11選

軽量かつコンパクトでありながらコスパの良いおすすめ冬用シュラフを紹介します。冬キャンプでの睡眠の質を左右すると言っても過言ではない冬用シュラフ。シュラフの選び方からおすすめまで幅広く解説しました。ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】FUTURE FOXの「ヒーターアタッチメント」で暖は取れるのか?冬キャンプで実証してみた

【実体験】FUTURE FOXの「ヒーターアタッチメント」で暖は取れるのか?冬キャンプで実証してみた

フューチャーフォックスの「ヒーターアタッチメント」だけで冬キャンプを過ごせるか検証しました。冬キャンプはなにより、寒さ対策が必須です。果たして、フューチャーフォックスのヒーターアタッチメントだけで冬キャンプを乗り越えたのか体験レビューを紹介します。


6つのタイプ別に解説!家族で使える「4人用テント」おすすめ30選

6つのタイプ別に解説!家族で使える「4人用テント」おすすめ30選

家族4人で使えるおすすめテントを6つのタイプ別に紹介します。さまざまなメーカーから販売されているテントですが、種類が多くて迷うかもしれません。それぞれのテントについて機能性や重量など詳しく解説しました。ぜひテント選びの参考にしてください。


最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー