「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

タトンカタープの魅力に迫る!モデルの特徴や張り方をチェック!

タトンカタープの魅力に迫る!モデルの特徴や張り方をチェック!

タトンカタープの魅力について解説します。タープ本体だけでなく、おすすめのポールも合わせて紹介!庭でも使えるタトンカタープの基本の張り方やアレンジした張り方、商品のわかりやすい比較表も紹介しているので、タープ選びに迷っている方はぜひ読んでください。


タトンカタープの特徴と張り方を解説!

タトンカタープを知っていますか?タトンカタープはタープ選びに迷っている方にぜひおすすめしたいタープです。特徴や魅力について掘り下げるとともに、タープの張り方やおすすめのポールについても合わせて紹介します!

タトンカタープの特徴・魅力

ポリコットン素材

タトンカタープは『丈夫で乾きやすい』、『通気性がよく結露しにくい』など、優れた特徴を備えています。その秘密は、コットン65%とポリエステル35%混紡のポリコットン素材にあります。
ポリコットン素材は、ポリエステルとコットン、それぞれの素材の良さを兼ね備えた素材。ポリコットンを活かしたタトンカタープの魅力を、更に詳しく見ていきましょう。

遮光性が高い

夏場のキャンプでは、強い日差しによる熱中症に注意が必要。ポリコットン素材は、コットンの特徴である優れた遮光性を備えています。
夏の厳しい暑さから身を守るために、濃い日陰を作れるかどうかは非常に重要です。タトンカタープは、夏のキャンプを安全・快適に過ごすのにもおすすめです。日除けとして自宅の庭やウッドデッキで使用しているという声も。

防水効果が高い

タトンカタープは表面に撥水加工が施されています。また、コットンは水で膨張する性質があり、雨で水を含むと雨を通しにくくなるそう。 天気の心配なくキャンプに行けるのはうれしいですね!

防火効果が高い・焚き火ができる

タープで心配なのが、焚き火の火の粉。せっかくの楽しいキャンプ中、火の粉があたって大事なアイテムに穴が…なんてことになるとテンションが下がってしまいますよね…。
コットンには火の粉への耐性があるため、タープの中で焚き火を楽しめます。ただし、焚き火中の火力には十分注意してくださいね!

種類が豊富でおしゃれ

『キャンプアイテムは機能だけじゃなく見た目も大事!』という声も増えています。タトンカタープは、ベージュとカーキの絶妙な風合いをもつ”コクーン色”が特徴。太陽の光が当たることで、自然の中に溶け込む美しい発色を見せてくれます。
サイズとデザインの異なる4種類のラインナップがあるので、きっとお気に入りが見つかることでしょう。お庭に張っておしゃれをエンジョイするのもgood!

安価で手に入る

タトンカタープの魅力は手に入れやすい価格帯にもあります。TC素材のタープを取り扱う他のメーカー品では、価格帯がおおよそ3~5万円台となることも珍しくありません。タトンカタープは、モデルにより1~2万円台から購入することができてお手ごろです。

タトンカタープのモデルの種類と製品情報

モデル①タトンカタープ1TC

タトンカタープ 1TC

¥24700

タトンカの1TCモデルは、ファミリーやグループで使えるビッグサイズ。人気もNO1!
”ポールやロープを付けられる箇所が多く、アレンジが効きやすいので大変気に入ってます”との声もあり、ゆったりとした使い方はもちろん、色々な張り方もできるのが魅力のモデルです。

サイズ445×425cm
重量2.95kg
男性
男性

大活躍!

評価:

家族5人と甥っ子1名で使っても十分な広さを確保。夜に大雨がありましたが問題なく使用できました。

モデル②タトンカタープ2TC

タトンカタープ 2TC 300×285cm

¥14380

タトンカの2TCは、ソロや少人数のキャンプで活躍してくれる、最小&最軽量モデルです。他のモデルと比較しても値段がお手頃なので、タトンカタープを試してみたいという方にもおすすめ。場所を取りすぎないので、テントの前に小さな庭を作ることもできます。

サイズ300×285cm
重量1.35kg
男性
男性

良い買い物をしました

評価:

バイクでのソロキャンプ用に購入しました。一人で使うには大きいかなと思いましたが、タープの下にバイクを置くとちょうどよいスペースでした。

モデル③タトンカタープ3TC

タトンカタープ 3TC

¥22680

タトンカの3TCモデルは、4種類の中で唯一の正方形型のタープです。辺が凹んだ形状をしているので有効面積は小さいですが、他のモデルと比べて風に強いのが自慢です。
”張り姿がかっこよく、他の人とかぶらないので気に入っています”との声もあり、3TCはおしゃれを重視したい方にもおすすめのモデルです。

サイズ400×400cm
重量2.1kg
男性
男性

焚き火もゲリラ豪雨も跳ね返すタフなタープ!

評価:

ゲリラ豪雨でもびくともせず、リビングは快適に保たれ、焚き火をやってもタープが熱を持つこともありません。予想以上に性能が高いと言うことで、大満足しております。

モデル④タトンカタープ4TC

タトンカタープ 4TC

¥26482

タトンカの4TCは、1TCと2TCのいいとこ取りをした、使いやすいモデルです。1TCほど大きすぎず、林間サイトなど狭い場所でも使用できます。また、4TCは2TCより長さがあるので張り方のアレンジを楽しむことも可能。

サイズ400×285cm
重量1.8kg
男性
男性

バイクでキャンプするのに購入

評価:

タープの下で何回か焚火しましたが今の所穴は空いていないのでそれなりに丈夫だと思います。ハトメの箇所は補強されていてかなり引っ張っても問題ありませんでした。

タトンカタープ比較表

タイプ

1TC

2TC

3TC

4TC

画像

サイズ

445×425cm

300×285cm

400×400cm

400×285cm

重量

2.95kg

1.35kg

2.1kg

1.8kg

特徴

人気NO1モデル ・大型で居住性に優れる ・目安人数4~6人

タトンカ最小&最軽量モデル ・サブタープとしてもおすすめ ・目安人数1~2人

・設営がしやすいシンプルさ ・風に強い ・目安人数1~3人

・色々な張り方が可能 ・1TCと2TCのいいとこ取りサイズ ・目安人数2~4人

商品リンク

タトンカタープの張り方とアレンジ

タトンカタープの張り方

タトンカタープの基本の張り方をチェックしましょう。
まず、タープを張りたい場所に広げます。次に、四隅にガイドロープをつけて、少しだけゆとりを持たせた状態でペグを打ち込みます。そして、四隅にある穴にポールを通して1本ずつ立てていけば完成です。

タトンカタープのアレンジした張り方

タトンカタープは形状がシンプルで、ハトメ(ポールを通すことができる穴)が多いという特徴があります。これにより、張り方のアレンジがしやすいんです。
ポールの高さを変えてみたり、テントと繋げてみたり。他にも、ロープを結ぶ位置を変えてみたり、タープの半分を地面につけて影を濃くしたり…色々な工夫をすることが可能です。設営になれてきたら、ぜひアレンジした張り方も試してみてください。

タトンカタープに使うおすすめのポール

FIELDOOR(フィールドア)木製テントポール

FIELDOOR(フィールドア) 木製テントポール 2本セット

サイズ直径3.2cm×長さ245cm (有効長 : 240cm)
重量約1.6kg(1セットあたり)
材質天然木(タモ材) 他
40代女性
40代女性

改良されてさらに良くなったみたい!

評価:

先端のハトメに入る部分が改良されて6mmになったので、タトンカにも入りました。改良されたと書いてあったので思い切って購入してみてよかったです。

VASTLAND(ヴァストランド)タープポール

VASTLAND(ヴァストランド) タープポール 2本セット

サイズ直径3.3cm×長さ120~280cm(最長)
重量約1.25kg(1セットあたり)
材質アルミニウム合金
男性
男性

いい商品だと思います。

評価:

最初、太すぎたかなと思いましたが、風が強い日のキャンプでも、平気でした。

タトンカタープに使うおすすめポール比較表

ブランド

FIELDOOR(フィールドア)

VASTLAND(ヴァストランド)

画像

サイズ

直径3.2cm×長さ245cm (有効長 : 240cm)

直径3.3cm×長さ120~280cm(最長)

重量

約1.6kg(1セットあたり)

約1.25kg(1セットあたり)

材質

天然木(タモ材) 他

アルミニウム合金

タトンカタープQ&A

家族5人のファミリーキャンプには、1TCと3TCのどちらがおすすめですか?

家族5人の場合、実用性が高いのは1TCの方ではないでしょうか?見た目で選ぶなら3TCも悪くありませんが、5人で使用するには、3TCだと小さいと思います。

タトンカタープを個人輸入で安く入手したいと思っています。おすすめのサイト等はありますか?

個人輸入はあまりおすすめできません。不良品の発生や、商品の紛失などが起きた場合も自己責任です。安い発送方法の指定もできないため、思った以上に送料がかかってしまうリスクもあります。状況にもよりますが、楽天やAmazonなどで購入するのをおすすめします。

タトンカタープでテント前の庭を作ろう!

以上、タトンカタープの紹介でした!シンプルな張り方はもちろん、工夫次第で色々なアレンジも可能なのがタトンカタープの魅力。あなたもお気に入りのタープを見つけて、テント前に自分だけの快適な庭を作りませんか?

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。


シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

シンプルなデザインで長く使える!無印良品でおすすめのキャンプ用品12選

無印良品の収納やボックスはキャンプ用品としても大活躍します。キャンプ場の景色にとけこむシンプルで上質なデザインはお洒落さをぐっと底上げしてくれます。この記事では、これからキャンプ用品を集めたい人に向けて「無印用品のおすすめキャンプ用品をたっぷり12種類」大公開します!


ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品23選!初心者にもベテランキャンパーにも

ロゴスのおすすめキャンプ用品について解説します。アウトドアブランド「ロゴス」は、多くの人が使えるように良心的な価格設定など、ロゴスの魅力について説明。また、初心者やベテランキャンパーにおすすめのキャンプ用品を紹介します。


SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価・使い方まとめ!

SOTO「マイクロレギュレーターストーブ」の評価や使い方を徹底解説します!キャンプ好きの方なら多くの方が知っているマイクロレギュレーターストーブは、キャンプの時に持って行くと大活躍間違いなしのシングルバーナーです。購入しようか迷っていた方は必見です!


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。