「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ニッセンのストーブをゲットしよう!魅力と手に入れる方法は?

ニッセンのストーブをゲットしよう!魅力と手に入れる方法は?

人気のニッセンのストーブについて紹介します。ストーブの魅力のポイントとスペック、そして、特徴とQ&Aについても触れています。さらに、ニッセンのストーブの購入方法と、注意点についても解説します。これから購入する際の参考にしてください。


ニッセンのストーブを紹介!

ニッセンのストーブは、復刻版の製造後10年以上を経過していながら、今も根強い人気です。キャンプの暖房だけでなく、明りの代用もできる優れものです。
現在は、復刻版も新しい種類のタイプも製造していないので、入手するのが困難です。それでも人気の、ニッセンのストーブの人気の秘密を調査し、入手方法も紹介します。

ニッセンのストーブのスペックと魅力

ニッセンは、正式名を日本船燈株式会社といいます。1936年に設立した歴史があり、航海灯、空港照明器具、ストーブなど複数種類の製品を高い技術力で製造している企業です。
同社のストーブはコアなファンが多く、暖かさだけでなく、デザインや素材も人気の秘密です。インターネットでも話題になっています。 

ニッセンのストーブのスペック

ニッセンを代表するストーブが「石油ストーブゴールドフレーム」です。外部は肉厚が0.8mmの真鍮板を使用し、耐久性は抜群です
歴史ある船舶ランプの技術で、安全設計になっています。ガラス部分のほやが波型になっていて、光を乱反射させ、20W電球クラスの明るさがあります。
自然燃焼方式が採用され、燃焼時のいやな臭いが抑えられた燃焼構造です。テントライフに最適なストーブといえます。

サイズ

幅44.0×高さ52.5cm

重量

約6.2kg(空タンク時)

暖房出力

2,150kcal/h

継続点灯時間

約11時間

タンク容量

3L

定価

オープン価格

魅力①おしゃれで可愛いデザイン

石油ストーブに使用されている真鍮は、時間の経過とともに落ち着いた輝きを保ちます。らっきょうストーブといわれるように、なだらかなカーブは安心感を与えてくれます。
また、ストーブながらガラスが使用されていて、燃焼する灯油の暖かさを目で感じることもできます。

魅力②火力が強い

一般的な石油ストーブは、燃焼時のカロリーが2,100kcal/hあれば、7~9畳までの暖房が賄えます。
ニッセンのゴールドフレームは2,150kcal/hあり、テント内での使用に十分に耐えられます。また、8畳ほどの室内で使用することは可能です。

魅力③キャンプでも活躍する

ニッセンのストーブを、キャンプで使用するために求める、キャンファンが多くいます。レトロなタイプだけに、穏やかな暖かさが感じられ、キャンプの暖房に適しているようです。
また、炎の白っぽいオレンジ色は、気分が落ち着いて癒されるので、これも人気の一因となっています。

ニッセンのストーブの購入方法と注意点

ニッセンのストーブは人気のヴィンテージ製品で、市場に大量に出回っていません。希少性が高いだけに購入方法が限られます。
また、レトロな製品が多く、メンテナンスや修理が必要なものもあり、修理ができないような物をあります。注意が必要です。

ニッセンのストーブの購入方法

ニッセンのストーブを購入する場合は、通販がおすすめです。人気商品だけに通販でも売り切れが多く、じっくりと探すことも大事です。
また、オークションサイトに出品されていることがあります。オークションでは人気商品だけに価格がが高騰することがあります。

ニッセンのストーブの注意点

石油ストーブを効率よく快適に、そして、安全に使うためにメンテナンスが必要です。特に、芯替え作業は少し手間取りますが、避けられません。手順は、ネット上に動画がありますので、参考にするとよいでしょう。
また、ニッセンの復刻版のストーブは10年くらい前に製造されています。使用による劣化や消耗があります。芯などの部品については、代替え対応が可能なものを含めて、通販の楽天で探すことができます。

ニッセンのストーブに関するQ&A

マンションのリビングでも使えますか?

マンションのリビングでも、9畳くらいまでは1台でカバーできます。おしゃれなデザインでインテリア効果もあり、マンションでもおすすめできます。

ほやの波ありと波なし2種類の違いは?

復刻されたプレーンタイプでは、炎のオレンジ色がストレートに眺められて、ゆらめきを感じ、暖かさが直に伝わってきます。
波型タイプは光が乱反射し、優雅で神秘的な輝きを醸し出します。2種類ともに、炎の明るさは十分にあり、読書もできる照度になります。

新品の定価は?

現在、復刻版の新品は製造されていませんそのため、オークションサイトで高値で取引されています。

レトロなニッセンのストーブを手に入れよう!

科学が進歩するほど、効率重視の幾何学的なシャープなデザインが増えるようです。そんな中で、丸みや曲線や温かさが見直されています。
ニッセンのレトロなストーブが、大自然を楽しむキャンパーの間で広く使われています。丸みのある癒されるデザインに、温もりが目にできるガラスのほやも大人気です。
入手困難な面もありますが、それだけに手にすると大きな喜びがあります。ニッセンのストーブでキャンプライフを満喫しましょう。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし