「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

キャンプ飯をグレードアップ!効率よく料理ができる、おすすめ「ツーバーナー14選」

キャンプ飯をグレードアップ!効率よく料理ができる、おすすめ「ツーバーナー14選」

おすすめツーバーナーを厳選して紹介します。キャンプ飯は、キャンプの醍醐味ですよね。効率よくキャンプ飯を作るためにツーバーナーがあると大変便利で重宝します。キャンプでの時間を有意義にしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。


キャンプ飯を充実させてくれるツーバーナーとは?

ツーバーナーとは、2コンロで調理ができるアイテムです。家庭のキッチンで調理するようなスタイルで使えるため便利です。キャンプ飯を効率よく作りたい方、ファミリーやグループなど大人数キャンプなどで大変重宝します。
また、焚き火のように火起こしや後片付けが大変ではないため、手軽に調理ができることも魅力のひとつです。

ツーバーナーを選ぶポイント

 ツーバーナーは同時調理が可能で大変便利なアイテムですが、使用状況を考慮して選ぶことが大切です。こちらではツーバーナーを選ぶうえで大切なポイントを詳しく解説しました。ツーバーナーを購入する際に参考にしてください。 

燃料はガスかガソリン

ツーバーナーは高い純度で精製されたホワイトガソリンを使用する「燃料タイプ」とガスボンベを使用する「ガスタイプ」の2種類があります。現在販売されているツーバーナーはガスタイプのものが主流です。

使いやすいのはガスタイプ

ツーバーナーで手軽に使用できるのは、ガスタイプです。ガスタイプは、カセットボンベもしくはアウトドア缶をセットするだけで使用でき着火も簡単なので初心者でも扱いやすいといえます。  

ガスのメリット、デメリット

ガスタイプの最大のメリットは着火が簡単でガス缶をセットするだけで使用が可能なことです。コンパクトで携帯性がよく、初心者にもおすすめ。ガスタイプ・ツーバーナーの主なデメリットは、使用したガス缶がゴミとなることです。

また寒い時期にはガス缶が冷えて火力が安定しないことや、ホワイトガソリンと比べると燃焼効率が悪いためガス缶の予備をある程度準備しておく必要があることなどがあります。

持ち運びしやすいか

コンパクトにまとまるシングルバーナーに比べると、ツーバーナーはどうしてもかさばります。そのため、取っ手の有無や、折り畳み、専用ケースにも注目し携帯しやすいものをチョイスすると良いでしょう。

ただし、携帯性を重視するあまり軽量でコンパクトなものを選ぶと、頑丈さや安定感に欠けるものもあるので要注意です。大きさは50×30㎝が目安といえます。

火力と燃費時間をチェック

ガスタイプのツーバーナーは、2,500~3,000kcal/h程度の火力が目安となります。これは、家庭用コンロの火力同等なので、家庭での調理と大差なく楽しむことができます。

また、屋外で使用する場合は風の影響も受けるので風防機能がついているものだと安心です。煮込み料理など調理時間が長くなる場合は、予備燃料も忘れずに準備をしておきましょう。 

【ガス】おすすめのツーバーナー

ガスタイプのおすすめツーバーナーを紹介します。手軽に使用できるガスタイプのおすすめツーバーナーを厳選しました。さっそく見てみましょう。 

SOTO 2バーナー ST-527

SOTO 2バーナー ST-527

¥ 14,080 ( 2023年12月4日時点 )

大きな風防がありガス缶の交換も簡単。屋外でもご自宅と同じように調理が可能なツーバーナーです。収納時も高さ10㎝未満と非常にコンパクトになります。CB缶ですが、火力はどちらも3000Kcal以上あり火力も十分。オプションのウォータージャグやアルミグリドルも使い勝手が良いので、オプションと合わせて利用するのも良いでしょう。


燃料タイプCB缶
火力3,300kcal/h
重量約5.1kg


SOTO レギュレーター2バーナー GRID(グリッド) ST-526

SOTO ソト ST-526 GRID(グリッド)

¥ 27,500 ( 2023年12月4日時点 )

非常に軽量・薄型なので荷物を少なくしたい方におすすめ。風防が簡単に取り外し可能で、ダッチオーブンなどの大きな調理器具も利用できます。またカセットコンロのように食卓の中央において料理を囲むことも可能。シンプルな構造で本体はステンレスなので、お手入れも簡単です。マイクロレギュレーター搭載で寒い場所でも一定の火力を提供してくれます。


燃料タイプCB缶
火力2,500kcal/h
重量2.25kg


ユニフレーム ツインバーナーUS-1900

UNIFLAME(ユニフレーム) ツインバーナー US-1900

¥ 24,750 ( 2023年12月4日時点 )

スタイリッシュかつ高出力バーナーが魅力のツインバーナーです。重量も4㎏弱まで軽量化されており、持ち運びに便利な引き出し式のハンドルがあります。お手入れがしやすいよう汁受けは傾斜になっているのが嬉しいですね。フタは取り外し可能です。パワーブースターが搭載されているため、連続使用によるガス缶の温度低下を防いでくれます。


燃料タイプ

CB缶
火力3,000kcal/h×2(レギュラーガス使用時)
重量約3.9kg


ユニフレーム ツインバーナーUS-1900 ブラック LTD

ユニフレーム UNIFLAME ツーバーナー ツインバーナーUS-1900

¥ 29,700 ( 2023年12月4日時点 )

先述したユニフレームツインバーナーの色違いです。機能等に大きな違いはありませんが、色が違うだけで違った印象を与えてくれます。シックな色でキャンプサイトの統一感を出したい方や一目置かれるツインバーナーを探している方におすすめです。


燃料タイプCB缶
火力3,000kcal/h×2(レギュラーガス使用時)
重量約3.9kg

スノーピーク ギガパワーツーバーナー 液出し [最大出力3000kcal]

スノーピーク バーナー ギガパワーツーバーナー液出し

¥ 60,720 ( 2023年12月4日時点 )

こちらのツーバーナーの最大の特徴はガスカートリッジを本体に逆さまに倒立させて装着させること。この画期的な仕組みによって安定的なガス供給を提供しています。また燃料の交換も容易で耐風性に優れています。湯沸かし時間も短いので寒い朝のキャンプに重宝すること間違いなしでしょう。重量は7キロを超えますが、その分安定感があります。


燃料タイプ専用ガスカートリッジ
火力3,000kcal/h×2
重量7.3kg

コールマン パワーハウスLP ツーバーナーストーブ Ⅱ

コールマン パワーハウス LP ツーバーナーストーブ2

¥ 16,940 ( 2023年12月5日時点 )

手頃な値段でコンパクトに収納できるツーバーナーをお探しの方におすすめです。重量は4㎏強ですが、ハンドルもついているため持つ運びに便利。カラーは赤と緑の2色展開。どちらも約3,500kcal/hと高火力で燃料交換も簡単です。やや耐風性に欠けるものの、五徳は簡単に外せるためお手入れもしやすいのが特徴です。


燃料タイプOD缶
火力約3500kcal/h×2
重量約4.2kg

プリムス オンジャ(ブラック)

プリムス オンジャ ブラック

¥ 19,250 ( 2023年12月5日時点 )

スウェーデンのメーカーから販売されている、幅41㎝・高さ25㎝の折りたたみ式コンパクトツーバーナー。重量は3㎏なので持ち運びも苦になりません。洗練されたデザインが特徴的でウッドボードは収納時の蓋になるほか、鍋敷きとしても利用可能。コンロ周りの凹凸が多いのでお手入れは若干大変かもしれませんが、他にあまりないデザインとコンパクトさが魅力です。


燃料タイプOD缶
火力3500kcal/h×2
重量約3.0kg

プリムス トゥピケ

プリムス トゥピケ

¥ 49,500 ( 2023年12月5日時点 )

OD缶を燃料とした、コンパクト設計のツーバーナーです。最大の特徴は燃料ホースを介して1つのOD缶で2,500kcal/hの2口コンロが使えること。無駄なく燃料を使え、荷物も少なくて済みます。風の強さに応じて2段階に調整できる風防があり屋外での調理も安心です。また、五徳や受け皿も取り外しが可能なのでお手入れも簡単なのが嬉しいですね。


燃料タイプOD缶
火力2500kcal/h
重量約4.5kg

イワタニ スタンドBBQグリル グリルスター CB-SBG-2

イワタニ バーベキューコンロ グリルスター CB-SBG-2

¥ 28,297 ( 2023年12月5日時点 )

バーナースタンドと本体が脱着可能なツーバーナーです。スタンドと合わせて屋外での使用はもちろんのこと、スタンドを外して卓上でも使用可能です。重量10キロ超えですが、スタンドにタイヤが付いているのでキャリーのように持ち運べます。風の影響を受けにくい深型汁受け構造が採用され、2,800kcal/hと火力も十分。2枚のBBQプレートも付属しているほか、イワタニのアクセサリーシリーズにはたこ焼きプレートや網焼きプレートなども展開しているので、合わせて使用しても良いでしょう。


燃料タイプ

CB缶

火力2,800kcal/h×2
重量約11.3kg

イワタニ テーブルトップBBQグリル フラットツイングリルS

イワタニ フラットツインS

¥ 22,980 ( 2023年12月5日時点 )

先述した、イワタニのグリルスターと機能自体に大きな違いはありません。大きな違いはスタンドが取り付けられるかどうかと色の違いです。グリルスターはオレンジ色ですが、こちらはオリーブやビビットグリーンで異なる印象を与えてくれます。スタンドがないので重量は約8㎏。こちらもグリルスター同様、イワタニのアクセサリーシリーズの利用が可能です。


燃料タイプCB缶 
火力約2,800kcal/h×2
重量約6.9㎏ 

センゴクアラジン ポータブル ガス カセットコンロ kama-do

センゴクアラジン ポータブル ガス カセット コンロ kama-do

¥ 25,300 ( 2023年12月6日時点 )

ポップなカラーが印象的なカセットコンロです。屋内・屋外どちらでも使用が可能で食卓に彩りを与えてくれます。火力は右が2,500kcal/h、左が1,800kcal/hで調理器具に合わせて使い分けが可能です。重量は取っ手つきで約5. 6kgなので持ち運びも苦にならないでしょう。受け皿や汁受けは取り外しが可能なうえ、ホーロー加工が施されているのでお手入れも簡単です。


燃料タイプCB缶
火力右:2,500kcal/h、左:1,800kcal/h
重量約5.6㎏

キャプテンスタッグ ステイジャー コンパクトガスツーバーナーコンロM

キャプテンスタッグ ステイジャーコンパクトガスツーバーナーコンロM

¥ 14,629 ( 2023年12月6日時点 )

燃料にOD缶を使用するコンパクトなツインバーナーです。重量は約7㎏ですが、コンパクトに収納でき取っ手もあるので持ち運びも容易です。火力は3,000kcal/hでバーナー部分は錆びにくいステンレスが使われています。使い勝手が良く、手頃な価格で購入ができるのも嬉しいですね。燃料交換も簡単で風防の調整も簡単です。


燃料タイプ

OD缶
火力3000kcal/h×2
重量4.6kg

【燃料式】おすすめのツーバーナー

ここからは火力重視の方必見の燃料式ツーバーナーを紹介します。さっそく見てみましょう。 

テンマクデザイン サイレント ツー バーナー

テンマクデザイン サイレントツーバーナー

¥ 8,778 ( 2023年12月6日時点 )

こちらは燃料にアルコールバーナーを使用したツーバーナーです。アルコールバーナーを使用することで燃焼音がなくなり、より自然の中の音を楽しめる設計になっています。また収納時と使用時のサイズが変わらず、約2kgと軽量なのも嬉しいポイント。ステンレス製でパーツはバラバラになるのでお手入れも簡単です。お手頃価格で購入できます。


燃料タイプアルコールバーナー
重量約2㎏

コールマン ツーバーナー 120thアニバーサリー 100-200

コールマン ツーバーナー 120thアニバーサリー

¥49,500 ( 2023年12月6日時点 )

真っ赤な色が特徴的なツーバーナー。発売当初の1930年から変わらぬ基本設計。メンテナンスを施せば長く愛用できる商品で大きな信頼を得ています。燃料タンクは約1.6ℓあり、燃焼時間は2~6時間です。ガスとは違って使い始め・終わりに適切な手順を行う必要がありますが、手間を惜しまず使用したい方におすすめです。メインバーナーは3,650kcal/h、サブバーナーは2,750kcalhです。


燃料タイプガソリン
火力メイン:3,650kcal/h、サブ:2,750kcalh
重量約5.8kg

合わせてチェックしたいバーナースタンド

ツーバーナーと合わせてバーナースタンドを使えば、キャンプ飯の効率がぐっと上がるでしょう。バーナースタンド3選、厳選しましたので参考にしてみてください。 

ユニフレーム キッチンスタンドⅢ

ユニフレーム キッチンスタンドIII

¥ 19,250 ( 2023年12月6日時点 )

誰でも簡単にセッティングができるキッチンスタンド。シンプルなデザインでステンレス素材を使用しているためお手入れが簡単です。ツインバーナーと合わせて使用することで自宅のようなキッチンを作り出すことができます。別売りで収納ケースが販売されているため、持ち運びもスムーズ。合わせて使うと利便性が増します。また、アクセサリーも豊富です。


