「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

小川キャンパル「シャンティ23」が人気!設営方法や価格・サイズは?

小川キャンパル「シャンティ23」の人気の理由を説明します。購入前に気になる設営方法や、価格・サイズなど基本情報をまとめました。小川キャンパル「シャンティ23」ならではの特徴についても解説!設営時にあると便利なアイテムも紹介しますので、参考にしてください。


小川キャンパルのシャンティ23を紹介!

シャンティ23は、品質の高さで知られる小川キャンパルの、少人数用ドーム型テントです。かつて人気を集めた「シャンティ」の生産終了後、後継モデルとして販売されました。この記事では、シャンティ23の人気の理由や、設営のポイントについて説明します。

シャンティ23のスペックと魅力

シャンティ23のスペック

シャンティ23

¥71500

シャンティ23は、小川テントとして知られる老舗アウトドア用品メーカーのドーム型テントです。3本のポールで設営する安定した構造で、広い前室と2段階に伸ばせるキャノピーが特徴です。
シャンティ23は、2~3人用の設定ですが、余裕のあるソロ用としての使用もおすすめです。

組立サイズ360×240×高さ145cm
収納サイズ60×27×18cm
重量幕体:約3.7kg、ポール:約1.7kg
素材フライ、グランドシート:ポリエステル75d(耐水圧1800mm)、ポール:アルミ合金
30代/女性
30代/女性

タープいらずで荷物が減らせる

評価:

キャノピーが大きいので、タープを持って行く必要がなく、荷物が軽減できます。テント部分は強風でも安定感がありますが、キャノピー部分はばたつきやすいので、張り方に工夫が必要です。

魅力①設営が簡単

シャンティ23は、インナーテントが吊り下げ式になっているので、設営に手間がかかりません。程よいサイズなので、慣れれば一人でも設営作業が可能です。
ポールが色分けされているので、ドーム型テント設営時にありがちな、ポールの取り違えも起こりにくいです。まずフライシートを広げて、メインポール2本をスリーブに通し、ポールの端をグロメットに差し込みます。
続いて前室部分のポールをスリーブに通し、端をグロメットに差し込みます。必要箇所をペグとロープで固定し、インナーテントを取り付ければ、シャンティ23の設営完了です。

魅力②タープとテントの役割を果たす

シャンティ23に特徴的なのが、エクステンションルーフと呼ばれる、2段階調節のキャノピーです。最大限まで広げれば、テントと接続したタープになります。
日よけや雨よけとして十分なサイズで、シャンティ23があれば、タープを別に用意する必要がありません。キャノピー先端に別売りの吸盤フックを取り付ければ、シャンティ23と車とを連結することも可能です。

魅力③前室が広い

シャンティ23の前室は、奥行160cmと余裕のある広さです。テーブルやチェアを置いてリビングスペースとして活用できます。シャンティ23の前室部分は、フルクローズにできるので、雨や気温が低い日でも快適に過ごせます。
シャンティ23は、キャノピーを立てれば連続した広い空間になり、解放感を楽しめます。ソロ用の2ルームテントのような使い方ができるため、ソロキャンプに快適さを求める人にもおすすめです。

シャンティ23に必要なアイテム

シャンティ23にはペグやロープは付属していますが、付属のペグは固い地面には刺さりにくいです。予備も兼ねて、丈夫な鍛造ペグを用意しておくと安心です。また、シャンティ23のキャノピーを2段階で張り出すには、追加のロープも必要です。

アイテム①ペグ

鍛造ソリッドペグ300

¥978

耐久性に優れた鍛造ペグで、重量はありますが、固い地面にも打ち込めて抜けにくいです。砂浜以外ならほぼどこでも使用できる汎用性がメリットです。30cm以上のサイズは、テントとタープ両方に使用でき、抜けにくいので安心して使用できます。

サイズ直径:8mm、全長:300mm
重量190g
素材鉄(カチオン電着塗装)
20代/男性
20代/男性

価格が高いが壊れにくい

評価:

アルミやプラスチック製のペグに比べて、重量があり価格が高価ですが、壊れにくく長く使用できます。

アイテム②ガイロープ

テント用自在付ロープ350cm 2本組

¥583

自在付きで、ロープの長さを片手で調節できます。太さ5mmと耐久性が高く丈夫なロープです。編み方がしっかりしているので、緩みにくく、予備のロープとしてもおすすめです。

サイズ直径:5mm、長さ:3500mm
素材ポリエステル
30代/男性
30代/男性

硬いが緩みにくい

評価:

普段4mmの太さの別のロープを使っているので、丈夫でしっかりした感じがあります。やや硬くて結びにくいですが、緩みが少なく安心して設営できます。

小川キャンパルのシャンティ23を使ってみよう!

小川キャンパルのシャンティ23は、広い前室と大きなキャノピーが特徴です。天候に合わせて調節しやすいので、快適にくつろげます。
シャンティ23は、ドーム型で強風にも強い安定感があります。1人でも設営しやすいので、ソロキャンプ用としてもおすすめです。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。