「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

登山初心者が選ぶべきおすすめのテント9選!選び方や疑問点も紹介

登山初心者が選ぶべきおすすめのテント9選!選び方や疑問点も紹介

登山初心者のためにテントの選び方、おすすめテントを紹介します。「登山でテント泊をしたいけど、種類が多すぎて選べない」という方も多いはず。本記事では、初心者の悩みに多い、テントの種類や、選び方についても丁寧に説明しますので、ぜひテント選びに役立ててみてください。


初心者におすすめの登山用テントが知りたい!

初心者にはズバリ、軽くて組み立てやすく、過ごしやすいテントがおすすめです。そもそも登山用テントは、キャンプ用テントと比べ軽量で防水などの機能性に優れているもののことを言いますが、慣れていない初心者では組み立てや持ち運びに苦労することも少なくありません。 初めてのテント泊で、組み立てに手間取って、雨に濡れてしまったなんて経験は避けたいですよね。なので、慣れるまでは、軽量かつ組み立てが簡単なものを選ぶのが大切です。では、早速テント選びに失敗しないためのポイントを確認していきましょう。

登山用テントを選ぶポイント

初心者が、登山用テントを選ぶ際に気をつけたい5つのポイントを説明します。前述したように登山用テントは軽量かつ機能的にデザインされたテントですが、一般的に1.5kg前後のものが多いです。キャンプ用のテントだと7~10kgほどのものもあるので、その差は歴然です。登山においては1gでも荷物を軽くしたいので、選ぶ際は間違わないようにしましょう。 ここからは、そんな登山用テントの中で、どんな種類があるか説明し、選ぶときに迷わないためのポイントを紹介していきます。

選ぶポイント①:ダブルウォールかシングルウォールか

テントを選ぶ際に、まず確認したいのが、「ダブルウォール」か「シングルウォール」かという点です。どちらもその名の通り、テントの屋内と外界を隔てるウォール(壁)が2枚か1枚かの違いがあります。 シングルウォールはフライシートがなく、防水加工された生地1枚のテントです。登山用テントでより軽さを求めたいならこちらのタイプがおすすめです。設営や撤収も簡単なのはメリットですが、前室がなく荷物を全てテント内に持ち込む必要があることと、外界との気温差が激しいと結露が発生しやすい点はデメリットです。 ダブルウォールは多くのキャンパーが使用しているモデルで初心者向けのタイプと言えます。フライシートがあるので前室を確保することができ、汚れた登山靴などを外に置いておけるのは嬉しいポイントです。そのため、テント内もシングルウォールよりは広々と使えるので、何かと不慣れな初心者には作業スペースが確保できおすすめです。また、使用しているキャンパーが多いので、使い方で分からないことがあれば、すぐに聞くことができる点もメリットでしょう。

選ぶポイント②:テントの形状は登山スタイルによる

テントの形状は大きく3つのタイプがあります。風に強く扱いやすい「ドームタイプ」のテントは屋内スペースが広く、作業しやすいので初心者にもおすすめの形状です。フレームをセットすることで自立するのでテント設営に慣れていない人でも簡単に立てることができます。防風性や防水性に優れているので、1~2人で登山を楽しむ際に、安心した空間が欲しい人にはおすすめです。 次は「ワンポールタイプ」のテントです。こちらはグループ登山をする際に、ミーティングや宴会をしたい場合におすすめです。モノポールテントとも呼ばれ、中心に1本のポールを立てて設営します。軽量な点はメリットですが、テンションをかけながらテントを設営する必要があるため、初心者には少し難易度が高いタイプかもしれません。 最後のタイプは「超軽量URタイプ」です。こちらはその名の通り、とにかく軽いタイプのテントです。ソロで登山する際に、出来る限り荷物を軽くし、素早く動きたい人向けです。移動重視の方にはおすすめですが、屋内は狭いのでしっかり食事をとりたい人にはやや不向きなタイプかもしれません。

選ぶポイント③:人数で選ぶ!ソロかグループか

次は、登山メンバーの人数で選びましょう。ソロで登山を計画しているならより軽くなるよう軽量タイプのテントが適していますし、4~5人のグループで登山するなら、それなりの大きさが必要になってきます。各メーカーが販売しているテントは使用人数の目安が書かれているので参考にしてみるといいでしょう。 その際気をつけて欲しいのは、実際に使用する人数+1人程度のテントを選ぶのがおすすめです。なぜなら、テント泊初心者だと、テント屋内でパッキングやその他作業をすることにも慣れていないでしょうし、テント内の圧迫感にストレスを感じる場合もあるからです。初めは、少しゆとりを持ったテントを選ぶことで、ゆったりとストレスフリーなテント泊を楽しむことができるでしょう。 また、グループで登山する場合は、大きなテントを一つ持っていくよりも、2~3人用のテントを複数準備することを検討しましょう。そうすることで荷物を分散させ、負担を軽減できる他、テントの設営場所を探す手間も省けます。

選ぶポイント④:初心者は3シーズンがおすすめ

テント泊初心者は「3シーズン」のテントを選びましょう。テントを使用する時期に合わせてテントにも様々なタイプがあります。初心者におすすめな3シーズンのテントは、春・夏・秋に使用するのに適したテントです。特に夏山メインで使用するのであれば、通気性が優れていて、防虫ネットがついているものが望ましいです。熱帯夜で夜眠れなく、次の日の登山に悪影響が出ないように、気をつけたいポイントです。 また、雪山で使用することを想定している場合は、丈夫で悪天候に強いテントを選びましょう。明確に「冬用」と明記しているテント自体は少ないですが、雪に対応できる機能が備わっているかを確認する必要があります。気密性重視で作られている場合が多いですが、保温性があるわけではないので、その点は注意して購入しましょう。

選ぶポイント⑤:設営方法もチェックしよう

最後の選ぶ際にチェックするポイントは「設営方法」です。テントの設営方法は大きく2つあります。1つ目は「吊り下げ式」の方法です。テントの骨組みを組み立てた後、そのポールにテント本体を吊り下げるだけで完成するテントなので、とても簡単に設営できます。初心者はこの吊り下げ式がおすすめです。 もうひとつの方法は「スリーブ式」です。こちらはテント本体の筒状になっている箇所にポールを通して組み立てます。若干の手間はかかりますが、完成すれば安定感がある設営方法なので覚えておくと便利です。 登山でのテント設営は時間との勝負なので、まずは簡単に設営できるものを選ぶといいでしょう。慣れてくれば、スリーブ式などの安定感を重視したモデルを検討してみるのもいいかもしれません。

登山初心者におすすめのテント9選!

お待たせしました。では、筆者が厳選した登山初心者が選ぶべきおすすめのテントを10個紹介していきます。初心者におすすめなテントの条件は①ダブルウォール②ドームタイプ③3シーズン④2~3人用⑤吊り下げ式になりますので、その点も踏まえて確認してみてください。

おすすめ①:THE NORTH FACE/ストームブレーク2

ストームブレーク2

¥31600

最初に紹介するのは、誰もが知る有名ブランドTHE NORTH FACEからストームブレーク2です。重量は2.8kgと登山用テントの中では若干重めですが、防風性、防水性に優れた安定感のあるモデルです。シンプルな吊り下げ式なので設営が容易で、居住空間が確保されているので初心者にはおすすめのテントです。

ウォールタイプダブルウォール
重量2,800g
設営方法吊り下げ式
男性
男性

設営が簡単で、とても耐久性が高い素晴らしいテント

評価:

軽量でありながら、とても頑丈で気に入っています。設営も簡単なので初心者でも問題なく使えると思います。

おすすめ②:ARAI TENT/エアライズ 2

RIPENエアライズ 2(2〜3人用)

¥57200

次に紹介するのは多くの登山用テントを取り扱っているARAI TENTのエアライズです。このテントはダブルウォールの3シーズンテントで、どんな人でも使いやすいように設計されています。特に、重量が1,550gと非常に軽量なので登山初心者には特におすすめです。設営方法はスリーブ式ですが、シンプルなデザインなので、簡単に組み立てることができるでしょう。

ウォールタイプダブルウォール
重量1,550g
設営方法スリーブ式
男性
男性

初めてのマイテント

評価:

まだ数回しか使っていませんが、とても使いやすいテントです。軽量化されているので持ち運びが楽で、一人での設営も問題ありません。

おすすめ③:MSR/ハバハバシールド2

ハバハバシールド2

¥99000

1,470gという軽量モデルでありながら、ストレスフリーで過ごせる居住スペースを確保したテントです。吊り下げ式のドームタイプなので、どんな環境下でも簡単に設営できるのが魅力です。また、使用しているポールは弾力性が高く、強風がきても折れることなくしなやかに曲がり、元の形状に戻るような設計になっているので、初心者には安心な耐久性と防水性を備えていると言えるでしょう。

ウォールタイプダブルウォール
重量1,470g
設営方法吊り下げ式
女性
女性

大変良かった!

