「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

オイルランタンの燃料は何がいい?灯油・パラフィンオイルの特徴も

オイルランタンの燃料は何がいい?灯油・パラフィンオイルの特徴も

オイルランタンの燃料について紹介します!灯油やパラフィンオイル、ホワイトガソリンなど、オイルランタンの燃料としての違いもまとめました。持ち運びのしやすさや安い種類、燃料の容器について、さらには使った後の燃料の抜き方も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


オイルランタンにおすすめの燃料を紹介!

ランタンと言えば、電池を使ったものを利用している人も多いです。しかし、よりキャンプにこだわりたいのならオイルランタンがおすすめ。そんなオイルランタンには灯油やパラフィンオイル、ホワイトガソリンなどを利用します。
オイルランタンにおすすめな燃料の種類を紹介するので、オイルランタンが気になるという人はぜひ参考にしてみてください。持ち運びに便利な種類や値段が安い種類など様々です。

オイルランタンの魅力

使ったことがないという人は、どのような魅力があるのか気になっているはずです。そのため、まずはオイルランタンの魅力について掘り下げていきましょう。

魅力①着火が簡単

オイルランタンがおすすめな理由として、着火が簡単なことが挙げられます。燃料を入れて芯の部分に着火するだけなので、手間をかけたくないという人におすすめです。ただし、定期的なメンテナンスが必要になるのでその点は注意してください。

魅力②雰囲気抜群の明るさ

オイルランタンは一般的なランタンとは異なり、雰囲気のある明るさが特徴的です。灯油やパラフィンオイル、ホワイトガソリンを燃やして炎が光源となります。ゆらゆらと揺れる炎は、明るさを調節することも可能です。

魅力③炎が安定している

形状を見ると分かるように、炎は周りの環境に左右されないのが特徴的です。天候が悪い場合でもしっかりと安定した炎を楽しむことができます。これは、上から取り入れられた空気がパイプを通って中に入り、バーナーにそそがれているからです。

魅力④手間がかからない

持ち運びが便利という点が魅力的な上、手間がかからないことでも人気が高いです。燃料を燃やすだけなのでガスボンベなどのゴミが出ません。使った後の手間がかからないことから、後片付けも手軽に行いたいという人におすすめです。

オイルランタンの燃料の種類

様々な容器に入った燃料は持ち運びに便利だったり、安い値段で販売していることも。ここからは燃料に使える灯油、パラフィンオイル、ホワイトガソリンについて掘り下げていきましょう。

灯油

パラフィンオイル

パラフィンオイルは、ロウソクが溶けて液体になったものを指します。灯油と比べると安いわけではありませんが、安全性が高いです。安全性が高いのは揮発性が低いから。臭いが出にくいという特徴もあるため、快適に過ごしたいという人にはパラフィンオイルがおすすめです。

ホワイトガソリン

ホワイトガソリンは値段が高くなるという特徴があります。しかし、引火点が低いことから正しく使うことで寒い季節でも快適に利用可能です。また、ホワイトガソリンは煤がでないという特徴があることからお手入れがとても簡単です。

おすすめのオイルランタン燃料3選

これからオイルランタンを使ってみたいという人に、おすすめ燃料を3選紹介します。それぞれ持ち運びやすい容器に入っていますので、気になる人はぜひ参考にしてみてください。

おすすめのオイルランタン燃料①ガレージ・ゼロ PURE WHITE

ガレージ・ゼロ PURE WHITE ホワイトガソリン 4L

¥2200

こちらの商品は4Lも入っているので、日常的にオイルランタンを使っているという人におすすめです。ホワイトガソリンはキャンパーから人気の高い燃料なので、アイテムにこだわりたいという人ぜひ購入してみてはどうでしょうか。

20代/男性
20代/男性

大容量で安心

評価:

普段からよくキャンプに行っているので、大容量だととてもありがたいです。容器に詰め替えないといけないのが大変だけど、それ以外はデメリットがないように感じます。

おすすめのオイルランタン燃料②ムラエ商事 防虫ハーブオイル

ムラエ商事 防虫ハーブオイル [RO−F300 300] [7-1659-0101] NOI3701

¥904

こちらの商品は、優しいハーブの香りが特徴的です。ハーブの香りは虫よけ効果を発揮してくれるため、夏におすすめな燃料と言えます。また、持ち運びやすい容器となっているので荷物を減らしたい人にもおすすめです。

20代/女性
20代/女性

夏のキャンプにピッタリ

評価:

私は虫がとても苦手なので、こちらのオイルを利用しています。虫を寄せ付けないので一晩中使っていて減りが早いですが、夏でも安心してキャンプができています。

おすすめのオイルランタン燃料③STARFUEL スターパラフィンオイル

STARFUEL スターパラフィンオイル 1L スターフューエル

¥1404

こちらの商品は刺激臭がなく、使いやすいという特徴があります。容量は1Lなので持ち運ぶ際は自分で容器を用意するようにしてください。手軽にホームセンターなどで購入できるだけでなく、手入れも簡単なので初めて利用する人におすすめです。

40代/男性
40代/男性

定番の燃料

評価:

灯油は臭いが気になってしまうので、こちらの商品に変えてみました。容量が多くて臭いもなく、安心して利用することができました。ホームセンターでも購入できるので、手軽に手に取れるのもおすすめの理由の1つです。

おすすめのオイルランタン燃料3選の比較表

ブランド

ガレージ・ゼロ

ムラエ商事

STARFUEL

画像

特徴

大容量 ・キャンパーから人気

虫よけ効果あり ・臭いが気にならない ・持ち運びやすい

刺激臭がない ・手入れが簡単 ・ホームセンターで購入できる

商品リンク

商品リンク

楽天(1760円)

