「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

オガワ「シュナーベル5」は簡単に設営できる人気テント!評価をチェック

オガワ「シュナーベル5」は簡単に設営できる人気テント!評価をチェック

オガワの簡単に設営できる、人気テント「シュナーベル5」の商品紹介に特徴と、評価について詳しく調査しました。シュナーベル5の、用途に合わせて利用する方法についても解説します。また、シュナーベル5の口コミや質問についても紹介します。


オガワ「シュナーベル5」が人気!評価・口コミをチェック

1914年創業で日本を代表する老舗アウトドアブランド「オガワ」。このブランドから販売している、「シュナーベル5」を紹介します。
リビングと就寝する場所を分けることができる人気のツールームテントです。設営が簡単かつ、ファミリーや初心者が使いやすいシュナーベル5の魅力を伝えます。

オガワ「シュナーベル5」の特徴と評価

シュナーベル5の商品紹介

シュナーベル5

¥129800

5人用ツールームテントです。本体の重量は9.9kgですが、ポールの重量が5.7kgなので総重量15.6kgです。ツールームテントなので、手前にリビングと奥にインナーを備えたレイアウトです。
また、インナーテントを外して大型シェルターとしても使えます。設営はメインフレームが5本と、外側フレーム構造なので簡単に出来ます。

サイズ幅560cm×横320cm×高さ206cm
収納サイズ80×40×30cm
重量9.9kg
素材フライ/ポリエステル75d(耐水圧1800mm)、内幕/ポリエステル、グランドシート/ポリエステル210d(耐水圧1800mm)、ポール/6061アルミ合金
30代/女性
30代/女性

コンパクトなファミリーサイズ

評価:

シュナーベル5には、スカートもあったので-3度の冬も大丈夫でした。ただリビングが若干狭く感じますが、うまくレイアウトすれば使いやすくて良いです!

特徴①特殊な構造で強度を確保

シュナーベル5には、メインフレームを5本使用します。テント中央にポール3本と、サイドにアーチ型に伸びるポール2本を入れます。これによって、ポールが交差する箇所が増え強度が確保されます
一般的なトンネル型テントより、シュナーベル5は縦横からの風にも耐える強度の高いテントになっています。ポールには、アルミ超合金を採用しているので耐久性も良いのが特徴です。

特徴②流行りのツールームテントタイプ

一般的なテントは、就寝するスペースのみの確保です。そのため、リビングを設置するには、追加でタープを設営するなど手間がかかります。それに比べてツールームテントは、1度の設営で手前をリビングに、奥を就寝スペースと分けことが出来ます
シュナーベル5なら、テントとタープをそれぞれ購入するより、価格を抑えることができます。シュナーベル5はツールームテントとして使えますが、インナーテントを外して大型メッシュシェルターとしても使えます。
40代/男性
40代/男性

ツールームテント

評価:

シュナーベル5は、リビングと寝る場所を分けることが出来て便利です!

特徴③ファミリーにおすすめのサイズ感

シュナーベル5は、ツールームテントとしてはコンパクトなサイズです。リビングで使用する場所は、奥行280×幅300cmですが両端が下がって、狭まり上から見ると台形の形になります。その為、閉め切ってしまうと大人5人は窮屈に感じます。
この場合は、シュナーベル5の入り口シートをタープのようにポールで固定すると、広く使えます。サイズ感は、大人2人に子供2人だと丁度良いです。

特徴④通気性抜群!

シュナーベル5のフライシートには、サイドに大きなメッシュパネルが4か所、さらに出入り口は前後の2か所があります。また、インナーテント内にもメッシュパネルがあるので、夏でも通気性が良く快適に過ごせます。

30代/女性
30代/女性

通気性抜群

評価:

シュナーベル5はフライシート、インナーとも全面メッシュになるので、夏場は風通しが良いです!

オガワ「シュナーベル5」に関するQ&A

リビングで石油ストーブを使用しても大丈夫ですか?

シュナーベル5に限らず、基本的にどのメーカーもテント内での石油ストーブ使用はオススメしていません長時間閉めた状態だと、一酸化炭素中毒になる恐れがある為です。
もし、使用する場合は、一酸化炭素警報機を用意するなどして万全を期して使用して下さい。

ルーフフライには、どんな役割がありますか?

ルーフフライをテントに被せることで、フライシート内の結露を防ぐ役割があります。また、ルーフフライを使うことでテント内の温度上昇を抑える効果もあります
シュナーベル5のルーフフライは、テントを設営した後に上から被せるだけなので、簡単に装着できます。

オガワ「シュナーベル5」はファミリーや初心者におすすめ!

シュナーベル5は、強度がしっかりしていて、かつ通気性が良いのでキャンプ場で年中通して使用出来ます。
タープを広げてリビングを広くする方法や、インナーテントを外してシェルターとして使う方法など、自由自在に使うことができます。魅力的なシュナーベル5を、キャンプに持参してみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし