「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

福井おすすめ人気のキャンプ場2023!ゆったり自然を満喫しよう

福井おすすめ人気のキャンプ場2023!ゆったり自然を満喫しよう

福井県のおすすめのキャンプ場を紹介します。県土の75%が森林の福井県、海辺や山間のキャンプ場のほか人気スポットなど、福井県の自然を満喫できるおすすめのキャンプ場をまとめてみました。福井県のキャンプ場を探しているならぜひ参考にしてみてください。


福井の魅力的なキャンプ場をチェック!

福井県といえば自然豊かで、夏は海水浴、冬はスキーとオールシーズン楽しめます。海の幸では越前ガニが有名ですよね。そして、福井県の大自然を生かしたキャンプ場もたくさんあります。 県内でも嶺北と嶺南では気候が違い、この違いを楽しむことができる福井の魅力あふれるおすすめのキャンプ場を紹介します。ぜひチェックしてみてください。

福井県にあるキャンプ場の特徴

福井県内には、福島の自然を生かしたさまざまなキャンプ場があります。海や山はもちろんですが、人気のコテージなど福井県のおすすめキャンプ場の特徴を紹介します。  

特徴①:海辺のキャンプ場が多い

福井県は日本海に面しているため海辺のキャンプ場が多いことも特徴です。海辺のキャンプ場は設備や施設が整っている場所が多く気軽に キャンプを楽しめます。地元の市場などで日本海の新鮮な魚介類が手に入るので、BBQでは地元の海産物で海の幸を堪能することができます。 海辺のキャンプ場は風が強いことが多いのでその点には注意が必要ですね。 海水浴、釣り、景観の良さから海辺や湖畔のキャンプ場は人気があります。

特徴②:シンプルな野営キャンプが楽しめる

福井県内には野営キャンプが楽しめる場所がいくつかあります。リーズナブルな価格で楽しめますが、設備が十分に整っていない、管理人が常駐していないキャンプ場もあり、事前準備がとても大切です。管理人がいない場合は、トラブル発生時には自身で対応しなければいけません。天候など自然災害の情報をしっかり確認することをおすすめします。福島県には野営キャンプ場が多いので ワイルドなキャンプを味わいたい方には最高の場所と言えるでしょう。  

特徴③:通年営業のキャンプ場もある

福井県は県の中央部にある約10㎞にわたる山嶺を境として 南側と北側に分かれています。峠を境として南側と北側では気候が違い、北側は日本海岸気候で気温が低く雪が多いことが特徴。一方、南側は温暖な気候で雪は少なめという真逆の気候となっています。 そのため、福井県は場所を選べば1年中キャンプを楽しむことができます。春夏秋はもちろんのこと冬はスキー場としてキャンプ場としても 利用できる場所も。スキー、スノーボードで遊んだ後はそのまま雪山でキャンプを体験なんてこともできるのは魅力ですね。

【福井】ぜひ行きたい!おすすめのキャンプ場5選

福井県で行ってみたいと思うおすすめキャンプ場5選を紹介します。四季を通してキャンプができ、大人も子どもも楽しめ、ソロからファミリーまでみんなが楽しめるキャンプ場です。

①海辺のキャンプ場:若狭和田キャンプ場(高浜町)

福井県高浜町にある若狭和田キャンプ場は 若狭和田ビーチに面した場所にあります。海はもちろんですが、山も近くにあり自然に囲まれたキャンプ場です。海水浴、釣りやサーフィンを楽しむことができます。 若狭和田ビーチは水質、安全など厳しい基準をクリアしたビーチに与えられる「ブルーフラッグ」を取得しているビーチです。

  • 海がキレイ
  • 近くにスーパー、温泉があり便利
  • 設備がキレイ

住所

〒919-2201福井県大飯群高浜町和田104

電話番号

0770-72-1068

シーズン利用

シーズン営業(春3月~6月)(夏7月~8月)(秋9月~11月) (冬12月~2月)定休日なし

料金

ディキャンプ:1人500円~ 駐車場500円~(季節によって料金が変動) キャンプサイト:1泊5,000円~1区画10名まで利用可(海側、山側あり) ソロ(フリーサイト)1泊1,500円 ディキャンプ    500円/人 全天候BBQハウス 1卓 2,000円

アクセス

京都から約2時間15分 若狭和田駅から徒歩15分

公式サイト

『若狭和田キャンプ場』公式HP
男性
男性

海キャンプ最高です

評価:

海を眺めBBQができ、サイトは木々に囲まれ夏でも過ごしやすいです。夜は星がキレイでした。

②山間のキャンプ場:九頭竜国民休養地オートキャンプ場(大野市)

福井県大野市にある九頭竜国民休養地オートキャンプ場は 「森林浴の森百選」に選ばれた自然豊かなキャンプ場です。オートキャンプ場は国民宿舎パークホテル敷地内にあり ホテルの大浴場の利用することもできますよ。

  • キャンプ場に隣接している大浴場があり、日帰り入浴ができる
  • 子どもも楽しめる
  • 車で40~50分の場所に観光施設が多い

住所

〒912-0217福井県大野市角野14-3

電話番号

0779-78-2326

シーズン利用

4月下旬から10月下旬 定休日なし

料金

施設利用料:大人1,000円 子ども(小学生~中学生)500円、小学生未満無料 大浴場: 大人500円小学生以下200円 オートキャンプ:1区画 5,000円~ ディキャンプ:オールシーズン3,000円~バイクは一律1人1台2,500円

アクセス

東海北陸自動車道「白鳥IC」~車で40分  北陸自動車道「福井IC」~車で80分

公式サイト

『九頭竜国民休養地キャンプ場』公式HP
男性
男性

自然を楽しめる

評価:

自然に親しむことができ、小さい子どもが遊ぶには恰好の場所。キャンプ場に隣接している大浴場は最高でした。

③コテージ人気のキャンプ場:ガラガラ山越前水仙の里キャンプ場(福井市)

福井県にあるガラガラ山キャンプ場は 日本水仙の三大群生地として有名です。 海を眺めながら見る夕陽も最高に美しく、 自然や海の幸が魅力的なキャンプ場です。キャンプサイトだけでなく、温泉付きのコテージもあることが魅力。

設備が整ったコテージなので、ファミリーやテント泊が苦手な方にもおすすめです。また、ドッグランやこどもの広場など、ワンちゃん連れやお子さん連れのキャンパーさんにとって楽しめる施設もあることもメリットとなっています。

  • コテージに温泉がついている
  • 設備が充実していて炊事棟はお湯がでる
  • 海側で最高の景色が楽しめる

住所

〒910-3556福井県福井市赤坂町66-84

電話番号

0776-89-2180

シーズン利用

通年営業

料金

入場料   200円 コテージ利用の場合(入湯税150円) コテージ1棟(4人用)16,700円~ペット可プラス1,000円 コテージ1棟 ( 8人用) 21,900円~ペット可プラス1,000円 オートキャンプ1区画 1泊 4,500円~(ペット可) フリーキャンプ1区画 1泊 3,000円~(ペット可) ドッグラン  1頭500円 BBQハウス1炉 830円 テニスコート1時間730円

アクセス

鯖江IC~車で約50分 敦賀IC~車で60分

公式サイト

『ガラガラ山キャンプ場』公式HP

自然を満喫できるキャンプ場

評価:

目の前が海で夕日を眺められる景観バッチリのキャンプ場です。

④子どもが楽しめるキャンプ場:和泉前坂家族旅行村 前板キャンプ場(大野市)

和泉前坂家族旅行村前板キャンプ場は自然あふれるキャンプ場で、川遊び、魚釣りのほか化石発掘体験など 子どもが喜ぶイベントが盛りだくさんのキャンプ場です。 設備も整っているため親子で安心して楽しめます。

  • 星空がキレイ・天体観測
  • 川遊び・ほたる鑑賞など子どもが遊べる
  • 20分圏内に温泉、道の駅、観光スポットあり

住所

〒912-0201福井県大野市朝日前坂6-23

電話番号

0779-78-2248

シーズン利用

4月下旬~10月末 定休日なし

料金

ログケビン5名まで7,000円~ オートキャンプサイト 5名まで3,500円~ AC付オートサイト  5名まで 4,500円~ オートサイト(ソロ)1泊   2,000円~ テントサイト(宿泊)1泊   2,500円~ 清掃協力費300円

アクセス

東海北陸自動車道「白鳥IC」から車で35分  北陸自動車道「福井IC」から車で80分

公式サイト

『和泉前坂家族旅行村 前板キャンプ場』公式HP
男性
男性

子どもと二人でも安心です

評価:

トイレもシャワーもキレイで、子どもと一緒に安心してキャンプを満喫することができました。

⑤冬キャンプできるキャンプ場:ホワイトパーク和泉キャンプ場(大野市)

ホワイトパーク和泉キャンプ場は福井和泉スキー場内にあり キャンプ場はスキー場に併設しています。 昼間はスキースノボー雪遊び、夜は星空を楽しめます。夜間は圧雪車がガンガン通るため、サイトは圧雪車で踏み固められています。

  • スキーやボードを楽しめる
  • かまくら作りやチューブでそり遊びができる
  • ストーブ持ち込みで雪中キャンプ

住所

〒912-0201福井県大野市朝日前坂27福井泉スキー場 センターハウス

電話

0779-78-2248

シーズン利用

2月~3月下旬(雪が安定すれば1月よりオープン) 定休日なし

料金

フリーサイト(1区画1泊)4,000円~雪中キャンプです。

アクセス

東海北陸自動車道IC~車で35分

公式サイト

『ホワイトパーク和泉キャンプ場』公式HP
男性
男性

スノボとキャンプ両方楽しめる!

評価:

キャンプエリアは広く景色も見渡せ、夜は満点の星空で素晴らしいです。

福井おすすめの人気スポット

キャンプとともに、福井の人気観光スポットにも足を運べたら楽しいですよね。 ここではおすすめの人気観光スポットを紹介します。

①:福井県立恐竜博物館

福井県勝山市にある福井県立恐竜博物館は かつやま恐竜の森内にあり、恐竜の化石をメインにした古生物学博物館です。銀色のドームは4500㎡という広い展示室となっていて、 44体の恐竜の骨格を展示しているほか、数々の標本や復元ジオラマ、 映像を楽しむことができます。 そのほか、本格的な科学研究を体験することができます。 ※現在リニューアルオープンに向け休館中で、2023年7月14日からオープン予定です。 来館される際には公式ホームページを確認することをおすすめします。

住所

〒911-8601 福井県勝山市村岡町寺尾51-11 かつやま恐竜の森内

電話番号

0779-88-0001(代表)0779-88-0892(団体受付)

料金

一般1,000円、高大学生800円、小中学生500円、70歳以上500円 化石研究体験:一般2,200円~

アクセス

えちぜん鉄道・福井駅勝山永平寺線約60分 勝山駅からバス15分・車で10分 勝山ICから車で10分

公式サイト

『福井県立恐竜博物館』公式HP

②:永平寺

福井県永平寺町にある永平寺は、770年以上の歴史のあるお寺で毎日禅の厳しい修行をされている僧侶さんが160名ほどいると言われています。僧侶さんから軽く説明を受けた後は、自由に見学することができます。 建物の中はピカピカに磨き上げられ、2階は156畳敷の大広間があり、天井には昭和初期の画家144人、230枚の日本画が埋められています。永平寺では修行体験もでき、大変人気があります

住所

〒910-1228 福井県吉田郡永平寺町志比5-15

電話番号

0776-63-3102

営業時間

8:30~16:30 (季節により変更あり)年中無休

料金

拝観料:大人 500円・小中学生・障害者手帳をお持ちの方 200円 修行体験:座禅 500円・一泊修行 10,000円(精進料理など2食付) 修行体験:3泊4日もあります。

アクセス

特急 永平寺ライナー(京福バス) 福井駅から永平寺門前 (直行バス毎日運行) 所要時間30分 永平寺参道IC~車で10分

公式サイト

『永平寺』公式HP

③: 九頭竜湖

福井県大野市にある九頭竜湖は人口湖です。面積は8.9㎢、最大水深は100mあります。この地域は昼夜の寒暖差が大きいため、秋の紅葉シーズンは素晴らしい景観を楽しめます。 湖には通称「夢の架け橋」と呼ばれる全長266mの箱ケ瀬橋があり、 瀬戸大橋の試作品として造られた橋で、上から観る景色も素晴らしいです。

住所

〒912-0214 福井県大野市箱ケ瀬(九頭竜湖川上流)

電話番号

0779-66-1111(大野市観光交流課)

アクセス

東海北陸道福井ICから車で90分 白鳥ICから車で10分

公式サイト

『九頭竜湖』公式HP

福井のキャンプ場で綺麗な景色を楽しもう!

福井県のキャンプ場と人気スポットを紹介しました。福井のキャンプ場、人気スポットも紹介しきれないほどおすすめしたい場所がたくさんあります。 キャンプ場から人気スポットまでの距離も1時間以内の場所が多く キレイな景色を堪能しながらキャンプ、そして観光スポット巡りもおすすめです。自然があふれる福井県でキャンプを楽しんではいかがでしょうか。

岩手県おすすめのキャンプ場【2023】人気のコテージや温泉が楽しめるスポットも

https://news-magazine-campers.com/campsite/iwate-camp-cotage/

岩手県のおすすめキャンプ場を紹介します。自然豊かな岩手県の無料のキャンプ場、海辺のキャンプ場、温泉があるキャンプ場、そしてペットと一緒に楽しめるキャンプ場を紹介します。あわせて、岩手県のおすすめスポットもお伝えするので、ぜひキャンプと一緒に訪れてみてください。

秋田県おすすめのキャンプ場【2023年】初心者やファミリーが楽しめるスポットも

https://news-magazine-campers.com/campsite/hokkaido_tohoku/akita-camp-2023/

秋田県のおすすめのキャンプ場を紹介します。秋田県はコテージやバンガローなど初心者にもおすすめのキャンプ場を予約することができます。本記事では、秋田県のキャンプ場のメリットを解説し、厳選したおすすめのキャンプ場を紹介します。

【東北】青森のおすすめキャンプ場!2023年訪れたいスポットを紹介

https://news-magazine-campers.com/campsite/hokkaido_tohoku/tohoku-aomori-camp/

青森のおすすめキャンプ場を紹介します。テントキャンプや湖畔でゆったりコテージなど、想像以上に豊かな自然を味わえます。思わず、次のキャンプは青森で!!と計画を立てたくなること間違いなし!青森の魅力やおすすめスポットも合わせて参考にしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


北陸・甲信越のキャンプ場

関連する投稿


【長野】厳選おすすめのキャンプ場2023!星空観測や川遊びを満喫しよう

【長野】厳選おすすめのキャンプ場2023!星空観測や川遊びを満喫しよう

長野県のおすすめキャンプ場を紹介します。長野県は土地の約8割を山地が占め、「山岳県」と呼ばれるほど山が多い県です。ソロからファミリー大人数まで楽しめる長野県のおすすめキャンプ場をまとめてみました。自然豊かな長野県のよさや人気スポットも合わせてチェックしてください。


【2023年】石川県のおすすめキャンプ場を紹介!人気コテージや無料施設など

【2023年】石川県のおすすめキャンプ場を紹介!人気コテージや無料施設など

石川県のおすすめキャンプ場を紹介します。石川県は、日本海に面した自然豊かな地域です。コテージが充実したキャンプ場や温泉に立ち寄ることができたり、無料や格安なのに日本海や水平線が眺められるキャンプ場まで様々です。キャンプに出掛ける際の参考にしてみてください。


富山おすすめのキャンプ場2023!大自然の穴場で癒されよう

富山おすすめのキャンプ場2023!大自然の穴場で癒されよう

富山県でおすすめのキャンプ場を紹介します。飛騨山脈が富山県の南部にそびたち、山間部には多数のキャンプ場があり、また日本海側では海のキャンプも楽しめることが特徴です。自然豊かな富山県のおすすめのキャンプ場とあわせて、富山県の観光スポットもお伝えします。


新潟おすすめのキャンプ場2023!一度は訪れたいギアの聖地に行ってみよう

新潟おすすめのキャンプ場2023!一度は訪れたいギアの聖地に行ってみよう

新潟県、燕三条はスノーピークなどのアウトドアブランドが集結する、いわばキャンプギアの聖地です。新潟県は山も高原もあり、雄大な自然を思う存分楽しめるキャンプ場が盛りだくさんです。キャンプ場のほか、おすすめスポットもまとめてみました。


レイクロッジヤマナカの口コミや予約方法は?山中湖でキャンプを満喫

レイクロッジヤマナカの口コミや予約方法は?山中湖でキャンプを満喫

レイクロッジヤマナカについて徹底的に解説。レイクロッジヤマナカについての基本情報、気になる口コミ、予約方法についても詳しく紹介します。また、レイクロッジヤマナカ周辺の遊べるスポット、体験工房やわかさぎ釣りについても紹介します。


最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー