「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

6つのタイプ別に解説!家族で使える「4人用テント」おすすめ30選

6つのタイプ別に解説!家族で使える「4人用テント」おすすめ30選

家族4人で使えるおすすめテントを6つのタイプ別に紹介します。さまざまなメーカーから販売されているテントですが、種類が多くて迷うかもしれません。それぞれのテントについて機能性や重量など詳しく解説しました。ぜひテント選びの参考にしてください。


◆ファミリーやグループにぴったり!4人用テントの選び方

ファミリー向けのテントにはさまざまな種類があり、テントの種類によってテント内のスペースや設営のしやすさなどに違いがあります。快適な空間を確保するためには適切なテント選びが大切です。

テントを選ぶうえで大切なポイントを4つに分けて解説します。 

テントの種類を知ろう

まずは、テントの種類について解説します。よく聞くけど、イマイチ違いがわからない方は、ここで一旦整理してみましょう。

  •  ドーム型テント:シンプルな構造で設置がしやすい半球型。風の影響を受けにくく、他のテントに比べると求めやすい価格のものが多いのが特徴。サイズ展開も豊富で選択肢が多い
  • ティピー:おしゃれな外観で設営が簡単だが、ペグダウンは必須。天井高さは高いものの、壁が斜めなのでデッドスペースになりやすいのがデメリット。
  • 2ルームテント:寝室とリビングスペースを兼ね揃えるので、居住性が高いのが特徴。ドームテントに比べると設営・撤収に時間を要し、金額は高い傾向にある。
  • トンネル型テント:2ルームテントの一種でカマボコテントとも呼ばれる。居住性が高いのが特徴。
  • ロッジ型テント:山小屋のような形状のおしゃれなテント。居住空間が広いものの、重量は重めで設営に時間を要すものが多い。
  • ワンタッチテント:デイキャンプでも利用でき、ワンタッチで設営・撤収が可能。価格も手ごろで軽量なものが多い分、他のテントに比べると耐久性が劣る。 

収容人数をチェック

テントを選ぶときは実際の人数プラス1名の収容人数があるサイズがおすすめ。スペースの余裕があるサイズのテントを選ぶと、荷物を置いても窮屈さを感じずに過ごすことができます。

テントの種類によっても居住性が異なるので先ほどのテントの特徴も意識して選びましょう。 

設営のしやすさは?

シンプル構造のテントほど設営がしやすくなります。キャンプ初心者の方やキャンプでの時間を有意義に使いたい方は設営のしやすさも考慮してみましょう。

2ルームテントなら、設営できれば寝室とリビングルームが確保できます。ドーム型のようにタープを張らなくて良いので、考え方次第では効率の良いテントと言えます。 

耐水圧をチェック

キャンプは天気が良い日を選びたいものですが、急に天候が変化することもありますよね。テントも素材によって耐水圧が異なるためある程度のスペックはチェックしておきましょう。

コットン・TC素材と比べてポリエステル・ナイロンの方が耐水圧が高い傾向にあります。また大雨でも耐水圧が1500㎜以上あると安心です。ただし、耐水圧が高いと通気性が悪くなるので、耐水圧と合わせてベンチレーション機能もあるか確認すると良いでしょう。

あわせて読みたい関連記事

軽量・おしゃれ・コスパも良し!「2人用テント」おすすめ21選

https://news-magazine-campers.com/articles/1842

さまざまなブランドから販売されている2人用テントについて紹介します。荷物の多さや一緒に行く人によって選ぶ基準もさまざまな2人用テント。おしゃれなものからワンタッチのものまで幅広く解説しましたので是非参考にしてみてください。

【ドーム】おすすめの4人用テント

さまざまなメーカーから販売されているドーム型テントの中から厳選しておすすめを紹介します。さっそく見てみましょう。

スノーピーク ランドネストドーム M

スノーピーク ランドネストドームM

¥ 51,700 ( 2024年1月16日時点 )

