「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

【厳選】おしゃれなキャリーワゴン7選!選び方や使い方も解説

【厳選】おしゃれなキャリーワゴン7選!選び方や使い方も解説

キャンプで大活躍するおしゃれなキャリーワゴンを紹介します。便利なキャリーワゴンは、移動以外にも使い道があります。そのため機能性だけでなく、おしゃれなデザインの方が断然気分が上がるでしょう。キャンプがワクワクするおしゃれなキャリーワゴンをまとめてみました。


おしゃれなキャリーワゴンで目立っちゃおう!

キャンプの荷物運びなどに活躍するキャリーワゴンは、おしゃれな方が断然いいですよね。もちろん、機能性も重要ですが、見た目も大事な要素です。さまざまなブランドから多くのキャリーワゴンが販売されているので、どれを選んでいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、おしゃれなキャリーワゴンだけでなく、キャリーワゴンの使い方や選び方を紹介しています。荷物を運ぶだけでなく、キャンプに役立つ使い方もあるのでチェックしてみましょう。

キャリーワゴンの使い方は?賢い使い方

キャリーワゴンの賢い使い方について紹介します。キャンプで荷物を運ぶ以外にもキャリーワゴンの使い道があります。便利なキャリーワゴンの使い方について、チェックしてみましょう。

使い方①:荷物の収納や移動

キャリーワゴンの最も多い使い方は、荷物の運搬として使う方法です。キャンプ場での荷物の移動で使うことが多いですよね。荷物を収納しておけば、そのままキャンプ場で移動することができるので便利。また、キャンプだけでなく買い物などでも役に立ちます。

キャリーワゴンがあれば何かと物を運ぶ際に使えるので、さまざまなシーンで利用できます。

使い方②:子供やペットを乗せる

キャリーワゴンに子供やペットを乗せて遊ばせることもできます。小さなお子さんなら、キャリーワゴンに乗って走らせれば、まるで電車ごっこのように楽しめるのでおすすめです。キャンプ場によっては遊び場が少ない場所もあるので、キャリーワゴンがあるとお子さんも楽しめます。

また、ペットと一緒にキャンプするとき、ペットを乗せて移動させることにも使えます。

使い方③:テーブルとして使う

キャリーワゴンに天板などを乗せてテーブルとして使うことができます。キャンプ場のサブテーブルなどとして使えるので便利です。おしゃれなキャリーワゴンに自作の天板などを合わせれば、自分好みのテーブルにすることもできます。

キャリーワゴンの中は収納として使い、外はテーブルとして使えばスペースも節約することができるので、メリットとなります。

おしゃれだけじゃない!キャリーワゴンを選ぶポイント

おしゃれなキャリーワゴンを選ぶ際は、デザインだけでなく機能などもチェックしましょう。デザインはもちろんですが、使いやすさや安全性も重要です。キャリーワゴンを選ぶ際のポイントについてチェックしていきましょう。

選ぶポイント①:サイズや耐荷重は重要!用途や人数を考える

キャリーワゴンを選ぶとき、チェックしておきたいのは耐荷重です。キャンプの荷物は多いこともよくありますよね。ある程度の荷物に耐えられる耐荷重があった方が便利です。目安としては、耐荷重100㎏以上あるものがおすすめです。

耐荷重100㎏以上あれば、お子さんを乗せる場合も安心して使うことができます。

選ぶポイント②:引きやすいタイヤとハンドルかどうか

キャリーワゴンを選ぶときは、ハンドルにも注目しましょう。キャリーワゴンのハンドルの基本は、O字型とT字型となっています。好みもありますが、O字型の方が持ちやすさと安定感があると言われています。T字型は、やや手に負担がかかるので女性の方はO字型の方がおすすめです。

また、タイヤのサイズも大事なチェックポイントです。キャンプ場が砂地など悪路である場合は、大型タイヤがおすすめですが、舗装されている場所の場合は小回りがきく小さめのタイヤが向いています。小さなタイヤは軽量で動かしやすいですが、砂地などでは動かしにくいので目的に合う方を選びましょう。

選ぶポイント③:組み立てが簡単なものがおすすめ

キャリーワゴンは、組み立てが簡単なものがおすすめです。開くだけで使えるキャリーワゴンは、底板と本体が一緒になっているので組み立てる必要がありません。底板と本体が別になっているキャリーワゴンの場合は、板を敷いて組み立てる必要があります。

