「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

初心者におすすめのシングルバーナーはどれ?選び方や使い方の注意点も

初心者におすすめのシングルバーナーはどれ?選び方や使い方の注意点も

初心者に、ぴったりなシングルバーナーを詳しく紹介します。シングルバーナーの燃料についてわかりやすく解説し、おすすめの燃料タイプについても考察しました。選ぶときや、使用する際の注意点も掲示しているので、参考にしてみてください。


初心者におすすめのシングルバーナーが知りたい

シングルバーナーは、キャンプ飯を作るのに非常に役立ちます。火力もありコンパクトに収納もでき、キャンプに最適だからです。しかし、経験者でないと扱いが難しいものも多々あります。つきましては、初心者キャンパーに、おすすめのシングルバーナーを紹介します。

さらに、シングルバーナーを選ぶときの注意点などもまとめているので、キャンプをはじめてみようと考えている人はチェックしてみてください。

シングルバーナーの燃料は3タイプ

シングルバーナーの燃料はタイプが分かれています。それぞれ特徴があり、扱い方もそれぞれ違います。そこで、シングルバーナーの燃料の3タイプについて考察しました。

①OD缶:登山などのアウトドアシーンにおすすめ

「OD缶」はコンパクトで持ち運びしやすいのが特徴です。そのため、キャンプに向いているタイプと言えます。外で使用するのに適した火力で、安定しているものが多いためストレスなく調理が可能です。

その反面、OD缶は燃料が少なめで値段は高めです。また、スーパーやコンビニなど身近な場所に売っていないので、欲しいときに手に入れられないこともありえます。

②CB缶:安い価格で手軽

「CB缶」の特徴は、安い価格設定で比較的どこでも買える点です。家庭でも気軽に使えるので、汎用性も高いです。デメリットは、CB缶はどちらかというと屋内用として造られたといった経緯もあるので、火力が若干低い点が挙げられます。

したがって、火力面は外では頼りなく感じることもあるでしょう。しかし、上手く防風対策をすれば問題なく使えるので、使い方次第になります。

③ホワイトガソリン:メンテナンスが重要

成分がガソリンでできている「ホワイトガソリン」は、申し分ない火力が特徴です。揚げ物などにも、最適です。本格的な料理をするのであれば、強い味方になるでしょう。

ただし、扱いが難しいのが、たまに傷です。まず、直接給油はほぼ不可能です。専用の給油器具を使用しないと、こぼれてしまいます。また、保管場所にも気を使わないといけません。

湿度の低い場所でないと、劣化するからです。さらに、3年以内には使い切らないと、不純物がたまりトラブルのもとになりかねません。このことから、そこまでキャンプ経験がない人はガス缶タイプがおすすめです。

シングルバーナーを選ぶときの注意点

シングルバーナーは便利なので、アウトドアでは大活躍します。選ぶポイントなどを把握しておけば、さらに使いやすく役立つキャンプギアになるでしょう。こちらでは、シングルバーナーを選ぶ際の注意点を3点掲示します。

注意点①:自動着火装置があると便利

キャンプでは、できるだけ荷物を最小限にしたいところです。ライターなどかさばらないものは良いのですが、キャンプギアはただでさえ、サイズ感のあるものが多いですよね。

シングルバーナーは、キャンプ初心者が使用する際は自動着火装置がついているものが良いでしょう。火を点ける負担がなくなり、着火道具も不要だからです。少々値が張りますが、初心者にはおすすめです。

注意点②:コンパクトさか料理重視か

先述した通りキャンプでは、荷物が少なければ少ないほどラクですよね。コンパクトにできるのであれば、それに越したことはありません。

しかし、携帯性を重視するあまり現地に着いて、不便になるなら本末転倒です。シングルバーナーのガス缶は、一体型か分離型で選ぶことができます。一体型は、持ち運びがしやすくソロキャンプ向きと言えます。

一方、分離型は、安定して設置できるので料理するのに安心して使えます。また、複数人での利用でも使い勝手が良いことが特徴です。自身のキャンプスタイルに合わせて、どちらを重視するか選んでみてください。

注意点③:発熱量もチェック

発熱量は高い方がおすすめです。しかし、無駄に高過ぎてもガスの消費が早くなるので、デメリットもあります。料理をすることも考えるのであれば、シングルバーナーは2,500kcal/h以上を目安にするのがおすすめ。

料理よりもお湯を沸かすなどのちょっとした利用であれば、2,500kcal/h以下でも問題はないでしょう。複数所持し、用途によって使い分けるのもひとつの選択肢です。

【OD缶】登山にも便利なおすすめのシングルバーナー

アウトドアにぴったりなOD缶です。耐冷性もあるので、登山などにも適しています。おすすめのOD缶のシングルバーナーを3選紹介します。

OD缶①:SOTO/アミカス

アミカス

¥5940

コンパクトで、持ち運びがしやすい「アミカス」です。安定した火力で使いやすいのも特徴で、風にも強い構造になっています。

初心者でも使いやすく、駆け出しキャンパーにも向いているシングルバーナーです。なぜならば、ワンタッチで点火できて、手軽に利用できるからです。

そのため、扱いが難しくないためこれからキャンプをはじめようと考えている人が選びやすいシングルバーバーと言えます。

サイズ約7.6×10×8.6cm
重量約81g
連続使用時間約90分
発熱量2600kcal/h
40代/男性
40代/男性

安定感抜群

評価:

安定感があり、料理をするのにも安心して使用できます。ゴトクが4つ付いているので、使用場所が多少の不整地でも問題ありません。

OD缶②:キャプテンスタッグ/オーリック 小型ガスバーナーコンロ

オーリック 小型ガスバーナーコンロ

¥4088

「オーリック 小型ガスバーナーコンロ」は、鍋やクッカーなど全体的を加熱することができます。他のシングルバーナーと比較して、炎が幅広く噴出するからです。

火力も安定しているので、おいしくキャンプ飯が作れます。アウトドアでの料理経験が浅い人でも、使いやすいのでおすすめです。

サイズ125×125×82(h)mm
重量約300g
発熱量2700Kcal
20代/男性
20代/男性

鍋料理も可能

評価:

2〜3人までの鍋料理ができます。また、しっかりとした料理が作れるので、十分に満足のいくキャンプ飯が楽しめます。

OD缶③:プリムス/エクスプレス・スパイダーストーブII

エクスプレス・スパイダーストーブII

¥13200

分離型で安定した「エクスプレス・スパイダーストーブII」です。転倒の心配がないので、安全面も信頼でき初心者キャンパーにもおすすめです。

火の元とバーナーとの距離を空けることができるので、引火の恐れも少ないでしょう。また、シックなデザインで見映えもするので、人気のバーナーです。

サイズ約8.7×4.0×8.3cm
重量約195g
連続使用時間約70分
発熱量2800kcal/h
30代/女性
30代/女性

コンパクト

評価:

分離型は比較的かさばるものが多いですが、本製品はコンパクトに収まります。手のひらサイズまで畳めるので、持ち運びに便利です。

【CB缶】キャンプ初心者おすすめのシングルバーナー

初心者にも扱いやすいCB缶は、キャンプでも十分に使えます。使い勝手も良いのでおすすめです。キャンプ経験が浅い人にも簡単に使える、CB缶のシングルバーナーを3選紹介します。

CB缶①:スノーピーク/バーベキューコンロ ホーム&キャンプ バーナー

バーベキューコンロ ホーム&キャンプ バーナー

¥13750

収納する際はボトル状になり、整理整頓も楽なのでキャンプの初心者にも扱いやすい「バーベキューコンロ ホーム&キャンプ バーナー」です。手軽に持ち運びができるので、キャンプに向いています。また、いつでもどこでも気軽に使えるのが魅力です。

サイズ約30.1×34.6×12cm
重量約1.4kg
連続使用時間約110分
発熱量2100Kcal/h
20代/女性
20代/女性

可愛らしいデザイン

評価:

収納時の見た目がこぢんまりとして、可愛らしいデザインです。インテリアとしても、気に入っています。

CB缶②:イワタニ/ジュニアコンパクトバーナー

ジュニアコンパクトバーナー

¥3980

「ジュニアコンパクトバーナー」は、熱効率が非常に良く加熱するのに時間がかかりません。1Lの水が4分前後で沸かすことができるので、アウトドアに慣れていない人でも使いやすいでしょう。また、ゴトク自体が風よけの役割りも担っているので、屋外での使用も難なくできます。

サイズ約15.5×15.5×12.7cm
重量約274g
連続使用時間約120分(イワタニカセットガス使用時)
発熱量2300Kcal/h
30代/男性
30代/男性

点火が簡単

評価:

自動着火装置付きなので、簡単に火を点けることができます。チャッカマンなどの器具が必要ないので、作業も楽です。

CB缶③:SOTO/ウォーマー レギュレーター ストーブ フュージョン

ウォーマー レギュレーター ストーブ フュージョン

¥14139

「ウォーマー レギュレーター ストーブ フュージョン」は、シンプルな外見とは裏腹に高性能バーナーです。長いゴトクが、脚の代わりになっているので安定して使えます。火口が深くなっているので、耐風効果も高く料理もしやすいです。

また、ボンベの取り付け・取り外しが容易にできるので、キャンプ経験がそこまでない人でも気軽に扱えます。

サイズ約41×12×9cm
重量約245g
連続使用時間約90分
発熱量2500Kcal/h
50代/女性
50代/女性

大人数でも活躍

評価:

大鍋で料理ができるので、家族や友人たちと利用できます。気心知れた皆で、キャンプ飯を楽しめるのが良いです。

シングルバーナーを正しく使うための対策

シングルバーナーを利用するにあたり、最も気をつけなければならないのは火災です。火を扱うので、使い方を間違えると危険だからです。実際に間違った使い方をして、爆発することもあります。

対策としては、複数並べての使用や、バーナー全体を囲うような風よけを設置するのは避けましょう。熱が逃げずに、火災の原因になるからです。底の面積が広い、調理器具を乗せるのも避けてください。

また、焚き火などの火起こしに直接使うのも危険なのでやめましょう。正しく対策をすれば、安全に使えるので気をつけて使用するようにしてください。

自分に合うシングルバーナーをみつけよう!

シングルバーナーは、キャンプで料理を作るのには欠かせないキャンプギアです。初心者は、どのシングルバーナーを選んだら良いのか迷うこともあるでしょう。

燃料のタイプなどを把握して、用途に合った使い方ができるとキャンプライフの幅も広がること間違いありません。そのため、OD缶やCB缶など、状況に合わせて利用することをおすすめします。

これまで、シングルバーナーを使用したことがない人は、自分に合ったシングルバーナーをみつけてキャンプに活かしてみてください。

プリムスのツーバーナーはキャンプに便利!オンジャやトゥピケを紹介

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/grill/%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%af%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ab%e4%be%bf%e5%88%a9%ef%bc%81%e3%82%aa%e3%83%b3/

プリムスのツーバーナーについて紹介します。ツーバーナーのオンジャ、トゥピケのスペックや魅力と使い勝手について解説しています。キャンプ料理のレシピとの相性についても掘り下げました。価格も手ごろなプリムスのツーバーナーがおススメなので、参考にして下さい。

メスティンを使った炊飯ポイントまとめ!1合・2合炊きの手順は?

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tableware/%e3%83%a1%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%9f%e7%82%8a%e9%a3%af%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%811%e5%90%88%e3%83%bb2%e5%90%88/

メスティンを使って炊飯する時の、初心者の方でも簡単においしく作れるポイントをまとめました。メスティンで炊飯する際に必要な道具から手順、メスティン炊飯に関するよくある質問についても紹介しているので、これからメスティン炊飯にチャレンジする方はぜひ参考にしてみてください。

センゴクアラジンのおしゃれな「ポータブルガスコンロ」を紹介!メリットや口コミも

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/sengoku-arajin-gas-stove/

センゴクアラジンのおしゃれな「ポータブルガスコンロ」を詳しく紹介します。「ポータブルガスコンロ」のメリットや特徴を徹底解説。センゴクアラジンの製品をピックアップし、わかりやすくそれぞれ商品説明もしているため、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のライター

映画好きでお酒好きの、物書きです。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。