スノーピーク独自の逆Y字フレームが採用されており、一人でも設置が可能なテントです。耐水圧1800㎜あり急な雨でも安心。ポールを追加してキャノピーとして跳ね上げると、簡単な日よけが完成し開放感が増します。


使用時サイズ‎450 x 280 x 160 cm
収納時サイズ70×21×25cm 
素材75Dポリエステルタフタ
重量8.7kg

スノーピーク アメニティドームM アイボリー

スノーピーク アメニティドームM アイボリー  

¥ 63,800 ( 2024年1月16日時点 )

USA限定モデルが国内に登場。アイボリーカラーがひと際目を引くテントです。初心者でも使いやすいテントで人気があります。スカートがついていないため、真冬のキャンプを想定している場合には注意しましょう、キャノピーを跳ね上げるポールも別売りです。


使用時サイズ505×280×150㎝
収納時サイズ74×22×25㎝
素材75D難燃性ポリエステルタフタ
重量8kg

コールマン タフドームエアー/3025+

コールマン タフドームエアー/3025+

¥42,425 ( 2024年1月16日時点 )

テント内部が真っ黒となった遮光性抜群のドームテントです。室内高さ175㎝あるので居住空間も広く感じられ、キャノピー跳ね上げのポールも付属しています。ワイドメッシュや換気システムにより通気性にも優れています。


使用時インナーサイズ450 x 300 x 175㎝
収納時サイズ24×70cm
素材75Dポリエステルタフタ
重量

約9.8kg

ノースフェイス ランダー4

ノースフェイス アウトドア ランダー4

¥ 77,000 ( 2024年1月16日時点 )

シックなオリーブカラーが購入意欲をそそられる、おしゃれなテントです。吊り下げ式のインナーテントを採用したドーム型テントで、スカート付きとなっているためオールシーズン対応可能。室内高180㎝で大人4人が就寝可能です。


使用時サイズフロア210×230×180㎝
収納時サイズ24×65×24cm
素材75Dポリエスエル
重量約7.57㎏

ムラコ グスタフ4P

ムラコ グスタフ 4P

¥ 91,300 ( 2024年1月16日時点 )

左右非対称の形が印象的な山岳用テント。6本のポールを使用しクロスポイントが多いことで耐風性に優れています。 耐水圧2,500mmで急な天候の変化にも対応できるほか、ベンチレーションを完備しているので通気性の心配もありません。


使用時サイズ

260×435×165cm

収納時サイズ70×20×20cm
素材68Dリップストップポリエステル
重量約8.7kg 

【ティピー・ワンポール】おすすめの4人用テント

デザイン性も考慮した設営が簡単なティピーテントのおすすめを厳選しました。それぞれのテントの特徴を詳しく解説しましたので、みていきましょう。

コールマン ティピーTX/ST

コールマン ティピーTX/ST

¥34,980 ( 2024年1月16日時点 )

各所をペグダウンし、メインポールとフロントポール各1本で設置ができるシンプル構造。スカート付きで通年の使用が可能なほか、フライシートのみでデイキャンプでも利用できます。耐水圧は1500㎜で雨天時の使用も安心。非常に簡単に設営・撤収ができるので初心者にもおすすめです。


使用時サイズ385×325×200cm
収納時サイズ20×60cm
素材75Dポリエステルタフタ
重量約6.6kg

テンマクデザイン サーカスTC BIG

テンマクデザイン サーカスTC BIG

¥ 53,394 ( 2024年1月16日時点 )

遮光性と通気性を兼ね揃えたTC素材の大きなワンポールテント。テント自体が大きいので、このテントの中に小さなテントを張るカンガルースタイルでも利用が可能。冬には薪ストーブを使用する方もいるようです。TC素材のため重量は重めで10㎏を超えます。


使用時サイズ520x520x350cm 
収納時サイズ(約)760×540×100(高)mm 
素材コットン混紡生地(TC)撥水加工
本体重量11,386g

DOD ワンポールテントRX(M)TC

DOD ワンポールテントRX(M) TC

¥ 69,026 ( 2024年1月16日時点 )

火の粉に強いTC素材を使用したワンポールテント。カラーは4色展開とバリエーション豊富です。DODのトンガリハットを利用すれば。別売りのタープとの連結も可能で大きなスペースを作り出すことができます。スカートもついているので通年での使用が可能です。


使用時サイズ300×300×210cm
収納時サイズ60×25×25cm
素材ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
重量(約)8.7kg

Soomloom ワンポールテント

Soomloomワンポールテント

¥ 25,800 ( 2024年1月16日時点 )

中国のアウトドアブランドから販売されているワンポールテント。他のテントに比べると手軽な価格設定でありながら機能性も充実。エアコン排気口や煙突穴が完備されています。ただし、他のテントに比べるとペグダウンの数が多めとなります。


使用時サイズ285x275x208cm
収納時サイズ80x21x18cm
素材150Dポリエステル
重量約8.8kg

ワークマン 耐久撥水ワンポールシェルター 4人用テント

フロアシート一体型のシングルウォール構造のテント。本体を設置すればグランドシート等を準備する必要がないので初心者に大変おすすめです。出入口部分には前室を作って靴を置くスペースを作ることができます。


使用時サイズ
370×370×215cm
収納時サイズ
70×20×20cm
素材
ポリエステル
重量
6.6kg
価格¥17,800
ワークマン公式サイト

【2ルーム】おすすめの4人用テント

寝室だけでなくリビングスペースも欲しい方必見。おすすめ2ルームテントを5つピックアップしました。

モンベル ムーンライト キャビン4

モンベル ムーンライト キャビン4

¥147,000 ( 2024年1月16日時点 )

設置のしやすさが評判のモンベルの2ルームテント。4人家族にぴったりサイズでありながら、他の2ルームテントと比べると軽量なので持ち運びも苦にまりません。ファミリーで軽量な2ルームテントをお探しの方におすすめのテントです。


使用時サイズ580×275×213㎝
収納時サイズ70×27×31cm
素材68デニール・ポリエステル
重量13.0kg

コールマン タフスクリーン2ルーム TX/MDX

コールマン テント タフスクリーン2ルーム TX/MDX

¥ 86,000 ( 2024年1月16日時点 )

こちらのテント素材はポリエステルですが、テックスファイバーと呼ばれるコットンのような質感が特徴です。耐水圧は2000㎜で雨の日の使用も安心で、速乾性に優れた素材になっています。結露を防止するルーフフライやスカートがついているので通年での利用が可能です。


使用時サイズ560×340×210cm
収納時サイズ35×74cm
素材75Dポリエステルタフタ
重量約20.5kg

ロゴス Tradcanvas PANELドゥーブルXL

ロゴス Tradcanvas T/C PANEL XL

¥ 117,378 ( 2024年1月16日時点 )

先述したコールマンのテントに比べ、若干フロア面が狭いものの、別売りのデビルブロックルームを取り付けることでより広いスペースを作り出すことができます。通気性も抜群で、室内高さは180㎝あるため圧迫感を感じずに過ごすことが可能です。


使用時サイズ630×300×205㎝
収納時サイズ54×63×23cm
素材難燃性バルキーポリ
重量15.5kg

クイックキャンプ クーヴァ KURVE 2ルーム

クイックキャンプ クーヴァ KURVE 2ルーム

¥ 79,800 ( 2024年1月16日時点 )

クイックキャンプは、ユーザー目線を重視したキャンプ用品を手頃な価格で提供する日本ブランド。最大6人収容可能な余裕あるサイズでインナーテントとグランドシート付き。20㎏を超える重量がありますが、ゆったりとしたスペースを望む方におすすめです。


使用時サイズ680×355×200cm
収納時サイズ65×40×40cm
素材ポリエステル
重量20.5kg

トウキョウクラフト セレニティ2ルームテント スタンダードセット

4本のポールで自立するため簡単に設営が可能。テント内は黒のPU加工が施されているため遮光性に優れており広々とした空間が作り出せます

前方のパネルは生地が二重になっており、大型キャノピーの張り方次第でプライベート空間を確保したり、開放的に使うこともできます。 


使用時サイズ
600x350x220cm
収納時フライケースサイズ
75x28x28cm
素材
75Dリップストップ
重量
約22.5kg
価格¥94,140(2024年1月16日現在)
トウキョウクラフト公式サイト