少しでも手間を省きたい場合は、開くだけで使えるキャリーワゴンを選ぶことをおすすめします。

選ぶポイント④:便利な機能がある

キャリーワゴンの中には、屋根付きのものやカバー付きなど、プラスアルファ機能が付いているものもあります。カバーが付いていれば、荷物が飛び出したり汚れたりすることを防ぐことができます。そして、屋根付きのキャリーワゴンの場合、突然の雨や日焼けなどを防ぐことができるので便利です。

好みの部分となりますが、あったら便利な機能もチェックしてみるとよいでしょう。

おすすめのおしゃれなキャリーワゴン7選

キャンプ場で気分が上がるおしゃれなキャリーワゴンを紹介します。見ているだけでウキウキするような、おしゃれなデザインのキャリーワゴンをピックアップしました。キャンプ場で差をつけるキャリーワゴンをみつけてください。

おすすめ①:DOD/フォールディングキャリーワゴン

フォールディングキャリーワゴン

¥12890

人気アウトドアブランド「DOD」のキャリーワゴンです。DODのトレードマークのウサギがキュートなデザインが魅力となっています。折り畳み式なので組み立ても簡単。最大積載量が100㎏なので、荷物が多いときでも安心です。

また、大型タイヤであるため、悪路のキャンプ場にも適しています。ワゴンから取り外しもできるので、さまざまな使い方もできる便利さもあります。

サイズ(約)W53×D95×H120cm
最大積載量100kg
重量(約)14kg
女性
女性

持ち運びしやすい

評価:

デザインがかわいく、収納もたくさんできるので便利です。重たいというレビューもありますが、女性の私でも大丈夫でした。持ち運びしやすくかわいいので気に入っています。

おすすめ②:ロゴス/Tradcanvas 丸洗い長いモノOKキャリー

Tradcanvas 丸洗い長いモノOKキャリー

¥29800

キャンパーさん達に人気ブランド「ロゴス」の丸洗い可能なキャリーワゴンです。長さのあるアイテムも載せられ、耐荷重105㎏といった容量にも余裕があることがメリットです。ロゴスのおしゃれなロゴがポイントになるシンプルなデザインが魅力となっています。

そして、ワンタッチ開閉となっているため組み立ても簡単。また、大型タイヤはタイヤロック付きで安全面にも考慮されています。

サイズ(約)幅129/98×奥行49×高さ59cm
重量(約)12.6kg
耐荷重(約)105kg
男性
男性

移動も簡単で安定感あり

評価:

ベージュカラーのデザインが気に入って購入しました。安定感があり、容量も大きいので非常に満足しています。キャンプ場でもタイヤがスムーズに動くので不便がありません。丸洗いできる点もかなりポイントです。

おすすめ③:クイックキャンプ/ワイドホイール アウトドアワゴン

ワイドホイール アウトドアワゴン

¥11880

ブラックカラーがかっこいい、クイックキャンプのキャリーワゴンです。大型ホイールのタイヤが特徴なので、アウトドアの悪路でも安心して移動させることができます。折り畳み式なのでコンパクト収納可能、付属のゴムバンドがあることで荷物を安定させることも可能です。

別売りの専用ワゴンテーブルを購入することで、テーブルとして使うこともできます。値段が手頃なこともおすすめポイントです。

サイズ(荷台)約幅89cm×奥行43cm×高さ32cm
重量約11kg
耐荷重100kg
男性
男性

ブラックカラーが魅力的

評価:

キャンプ場でぬかるんだ道を移動したときでも、問題なく運べました。容量も十分にあるので気に入っています。ブラックカラーが無骨感があっていいですね。

おすすめ④:VEVOR/屋根付き キャリーワゴン

屋根付き キャリーワゴン

¥13980

屋根付きが特徴のおしゃれなキャリーワゴンです。押しても引いても動かせるタイプなので、女性でも動かしやすいことがメリットです。また、頑丈なスペックで大型タイヤなので砂利道などでも安心して動かせることができます。

メッシュポケットなど付属の機能もあるので、キャンプやピクニックなどでちょっとした収納も可能です。天候などに対応できる屋根付きのキャリーワゴンは、便利な機能となります。

サイズ98.5 x 52 x 17.8 cm
重量12.5 kg
耐荷重100kg
60代/女性
60代/女性

しっかりしている

評価:

組み立ては少し大変でしたが、なんとか組み立てることができました。重さはあるもののしっかりしているので安心して使えます。

おすすめ⑤:レイトンハウス/アウトドア コンパクト キャリ―ワゴン

アウトドア コンパクト キャリ―ワゴン

¥13300

モータースポーツ好きに知られる人気ブランド「レイトンハウス」の大容量が魅力なキャリーワゴンです。タイヤはオフロードタイヤでラウンドホイールとなっているため、小回りがよくきき走りやすいことが特徴。また、傾斜があるところでも安心なストッパー機能もついています。

カラーバリエーションもあるので、好みのカラーを選べます。おしゃれな雰囲気と機能性を兼ね備えたキャリーワゴンです。

サイズ幅91cm×奥行48cm×高さ90cm
重量約9kg
耐荷重約100kg
60代/男性
60代/男性

コンパクト収納

評価:

花火大会で飲み物など入れて運ぶために購入しました。帰りは孫を乗せて帰れるので便利だと思い決めました。収納もコンパクトなのでいいですね。

おすすめ⑥:Moon Lence/折りたたみキャリーカート

折りたたみキャリーカート

¥13341

オレンジとブラックのカラーがおしゃれな折り畳み式のキャリーワゴンです。156Lの大容量のキャリーワゴンなので、荷物が多いキャンパーさんにおすすめとなっています。頑丈でしっかりとしたスチールフレーム、100kgの耐荷重というスペックなので安心して使うことができます。

収納時もコンパクトになる収束型なので、使わないときでもスペースを取りません。キャンプでもイベントなどでも活躍するおしゃれキャリーワゴンです。

サイズ約93(長さ)×57(幅)×62(高さ)cm
重量9.5kg
耐荷重100kg
男性
男性

子供も大丈夫

評価:

タイヤが大きいので安定しています。重さがあり大きめですが、コンパクトに収納できるので便利です。子供を乗せても大丈夫でした。

おすすめ⑦:DEERFAMY/キャリーワゴン

キャリーワゴン

¥21671

ブラックと赤のカラーリングが特徴のおしゃれなキャリーワゴンです。キャンプ場の悪路でも安心の太いタイヤが特徴で、安定した移動ができます。バックルを外すだけで、後部を広げることができるため、長さのある荷物も運ぶことが可能です。

別売りのテーブルもあるので、セットで揃えておくとテーブルとして使うことができるのでおすすめです。他にはあまりないカラーリングがおすすめのキャリーワゴンとなっています。

サイズ91×49×90cm
重量11.67㎏
耐荷重100kg
女性
女性

子供が大喜び

評価:

タイヤが太いので安定します。子供たちが大喜びで楽しんでいます。後ろが外せるので、荷物の積み下ろしがラクなことも気に入っています。

おしゃれなキャリーワゴンでキャンプを快適に楽しもう!

キャンプにおすすめのおしゃれなキャリーワゴンを紹介しました。デザイン性に優れ、機能性もあるキャリーワゴンがあればキャンプの移動がラクになり気分も上がります。移動以外でもさまざまな使い方ができることもキャリーワゴンのメリットなので、ぜひお気に入りをみつけて楽しんでください。

また。キャリーワゴンはキャンプ以外のアウトドア、災害時などにも役立つので幅広い用途があります。自分の好みに合うデザインや機能をチェックして、おしゃれなキャリーワゴンでアウトドアを楽しみましょう。

WAQのソフトクーラーボックスはコスパがいい!口コミや特徴もチェックしよう

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/cooler/waq-soft-coolerbox/

WAQのソフトクーラーボックスを徹底解説していきます。WAQのソフトクーラーボックスは、コスパが良く保冷力が高いといわれています。また、WAQのおすすめキャンプギアなども紹介していきますので、コスパ良いギアを探している方はぜひ参考にしてみてください。

初心者や女性におすすめのペグハンマー7選!効果的な選び方も解説

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/biginer-women-peg-hammer/

テントやタープの設営で必要なペグを打ち込むペグハンマーのおすすめを紹介します。初心者や女性でも使いやすいタイプを厳選してピックアップ。効果的な選び方や選ぶポイントもまとめてみました。これからキャンプデビューを考えている方は参考にしてください。

ワークマンのアウトドアテーブルは使いやすさ抜群!特徴や魅力を種類ごとに紹介

https://news-magazine-campers.com/uncategorized/workmanoutodoortable/

ワークマンのアウトドアテーブルについて、余すことなく解説します。ワークマンのアウトドアテーブルの種類を大きく三つに分け、それぞれ特徴や魅力をわかりやすく説明しました。また、商品のスペックなども詳しくまとめているので、ぜひとも参考にしてみてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。