評価:

ソロで登山した際に使用しました。雨と風が強い日でしたが問題なし。耐久性は高いと思います。テントは大きくなると重くなるので、居住性と軽さ、どちらをとるか悩みます。

おすすめ④:HERITAGE/HI-REVO2 ハイレヴォ

HI-REVO2 ハイレヴォ

¥58300

ヘリテイジが提供するハイレヴォは万全な換気性能を備えた初心者おすすめのテントです。2人用のテントでありながら1,100gという軽さを実現させています。3シーズンでモスキートネットがついているので防虫対策も万全で特に夏の登山を予定している方にはおすすめです。

ウォールタイプダブルウォール
重量1,100g
設営方法スリーブ式
男性
男性

ツェルト並の軽さ、設営は慎重に。

評価:

初めてのテント泊用に購入しました。通気性が良く、前室のスペースも確保されていたので、登山靴なども置けて助かりました。

おすすめ⑤:PUROMONTE/VL-27

VL-27

¥60480

PUROMONTEの軽量アルパインテントVL-27は、登山テントに必要な軽さと丈夫さを兼ね備えたテントです。吊り下げ式の設営方法は、設営が簡単なのにも関わらず、フック同士をメッシュ状の生地でつなぐことで、耐久性もアップさせている点は注目です。またダブルウォールなので前室が60㎝あり、余裕をもって荷物を置くことができます。

ウォールタイプダブルウォール
重量1,300g
設営方法吊り下げ式
男性
男性

初めて購入する山岳テントとしてもオススメ出来ます。

評価:

軽さや耐久性などの基本性能は安定していて安心できます。スペックが高くどんな山でも対応してくれるのが嬉しいポイントです。

おすすめ⑥:finetrack/カミナドーム2

カミナドーム2

¥74800

カミナドーム2は日本の優れた技術が盛り込まれたメイドインジャパンのテントです。「何もあきらめない」のコンセプトのもと、登山者の要望に可能な限り答えた製品と言えるでしょう。自立式のダブルウォールなので、初心者にも安心でありながら、1460gという軽さを実現させています。設営はスリーブ式ですが、公式サイトでは4分で設営する動画もアップされているので簡単な設営も魅力の一つと言えます。

ウォールタイプダブルウォール
重量1,460g
設営方法スリーブ式
男性
男性

値段に似合った良い品です

評価:

他製品に比べて少し値は張りますが、その価値はありました。軽くて、結露問題もなく快適に過ごすことができます。特に良かったのは、撤収時のテントの収納が楽だったことです。

おすすめ⑦:NEMO/アトム 2P

アトム 2P

¥47300

NEMOが提供するアトム2Pは「初めてテントを購入するユーザーにもNEMOのクオリティとイノベーションを提供すること」をコンセプトに開発されたテントなので、初心者にも扱いやすいシンプルかつ機能的なデザインとなっています。ベーシックなダブルウォール&ドームタイプのテントなので扱いに困ることはないでしょう。標準装備でメッシュ生地の入り口や耐久性は備えているので、その点も初心者にはおすすめと言えます。

ウォールタイプダブルウォール
重量1,580g
設営方法スリーブ式
男性
男性

価格、使い勝手がちょうど良い!