商品名

PURE WHITE

防虫ハーブオイル

スターパラフィンオイル

オイルランタンの使い方と手入れ方法

オイルランタンを初めて使用する場合、使い方や手入れ方法が気になるはずです。ここからは使い方や手入れ方法、残った燃料の抜き方について紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

オイルランタンの使い方

オイルランタンの芯は2mmほど両端を斜めに切り取っておきましょう。給油口からお好みの燃料を入れて、芯に火をつけてください。手順はこれだけです。ただし、芯の部分が黒くなっている場合は、火をつける前に切り取っておくことが大切です。

オイルランタンの手入れ方法

次は、手入れ方法についてです。使った後はキッチンペーパーなどを給油口に入れて、オイルを吸いだしてください。この抜き方はゴミが出てしまうため、ゴミを出さない抜き方を知りたい人は下記を参考に。また、煤は布でふき取るだけで綺麗に手入れ可能です。

残った燃料はどうする?

使用した後に残った燃料は、そのまま置いていても問題ありません。どうしても抜きたい場合は長さのあるスポイトを使った抜き方がおすすめです。特に持ち帰る際に漏れる可能性があるため、キャンプが終わった段階でこちらの抜き方を実践してみてください。

オイルランタンを使う時の注意点

オイルランタンは雰囲気があるのでキャンパーから人気です。ただし、いくつか注意点があります。ここからは使用時の注意点について掘り下げていくので、使う際の参考にしてください。

テント内で使わない

一酸化炭素が発生するオイルランタンは、テント内では使用しないようにしてください。テントを締めきっていると一酸化中毒になる可能性があります。また、火事の原因になってしまう可能性も否定できないのでその点に注意する必要があるでしょう。

安定感のある場所で使う

燃料を入れて使うため、安定感のある場所で使う必要があります。安定しない場所で使用すると燃料が漏れてしまったり、火事の原因になる可能性が高まるので注意してください。一番良いのは安定しているテーブルの上です。

オイルランタンの燃料のQ&A

おすすめの燃料は?

燃料は3種類あり、それぞれおすすめな理由があります。灯油は最も安い値段で購入でき、ホワイトガソリンはは手入れが簡単です。パラフィンオイルは臭いが少ないうえ、アロマ効果のある商品も販売されています。そのため、安いなどメリットとデメリットを比べて自分に合った燃料を購入してください。

余ったオイルはどうすればいいですか?

余ったオイルは、キッチンペーパーやスポイトを使って処理しましょう。キッチンペーパーはしっかりとオイルを吸い出すことができますが、ゴミになってしまいます。そのため、ある程度長さのあるスポイトで燃料を吸い出してから、最後キッチンペーパーで綺麗にするのがおすすめです。

オイルランタンの良いところは?

オイルランタンは雰囲気が出るという魅力があります。ほんのりとした優しい光なので、まったりとキャンプを楽しみたいという人におすすめです。

デメリットはある?

燃料は2種類の抜き方があります。スポイトを使った抜き方だと少し残ってしまう可能性もあるので注意が必要です。また、抜き方だけでなく安定感のある場所で利用しないといけないという点もデメリットと言えるでしょう。

持ち運びはできる?

燃料を持ち運びする場合は、自分で別に買った容器を利用するのがおすすめです。容器はしっかりと密閉できるものを購入しましょう。

オイルランタンは燃料選びも重要!

オイルランタンはキャンパーから人気があるアイテムですが、燃料に何を選ぶかも重要です。それぞれメリットとデメリットがあるため、見比べながら選んでみてください。また、いくつか使用時の注意点があるためそちらも守りつつ利用しましょう。
使い方を間違えなければ快適に過ごすことができる他、楽しいキャンプになります。まだ持っていない人や気になっているという人は、この機会にオイルランタンを購入してみてはどうでしょうか。

ルーメナーのランタンが優秀すぎる!最新3機種を比較して紹介

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/light/%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%81%8c%e5%84%aa%e7%a7%80%e3%81%99%e3%81%8e%e3%82%8b%ef%bc%81%e6%9c%80%e6%96%b03%e6%a9%9f%e7%a8%ae%e3%82%92/

ルーメナーについて徹底解説していきます!抜群の明るさを持ち、モバイルバッテリーとしての機能も備えたルーメナーの、最新3機種の性能の違いを比較して紹介します。キャンプギアとしておすすめのアイテムになるので、参考にしてください。

固形燃料を使って炊飯しよう!おすすめアイテム11選も紹介!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/fire_starter/%e5%9b%ba%e5%bd%a2%e7%87%83%e6%96%99%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e7%82%8a%e9%a3%af%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%ef%bc%81%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%a011/

固形燃料を使って炊飯する方法を紹介します。固形燃料の保存方法や鍋や焼肉、着火など用途に合わせた固形燃料の選び方などをジャンル毎に詳しく説明しました。また、ダイソーをはじめとしたおすすめの固形燃料についてもまとめたので、ぜひチェックしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

関連するキーワード


ランタン・ライト

関連する投稿


100均のヘッドライト特集!キャンプや釣り・登山におすすめ!

100均のヘッドライト特集!キャンプや釣り・登山におすすめ!

100均のヘッドライト特集です。100均のヘッドライトから、ダイソーとセリアの3つの商品を紹介します!さらに、ヘッドライトの選び方のポイントも解説します。キャンプや釣り・登山のために、ヘッドライトを買おうと思っている方は読んでみてください。


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。