材質天板:ステンレス鋼
使用時サイズ約115×37×78cm
収納時サイズ約54×37×11cm
重量約5.8kg

コールマン ツーバーナースタンド

コールマン ツーバーナースタンド

¥ 7,590 ( 2023年12月6日時点 )

ハイスタイル・ロースタイルの両方で使用ができる大変使い勝手の良いバーナースタンドです。アルミニウム製で、2㎏弱と超軽量。収納ケースもついており持ち運びも容易です。お手頃価格で購入できるのも嬉しいポイントです。


材質アルミニウム
使用時サイズ約55x55x33.5/70(h)cm
収納時サイズ‎約12x8x66(h)cm
重量1.5㎏

ハイランダー ウッドキッチンテーブル2

ハイランダー ウッドキッチンテーブル2

¥ 9,980 ( 2023年12月6日時点 )

ロール式天板が特徴のハイランダーのテーブル。可動式バーにツーバーナーやコンテナを置くことができる優れものです。約8kg超えの重量があるものの、収納ケースがついているので持ち運びも可能です。カラーは、アウトドアに映えるナチュラルとダークブラウンの2色展開となっています。


材質天然木(ブナ材)
使用時サイズ148×45×80cm
収納時サイズ92×19×17cm
重量約8.7kg

使用する際の注意点

ツーバーナーを安全に使うための注意点はとても重要です。キャンプ場に行ってから不具合が起きてはキャンプも楽しむことができませんよね。使用前には必ず点検し、使用後のメンテナンスも怠らないようにしましょう。

ツーバーナーによっては屋内・屋外両方で使えるものもありますが、屋外専用のものもあります。取扱説明書を確認し、適切な使用を心がけてください。 

アウトドアでの調理の幅をひろげるツーバーナーを要チェック!

いかがでしたか。ツーバーナーでの調理はキャンプ飯の幅を広げ、効率よく時間が使えます。ツーバーナーは重いものが多く、購入をためらう方もいるかもしれません。最近はコンパクトなツーバーナーや軽量のものもありますので、お好みにあるものを探してみてください。

そして、ぜひキャンプで調理を快適に楽しみましょう。 

初心者におすすめのシングルバーナーはどれ?選び方や使い方の注意点も

https://news-magazine-campers.com/articles/1662

初心者に、ぴったりなシングルバーナーを詳しく紹介します。シングルバーナーの燃料についてわかりやすく解説し、おすすめの燃料タイプについても考察しました。選ぶときや、使用する際の注意点も掲示しているので、参考にしてみてください。

CB缶カバーおすすめ10選を紹介!メリットや自作方法も詳しく紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1430

CB缶カバーについて解説します。CB缶カバーを使うメリットや100均の材料を使った自作の方法を詳しく説明!おすすめのCB缶カバー10選も紹介します。参考にして自分好みのCB缶カバーを付けて安全におしゃれキャンプを楽しんでください。

コンパクトで収納上手に!キャンプにぴったりなカセットコンロ10選

https://news-magazine-campers.com/articles/1791

キャンプにおすすめのカセットコンロを紹介します。キャンプ以外でも家や災害時にも重宝するカセットコンロですが、使用する場面を想定して選ぶことが大切。コンパクトなカセットコンロを厳選して解説しましたので、ご自身に合った商品を見つけて、キャンプご飯を楽しみましょう。

この記事のライター

キャンプ歴5年目。関東在住で男の子2児のママです。
月1回を目標にキャンプに行っています。

関連する投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

国内メーカーNANGAのおすすめアイテムをご紹介します。冬キャンプを快適に過ごすなら、ダウン製品は欠かせません。キャンプだけでなく、さまざまなシーンで活躍するアイテムもたくさんあります。NANGAの冬キャンプにぴったりなダウンやシュラフを参考にしてください。


6つのタイプ別に解説!家族で使える「4人用テント」おすすめ30選

6つのタイプ別に解説!家族で使える「4人用テント」おすすめ30選

家族4人で使えるおすすめテントを6つのタイプ別に紹介します。さまざまなメーカーから販売されているテントですが、種類が多くて迷うかもしれません。それぞれのテントについて機能性や重量など詳しく解説しました。ぜひテント選びの参考にしてください。


これなら寒い冬でも安心!おすすめのファミリー向けシュラフ6選

これなら寒い冬でも安心!おすすめのファミリー向けシュラフ6選

おすすめのファミリー向けシュラフを紹介します。冬キャンプを快適に過ごすためのファミリー向けシュラフをピックアップし、おすすめポイントを解説しました。それぞれスペックなどもわかりやすくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。