「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

軽量・おしゃれ・コスパも良し!「2人用テント」おすすめ21選

軽量・おしゃれ・コスパも良し!「2人用テント」おすすめ21選

さまざまなブランドから販売されている2人用テントについて紹介します。荷物の多さや一緒に行く人によって選ぶ基準もさまざまな2人用テント。おしゃれなものからワンタッチのものまで幅広く解説しましたので是非参考にしてみてください。


2人用テントの選び方

2人用テントを選ぶポイントは、誰と一緒に行くのか・荷物の多さ・出かける季節などさまざまな点を考慮して選ぶことが大切です。そのうえで、テントに求める優先順位を考えてみると、おのずと自分に合ったテントが見つかるでしょう。

2人用テントを選ぶ上で大切なポイントをピックアップしたので、チェックしてみてくださいね。

サイズは2~3人用がベスト

大人が膝を曲げずに就寝できる長さに加え、荷物の置き場を考慮すると200㎝程度の長さが必要です。サイズでいうと、2~3人用のサイズを選ぶと窮屈さを感じずに過ごせるでしょう。

 また設営のしやすさも大切なので、サイズとともに設営のしやすさも合わせてチェックすると安心です。 

重さと収納時のサイズをチェック

車移動での使用であればテントの重さや収納時のサイズはあまり気にならないかもしれません。ただし、ツーリングや登山でご自身で持ち運ぶ場合には2㎏前後が良いでしょう。

使用する季節や移動手段に合わせてチョイスしてみてください。 

前室ありのダブルウォールならより快適に

ツールームテントは設営が大変だけど、快適なスペースを確保したい方におすすめなのが前室ありのテントです。前室があることで、テント内を広く使うことができるほか、簡単な日よけにもなり非常に便利です。

またダブルウォールの場合は設営の手間があるものの、結露が発生しにくいのがメリットです。 

簡単に設営できるワンタッチテントも選択肢

キャンプ初心者の方やテント設営・撤収の時間をできるだけ短縮したい方はワンタッチテントも選択肢の一つです。親子キャンプなどで数分でテント設営ができれば、その分お子様と関わる時間も確保できます。 

【軽量】おすすめの2人用テント

こちらでは持ち運びも苦にならない、軽量のおすすめテントをピックアップしました。収納サイズや重量に注目しながら、お気に入りのテントを探してみてください。 

スノーピーク ファル Pro.air 2

スノーピーク テントファル Pro.air 2

¥ 66,000 ( 2024年1月9日時点 )

スノーピークから販売されている山岳用テント。山岳用テントだけあって、安価ではないものの携帯性に優れておりコンパクトにまとまります。通気性も考慮された作りで快適性も抜群。2~3人まで収納可能な2サイズ展開です。


使用時サイズ

210×130×100cm
収納時サイズ本体ケース:17×33cm、フレームケース:11×50cm
重量1,710g

モンベル ステラリッジ テント2

モンベル ステラリッジテント 2

¥ 41,990 ( 2024年1月9日時点 )

強風時でも素早い設営が可能な山岳用テント。ドーム型でスペースを確保しつつ、フライ含めても1.5㎏に満たないので携帯性に優れています。こちらは本体とフライが別売りです。フライも通常のレインフライのほか、前室の広いフライと積雪時用のフライの3種類があるので使用時期を考慮して選択してください。


使用時サイズ

130×210×105㎝
収納時サイズ本体:14.5×30㎝、ポール:5×41㎝
重量本体のみ880g、フライ含め1430g

ニーモ アトム オズモ 2P

ニーモ アトム オズモ 2P 

¥ 59,400 ( 2024年1月9日時点 )

携帯性とデザイン性の高さが魅力のニーモのテント。初心者向け・山岳用テントでありながら、前室は広め。ベンチレーションも設置されていて通気性も優れています。ニーモには、より軽量で耐久性の高い素材を使用したタニも展開されているので、気になる方はチェックしてみてください。


使用時サイズ
130×213×60㎝
重量
1590g

ムラコ ラピードエックスワン

ムラコ ラピードエックスワン

¥ 64,900 ( 2024年1月9日時点 )

左右非対称の形が印象的な山岳用テント。室内高さ110㎝あり、ベンチレーションも完備されています。別売りのタープと併用することで、より高い快適な空間を作ることが可能。インナーテントは吊り下げ式で簡単に設置・撤収が可能です。


使用時サイズ255×225×115cm
収納時サイズ49×16×19cm
重量1,850g

エムエスアール ハバハバシールド

エムエスアール ハバハバシールド2

¥ 99,000 ( 2024年1月9日時点 )

軽量かつ耐久性に優れたテントを展開するMSR。おしゃれなデザインも人気の1つで、ハバハバシールドは長年愛され続けてきたモデルです。大きな出入り口で居住性も確保されているので、窮屈さを感じずに過ごすことができます。


使用時サイズ259×213×101㎝
収納時サイズ46x11cm
重量約1,470g

エムエスアール エリクサー2

エムエスアール エリクサー2

¥ 50,600 ( 2024年1月9日時点 )

耐久性と居住性のどちらも兼ね揃えた、初心者にも扱いやすいテントです。収納時サイズの長さは51㎝、重量は2.5㎏を超えるので車移動での使用が良いかもしれません。出入口が2か所あるので、荷物の出し入れがしやすく設置しやすいのも魅力です。


使用時サイズ

213×127×102cm
収納時サイズ51×17cm
重量2770g

ジャックウルフスキン エクリプスII

ジャックウルフスキンエクリプスII

¥ 19,352 ( 2024年1月9日時点 )

やや重量はありますが、求めやすい価格で購入ができるテント。初心者でも設置が簡単で、トップに通すセンターポールのおかげで居住性も確保されています。


使用時サイズ220x150 x110cm  
収納時サイズ50 x 19cm
重量4,200g

あわせて読みたい関連記事

環境に優しく、洗練されたデザイン!抜群の機能性を誇る「ジャックウルフ・スキン」

https://news-magazine-campers.com/articles/1826

ドイツ発信のアウトドアブランド「ジャックウルフスキン」おすすめのテントを紹介します。リサイクル素材の使用など、サステナビリティにも力を注いでることでも話題となっています。ドイツ発の洗練されたデザインやこだわりの機能性など、気になるテントをピックアップしています。

アライテント ドマドームライト2

アライテント ドマドームライト2

¥ 72,600 ( 2024年1月9日時点 )

ペグダウンしなくてもポールだけで前室が完成するコストパフォーマンスの良いテントです。名前の通り、ポールで作られた土間空間が使いやすいとキャンパーでも人気。設営も簡単でありながら、軽量なのも魅力です。


使用時サイズ120×210×108cm、土間:60cm×112cm
収納時サイズ44×20cm
重量2000g

【おしゃれ・かっこいい】おすすめの2人用テント

車移動でさほどテント重量が気にならず、デザインや機能性重視のテントを厳選しました。おしゃれで機能性にも優れたテントですので、さっそく見てみましょう。 

スノーピーク アメニティドームM

スノーピーク アメニティドームM

¥ 52,800 ( 2024年1月9日時点 )

長年愛されてきたアメニティドームは説明書なしでも設営できるよう配慮されています。そのため、初心者でも安心して設置ができ、室内高も150㎝あるので快適な空間を確保できるでしょう。ゆったりとした前室もあり非常に便利と評判です。


使用時サイズ280×505×150㎝
収納時サイズ74×22×25㎝
重量8kg

あわせて読みたい関連記事

スノーピークの人気テント17選!ソロ、デュオ、ファミリー別におすすめを紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1723

スノーピークが手掛ける人気テントを18種類紹介します。「スノーピークのテントがおすすめって聞いたから欲しいけど、種類が多くて選べない」という方のために、本記事ではソロ、デュオ、ファミリーキャンプ別におすすめテントを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

スノーピーク ランドネストドーム S

スノーピーク ランドネストドーム S

¥ 47,080 ( 2024年1月11日時点 )

こちらのテントは何と言っても設営のしやすさが魅力。その秘密は独自の逆Y字フレームで自立式なので一人でも設営ができるのは嬉しいですね。ペグダウンも最小限になっており、4方向に設置されたメッシュのおかげで居住性も抜群です。


使用時サイズ375×250×130㎝
収納時サイズ65×20×25㎝
重量7.2kg

テンマクデザイン サーカス TC コンフォート レギュラー

テンマクデザイン サーカスTC コンフォート レギュラー

¥ 65,780 ( 2024年1月11日時点 )

前室にフロントフラップが標準装備されています。別売りのポールと合わせて使用することで開放的にもプライベート空間を確保することも可能です。結露しにくく、通気性にも優れているTC素材が使用されており、スカート付きなので使用時期を選ばずにすみます。


使用時サイズ442×420×280cm
収納時サイズ28×70cm
重量14.5kg

ノースフェイス ランダー2

ノースフェイス ランダー2

¥ 49,500 ( 2024年1月11日時点 )

見た目のかっこよさに一目ぼれして購入を決める人がいるほど、シックなカラーが際立つテントです。オールシーズン対応のテントなので使用時期を考えなくても良いのは嬉しいですね。十分な居住空間を確保でき、シェルターとしても利用が可能です。またポールを使うことで前室を跳ね上げるとタープ代わりにもなり大変便利です。


使用時サイズ335×235×140㎝
収納時サイズ21×56cm
重量5.07kg

コールマン ツーリングドーム/LX+

コールマン ツーリングドームLX

¥ 28,550 ( 2024年1月11日時点 )

比較的求めやすい価格設定でコストパフォーマンスが高いテントです。初心者でも簡単に設営できるほか、広めの前室が重宝すると人気。前後のメッシュパネルはどちらも開閉が可能なうえ、ベンチレーションも完備されていますので換気システムも優れています。


使用時サイズ

210×180×110cm

収納時サイズ21 X 49cm
重量約5.7Kg

ワンティグリス NEBULA

ワンティグリス NEBULA

¥ 30,900 ( 2024年1月11日時点 )

ブラックカラーがひと際際立つかっこいいテントです。黒のテントだと熱がこもりやすくなるのではないかと心配される方もいますが、こちらは紫外線を通しにくいシルナイロンを採用。通気システムもしっかりしているので、むしろ眩しさを感じずに過ごすことができます。さらに汚れが目立ちにくいのは黒いテントのメリットです。


使用時サイズ

400×240×160㎝

収納時サイズ56×20cm
重量約4.8kg

チャムス エーフレームテント3

チャムス エーフレームテント3

¥ 42,900 ( 2024年1月11日時点 )

3色展開のどのカラーを選んでも、サイトを色鮮やかにしてくれるおしゃれなテントです。前室の使い方次第で設営のバリエーションが広がり、開放的に使うこともプライベート空間を確保することもできます。室内高さも130㎝あるのでテント内でもゆったり過ごすことができるでしょう。


使用時サイズ320×180×130㎝
収納袋

20×68×20㎝

重量5.4㎏

オガワ アポロン S

オガワテント アポロンS

¥ 141,900 ( 2024年1月11日時点 )

老舗アウトドアブランドのオガワから販売されているトンネル型のテントです。設営も簡単で、使用時期を選ばず使用できるような工夫が随所に感じられます。それゆえ手軽に購入できる価格ではないものの、今後もキャンプスタイルが変わらない方は購入候補の一つになるでしょう。


使用時サイズ440×255×182㎝
収納時サイズ70x32x32cm
重量約13.2kg

【ワンタッチ】おすすめの2人用テント

キャンプの時間をできるだけ有効活用したい、テント設営は短時間で済ませたい方向けのワンタッチテントを紹介します。到着が遅くなっても寝床が確保できるので、キャンプ飯やご家族との時間を有意義に使えること間違いなし。さっそく見てみましょう。 

DOD ライダーズバイクインテント

DOD ライダーズバイクインテント

¥ 28,422 ( 2024年1月11日時点 )

名前の通り、バイク移動を想定して作られた2ルームテントなので収納時は非常にコンパクト。しかも、ワンタッチで設置・撤収が可能なのでキャンプ時間を有効活用したい方におすすめです。出入口も2か所あるので荷物の出し入れも楽に行えます。


使用時サイズ215×260×140cm
収納時サイズ61.5×23㎝
重量5.5Kg

DOD わがやのテントM

DOD わがやのテントM

¥ 36,150 ( 2024年1月11日時点 )

2人用テントとして最適なサイズのワンタッチテント。キャンプでの使用はもちろんのこと、デイキャンプでの使用も可能です。耐久性にも優れていて、使用時期を選ばず使えるよう工夫されているので、非常に便利です。


使用時サイズ240×275×143cm
収納時サイズ80×22×21cm
重量8.3kg

あわせて読みたい関連記事

【ソロ・デュオ】人気急上昇中!うさぎでおなじみ「DOD」でおすすめのテント14選!

https://news-magazine-campers.com/articles/1776

キャンパーに大人気のブランド「DOD」。可愛いウサギのロゴマークですが、可愛さだけでない個性あふれる商品がたくさんあり、中でもテントはネーミングセンス溢れた商品が盛りだくさん!そんなDODのテントの中で、おすすめ商品を厳選して14品紹介します。

パイクスピークス ワンタッチテント

パイクスピーク ワンタッチテント

¥8,499

フライシート・ポールが一体化となっており、簡単に設置できるのがポイント。展開カラーも5色あるので、自分好みの色を選ぶことができます。キャンプ初心者でも思い立ったらすぐに出かけられるのが魅力です。


使用時サイズ約210×210×135㎝
収納時サイズ約16x16×106㎝
重量約3㎏

フィールドア ワンタッチテント 150

フィールドア ワンタッチテント 150

¥4,950 ( 2024年1月12日時点 )

手頃な価格で購入できるワンタッチテント。3色展開でデイキャンプにも使用できます。また3㎏未満と軽量なので持ち運びが長くなる場合も安心です。


使用時サイズ (約)200cm×150cm×135cm
収納時サイズ(約)74cm×17cm×17cm
重量2.8kg

スモア ティラミー ポップアップテント

スモア ティラミー ポップアップテント

¥ 14,256 ( 2024年1月12日時点 )

インナーテントを外して日除けシェードとしても利用可能なポップアップテントです。カラーは3色展開。UV加工が施されているので真夏の日差しをカットしてくれます。


使用時サイズ200×230×140cm
収納時サイズ78×17×17㎝
重量3.6kg

2人用テントでおしゃれなサイトに仕上げよう!

おすすめの2人用テントを紹介しました。重量重視なのか、デザイン、機能性重視なのかで選ぶテントが異なります。使用時期やスタイルに合わせて、お気に入りのテントを探してみてください。ぜひ、お気に入りのテントでキャンプを楽しみましょう。 

この記事のライター

キャンプ歴5年目。関東在住で男の子2児のママです。
月1回を目標にキャンプに行っています。

関連する投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【実体験】軍幕キャンプ!ポーランド軍のポンチョテントで無骨キャンプを楽しんでみた

【実体験】軍幕キャンプ!ポーランド軍のポンチョテントで無骨キャンプを楽しんでみた

ポーランド軍のポンチョテントは、人気上昇中の軍幕の中でも比較的安価で手に入りやすいことが特徴。ポーランド軍幕の魅力を入手方法から使い方まで、これまでのキャンプ画像と共にお伝えしていきます。ぜひ最後まで読んでポーランド軍幕の魅力に触れてみて下さい。


冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

国内メーカーNANGAのおすすめアイテムをご紹介します。冬キャンプを快適に過ごすなら、ダウン製品は欠かせません。キャンプだけでなく、さまざまなシーンで活躍するアイテムもたくさんあります。NANGAの冬キャンプにぴったりなダウンやシュラフを参考にしてください。


【実体験】使用感抜群!ガレージブランド「MountBros」の焚火関連グッズを使ってみた!

【実体験】使用感抜群!ガレージブランド「MountBros」の焚火関連グッズを使ってみた!

ファミリーキャンパーが立ち上げたガレージブランド「MountBros」。お子さんや女性の方でも使いやすい焚き火関連グッズを開発・販売するアウトドアメーカーです。「MountBros」のファイヤースターターと火吹き棒をキャンプで実際に使ってレビューします!


軽量かつコンパクトでコスパ最強!おすすめの「冬用シュラフ」11選

軽量かつコンパクトでコスパ最強!おすすめの「冬用シュラフ」11選

軽量かつコンパクトでありながらコスパの良いおすすめ冬用シュラフを紹介します。冬キャンプでの睡眠の質を左右すると言っても過言ではない冬用シュラフ。シュラフの選び方からおすすめまで幅広く解説しました。ぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。