あわせて読みたい関連記事

【新作も】確かな品質と唯一無二のデザイン!話題の新興ブランド「トウキョウクラフト」とは

https://news-magazine-campers.com/articles/1753

話題の新興ブランド「トウキョウクラフト」おすすめのギアを紹介します。人気YouTuber「タナちゃんねる」代表者の思いが詰まった、唯一無二のキャンプギアが注目されています。新たなギアを発掘したいおしゃれキャンパーさんはぜひチェックしてみましょう。

【トンネル】おすすめの4人用テント

トンネル型テントは、その外見からは設営が大変と思われがちですが、構造はシンプル。設営が簡単で、広いスペースを作り出せるトンネル型テントのおすすめを紹介します。 

ノルディスク レイサ4 PU

ノルディスク レイサ4 PU

¥ 127,050 ( 2024年1月16日時点 )

しろくまのロゴマークが目印のデンマークブランド「ノルディスク」から販売されているトンネルテントです。カラーは2色、サイズは2サイズ展開。ポールはアルミニウム・テント素材はポリエステルなので2ルームテントに比べると軽量となっています。構造がシンプルなので設営も簡単で、テント内には収納スペースが設けられているため大変重宝します。


使用時サイズ495 x 230 x 190cm
収納時サイズ25 x 65cm
素材ポリエステル
重量10kg

オガワ アポロンS

OGAWAアポロンS

¥ 141,900 ( 2024年1月16日時点 )

季節を問わず使用可能で設営が簡単な2ルームテント。最大人数は3人となります。コンパクトながらメッシュやサイドパネルの使い方次第でアレンジが効くテントです。


使用時サイズ440×255×182㎝
収納時サイズ70x32x32cm
素材ポリエステル75d 
重量13.2kg

スノーピーク エントリー2ルーム エルフィールド

スノーピーク テント エントリー2ルームエルフィールド

¥ 104,500 ( 2024年1月16日時点 )

ファミリー用のエントリーモデルで、価格と機能性・品質のバランスが取れたテントです。スカート付きでメッシュも完備されているので、時期を問わず利用できます。テント内高さも2m以上のため余裕があり、家族での利用におすすめです。


使用時サイズ600×380×210㎝
収納時サイズ83×30×34cm
素材75Dポリエステルタフタ
重量15.5kg

FIELDOOR トンネルテント

FIELDOOR トンネルテント

¥ 26,510 ( 2024年1月16日時点 )

寝室とリビングスペースを同時に設置でき、かつ低価格で購入可能なトンネルテント。カラーは3色展開。全面メッシュで開放感も抜群です。初期費用を抑えつつ家族でキャンプを楽しみたい方には非常におすすめです。


使用時サイズ260×620×195cm
収納時サイズ

68×28×28cm

素材ポリエステル
重量13kg


TOMOUNT トンネルテント

TOMOUNT トンネルテント

¥ 94,230 ( 2024年1月16日時点 )

中国のアウトドアメーカー であるTOMOUNTから販売されているトンネルテント。やや重量があるものの、キャノピーの使い方次第で様々なアレンジが可能です。薪ストーブ用の煙突穴が標準装備されており冬キャンプに重宝します。


使用時サイズ‎210×550×260㎝
収納時サイズ‎38x85x38cm
素材210Dオックスフォード生地
重量27.5 kg

【ロッジ】おすすめの4人用テント

デザインが山小屋のようなロッジ型テントを紹介します。ロッジテントの中からおしゃれで人気の5選ピックアップしました。さっそく特徴を見てみましょう。 

オガワ オーナーロッジ タイプ52R

オガワ オーナーロッジ タイプ52R

¥ 79,310 ( 2024年1月16日時点 )

ロッジをモチーフとした、レトロな雰囲気のテントです。リビングルームはないものの、タープを張ることで演出可能。ドーム型と異なりテント内が四角形なので、形状を活かした荷物の配置がしやすいこともメリット。また、窓もあるので通気性も抜群です。


使用時サイズ310×260×210㎝
収納時サイズ84×24×36cm
素材フライ:ポリエステル210d
重量 16.9kg

オガワ オーナーロッジ ヒュッテレーベン

オガワオーナーロッジ ヒュッテレーベン

¥ 137,500 ( 2024年1月16日時点 )

横長のデザインが特徴的なロッジテントです。一見設営が難しいと思われがちですが、意外とコンパクトなので設営簡単。また、ワンポールテントに劣らない耐風性を兼ね揃えています。窓をメッシュにすることができ、フラップを張りだすことでスペースが広がり雨の日でも安心です。


使用時サイズ520×225×205㎝
収納時サイズ84x34x46cm
素材屋根部分ポリエステル、幕体側面ポリコットン
重量19.6kg

スモア Dolce lodge

スモア Dolce Lodge

¥ 134,417 ( 2024年1月16日時点 )

まるで家のような外観が特徴で、床面積は3×3mと広々としています。そのため、ダブルサイズのベッドパットを敷いてもゆとりあるスペース。また、四方にある窓のおかげで通気性も抜群です。重量は、約30㎏とやや重めなので車での移動がおすすめと言えます。


使用時サイズ305×305×198~203cm 
収納時サイズ96×30×30cm
素材コットン35%、ポリエステル65%、ポリコットン素材(TC)
重量30㎏

テンマクデザイン ミグラテール

テンマクデザイン ミグラテール

¥ 87,780 ( 2024年1月16日時点 )

外からも中からも楽しめる、3面に展開される大きな格子窓が印象的なテント。標準装備されているキャノピーポールでサイドウォールを立ち上げれば簡単なタープ代わりにもなり重宝します。出入口も2か所あるため、通気性もばっちり。やや重量は重めですがコストパフォーマンスと機能性が両立するテントと言えます。


使用時サイズ353×232×210cm
収納時サイズ68×36×20cm
素材屋根部:ポリエステル/コットン混紡生地(TC)
重量21.6kg

あわせて読みたい関連記事

日本発ブランド「tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)」!おすすめのテント17選

https://news-magazine-campers.com/articles/1845

「テンマクデザイン」は、大型テントなどで知られる、キャンパーから幅広く注目されているブランドです。今回は、そんな「テンマクデザイン」のおすすめテントを17選紹介します。テントの性能や特徴なども詳しく解説しますので、参考にしてください。

ノルディスク ヴィムル 4.8

ノルディスク ヴィムル 4.8

¥ 64,251 ( 2024年1月16日時点 )

テクニカルコットン素材が特徴のノルディスクのテント。こちらのテントは2~3人用ですが、最大の特徴は6人用のミッドガルドとファスナーで連結が可能なこと。連結すると秘密基地のようになるので子どもたちだけでなく、大人もワクワクするテントです。


使用時サイズ240×207×134cm
収納時サイズ31×80cm
素材テクニカルコットン(ポリエステル65%、コットン35%)
重量13.5kg

【ワンタッチ】おすすめの4人用テント

簡単にテント設営をしたい方おすすめのワンタッチテントを紹介します。キャンプ初心者の方だけでなく、キャンプ時間を有意義に使いたい方にもおすすめです。 

DOD おうちテント

DOD おうちテント

¥90,000 ( 2024年1月16日時点 )

軽量でスピーディーに設置が可能なワンタッチテント。おうち型のシルエットがかわいく、カーテンやひさしがついているなど細かい部分へのこだわりと遊び心が窺えます。また、取り外し可能なバスタブフロアが付いているので、シェルターとしての使い方もできます。


使用時サイズ230×230×200㎝
収納時サイズ100×29×29㎝
素材テント生地:150D ポリエステル
重量13.4kg

ネイチャーハイク Village13

ネイチャーハイク Village13

¥ 60,980 ( 2024年1月16日時点 )

ワンタッチで設営が可能な小屋型テントです。広めのキャノピーは簡単なタープ代わりになり大変重宝します。 また、天井や四周にメッシュが装備されているため、開放感、通気性が抜群。耐水圧2000㎜と高い耐水性があるため、急なお天気の変化でも安心です。


使用時サイズ395×270×183cm
収納時サイズ110×25×30cm
素材210Dオックスフォード生地
重量22kg

キィード クイックヴィラ

キィード クイックヴィラ

¥ 48,400 ( 2024年1月16日時点 )

ドイツメーカーのキィードから販売されているテント。5人収容スペースを簡単に設置ができるのが特徴です。側面が垂直に近いので内部は広く感じられ、耐風性にも優れています。求めやすい価格設定であることも特徴。設営が簡単なのでキャンプ初心者の方にもおすすめです。


使用時サイズ420×320×220 cm
収納時サイズ111×24×24cm
素材ポリエステル
重量12.2kg

モダンデコ ワンタッチドームテント

モダンデコ ワンタッチドームテント

¥ 11,999 ( 2024年1月16日時点 )

カラーバリエーションが豊富でコンパクトなワンタッチテントです。手軽でコンパクトな設計なので、キャンプだけでなく他のレジャーにも利用できます。また、手頃な価格なのでサブとして購入するのもおすすめです。


使用時サイズ240×210×145㎝
収納時サイズ95×19×19㎝
素材ポリエステル
重量5.3kg

ベアーズロック ワンタッチテント

ベアーズロック ワンタッチテント

¥30,350

収納人数6人と広々としたスペースが特徴の簡単設営可能なワンタッチテント。十分な防水性と雨風にも強いフレーム構造が採用されています。広々した室内は、天井の高さもあるため開放感たっぷり。ミニバンよりも大きいサイズ感なので、グルキャンやファミキャンなどにピッタリのテントです。


使用時サイズ310×460cm×205cm
収納時サイズ124×25×25cm
素材ポリエステル
重量14.4kg

4人用テントでゆとりのあるキャンプを!

ファミリーなどにおすすめの4人用テントを紹介しました。機能性に優れた本格テントから個性的な外観のテントまで幅広くありましたよね。サイズや耐水圧などのスペックも参考に、ご家族のスタイルに合ったお気に入りのテントを探してみてください。

この記事のライター

キャンプ歴5年目。関東在住で男の子2児のママです。
月1回を目標にキャンプに行っています。

関連する投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

国内メーカーNANGAのおすすめアイテムをご紹介します。冬キャンプを快適に過ごすなら、ダウン製品は欠かせません。キャンプだけでなく、さまざまなシーンで活躍するアイテムもたくさんあります。NANGAの冬キャンプにぴったりなダウンやシュラフを参考にしてください。


【神奈川】都心から約1時間!自然の中で本気で遊べる「表丹沢野外活動センター」をレビュー

【神奈川】都心から約1時間!自然の中で本気で遊べる「表丹沢野外活動センター」をレビュー

神奈川県・秦野市にある「 表丹沢野外活動センター」でデイキャンプをしてきました。東京から約1時間とアクセスが良く、手軽に自然で遊べる場所です。施設の設備も充実しているので初心者の方にもおすすめ。「 表丹沢野外活動センター」の体験レビューをまとめてみました。


【滋賀】琵琶湖も山もオールシーズン楽しめる 「箱館山キャンプ場」をレビュー

【滋賀】琵琶湖も山もオールシーズン楽しめる 「箱館山キャンプ場」をレビュー

「箱館山キャンプ場」は、滋賀県の北西部に位置する高島市にあります。スキー場で知られる箱館山の麓にある、知る人ぞ知るキャンプ場です。女性やファミリーにも安心快適な「箱館山キャンプ場」に実際滞在した体験をレポートいたします。


最新の投稿


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。