「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ククサを自作してみよう!おすすめのキットや楽しみ方も紹介!

ククサを自作してみよう!おすすめのキットや楽しみ方も紹介!

ククサの自作方法について解説します!北欧生まれの木のマグカップとしてキャンパーにも愛好家の多いククサですが、自分だけのオリジナルを自作するのも人気です。作り方のポイントやおすすめのキットをわかりやすくまとめました。自作する際は是非参考にしてください。


ククサの自作方法を紹介!

ククサはフィンランド北部で昔から使われてきた、伝統的な木のマグカップです。丸いフォルムと木の質感がアウトドアシーンによく合い人気です。
ククサはモンベルなどアウトドショップでも販売されていますが、オリジナルのククサを自作するのも楽しみの一つです。この記事ではわかりやすく自作方法を紹介しています。適した木材や使用する道具もまとめたので、是非チェックしてください。

ククサの自作方法

ククサ作りに適した木材

北欧の伝統的なククサは白樺のコブを利用して作られてきましたが、日本では入手しづらく高値なことが多いです。最近は他の木材を使用して作られることが多くなっています。
加工しやすく手に入りやすい木材は、杉や檜などが挙げられます。杉は香りが強く、最初のうちは匂いが気になる方もいるようです。木の匂いは段々と薄くなりますが、香りで選ぶなら檜の方がおすすめです。
桜材もおすすめの木材のひとつです。桜材は適度に固く、木目が緻密で割れにくいのが特徴です。ククサに適していますが、手に入りにくいのが難点です。

ククサ作りに必要な道具

  • 木材(杉、檜、桜など好みのもの)
  • ノコギリ
  • フックナイフ
  • ミノ(丸・平)
  • 木槌
  • クラフトナイフ
  • 彫刻刀
  • サンドペーパー
  • クルミ油やオリーブオイル、グレープシードオイルなど植物油
  • マジックや木に線を引く鉛筆
  • 塩ゆで用の塩と鍋など

作りたい大きさよりも、大きい木材を用意しましょう。電動ドリルがあれば、持ち手などの穴を開けたりする作業が楽に行なえます。

ククサの自作手順

  • 木材に輪郭を描いてノコギリで切り出す
  • ノミを使用して、マグカップ状に大まかにくぼみを掘る
  • クラフトナイフや彫刻刀で削り、形状を整える
  • 高濃度の塩水で数時間から24時間くらい塩ゆでする
  • 乾燥する(半月からひと月ほどが目安)
  • ノミや彫刻刀で持ち手の穴を開ける
  • 整形が終わったらサンドペーパーをかける
  • オイルでククサを拭く
塩ゆですることで木材が引き締まり割れにくくなります。ゆっくり乾燥させないと、乾燥時にひび割れが発生することがあります。
キッチンペーパーやタオルでククサを包み、ビニール袋に入れ口を開いた状態で乾燥すると良いでしょう。キッチンペーパーやタオルはカビ防止のため、適宜交換しましょう。
くぼみの縁は、1cmほどの厚みをもたせると欠けづらいです。持ち手部分は穴を開けるときに割れやすいので、慎重に作業を進めましょう。底面は安定するよう平坦を意識して、机などにおいて様子を見ながら整形しましょう。

自作ククサの楽しみ方とおすすめキット

楽しみ方①経年変化を楽しむ

ククサは経年変化していき、使い込むほどに味わいが出てきます。普段の手入れは水洗いでOKです。
表面の油分が落ちてきたら、クルミ油やグレープシードオイルなどの植物性オイルで手入れします。手入れして長く使うことで、自分だけの表情のククサになるのを楽しみましょう。

楽しみ方②プレゼントする

北欧フィンランドには「ククサを贈られた人は幸せになる」との言い伝えがあり、大切な人へプレゼントする習慣があるそうです。キャンプや普段使いにもオシャレなククサは、プレゼントに喜ばれそうですね。

ククサのおすすめキット

KYO-KUKSA Atype 自分で作る世界にひとつのククサ

¥4290

カップ内部は耐水加工済で持ち手もカットされているので、簡単に自分だけのククサを作ることができるキットです。ノコギリなど使わずに、ナイフや紙ヤスリを使用して好きな形に仕上げます。木材は京都の山や森のヒノキを使用しています。初めて自作する方におすすめです。

サイズ15×9×7cm
重さ160g
20代/女性
20代/女性

簡単にできました

評価:

自作は難しそうと思ったけど、ナイフで削って磨くだけで作れました。カップのくぼみは耐水加工済みということで安心です。これから使うのが楽しみです。

ククサの自作にチャレンジしてみよう!

ククサの自作方法と楽しみ方について紹介しました。ククサは自然の素材を使って作るので、木目や木の色合いなど同じものはないのが魅力といえます。
世界にひとつの、自分だけのククサというと贅沢な気分になれますね。ぜひ、自作して自分だけの味わいのククサを楽しんでください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


自作・DIY

関連する投稿


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ランプシェードを手作りしよう!100均アイテムを使った9種類の作り方を素材別に紹介!

ランプシェードを手作りしよう!100均アイテムを使った9種類の作り方を素材別に紹介!

100均アイテムを活用した手作りランプシェードの作り方を解説!ランプシェードに使われている素材の特徴や、ランプシェードを手作りする際のポイントなどをまとめました。ランプシェードを手作りしようと考えている人はぜひ、参考にしてみてください。


OD缶カバーを自作しよう!100均アイテムでおしゃれに変身!

OD缶カバーを自作しよう!100均アイテムでおしゃれに変身!

OD缶カバーの自作方法を紹介します。自作となると少々難しいと感じる方もいるかもしれませんが、100均で手に入るアイテム(レザー、クラフトバンド、型紙、布など)で簡単におしゃれなOD缶カバーが自作できちゃいますので是非試してみて下さい!


テラリウムの作り方を紹介!小さなガラス容器の中に自分だけの世界を

テラリウムの作り方を紹介!小さなガラス容器の中に自分だけの世界を

テラリウムの作り方を解説します。テラリウムの魅力や注意点、人気の理由を詳しく説明!初心者でも簡単にできるおすすめのテラリウムキットやさまざまな種類のテラリウムの作り方を紹介します。参考にして自分好みのテラリウムを部屋に置いて、癒し空間を作ってください。


えっ焚き火台って自作できるの?100均やホームセンターのアイテムで作る焚き火台5選を紹介!

えっ焚き火台って自作できるの?100均やホームセンターのアイテムで作る焚き火台5選を紹介!

焚き火台の自作方法について解説します。えっ!焚き火台って自作できるの?と疑問をお持ちの方も多いはず。実は、初心者でも100均やホームセンターで売られている材料で、手軽に自作できます。馴染みのある5種類のメインアイテムを使った焚き火台の作り方を紹介します。


最新の投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に3,500tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

【実体験】スパイス配合が楽しい!マルチグリドルで「チリコンカン」を作ってみた

キャンプ飯でスパイス配合といえば、定番は「カレー」ですがメキシカン料理「チリコンカン」もスパイス配合を楽しめるレシピです。今回はマルチグリドルを使って、簡単で美味しく作れるチリコンカンレシピを紹介します。ぜひ皆さんも自分好みに仕上げてみてくださいね!


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 自作・DIY 東京 車中泊 アクセサリー