「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ランドロックのインナーマットに最適のアイテムは?おすすめを紹介!

ランドロックのインナーマットに最適のアイテムは?おすすめを紹介!

ランドロックのインナーマットに最適なアイテムの選び方を解説します。ランドロックのインナーマットの代用となるおすすめアイテムも紹介していきます!ランドロックのインナーマットをどれにしようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。


ランドロックのインナーマットにおすすめのアイテムを紹介

ランドロックにインナーマットを使用すると、寝心地がとても良く、朝起きた時も体が痛くなりにくいです。また、インナーマットがあると地面からの冷気を遮断したり、テント内部を保護する役割があります。
ランドロックのインナーマットを検討している人は、おすすめのアイテムを紹介しているので、ぜひチェックしてください。

ランドロックのインナーマットの選び方

選び方①サイズ

ランドロックのインナーマットは、正規品でしたらテント内にピッタリ合いますが、価格が高いのがネックとなります。インナーマットは専用のマットではなく、代用品のマットでも問題なく過ごせます。
例えば、銀マットでしたら、テントのサイズに合わせてカットして自作可能です。ブランケットで代用するなら、テント内のサイズに合わせて折るだけなので手間がかかりません。

選び方②寝心地・厚さ

インナーマットの厚みとクッション性で、寝心地はかなり変わってきます。特に、キャンプサイトが石や砂利などがたくさんある場所の時は、インナーマットの厚みが重要です。厚みがないと底つき感があり、夜中に何度も目覚める原因となります。
寝心地の良いインナーマットを使うと、朝起きたら体が痛いということがなくなり快適に過ごせます。

選び方③値段

ランドロックの正規品のインナーマットは快適に過ごせますが、価格が3万円弱と高価です。そのため、代用品のアイテムを使用する方法もあります。
銀マットでしたら低価格で購入できて、自作で必要なサイズにカットして使用できるのでおすすめです。他にも、エアーマットやレジャーシート、ブランケットなど色々な物で代用できます。

ランドロックのインナーマット正規品の商品紹介

ランドロック インナーマット

¥29480

スノーピークのランドロック専用のインナーマットなので、ランドロックのインナーテントにジャストフィットします。2016年以前のモデルに比べて軽量になり、持ち運びがより便利になりました。

サイズ360×230cm
収納サイズ78×13×高さ62cm
重量4.5kg
20代/男性
20代/男性

さすが正規品!

評価:

地面からの冷気をシャットダウンしてくれて、底冷え感がなかったです。さすが、正規品のインナーマットです。サイズもピッタリで、すっきりとした空間になりました。

ランドロックのインナーマットのおすすめ代用商品

折りたたみ式 極厚アルミレジャーマット

折りたたみ式 極厚アルミレジャーマット

¥2680

こちらのアルミレジャーシートを、ランドロックに2枚敷くと丁度良いサイズとなっています。2枚購入しても、正規品のインナーマットよりもかなり低価格です。
厚みが1.5cmあるのでクッション性に優れています。また、表面のアルミフィルムにより、地面の湿気や冷気を遮断してくれます。たたみ方は簡単で、ロールマットのように巻癖がつかないので平らに敷けて便利です。

サイズ約 100×180cm
収納時サイズ約 26×100×厚さ11cm
厚さ約 15mm
30代/男性
30代/男性

おすすめのアルミマット!

評価:

ランドロックの専用インナーマットは高価なので買うのを迷っていました。試しに、アルミマットを敷いてシュラフで眠ってみたらとても快適でした。底冷え感もまったくありません。

テントエアーマット

テントエアーマット

¥15800

ランドロックの正規品インナーマットは360×230cm、コールマンのエアーマットは282×190cmなので、テント内のスペースに空きができます。その空いたスペースには、コットやバッグなどを置けてとても便利です。
バルブの開閉が容易なダブルロック構造になっていて、クイックポンプで簡単に膨らませます。付属の収納袋に入れてコンパクトに持ち運び可能です。

サイズ約 282×190×高さ14cm
収納サイズ約 34×25×14cm
重量約 8kg
女性
女性

体が痛くない!

評価:

今までは、インナーマットの代わりにラグを敷いていました。朝起きると体が痛いので、エアーマットを購入。なんと、朝起きても全く体が痛くなくなりました。正規品のインナーマットが高くて買えない方におすすめです!

ランドロックのインナーマットに最適なアイテムを見つけよう!

ランドロックにインナーマットを使用すると、地面からの冷気を遮断し、クッション性により快適に眠れます。ランドロック専用のインナーマットは高価なので、代用のアイテムを使用するのも一つの方法です。
代用のアイテムでも快適に過ごせる物がたくさんあるので、最適なインナーマットを見つけてキャンプを楽しんでください。

テントにおすすめのインナーマット・インナーシート特集!代用品も!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tent/%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b7/

テントにおすすめのインナーマットとインナーシートを徹底調査!快適なキャンプ、テント生活に必要なインナーマットとインナーシートについて、売れ筋商品をまとめています。100均で代用できる銀マットを使う方法も調べましたのでぜひマット・シート選びの参考にしてください!

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


マット

関連する投稿


【ダイソー】550円で入手できるレジャーマットの実力は?いまいちな点も

【ダイソー】550円で入手できるレジャーマットの実力は?いまいちな点も

ダイソーで販売しているレジャーマットについて解説します。ダイソーのレジャーマットの基本情報や魅力をまとめました。さらに、いまいちと感じる点も掘り下げましたので、ダイソーのレジャーマットについて気になっている方は、ぜひ参考にしてください。


最新の投稿


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。