「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

薪の乾燥期間や方法を詳しく紹介!焚き火に欠かせない薪は早めの準備がおすすめ

薪の乾燥期間や方法を詳しく紹介!焚き火に欠かせない薪は早めの準備がおすすめ

薪の乾燥期間や乾燥方法を解説しています。キャンプの醍醐味である焚き火に必要な薪は、毎回購入していると、コストが高くなってしまいます。薪の乾燥方法を知っていれば、自分で薪を用意できます。気になる方は、参考にしてください。


薪の乾燥方法や期間を紹介!

キャンプで焚き火をする際に薪は必需品ですが、

◆焚き火に欠かせ

薪の乾燥法保や期間など気になりませんか。

消費が激しい薪は、毎回購入するとコストがかかってしまいます。公園などで拾ってきた生木や自分が所有している敷地にある木を伐採した時に、自分で薪を乾燥させて使うとコスト削減に繋がります。

この記事では、薪の乾燥方法から期間までリサーチしたので、気になる方はぜひ参考にしてください。

薪を乾燥させる理由と乾燥期間

理由①燃焼効率を上げるため

焚き火をするにしても、薪ストーブをするにしても、しっかりと乾燥させた薪を使うことが重要です。立木の含水率は50%以上と言われていますが、焚き火に使用する薪は、15%~20%程度まで乾燥させる必要があります。

薪を乾燥させる理由の1つが、燃焼効率を上げるためです。 未乾燥のものは、薪の炭素成分を十分に熱することができません。また、薪を乾燥させずに焚き火をすると不完全燃焼を起こし、環境にも悪影響があると言われています。

薪の燃焼効率が悪くなると、煤が溜まりやすく掃除が大変になるので、なるべく未乾燥のものは使わないほうがいいでしょう。

理由②火が付きにくく白い煙が出てくる

焚き火をする時に、なかなか火が付かない経験はありませんか。未乾燥の薪は、中に水分がある状態なので、火が付きにくく、火を育てにくいです。

また、未乾燥の薪を焚き火で使用した場合、白い煙を発生させる原因となります。本来燃えているはずの煙が白い煙となっているので、燃焼効率がかなり悪い状態と言えます。

燥期間はどれくらい?

では、薪の乾燥期間はどれくらい必要なのでしょうか。乾燥させる木材によっても異なると言われていますが、半年から2年ほどの期間が必要になります。

公園などで拾ってきた細い生木であれば、半年ほどで乾燥が完了します。11月~3月までの期間に伐採した木は水分があまり含まれていないため、1年程で乾燥するでしょう。

4月~10月の間で伐採した木材は、木の中に水分がたっぷり含まれているため、乾燥に2年ほどの時間が必要になります。

生木(細い木)

6ヶ月ほどで乾燥

11月~3月で伐採した木

1年ほどで乾燥

4月~10月で伐採した木

2年ほどで乾燥

薪の乾燥方法

ステップ①伐採した木を放置

まずは、薪を割った状態で放置しておきましょう。これが1個目のステップです。期間は2ヶ月~2ヶ月半ほどでいいでしょう。放置していたままにすると雨が降った時意味ないのでは?と考えるかもしてませんが、この期間わざと雨に濡らすことで、薪の中の樹液を流れ落とします。

この作業をするのと、しないのとでは乾燥の早さが変わってきます。放置するだけで期間が短くなるならこのステップを行った方がいいでしょう。

ステップ②積み上げる

2個目のステップで行わなければいけない工程は「積み上げる」ことです。おすすめの積み上げ方は、「井桁状」で風通りが良くなるため、早く乾燥させるのに有効な積み方です。

薪を使う2~3ヶ月前までは、この積み方で放置で大丈夫です。薪ストーブで使用する場合は、9月頃までこの状態で積み上げておきましょう。

ステップ③使うまで薪小屋で保管

最後のステップは、薪小屋での保管です!井桁状で薪を十分に乾燥させた後は、薪小屋に移動させましょう。この時の積み方は、とくにこだわらなくて大丈夫です。

薪小屋が無い場合は、積み上げた上にブルーシートなどを被せておけば問題ありません。また、庭がなく少量の薪を乾燥させる場合は、ベランダでも有効ですよ。

薪の乾燥具合を確認したいときはコレ!

デジタル水分計

¥2916

薪の乾燥具合を測定したい場合に、便利なアイテムです。操作はとても簡単で、先端の針を5mm程度、木に挿入するだけで測定が可能です。

焚き火や薪ストーブで使用する薪におすすめな水分量は、およそ15%~20%。測定してこの範囲になっていれば、十分に乾燥しているということになります。

測定範囲0-99.9%
測定精度±0.5%
40代/女性
40代/女性

便利です!

評価:

冬は薪ストーブを使うので、薪の乾燥チェックするのにとても役立っています。おすすめです。

焚き火に欠かせない薪は早めに準備しよう!

薪の乾燥方法や期間について詳しく説明しました。公園で生木を拾った時や、立木を伐採する機会がありましたら、今説明した方法を試してみてください。

森林組合で安く原木を譲ってくれる場合があります。また、河川事務所や土木事務所などで薪用の伐採木を無料で提供してくれる場合もあるので、チェックしてみてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


焚き火

関連する投稿


YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

話題のYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を監督インタビューを含めて徹底解説します。まだ「おやじキャンプ飯」を観たことがない方にも、続編が気になるファンの方にも、わかりやすく詳細をまとめてみたのでぜひチェックしてみてください。


キャンプでも簡単に蒸し料理を楽しもう!おすすめの蒸し器10選

キャンプでも簡単に蒸し料理を楽しもう!おすすめの蒸し器10選

キャンプにおすすめの「蒸し器」を紹介します。蒸し料理は、材料をいれてあたためるだけなので、時間を有効活用することも可能です。家族とゆっくり蒸し器を使った料理で、ポカポカのキャンプを楽しんでみませんか。おすすめの蒸し器をチェックしてみましょう。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


土台作りで絶対に失敗しない焚き火!火起こし大好きなキャンパーが伝授する実体験レポート

土台作りで絶対に失敗しない焚き火!火起こし大好きなキャンパーが伝授する実体験レポート

キャンプの醍醐味の1つとして、焚き火があります。ただ眺めたり料理をしたりと、その楽しみ方も様々。しかし、特にキャンプを始めたばかりの初心者の方は火起こしでつまづくことが多いのも事実です。本記事では、焚き火をより楽しむためにも、失敗しない火起こしの方法をお伝えします。


【最新版】焚き火が出来るタープのおすすめ16選!選び方や注意点も紹介

【最新版】焚き火が出来るタープのおすすめ16選!選び方や注意点も紹介

焚き火の近くで設営できるタープをまとめています。安いのにコスパ抜群と評判の焚き火タープや、人気のヘキサタイプの軽量タープなど、おすすめアイテムをコンパクト・ラージのサイズ別に徹底調査!安全に焚き火を楽しむための注意点なども紹介しています。


最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。