「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ソロキャンプが楽しすぎる人続出!一人で過ごす魅力に迫る!

ソロキャンプが楽しすぎる人続出!一人で過ごす魅力に迫る!

ソロキャンプの楽しすぎる魅力や、おすすめのソロキャンプスポットを詳しく紹介します。また、ソロキャンプを行う上での注意点や女子向けの防犯対策もまとめました。一人で大自然を堪能できる、ソロキャンプの楽しすぎる魅力をチェックしましょう!


ソロキャンプが楽しすぎてやめられない理由を紹介!

近年、YouTubeなどをきっかけにソロキャンプが注目されるようになりました。芸能人の中にもソロキャンプ動画を上げている人がいて、興味を持った人が多いのではないでしょうか?
仲の良い友人や家族とのキャンプを楽しむのも良いですが、ソロキャンプならではの楽しみも豊富です。ソロキャンプを楽しむ方法だけでなく注意点も合わせて紹介しているのでチェックしましょう!

楽しすぎるソロキャンプの魅力

一人の時間を楽しめる

ソロキャンプの楽しすぎる点からチェックしていきましょう。ソロキャンプはその名前の通り、一人でキャンプを行うことになります。自然の中でのんびりと一人の時間を楽しむことで、様々な気持ちが生まれてくることでしょう。
また、一人でキャンプを行うため、たとえ失敗しても誰に怒られるわけでもなく、気遣いも不要です。良い経験も失敗も自分の糧にして、より良いソロキャンプを目指して楽しむことができるのも魅力といえます。

美味しいキャンプ飯が楽しめる

近年はキャンプギアも発展し、コンパクトで便利な道具が増えました。また、コンビニなどで簡単に調理できて美味しい食材も販売されています。
そういったものを利用することで、美味しいキャンプ飯が楽しめるのです。メスティンやアルコールバーナーなど、コンパクトな調理器具を利用して、温かい食事をとりましょう。
コンビニで販売されているもので、お湯の中で温めれば調理できるものは非常に多いです。冷凍食品もそういった調理法を使えば電子レンジが無くても代用できます。
「山でミートボールを温めるなんて」と思わずに、せっかくのキャンプで美味しい食事をするのも楽しみ方といえます。

自由な空間を作ることができる

複数人のキャンプも魅力ですが、ソロキャンプは自由な空間を作ることができます。ギアの種類を調整し、自分なりの空間を演出することができるからです。
テント内も空間が広くなりますし、その中でゴロゴロと過ごすのも悪くありません。周囲への迷惑をそれほど気にせず過ごせるのは楽しすぎます。また、設営場所なども幅が広がりますし、臨機応変にキャンプを行えるでしょう。

焚き火の雰囲気がゆっくり味わえる

一人で焚き火を行って、火の独特な魅力を堪能する。そんな過ごし方が出来るのも魅力であり、楽しすぎる時間です。じっくりとこういった時間を過ごすのが楽しすぎる、と感じるソロキャンプファンも多いのです。
人が多い場所では煙やニオイが周囲に迷惑がかかることがあります。ソロサイトであれば、そういった点もあまり気にしなくて良いので、焚き火をのんびりと楽しむことができるでしょう。

荷物が少ないのも魅力

最小限の荷物で行えるのも楽しすぎるポイント。容量が小さいザックでも楽しめる点は魅力といえるでしょう。急にソロキャンプに行きたい、と感じたときでも気軽に行けるのは荷物の少なさも関係しているかもしれません。
電車などでキャンプ場を目指す場合、大きな荷物は周囲の迷惑になることがあります。荷物が軽くなることで帰りも楽になるので最後まで楽しすぎて、またキャンプに行きたくなるのです。

ソロキャンプを楽しむ時の注意点

騒音で迷惑をかけない

ソロキャンプが楽しすぎるが故に、いろいろと失敗談も存在します。そういったソロキャンパーたちの失敗を踏まえて、迷惑をかけないための注意点を紹介します。
ソロキャンプといっても、必ずしも自分一人だけが行っているとは限りません。キャンプ場を利用する場合は、同じようにソロキャンプをしに来ている人たちがいます。
たとえば、一人で楽しむために音楽をかけることもあるでしょう。しかし、その音量が大きすぎれば、他のソロキャンパーに迷惑がかかるのです。
自分がされて嫌なことはしない、というのを基本にすれば他の人に迷惑をかけることも防げます。楽しすぎるからとお酒を飲みすぎて一人ではしゃぎすぎることもほどほどに。何事も限度を考えて行動することが求められます。

夜が気持ち悪い

平日のソロキャンプに多いことなのですが、そのまま泊まると「夜が気持ち悪い」と感じることも。本当に誰もいない山の夜は、まさに「何か出そう」という気分になってしまうのです。
この独特な気持ち悪い感覚は少し慣れが必要かもしれません。そういった気持ち悪い感覚を誤魔化すために音楽の音が大きくなってしまうこともあるでしょう。
お酒を呑んで楽しい気分のまま寝て、朝を迎えるのも一つの方法です。おばけなどが苦手、という人は夜が気持ち悪いと感じやすいようです。また、場所によっては野生動物、虫などの音もするので気持ち悪いかもしれません。

一酸化炭素中毒は怖い

山の夜は日中と比べると気温が低くなります。そのため、暖を取るために石油ストーブを利用するキャンパーもいます。基本的に多くのメーカーは燃焼系のギアをテント内で使用することを禁止しているのです。
その理由が「一酸化炭素中毒」と「テントの火事」になります。テントは素材が綿や化繊で作られているため燃えやすいです。また、テントは気密性を高めているため、一酸化炭素中毒になりやすいといえます。
テントの入り口を開けておけば換気はOK、というわけではありません。実際に入り口を開けていても一酸化炭素中毒になった、という怖い事例は多く存在します。
風向きなどによって、逆に一酸化炭素が中に戻って溜まってしまうという怖いことも。特に子どもは大人の半分ほどの量で致死量に繋がるため、ソロキャンプ以外の場面でも要注意です。

SNSの投稿は控える

女性ソロキャンパーが注意したいのは、SNSの投稿です。たとえば女性のソロキャンパーで「ソロキャンプなう」などと、場所が分かるような画像を付けて投稿するのは控えましょう。
キャンプ場であっても、お互いのキャンプには干渉しないという雰囲気があるため、物音がしてもすぐに誰かが助けに来てくれるとは限りません。また、誰もいないような山の中でソロキャンプを行って、女性が一人でいることを発信するのは危険を伴います。
女性一人でキャンプを行う場合は、管理人が24時間常駐している場所を選ぶことがおすすめです。また、有料のオートキャンプ場であれば危険人物が侵入しにくい点や名簿などへの記名からトラブルに対応しやすくなるからです。
安全にキャンプを行うために、ファミリーがキャンプをしている近くに設営するのも良いでしょう。SNSに投稿する場合は最新の注意を払い、リアルタイムではなく、帰ってから投稿を行うことも選択肢といえます。

遭難や事故にも注意

楽しすぎるときは注意力が散漫になりやすいです。ソロキャンプではちょっとしたことが遭難や大きな事故に繋がることがあります。
本格的なソロキャンプを楽しむために、人がいない場所で設営すると、何かあったときに誰にも気づいてもらえないことがあります。
キャンプを行う場合は必ず家族や友人に日程を知らせておくこと。そして、有料のオートキャンプ場などを選んで、自分の存在を知っておいてもらうことが大切です。
また、山奥でソロキャンプを行う場合、電波が入らない場合があります。静かなソロキャンプを楽しみたい気持ちも分かりますが、怖い経験や気持ち悪い経験をしない場所で設営することをおすすめします。

楽しすぎるソロキャンプの防犯対策

テントの出入り口をしっかり閉じる

楽しすぎるソロキャンプの防犯対策について紹介します。特に女子一人での場合は、しっかりと防犯対策を行いましょう。
まずは、テントの出入り口はしっかりと閉じることが大切です。自分が近くにいてもテントの出入り口は必ず閉めて行動しましょう。
テント内のものを盗まれたり、侵入されることを防げます。夜間に女子一人の場合は寝る時はしっかりと閉じて、荷物などですぐに入ってこれないようにするのもおすすめといえます。

テントの出入り口に靴を数足置く

楽しすぎることで防犯意識が下がってしまうこともあります。たとえ楽しすぎると感じていても、しっかりと防犯を行いましょう。
女子一人の場合は家族や友人の物を借りて、男性用の靴を出入り口に置いておくのもおすすめです。また、複数の履物を置いておくことで、女子一人であることを隠す効果があります。
男子も女子もキャンプを楽しむ上で、自己防衛は必須。最後まで楽しすぎる時間を過ごせるように、最初に周囲を確認しておきましょう。

テントの入り口にセンサーライトを設置する

テントの入口にセンサーライトを設置するのも良いでしょう。偶然センサーライトが反応して怖い、と思うかもしれませんが防犯対策としては効果があります。
夜間の作業にも便利ですし、センサーライトはそれほど高価な道具ではありません。普段は家庭で使って、女子一人のキャンプの時に使う、という方法も良いでしょう。

ソロキャンプにおすすめの季節と場所

ソロキャンプにおすすめの季節

ソロキャンプの注意点や怖い話もしましたが、本来は安全で楽しいアウトドアです。ここからはソロキャンプのおすすめの季節と場所を紹介します。
シーズンとしては4月から5月、または9月から10月が初心者向けです。寒いシーズンがソロキャンプの醍醐味で楽しすぎる、と感じる人も多いようです。ただし、初心者や女子一人の場合は慣れてから、計画や防犯対策をしっかりと行ってやるのがおすすめです。

ソロキャンプにおすすめの場所①有野実苑オートキャンプ場

初めてのソロキャンプにおすすめな場所から紹介します。初めての経験で怖い思いや気持ち悪い経験をするのは残念なことです。費用などを考慮することも大切ですが、まずは怖い思いをしないような女性一人でも安全な場所を選びましょう。
たとえば、千葉県山武市にある「有野実苑オートキャンプ場」はいかがでしょうか?緑豊かな森と農園に囲まれたキャンプ場で、アクセスも都心から約90分と近場です。
野菜販売や収穫体験、またイベントなども行われており、ファミリーが多く安全です。夜間の怖い体験や気持ち悪い出来事を防げ、しっかりとルールが設定されているのも魅力です。

住所

千葉県山武市板中新田224

電話番号

0475-89-1719

料金

1650円~

営業時間

10:00~17:00(ソロサイトは12:00~17:00) ※宿泊可

公式HP

有野実苑オートキャンプ場

ソロキャンプにおすすめの場所②キャンプラビット

栃木県那須郡にある「キャンプラビット」は2020年で26周年を迎えました。歴史あるキャンプ場は知名度もあり、安心して利用することができます。
場内の照明は最小限となっており、本格的なソロキャンプを堪能できるでしょう。自然の沢が流れており、その音に耳を傾けるのがおすすめ。大音量の音楽は迷惑なので控えましょう。「ビリ」と呼ばれる小砂利を敷いているので設営もしやすくなっています。
管理窓口がしっかりと設置されており、管理人は常駐。売店も充実しており、その時に必要になったものを買い足すことができます。ちなみに、ペット可となっており、リードを着用すれば広い敷地で散歩をさせてあげられます。

住所

栃木県那須郡那須町豊原4387-1

電話番号

0287-77-2721

料金

平日(月~金曜) 3,600円 土日祝 4,800円

営業時間

8:30~17:00 ※宿泊可

公式サイト

キャンプラビット

ソロキャンプにおすすめの場所③ACN信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ

ソロキャンパーが多く訪れる「ACN信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ」がおすすめ。標高900mの山間にあるキャンプ場で、自然の音しか聞こえない楽しすぎる本格的なスポットです。
特に素敵で楽しすぎるのが夜の星空。日本一静かなキャンプ場とも言われており、プライベート感の強い場所になります。ソロキャンプ好きが集まっている場所なので、他の人に迷惑にならないように自然の音を楽しむような過ごし方がおすすめとなっています。
一人キャンプに慣れた人におすすめのスポットになっており、先程紹介したようなファミリーが多いところで経験を積んでから訪れると良いでしょう。

住所

長野県上伊那郡中川村大草7833

電話番号

0265-88-2695

料金

1,500円~

営業時間

24時間

公式サイト

ACN信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ

ソロキャンプが楽しすぎる!女子も気ままに満喫しよう!

ソロキャンプが楽しすぎる理由について解説しました。夜の独特の雰囲気は時には気持ち悪いとか怖いと感じることがあるかもしれません。そういった場合もしっかりと準備と防犯対策をしておけば、安全に過ごすことができます。
また、楽しすぎるが故に周囲への迷惑を忘れがちに。そうならないように楽しむ上でのマナーやルールに気をつけましょう。
この点さえ守れば、誰でも楽しすぎるキャンプを行えます。楽しすぎて夢中になるソロキャンプを男子も女子も気ままに満喫しましょう!

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ソロキャンプ

関連する投稿


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【愛知】新規オープン!ソロ専用のキャンプ場「ソロキャンフィールド鳳来」をレビュー!

【愛知】新規オープン!ソロ専用のキャンプ場「ソロキャンフィールド鳳来」をレビュー!

新規オープンのソロ専用のキャンプ場「ソロキャンフィールド鳳来」をレビューします!2024年2月16日、愛知県新城市にソロ専用のキャンプ場「ソロキャンフィールド鳳来」がオープンしました。ソロキャンプの様子や、サイト情報まで徹底解説します。


YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を徹底解説‼ 12月22日待望の新シーズン公開

話題のYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」の魅力を監督インタビューを含めて徹底解説します。まだ「おやじキャンプ飯」を観たことがない方にも、続編が気になるファンの方にも、わかりやすく詳細をまとめてみたのでぜひチェックしてみてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


茨城のおすすめキャンプ場27選!子連れキャンプやソロキャンプなど目的別に紹介

茨城のおすすめキャンプ場27選!子連れキャンプやソロキャンプなど目的別に紹介

茨城のおすすめキャンプ場を27か所、厳選しました。大人数でのキャンプやソロキャンプ、ペットと一緒に泊まれるキャンプ場など、9つの目的別に紹介!茨城で理想のキャンプができるスポットが必ず見つかります。ぜひキャンプ場探しの参考にしてください。


最新の投稿


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし