「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

トラッシュボックスやグランドシートは要チェック!「オレゴニアンキャンパー」のおすすめギア20選

トラッシュボックスやグランドシートは要チェック!「オレゴニアンキャンパー」のおすすめギア20選

リーズナブルで豊富なギアが揃う「オレゴニアンキャンパー」おすすめギアを紹介します。アメリカ発ブランドである「オレゴニアンキャンパー」は、古き良きアメリカンスタイルのミリタリーやカモ柄のアイテムで知られています。数あるギアの中からおすすめをまとめてみました。


キャンパーから根強い支持を誇る「オレゴニアンキャンパー」

キャンパーから根強い人気を誇るオレゴニアンキャンパーの魅力や特徴を紹介します。キャンプ初心者には馴染みのないブランドかもしれませんが、魅力をぜひ知ってみてください。

豊富な種類のギアがリーズナブルに揃う

800種類以上のギアが取り揃えられており、カラーバリエーションも豊富 なことから「キャンパーのかゆいところに手が届く」キャンプギアブランドと言われています。

6種類以上のカラーがあるギアもあるので、手持ちのギアに合わせて選ぶこともできます。そして、なんといっても価格の手頃さは魅力なので、オレゴニアンキャンパーのギアで揃えたくなりますね。

カモ柄が代名詞、アウトドアに合う程よいミリタリー感

オレゴニアンキャンパーの商品の特徴は、程よいミリタリー感あるカモ柄です。元々自然の中に溶け込むことを目的としたデザインなので、キャンプとの相性はバッチリ。

レイアウトに取り入れると渋カッコいいと男性だけでなく女性からの人気も高くなってきています。

欲張りキャンパーには嬉しいリーズナブルな価格

オレゴニアンキャンパーは、他のアウトドアブランドと比較するとリーズナブルな価格で購入することができるコスパの良さ も特徴です。統一感を求めて同じブランドでギアを揃えたいキャンパーさんにとって、手が届きやすいブランドだと言えます。

キャンプ初心者の方でも手が出しやすい価格なので、ギアに統一感を出したいけどどのブランドにしたらいいかわからないという方にもぴったりです。

あわせて読みたい関連記事

シンプルなデザインがキャンプに映える!「ゴードンミラー」のおすすめアイテム14選

https://news-magazine-campers.com/articles/1817

ゴードンミラーについて、余すことなく紹介します。ゴードンミラーのおしゃれで使いやすいキャンプギアをピックアップし、わかりやすく解説しました。便利な収納ボックスやベンチなど、詳しく説明しているので参考にしてみてください。

【トラッシュボックス】オレゴニアンキャンパーのおすすめギア

オレゴニアンキャンパーおすすめの「トラッシュボックス」を紹介します。オレゴニアンキャンパーと言えばトラッシュボックスが有名ですよね。ゴミ箱として利用するのはもちろん、さまざまな利用ができる機能性の高いおすすめをピックアップしました。

テントイン ポップアップ トラッシュボックス

テントイン ポップアップ トラッシュボックス

¥ 4,180 ( 2023年12月22日時点 )

テント内での利用を想定し、小さめの造りになっています。 持ち運びやすいように折りたためるのもポイント。 内側にはスナップボタンがついているので、袋を小分けにして分別も可能です。 トラッシュボックスとしてだけでなく、収納ボックスとしても利用できます。


カラー
BLACK、CAMO(ブラック、カモ)
サイズ
直径30cm 高さ27cm

容量

約19L

ポップアップ トラッシュボックス R2

ポップアップ トラッシュボックス R2

¥ 5,280 ( 2023年12月15日時点 )

大きめサイズのトラッシュボックス。45Lのゴミ袋を装着することができます。こちらも使わない時は折りたためるのが特徴。また、ペグダウンループがついているので、転倒防止に固定することもできます。


カラー
BLACK CAMO(ブラック、カモ)
サイズ
直径40cm 高さ45cm
容量約55L
素材
TP-700 ポリエステル

【グランドシート】オレゴニアンキャンパーのおすすめギア

オレゴニアンキャンパーおすすめの「グランドシート」を紹介します。オレゴニアンキャンパーのグランドシートはサイズや色が豊富なだけでなく、生地が丈夫で防水性も高いことが特徴です。コスパに優れたグランドシートをピックアップしました。

防水グランドシート (Sサイズ/100×70cm)

防水グランドシート (Sサイズ/100×70cm)

¥ 1,870 ( 2023年12月22日時点 )

角にハドメがついているのでペグで固定できます。裏面が防水加工されているのでどんな天気でも、どんな地面でも使いやすい商品。1~2人で利用するのに丁度いいサイズになっています。


カラー

KHAKI、FOREST、BROWN、MULTI CAMO、COYOTE、DESERT CAMO

(カーキ、フォレスト、ブラウン、マルチカモ、コヨーテ、デザートカモ)

サイズ100cm×70cm
素材100%600Dポリエステル 裏面PVCコーティング(防水)

防水グランドシート (Mサイズ/140×100cm)

防水グランドシート(Mサイズ/140×100cm)

¥ 3,080 ( 2023年12月15日時点 )

Mサイズは、3~4人で利用するのに丁度いいサイズになっています。ファミリーやデュオキャンプにおすすめのサイズです。洗濯機での丸洗いはできませんのでご注意ください。


カラー

KHAKI、FOREST、BROWN、MULTI CAMO、

COYOTE、DESERT CAMO、BLACK CAMO

(カーキ、フォレスト、ブラウン、マルチカモ、

コヨーテ、デザートカモ、ブラックカモ)

サイズ140cm×100cm
素材100%ポリエステル 裏面 PVCコーティング(防水)

防水グランドシート (Lサイズ/200×140cm)

グランドシート L サイズ

¥ 4,950 ( 2023年12月15日時点 )

Lサイズは、5~6人で利用するのに丁度いいサイズになっています。大型テント使用の際や、ファミキャン・グルキャンが多い方におすすめです。


カラー

KHAKI、FOREST、BROWN、MULTI CAMO、COYOTE、DESERT CAMO

(カーキ、フォレスト、ブラウン、マルチカモ、コヨーテ、デザートカモ)

サイズ200cm×140cm
素材100%ポリエステル 裏面 PVCコーティング(防水)

あわせて読みたい関連記事

キャンプにグランドシートは必須?メリットや選び方などを紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1643

テントにグランドシートは、必要なのか疑問に思う方もいますよね。なくても過ごせるかもしれませんが、シートが重要と言われる理由があります。グランドシートがなぜ必要なのかメリットなどをまとめてみました。選び方も合わせて参考にしてください。

【クーラー】オレゴニアンキャンパーのおすすめギア

オレゴニアンキャンパーおすすめの「クーラーボックス」を紹介します。季節や人数、キャンプスタイルに合わせたクーラーボックスを選ぶことができます。おすすめをチェックしてみましょう。

HYAD クーラーボックス 27R

HYAD クーラーボックス 27R

¥ 19,800 ( 2023年12月23日時点 )

25.5Lの容量をもつハードクーラーボックス。350ml缶が約40本収納できます。保冷力は1日程度のため、デイキャンプや1泊2日のキャンプでは大活躍するでしょう。


カラー

INK、LEAF、KAWASEMI、CAPPUCCINO、MUSTARD

(インク、リーフ、カワセミ、カプチーノ、マスタード)

サイズ

外寸 幅47.5cm×高さ37cm×奥行36.5cm

内寸 幅37cm×高さ26cm×奥行26cm

容量約25.5L
重量約7.9kg

HYAD クーラーボックス 47R

HYAD クーラーボックス 47R

¥ 29,700 ( 2023年12月16日時点 )

44.5Lの容量をもつハードクーラーボックスです。2Lのペットボトルを15本立てて収納することができます。2泊3日のキャンプには最適なサイズ。仕切り版とバスケットが標準装備されており、天板に缶ホルダーがついているので便利です。


カラー

LEAF、KAWASEMI、CAPPUCCINO

(リーフ、カワセミ、カプチーノ)

サイズ

外寸 幅66.5cm×高さ40.4cm×奥行38.3cm

内寸 幅55cm×高さ31cm×奥行27cm

容量約45.5L
重量約10kg

クーラーパック 18

クーラーパック18

¥ 3,520 ( 2023年12月16日時点 )

2Lのペットボトルが6本と保冷剤が収納できるサイズ。上記のHYADクーラー47にジャストフィットするため、食材などを入れてクーラーボックスに入れると保冷力がアップします。ロールダウン式なので開閉も楽に行えます。


カラー

COYOTE、JAY BLUE、BLACK CAMO、SOLID BLACK、FRENCH CAMO

(コヨーテ、ジェイブルー、ブラックカモ、ソリッドブラック、フレンチカモ)

サイズ幅28cm×高さ32cm×奥行22cm ※保冷時の有効サイズ
容量約17L
重量約250g

【収納】オレゴニアンキャンパーのおすすめギア

オレゴニアンキャンパーおすすめの「収納グッズ」を紹介します。ギアが増えてくるとどうしてもキャンパーを悩ますのが収納問題。オレゴニアンキャンパーではたくさんの収納グッズを取り揃えています。おすすめをチェックしてみましょう。

シェフズロール

シェフズロール

¥ 5,280 ( 2023年12月16日時点 )

持ち運びがしやすく機能性の高い収納ケースです。カトラリーケースやペグケースとして利用できます。中のケースは取り外すことができるので、ポーチとして使うことも可能。ハンガーラックに吊り下げて使用すると、キャンプ中に荷物が広がることもありません。


カラー

BKACK CAMO、WOLF BROWN

(ブラックカモ、ウルフブラウン)

サイズオープン時 幅30cm×長さ54cm
素材TP-700 ポリエステル

ボックスティッシュケース

ボックスティッシュケース

¥ 2,420 ( 2023年12月16日時点 )

ボックスティッシュがそのまま入ります。側面のハンドルは片側が外れるので、持ち運びや吊り下げにも便利。車のヘッドレストにも装着可能です。キャンプだけでなく普段使いにもおすすめです。


カラー

SOLID BKACK、COYOTE、BLACK CAMO、

OLIVE GREEN、REAL TREE

(ソリッドブラック、コヨーテ、ブラックカモ

オリーブグリーン、リアルツリー)

サイズ23cm×13cm×6

キッチンペーパーホルダー

キッチンペーパーホルダー

¥ 2,970 ( 2023年12月23日時点 )

一般的なキッチンペーパーであればそのまま装着することができます。縦でも横でも利用できるのがポイント。デザイン性が高いので、テーブルにそのまま置いておいてもオシャレです。


カラー

BLACK CAMO、WOLF BROWN、DESERT CAMO、REAL TREE

(ブラックカモ、ウルフブラウン、デザートカモ、リアルツリー)

サイズ直径13.5cm×幅27cm

キャンプトランク

キャンプトランク

¥ 13,200 ( 2023年12月16日時点 )

別売りのギアバッグやソフトクーラーボックスがそのまま収納できるギアボックスです。内側にクッション性の高いパッドが使用されているので、安全性があります。備え付けの仕切り板で、ギアを分別することもでき、仕切り板を外すことでバスケットとして使用することもできます。


カラーBLACK CAMO、WOLF BROWN(ブラックカモ、ウルフブラウン)
サイズ

幅49cm×マチ36cm×高さ34cm

インナーバスケット 幅45cm×マチ33cm×高さ33cm

素材TP-700 ポリエステル

ロガーバケット

ロガーバケット

¥ 3,520 ( 2023年12月16日時点 )

薪入れにおすすめの楕円形型のバッグです。薪を縦にすると3束入ります。持ち手が長く、肩にかけやすい造りになっています。内側は水洗いしやすい加工が施されているので、薪入れだけでなく他のキャンプギアを運ぶのにも便利。使わない時は小さくたたむことができます。



カラー

BLACK CAMO、WOLF BROWN、DESERT CAMO

(ブラックカモ、ウルフブラウン、デザートカモ)

サイズ底55cm×37cm 高さ32cm
素材100%600D ポリエステル 裏面 PVCコーティング(防水)

キャンプバケット R

キャンプバケットR

¥ 2,860 ( 2023年12月23日時点 )

防水加工が施されたバケツです。水と氷を入れて瓶や缶を冷やしたり、水を張って洗い物の際に利用したりと使い勝手が抜群。汚れも落ちやすいので、キャンプギアケースとしても利用できます。


カラー

BLACK CAMO、COYOTE、MULTI CAMO、WOLF BROWN

(ブラックカモ、コヨーテ、マルチカモ、ウルフブラウン)

サイズ
直径40cm×高さ26cm
容量32L
素材
TP-700 ポリエステル ※PVC防水加工

キャンプクリール GRANDE

キャンプクリール GRANDE

¥ 6,820 ( 2023年12月23日時点 )

大容量のメッシュトートバッグです。中身が見えやすく、自立するのでさまざまなシーンで役に立ちます。底にはクッション性ある素材を使用しているので、重量があるものも安心して運ぶことができます。撥水加工されているため、水辺のアウトドアにもおすすめです。


カラー

BLACK CAMO、WOLF BROWN

(ブラックカモ、ウルフブラウン)

サイズ幅50cm×高さ39cm×マチ35cm
素材ポリエステル

キャンプシャトル

キャンプシャトル

¥ 4,950 ( 2023年12月20日時点 )

セミハードコンテナボックスです。折りたたむと平面になるので、使わない時に場所を取りません。側面に持ち手があるので運ぶのも便利。本体よりも背の高いギアも収納することができます。


カラー

REAL TREE、WOLF BROWN、BLACK CAMO

(リアルツリー、ウルフブラウン、ブラックカモ)

サイズ底面30cm×40cm 上部40cm×50cm 高さ35cm
素材TP-700ポリエステル

SSC ディッシュ

SSCディッシュ

¥ 2,860 ( 2023年12月20日時点 )

お皿など収納できる食器ケースです。直径25cmまでのお皿であれば10枚ほど収納できます。蓋の裏にはカトラリーが収納できるポケットがついています。


カラー

BLACK CAMO、WOLF BROWN、REAL TREE

(ブラックカモ、ウルフブラウン、リアルツリー)

サイズ直径26cm×高さ10cm
素材TP-700 ポリエステル

SSC A4

SSC A4

¥ 2,640 ( 2023年12月20日時点 )

A4サイズの焚き火台やグリルが入るサイズのキャリーバッグです。リュックサックにもちょうどいい大きさが特徴。蓋の裏には小物が入るポケットがついている収納力の高さも魅力です。


カラー

WOLF BROWN、BLACK CAMO、REAL TREE

(ウルフブラウン、ブラックカモ、リアルツリー)

サイズ30cm×21cm×5cm
素材TP-700 ポリエステル

ランバージャックトートバッグ

ランバージャックトートバッグ

¥ 3,960 ( 2023年12月20日時点 )

焚き火などの火の粉に強いTC素材を使用した薪バッグです。フロントと両サイドにポケットがついているので、グローブなどの収納も可能。横でも縦でも薪を入れることができます。薪だけでなく、他のキャンプギアを運ぶのにも便利なサイズ感です。


カラー

WOLF BROWN、OLIVE GREEN

(ウルフブラウン、オリーブグリーン)

サイズ幅47cm×マチ21cm×高さ26cm
素材綿混紡ポリエステル

ODカン to GO

ODカン to GO

¥ 2,200 ( 2023年12月20日時点 )

OD缶専用の収納ケースです。250缶なら4本、500缶なら2本入る大きさとなっています。重ねることができないOD缶をまとめて運ぶことができる便利なキャリーケースです。


カラー

WOLF BROWN、BLACK CAMO、DESERT CAMO、REAL TREE

(ウルフブラウン、ブラックカモ、デザートカモ、リアルツリー)

サイズ幅22cm×マチ11cm×高さ17cm
素材TP-700 ポリエステル

あわせて読みたい関連記事

キャンプがめんどくさい!片付けや撤収が楽になる方法を状況別に一挙紹介!

https://news-magazine-campers.com/articles/1481

キャンプの後片付けがめんどくさい人が知りたい便利なコツを紹介します。キャンプを楽しんだ後、なるべく早く簡単に撤収ができたらいいですよね。片付けや撤収作業が段違いにラクになる方法を状況別にまとめてみました。キャンプの自由時間を増やしたい人は参考にしてください。

オレゴニアンキャンパーのギアは何個あってもいい

オレゴニアンキャンパーおすすめのキャンプギアを紹介しました。キャンプだけでなく他のアウトドアや普段使いもできるギアばかりで、たくさん揃えたくなりますね!カモ柄やミリタリー柄に初挑戦したい方にもおすすめな 「オレゴニアンキャンパー」。

ぜひ一度手にして、よさを実感してみて下さい。

この記事のライター

外で美味しいご飯とお酒を飲むのが何よりも好きなアラサーキャンパーです!コスパよく充実したキャンプ時間を過ごすのが至福。少しでも時間があれば焚き火をしてリフレッシュしています。

関連する投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【実体験】軍幕キャンプ!ポーランド軍のポンチョテントで無骨キャンプを楽しんでみた

【実体験】軍幕キャンプ!ポーランド軍のポンチョテントで無骨キャンプを楽しんでみた

ポーランド軍のポンチョテントは、人気上昇中の軍幕の中でも比較的安価で手に入りやすいことが特徴。ポーランド軍幕の魅力を入手方法から使い方まで、これまでのキャンプ画像と共にお伝えしていきます。ぜひ最後まで読んでポーランド軍幕の魅力に触れてみて下さい。


冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

国内メーカーNANGAのおすすめアイテムをご紹介します。冬キャンプを快適に過ごすなら、ダウン製品は欠かせません。キャンプだけでなく、さまざまなシーンで活躍するアイテムもたくさんあります。NANGAの冬キャンプにぴったりなダウンやシュラフを参考にしてください。


【実体験】使用感抜群!ガレージブランド「MountBros」の焚火関連グッズを使ってみた!

【実体験】使用感抜群!ガレージブランド「MountBros」の焚火関連グッズを使ってみた!

ファミリーキャンパーが立ち上げたガレージブランド「MountBros」。お子さんや女性の方でも使いやすい焚き火関連グッズを開発・販売するアウトドアメーカーです。「MountBros」のファイヤースターターと火吹き棒をキャンプで実際に使ってレビューします!


【実体験】安さだけじゃない!100均ダイソーの「ハンギングラック」を使ってみた

【実体験】安さだけじゃない!100均ダイソーの「ハンギングラック」を使ってみた

100均ダイソーの「ハンギングラック」を紹介します。100均ダイソーは、キャンプグッズが豊富で、キャンパーさんに人気ですよね。安さだけじゃない、ダイソーの「ハンギングラック」がどれだけ素晴らしいか、体験をもとにお伝えします。


最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。