評価:

初めての登山テントでしたが満足しています。設営も簡単で問題なく、耐久性も十分でした。軽すぎると、フライシートなどの薄さが気になるので、このくらいがちょうどいいと感じました。

おすすめ⑧:DUNLOP/VS-22T コンパクトアルパインテント2人用 ロング

VS-22T コンパクトアルパインテント2人用 ロング

¥38557

ダンロップが提供するVS-22Tは、なんと言っても耐久性の高さがウリです。重量は1,975gと他の登山用テントと比べると重めですが、多少重量が増えても、耐久性と安心を重視するというコンセプトのもの作られたテントです。初心者であれば、テントの破損などのトラブルは極力避けたいもの。このテントはそんな悩みを解決してくれる耐久性重視の強いテントです。

ウォールタイプダブルウォール
重量1,975g
設営方法吊り下げ式
男性
男性

買って良かったです。

評価:

他のメーカーのテントに比べると若干重いですが、その分耐久性があるということなので、使うのが楽しみです。

おすすめ⑨:Naturehike/CloudUp1

Naturehike CloudUp1

¥25188

Naturehikeが提供するCloudUp1は登山用テントに必要な機能を備えつつ、初心者でも手が出しやすい価格設定になったテントです。1,530gと軽量さを保ちながらも、ダブルウォールで前室があり、居住性も重視されています。張り綱をしっかり張ることで強風にも耐える耐久性があり、安心して宿泊することができるでしょう。登山用テントが欲しいけど、初めはコストを抑えたいと考えている人にはおすすめのテントです。

ウォールタイプダブルウォール
重量1,530g
設営方法吊り下げ式
女性
女性

良い

評価:

軽くてコンパクトな仕様なので、持ち運びに便利。それでいて頑丈に作られているので、ソロキャンプに最適。

登山初心者におすすめのテント比較表

ブランド名

THE NORTH FACE

ARAI TENT

MSR

HERITAGE

HILLEBERG

PUROMONTE

finetrack

NEMO

DUNLOP

Naturehike

商品名

ストームブレーク2

エアライズ 2

ハバハバシールド2

HI-REVO2 ハイレヴォ

VL-27

カミナドーム2

アトム 2P

VS-22T コンパクトアルパインテント2人用 ロング

CloudUp1

特徴

シンプルな吊り下げ式と十分な居住空間

軽量かつコンパクトで持ち運びに便利

基本的なスペックと高い耐久性

万全な換気性能を備えた3シーズンテント

頑丈かつ簡単な設営方法

メイドインジャパンの安心設計

シンプルかつ機能的なデザイン

耐久性抜群のテント

リーズナブルなソロテント

商品リンク

テント場利用は無料?有料?

一部無料のテント場もありますが、通常は有料と考えましょう。料金は1,000円~2,000円程度が一般的です。

快適なテントで初めての登山に挑戦しよう!

登山でのテント泊は、荷物が増えたり、設営の手間がかかったりすることもありますが、それらを差し引いてもお釣りがくる魅力があります。初めてのテント泊を目指す人にとって「登山テント選び」は一大イベントです。ぜひ本記事を参考に、自分に合ったテントを見つけてみてください。

登山におすすめの日焼け止め12選!紫外線対策に効果的な人気商品紹介

https://news-magazine-campers.com/outdoor/climbing/mountain-climbing-sunscreen/

登山の時は日射しも強く、肌へのダメージがあるため性別問わず日焼け止めが必要です。日焼け止めの種類はスプレータイプやスティックタイプなど数多く、それぞれにメリット・デメリットがあります。種類豊富な日焼け止めの中から、登山に適したおすすめの商品を厳選してご紹介します!

登山向けのアークテリクスのリュック9選!日帰り用・1泊~2泊用と分けて紹介

https://news-magazine-campers.com/fashion/rucksack/a-kuterikusuryukku/

登山向けのアークテリクスのリュックを解説します。登山で使うリュックの選び方を詳しく説明!登山におすすめのアークテリクスのリュックを日帰り用と1泊~2泊用に分けて紹介しますので、登山用リュックを購入する際の参考にしてください。

アウトドア用おすすめの扇風機10選!夏のキャンプを快適に過ごそう

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/outdoor-fan/

夏のアウトドアを快適に過ごすための、おすすめの扇風機をわかりやすく説明します。アウトドア用の扇風機を選ぶ際のポイントを詳しくお伝えしていきます。また、いくつか扇風機をピックアップして、丁寧にスペックや特徴をまとめているので、参考にしてみてください。

この記事のライター

キャンプ歴は幼少期から数えると25年以上。教育キャンプから、ファミリーキャンプ、本格的なアウトドアまで、様々なアウトドアを楽しむキャンパーです。「専門的なことをわかりやすく」をモットーに執筆していきますので、興味があればご覧ください!

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


ブランド 100均 火起こし 東京 車中泊 キャンプ料理 レシピ アクセサリー