「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

軽くて安くてコスパ良し!キャンプでおすすめの「ソフトジャグ」7選

軽くて安くてコスパ良し!キャンプでおすすめの「ソフトジャグ」7選

キャンプで大活躍のソフトジャグについて、種類や便利な使い方について詳しくまとめ、おすすめのソフトジャグをピックアップして紹介しています。それぞれのソフトジャグのスペックや、特徴を徹底的に解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


キャンプにジャグって必要?

安心して水を使用できるソフトジャグは、キャンプには欠かせないアイテムです。ソフトジャグにあらかじめ水を確保しておけば、炊事場が混み合っている際も自分のタイミングで水作業ができます。

この記事では、ソフトジャグの特徴を深掘りしました。おすすめのソフトジャグも詳しく掲示しているので、ぜひソフトジャグの魅力に触れてみてみてください。

意外な盲点!ハードタイプのジャグのデメリットとは

キャンプで使うウォータージャグといえば、折りたためないタイプのハードジャグを思い浮かべる人も多いと思います。ソフトジャグと比べてハードジャグのデメリットとして、重量があるので持ち運びに負担がかかることが挙げられます。容量が大きく、丈夫なのは利点ですが、サイズが大きいものが多いので収納をするのに頭を悩ませることも。

ソフトジャグと違い折りたたむことができないので、かさばってしまい置き場にも困ります。水をたくさん使用しないのであれば、ソフトジャグのほうが使い勝手は良いでしょう。

コスパが良いのはソフトジャグ!

初心者でも、手軽に使えるのがソフトジャグの魅力です。ソフトジャグは軽量で、柔らかい材質で作られているのでコンパクトにたためて、収納も難なくできます。また、機能性が十分であるにもかかわらず、リーズナブルな値段で購入できるのでコスパも申し分ないでしょう。

ソフトタイプは自立しないデメリットも・・・

ソフトジャグは材質が柔らかく、形状が変化するのが特徴です。そのため、中の水が減ることで自立しなくなってしまうソフトジャグもあります。使用する際はバンドを使って固定するなど、工夫をする必要があるかもしれません。

キャンプでおすすめのソフトジャグ7選

ソフトジャグは使い勝手が良く、キャンプでは大活躍します。人気アイテムだけに市場に種類が多く、購入する際に悩んでしまう人も多々いるでしょう。ここからは、キャンプにおすすめのソフトジャグを7選ピックアップしました。

COVAN ソフトジャグ

COVAN ソフトジャグ

¥ 4,950 ( 2023年11月16日時点 )

「COVANのソフトジャグ」は容量が10Ⅼと多い上に、コンパクトにたためるのがポイントです。また、水受けバケツが付いており、周囲を濡らさずに使えるのでテント内でも安心して使用できます。


サイズ約250×250mm(水受けバケツ 約200×70mm)
容量約10Ⅼ
カラーベージュ・オリーブ


モンベル フレックス ウォーターキャリア 6L

「フレックス ウォーターキャリア」は、軽量で初心者キャンパーにも手軽に使えます。注ぎ口が、スライドロック式なので注水やお手入れも簡単。


重量約175g
容量約6Ⅼ
耐熱/耐冷温度約80℃/約-20℃
値段\4,400


モンベル フレックス ウォーターキャリア 8 L

先述した「フレックス ウォーターキャリア」の8Ⅼ容量のタイプです。機能性はそのままで、多くの水分を保持できます。大人数でのキャンプで、非常に役立つでしょう。


重量約190g
容量約8Ⅼ
耐熱/耐冷温度約80℃/約-20℃
値段\4,950


ハイドラパック シーカー 4L

ハイドラパック シーカー 4L

¥ 4,200 ( 2023年11月16日時点 )

一見、水筒のような見た目の「シーカー」です。中身を凍らせることができるので、夏キャンプも快適に過ごせます。フタにはループが付いており、フタの紛失の心配がありません。その上、持ち手が付いているので注ぎやすく、かゆいところに手の届くソフトジャグです。


サイズ約420×150mm
重量約104g
容量約4Ⅼ

FUTUREFOX ウォータージャグ 10L

FUTUREFOX ウォータージャグ 10L

¥ 9,872 ( 2023年11月16日時点 )

ソフトジャグでは珍しく、中身が減っても自立可能な「FUTURE FOX」のウォータージャグです。上部が外せて、バケツのような形状になるので水をダイレクトに入れられます。


サイズ約245×245×270mm
重量約700g
容量約10Ⅼ
カラーブラック・カーキ・オリーブ


COLAPZ 2-in-1 Water Carrier & Bucket ウォータージャグ 8L

COLAPZ 2-in-1 Water Carrier & Bucket ウォータージャグ 8L

¥ 6,980 ( 2023年11月16日時点 )

COLAPZの「2-in-1 Water Carrier & Bucket ウォータージャグ」は、外から中身の残量が把握できる目盛りが付いているのが便利なポイント。上部には取っ手が付いているので、中身が入っている状態でも難なく持ち運びできます。


サイズ約220×250×220mm
重量約640g
容量約8Ⅼ
カラーグレー・オリーブ・タン


キャプテンスタッグ ポリタンク ウォータータンク

キャプテンスタッグ ポリタンク ウォータータンク

¥ 1,000 ( 2023年11月18日時点 )

「ポリタンク ウォータータンク」はサイズの種類が多く、シーンに合わせて複数所持しておくと便利です。シンプルな作りで、かつ、中身が見えるので使いやすいです。


サイズ(15Ⅼ)約290×250×350mm
重量220g
容量約3Ⅼ・約5Ⅼ・約10Ⅼ・約15Ⅼ
耐熱/耐冷温度約80℃/約-20℃


ソフトタイプのジャグはコスパも使い勝手もOK!

ソフトジャグは携帯に便利で、手軽に使えるのでアウトドアに慣れていない人におすすめです。

使い勝手が良いものが多く、所持しておけばキャンプライフも豊かになること間違いありません。まだソフトジャグを試したことがない人は、この機会に購入してみてはいかがでしょうか。

テントを防水スプレーで強化しよう!選び方やタイミングを解説

https://news-magazine-campers.com/articles/1648

テントを防水するためのスプレーの選び方を詳しく説明します。また、テントに防水スプレーするおすすめのタイミングなどもわかりやすく解説しました。テントにぴったりの防水スプレーを種類別に紹介もしているので、ぜひとも参考にしてみてください。

キャンプにグランドシートは必須?メリットや選び方などを紹介

https://news-magazine-campers.com/articles/1643

テントにグランドシートは、必要なのか疑問に思う方もいますよね。なくても過ごせるかもしれませんが、シートが重要と言われる理由があります。グランドシートがなぜ必要なのかメリットなどをまとめてみました。選び方も合わせて参考にしてください。

【厳選】おしゃれなキャリーワゴン7選!選び方や使い方も解説

https://news-magazine-campers.com/articles/1618

キャンプで大活躍するおしゃれなキャリーワゴンを紹介します。便利なキャリーワゴンは、移動以外にも使い道があります。そのため機能性だけでなく、おしゃれなデザインの方が断然気分が上がるでしょう。キャンプがワクワクするおしゃれなキャリーワゴンをまとめてみました。

この記事のライター

映画好きでお酒好きの、物書きです。

関連する投稿


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

冬キャンプに欠かせない防寒グッズ!「NANGA(ナンガ)」でおすすめのダウンやシュラフ16選

国内メーカーNANGAのおすすめアイテムをご紹介します。冬キャンプを快適に過ごすなら、ダウン製品は欠かせません。キャンプだけでなく、さまざまなシーンで活躍するアイテムもたくさんあります。NANGAの冬キャンプにぴったりなダウンやシュラフを参考にしてください。


【実体験】安さだけじゃない!100均ダイソーの「ハンギングラック」を使ってみた

【実体験】安さだけじゃない!100均ダイソーの「ハンギングラック」を使ってみた

100均ダイソーの「ハンギングラック」を紹介します。100均ダイソーは、キャンプグッズが豊富で、キャンパーさんに人気ですよね。安さだけじゃない、ダイソーの「ハンギングラック」がどれだけ素晴らしいか、体験をもとにお伝えします。


最新の投稿


【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

【実体験】焼酎に合う大人の「牛タン味噌煮込み」をダッチオーブンで作ってみた

焼酎に良く合う大人の味付けを目指して、「牛タン味噌煮込み」作りにチャレンジしました。ダッチオーブンを使って、長時間煮込むことで具材の旨味を極限に引き出すことに成功しました。具材を入れて煮込むだけの簡単レシピなので、ぜひ参考にしてください。


テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

テントでも2万円以下とコスパ抜群!キャンプデビューするなら「コメリ」の新作をチェック

コスパ抜群コメリのアウトドアブランド「Natural Season (ナチュラル・シーズン)」から発売される、新作ギアをひと足早く紹介します。キャンプシーズンを目前にした、2024年3月より順次発売される新作をチェックしていきましょう。


【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【後編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。後編では、さらにドラマをもっと深掘りします。


【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

【前編】YouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編を徹底解説!馬杉監督対談インタビュー

2023年12月22日に公開されたYouTubeドラマ「おやじキャンプ飯」滋賀編。シリーズは3作目となり益々話題となっています。馬杉監督との対談インタビューを前編・後編に分けてご紹介。ドラマをもっと深掘りします。


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。