「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ドンキホーテの電気毛布「電気かけしき毛布」が人気!値段や口コミは?

ドンキホーテの電気毛布「電気かけしき毛布」が人気!値段や口コミは?

ドンキホーテで人気の電気毛布「電気かけしき毛布」について解説します。気になる値段や口コミ情報、電気毛布の魅力についても調査しました。またドンキホーテの電気毛布以外におすすめする商品を紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい。


大人気ドンキホーテの電気毛布を紹介!

激安の殿堂で知られるドンキホーテから、電気毛布が発売され人気を呼んでいます。数ある種類の中から、「電気かけしき毛布」に注目しその魅力をお伝えします。
普段使いから、キャンプでポータブル電源にコンセントを差し込み使用することができるので、幅広い用途で使用することができます。

ドンキホーテの電気毛布のスペック・魅力

ドンキホーテの電気毛布のスペック【電気かけしき毛布】

ドンキホーテの魅力といえば、価格ではないでしょうか。共にシングルの大きさで電気しき毛布は1,980円(税抜)、電気かけしき毛布は3,980円(税抜)の価格設定です。
口コミでは、冬キャンプ用に購入したが、普段でも使用したくて再購入したコメントもありました。店舗により価格が異なることがありますので、店舗にてご確認下さい。

魅力①掛け布団や敷き布団に使える

ネーミングの通り、掛け布団また敷き布団としても使用できます。掛け布団は、体を覆う布団になるため保温しつつ軽めのもの。
また、掛け布団と違い敷き布団は、体の下に敷くため弾力性のものが最適です。この両方で使用できる、いいとこ取りの電気かけしき毛布です。この値段で、両方使用できたら安いのではないでしょうか。

魅力②節電効果がある

こちらの電気かけしき毛布は、一時間あたり約1.2円で使用でき節電効果があります。また1時間使用した電気毛布の消費電力は、個人で使用するストーブの約6分の1以下に抑えることができます。
消費電力が少ない分、キャンプでポータブル電源につないで使用しても、大きな負担にならず温めることができます。

魅力③洗濯ができる

ドンキホーテの電気かけしき毛布は、洗濯機での丸洗いが可能です。洗濯機の機能選択する際、短時間脱水と手洗いモードに設定し、洗濯用ネットに毛布を入れ、中性洗剤を入れてまわします。
終了したら、洗濯機から出しM字に干して乾燥させて下さい。口コミには、丸洗いができ衛生的で安心というコメントがありました。

魅力④ダニ退治もできる

アレルギーの原因にもなるダニ。ダニは、50度以上の熱に弱いです。こちらの商品にはダニを退治するモード設定がついているので、安心して使用できます。ダニ退治モードを使用した後は、必ず掃除機をかけましょう。

ドンキホーテ以外のおすすめ電気毛布3選

ドンキホーテ以外のおすすめ電気毛布①山善 電気毛布掛敷毛布

電気毛布 掛・敷毛布

¥8990

ドンキホーテからでている、電気かけしき布団は大手専門商社である山善が手がけています。値段は少しはりますが、リバーシブル使用で手触りもよく使い勝手がいいです。
また、室温センサーが搭載されているので、急に冷え込んだりすると自動的に温度設定を高くしてくれます。

本体サイズ縦188×横130cm
重量1.6kg
材質ポリエステル100%
30代/女性
30代/女性

電気代節約のため

評価:

冬場はエアコンの使用などで、電気代が高くなりがち・・電気毛布で電気代節約になった口コミをみて購入しました。

ドンキホーテ以外のおすすめ電気毛布②椙山紡織 電気掛敷兼用毛布

電気掛敷兼用毛布

¥3168

冬物家電を多く製造している椙山紡織の電気掛け敷き毛布です。こちらの商品は、日本製かつドンキホーテの電気かけしき毛布と同じサイズです。野外で使用する際、手洗いもできこの価格帯は嬉しいですね。

本体サイズ縦188×横130cm
重量約1.3kg
材質ポリエステル70%,アクリル30%
50代/女性
50代/女性

キャンプ用に

評価:

冬のキャンプ用に購入しました。とても暖かく、朝までぐっすり寝ることができました。

ドンキホーテ以外のおすすめ電気毛布③アイリスオーヤマ 電気毛布

電気毛布

¥4480

アイリスオーヤマの電気かけしき毛布です。こちらの特徴は、赤と黒のチェックが可愛く野外キャンプに映えるデザイン。ドンキホーテの電気かけしき毛布より小さめのサイズですが女性には丁度いいのではないでしょうか。

本体サイズ縦120×横60cm
材質ポリエステル50%,アクリル50%
20代/女性
20代/女性

暖かいです

評価:

足元がポカポカで、デザインが可愛いです。

ドンキホーテの電気毛布は使いやすくて値段も手頃!

ドンキホーテの電気毛布は使いやすく値段が手頃です。洗濯機で丸洗いすることもできるので、キャンプや車中泊で電気毛布が使用でき暖かく過ごすことができるのでぜひ検討してみてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。