「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ニトスキに合う蓋の代用品を紹介!シーズニングとお手入れ方法も!

ニトスキに合う蓋の代用品を紹介!シーズニングとお手入れ方法も!

ニトスキに合う蓋の代用品を紹介します。この記事では、ニトスキとは何か、どんなサイズがあるかを解説!ニトスキにおすすめの蓋の種類や、購入先を詳しく説明します。ニトスキを購入後にやっておくシーズニング、お手入れの仕方、注意点もまとめました。


ニトスキに合う蓋やレシピを紹介!

「ニトスキ」とは、ニトリで販売されているスキレットのことです。サイズは15cmと19cmの2種類あります。料理で使用する調理器具ということはもちろん、見た目がおしゃれなので人気です。
スキレットは、パエリアやアヒージョを調理するのに便利です。ビビンバやチーズタッカルビなどのレシピにも使えます。
ニトリだけではなく、ロッジのスキレットも鋳鉄製で同じく人気があります。ロッジの方が少し厚みがあり保温性は高いですが、価格の安さではニトリがリードしています。イオンもスキレットを販売していますし、ダイソーやセリアなどの100均ショップでも購入できます。

ニトスキの商品紹介

【ニトリ】スキレット鍋15cm

スキレット鍋 15cm

¥499

15cmのスキレットは、ちょうど一人分の量の調理に最適です。アヒージョやステーキなど、お酒のおつまみを作ってそのまま食卓へ運べます。食器に移し替える手間も省け、片付けも簡単です。

素材鋳鉄
サイズ幅25.5×奥行15.7×高さ3.3cm
40代/男性
40代/男性

物は良い

評価:

シーズニングして使い始めました。15cmをチョイス!ひとり焼肉はじめ、色々なキャンプ料理を作るのに、ちょどいいサイズです。

【ニトリ】スキレット鍋19cm

スキレット鍋 19cm

¥749

保温性が高く冷めにくい、使い勝手の良いフライパンです。その特性と、19cmという大きめサイズを活かしたレシピに使えます。
パエリアやタッカルビなど、取り分けるレシピにおすすめです。キャンプで熱々の出来立ての料理を作る時に適したスキレットです。

素材鋳鉄
サイズ幅29.5×奥行19.7×高さ4.3cm
30代/女性
30代/女性

ホームパーティで

評価:

自宅でお客様を迎える時に、この19cmのスキレットを使って大皿料理を作ります。見た目もおいしそうに見えるので好評です。

【ニトリ】スキレット鍋16cm+フタセット

スキレット鍋16cmフタセット

¥5768

スキレット16cmと蓋のセットです。 蓋があるだけで、硬い野菜を切ってスキレットに入れ、蓋をしておくと早く調理できます。蒸し焼きも簡単です。
ハンバーグなどの中心まで火が通りにくいものも、蓋があれば圧力と水分でふっくら仕上げる事ができます。

カラー
素材鋳鉄
サイズ幅26×奥行17×高さ7.2cm
40代/女性
40代/女性

食洗機も使える

評価:

このスキレットはIHでの使用が可能。ガス火やオーブンでも使えるので用途が多彩で活躍しています。コスパもよくて大満足です。

ニトスキにおすすめの蓋の代用品

蓋の代用品①専用の鉄蓋

ニトスキの蓋付きは、オンラインショップでしか扱いがありません。しかし、実店舗で先にスキレットだけ買ってしまったという場合、後から蓋が必要になることがあります。
蓋の代わりに、同じサイズのニトスキをもう一つ購入して、蓋にする方法もあります。鉄製の蓋は鋳鉄の熱効率を活かして、蒸し焼きや無水調理ができます。
鉄製の蓋は、その特性を生かして蓋の上に炭を乗せる調理が可能です。蓋に炭を乗せると両面焼きができます。
鉄製の蓋では、ホームセンターコメリのスキレットカバーがぴったり合います。16cmは598円、20cmは798円です。他に、ナフコで取り扱いのある、菊屋というメーカーの鉄製の蓋もおすすめです。

蓋の代用品②市販のガラス蓋

鉄製の蓋は、一旦蓋を閉めてしまうと中身が見えません。ガラス製のフタは、中の様子を見る事ができます。調理中に蓋を開けずに、中身が確認できるので便利です。
強化ガラス製のフタなら、サイズ展開も豊富です。ニトスキのサイズに合わせて購入可能で、ホームセンターでも手に入ります。

蓋の代用品③100均などのアルミ蓋

100均でも、スキレットに使えるアルミ蓋を取り扱っています。100均のアルミ蓋は、サイズも細かくそろっています。100均のアルミ蓋の最大のメリットは軽いことで、持ち運びにも便利です。
値段も気にせず、気軽に購入できるのもいいところです。セリアで販売している「ステンレス製親子鍋章蓋(16cm用)」が、ニトスキ15cmにぴったりです。
ダイソーでも同様にアルミ蓋を売っているので、こちらもサイズが合うものが見つかれば、購入してみることをおすすめします。

ニトスキのシーズニングとお手入れ方法

ニトスキのシーズニング方法

  • 台所用洗剤で洗って、錆止めのコーティングワックスをしっかり落とす
  • 洗剤をしっかり洗い流し、水気をよくふき取る
  • スキレットを火にかけ、水分をしっかり蒸発させるよう空焚きする
  • 水分が蒸発したら、火から下ろし食用油をひいて再度火にかける
  • しょうがやネギなどの香りの強い野菜を強火で炒める
  • 野菜を捨てたら、スキレット全体に油をなじませる
スキレットを購入したら、まず洗剤で錆止めのワックスを洗い流します。その後新たに油をなじませて、幕を張ることをシーズニングと言います。
香りの強いしょうがやネギでなくても、野菜くずを炒めてもOK。これは、鉄特有のにおいを抑えるための工程です。
油をなじませる時は、持ち手までなじませましょう。5、6の工程を繰り返すことで、しっかりシーズニングできます。油をなじませる工程は、1回だけでも十分です。

ニトスキのシーズニングの注意点

  • 火傷に注意
  • 熱いスキレットに冷水をかけない
スキレットは一般的なフライパンと違って、取っ手部分も熱くなります。無意識に取っ手をつかんでしまう事があるので、注意が必要です。シーズニング中は、そばに鍋つかみや軍手を置いておきましょう。
熱したスキレットを急に冷やすと、割れてしまう事があります。これはガラスに急な温度変化を加えると割れてしまうのと、同じ原理です。
スキレットはガラスほど熱変化に弱くはありませんが、火から下ろして急に水につけるのは避けましょう。

ニトスキのお手入れ方法

購入後に一度洗剤で洗ったあとは、スキレットを使用後には洗剤で洗いません。洗剤を使わずに、水で流しながらたわしでこすり、汚れを落とします。
洗った後は火にかけて水分を蒸発させて、しっかり乾かすことが大切です。カビなどの予防になります。その後、キッチンペーパーに油を含ませてスキレットになじませましょう。油でコーティングしてから収納します。
ニトスキなどの鋳物のスキレットは、使用するたびシーズニングを繰り返して、ブラックポット化します。ブラックポットとは深い黒色になり、焦げ付きにくくなることです。

ニトスキに合う蓋を用意して活用しよう!

家庭ではもちろん、キャンプなどの屋外での使用でも活躍するニトスキ。そのままでの使用に加えて、蓋があると料理のレパートリーも増えます。
他の調理器具よりは、使用後に多少手間がかかりますが、繰り返し使うことで扱いやすくなります。手入れをしっかりして、長持ちさせましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし