「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

自然に寄り添うWhole earthのテントが凄い!気になる口コミや魅力を解説

自然に寄り添うWhole earthのテントが凄い!気になる口コミや魅力を解説

Whole earthのテントが凄い!と話題になっているホールアースを徹底解説します。1991年に誕生したホールアースは、国内のアウトドアブランドです。自然に寄り添うテントとはいったいどんなテントでしょう。またその他のキャンプグッズや、気になる口コミも紹介します。


whole earth(ホールアース)のテントは初心者にもおすすめ!

ホールアースは、1991年に誕生したアウトドアブランドです。山でも街でも家でも楽しもうという、アウトドアの楽しみ方を提案しています。1995年には「Whole Earth collection」と銘打ってトレッキングウエア、キャンプ用品といった多くのオリジナルブランドを開発しました。

ホールアースは、エコについてこだわりながら、テントだけでなくキャンプに欠かせないチェア、テーブルなども販売しています。この記事では、ホールアースのテントの魅力や、口コミなどを紹介しています。これからキャンプを始めようという方は、参考にしてみてください。

Whole earthはどんなブランド?魅力は?

ホールアースというブランドをご存じですか?創業以来、テントをはじめアウトドアグッズなどを地球環境やエコを意識したキャンプアイテムを販売し続けてきたブランドです。

ホールアースは、キャンプアイテムを数多く販売するメーカーとして知られています。地球にやさしい、体にやさしいを理念にしていることが特徴です。 キャンプ初心者にもわかりやすく、ホールアースの魅力を紹介します。

ブランドの魅力①:エコなコンセプト

ホールアースでは、体にやさしく、地球にもやさしいキャンプグッズを提供することを目指しています。たとえばテントは、ポリエステルフィルムを製造するとき発生するポリマーリサイクル繊維の生地素材があります。 ホールアースは、自然に興味を持ちながら環境やエコロジーについて前向きにとらえているブランドです。

1995年に、トレッキングウエアを展開し、「Whole Earth collection」としてキャンプ用品を中心に展開しはじめました。今では、キャンパーに愛用されるブランドとして広く愛されています。

ブランドの魅力②:2017年にスタートした新しいブランド

ホールアースの前進は、老舗スポーツメーカーデサントでした。2017年に、キャンプやトレッキングなどを含めたアウトドアカジュアルのカテゴリーとして展開をはじめています。

これは、自然環境を壊さないアウトドアグッズ販売に力を入れたことになります。 ホールアースは、自然の中でソロやファミリーなど幅広い層にキャンプを自由に楽しんでもらおうを合言葉に絶えずいろいろなアウトドアシーンに適したグッズを販売しています。

ブランドの魅力③:チェアやクーラーボックスなどさまざまなギアも扱う

ホールアースは、テント販売だけでなくキャンプに必要なアイテムも販売しています。たとえばチェアは、アウトドアでも楽しくくつろげるよう、座り心地にこだわっていることなどです

スマホやドリンクホルダーを備えるなど、チェアに細かな工夫をすることで多くのキャンパーに選ばれています。ホールアースのキャンプギアは、カラフルな品揃えであったり、エコを意識した使いやすい構造になっていることが魅力です。

Whole earthのテントの特徴

ホールアースのテントは、これからキャンプを始めようと思っている方にもおすすめです。ホールアースは、初心者でも簡単に設営できるテントを数多く販売しています。 またおしゃれなカラーも魅力です。そんなホールアースのテントが持つ特徴について解説します。

テントの特徴①:おしゃれなカラーリング

ホールアースのギアは、すべて地球の台地や植物を表すアースカラーを採用し、自然に溶け込める配色が特徴です。 その年によって、デザインが変化しカラーリングも変わります。

2017年、スタート当初は、自然の中で眺める空をイメージしてブルーや雲のような白を取り入れていました。現在のカラーリングをみると、だいぶ変化があることがわかるでしょう。

テントの特徴②:初心者でも設営しやすい

初心者でも設営しやすいテントの条件は、テントの大きさを知ること、設営時間が短時間で完了できること、それでも暴風に耐えられるテントを見つけることです。 ホールアースのドームテントは、構成がシンプルなため、組み立てるための部品が少なめで設営も撤収も難しくありません。

2本の支柱を交差させて設置できるシンプルな構造であることも特徴です。そのため、初心者の方でも比較的設営しやすいテントとして知られています。

テントの特徴③:スペックが高いのに低価格

キャンプ初心者にとって、テント選びは難しく感じることもあります。できれば耐久性や耐水性に優れていながら、価格がリーズナブルなテントを選びたいものです。 ホールアースのテントは、耐久性、耐水性抜群で使いやすいことが魅力です。

また、テントのフレームにジュラルミンを使用することで、できるだけ簡単に組み立てられるよう軽量化されています。 このように高スペックさが魅力ですが、価格は抑えめであることがホールアースが評価される点です。

Whole earthのテントの種類を解説

ホールアースは、自然に配慮した初心者にも設営しやすいテントを数多く発売しています。ソロキャンパー用やファミリーにおすすめのテントまで、それぞれの状況に合ったテントを調査しました。ホールアースのテントをタイプ別に紹介します。

テントの種類①:ソロキャンパーにおすすめのテント

ホールアースのテントの中で、ソロキャンパーに適しているのは、バップテントやツーリングテント、ドームテントです。パップテントは最近人気がある、隠れ家感が魅力のテントで個性的なタイプが好みの方に好まれています。

ツーリングテントやドームテントは、構造がシンプルで設営も簡単で、支柱の設置も手間がかからないことがポイントです。 ソロキャンプとはいえゆったりした快適サイズがおすすめ。テントを地面に広げた時全長2mほどになるサイズが快適です。

テントの種類②:初心者におすすめの設営がラクなテント

キャンプにはテントは必需品ですが初心者には設営がハードなこともあります。そんな方には、設営が簡単にできるドーム型やツーリングテントがおすすめです。 初心者にも設営しやすい仕組みとなっているためです。

設営しやすいように、ポールに色分けされていて同じ色の部分に差し込むような仕組みなど、非常にわかりやすくなっています。そのため、初心者でも設営しやすいことがおすすめポイントです。

テントの種類③:ファミリーにおすすめの広いテント

ファミリーキャンプの場合はある程度の広さが必要です。たとえば、家族4人で利用するテントの場合、荷物を置くスペースも考えなければいけません。 おすすめは、広いリビングルームが付いた2ルームテントです。

大きめのテントで重量もあり部品数も多いのですが、慣れれば設営もスムーズに行えます。 ホールアースのファミリー向けテントは、3~4人の人数に適しているものが展開されています。

テントの種類④:お家キャンプやピクニックにおすすめのテント

近頃お家でキャンプを楽しむ家庭が増えています。お家でテントを張るなんてできるの?と思われるかもしれません。サンシェードやポップアップテントなら室内やベランダでも手軽にキャンプ気分を味わえます

SNSでも多くの親子が庭キャンプ、部屋キャンプやベランダキャンプを楽しんでいる様子が投稿されています。お家キャンプを楽しんだ後の撤収も簡単、お子さんと一緒に片付けするのも楽しみの一つです。

【Whole earth】人気おすすめのテントと口コミ

ホールアースのテントは、自然環境に配慮しながらいつまでも楽しめるテントの販売をしています。スペックが高く、軽量で設営しやすいとキャンパーの間で話題沸騰中です。ホールアースおすすめのテントを紹介します。

テント①:アース ピノマッド ティピーテント

アース ピノマッド テント

¥23086円

無骨な見た目ですが、頑丈なつくりで遮光性抜群です。テントの素材は、ポリエステルコットン、焚き火の火の粉が舞い上がっても燃え広がりにくいので安心して使えます。

 

このテントは、通気性も良いため、夏場のキャンプにもおすすめです。また、冷気を防ぐスカート付きなので冬キャンプでも安心。耐久性が高く経年劣化の心配がないことも特徴となっています。

使用時サイズフライシート:約W240xD240xH150cm/ インナーテント:約W220xD100xH135cm
収納サイズ約W44xD24xH24cm
重量約6㎏
素材フライシート:ポリエステル65%、綿35%
30代/男性
30代/男性

コスパが良い

評価:

ソロキャンプに充分なサイズです。テント素材がポリエステルとコットンですが、水弾きがよく、急な雨でもテント内に漏れてくることはありませんでした。このテントのデザインを気に入ってます。

テント②:ワンタッチ コンパクト ツーリングテント

ワンタッチコンパクトツーリングテント

¥15050

ジュラルミン製のポール仕様で軽量でありながら、耐久性も申し分なしです。また耐水性にすぐれた素材で、雨が降っても心配いりません。 このテントは、ワンタッチ構造を使用しているので、フレーム部分を広げるだけで簡単に設営できます

 

  またセッティングの時、各アタッチメントの開閉も自由自在です。フライはベンチレーションと呼ばれる空気を循環させる換気装置付きのため、暑さも気になりません。

使用時サイズフライシート:約 (135+40)×225×高さ115cm インナーテント:約 130×220×高さ105cm
収納サイズ約 56×19.5×16cm
重量約3㎏
素材63D 190T PU3000mm
40代/男性
40代/男性

設営が簡単

評価:

コンパクトサイズなので、持ち運びも苦になりません。実際テントの設営をしましたが、非常に簡単でした。テントを撤収する時、はじめは戸惑いましたがなれれば問題ありません。

テント③:ファミリーテント ドーム アースドーム

アースドーム 240

¥43990

ホールアースからファミリー向けに発売されたテントで、3~4人家族にぴったりです前室の広さもゆったり、コンパクトなのに設営してみると広々しています。テントの各パーツごとに色分けされているので組み立ても簡単です。  

 

フレームは軽量ですが、ジュラルミン素材なので耐久性があり安心です。レインブロッカー付きなので、キャンプ中の急な雨の室内侵入も防げます。またキャンプに欠かせない焚き火の火の粉も防げます。

使用サイズフライシート:(約)260×490×180cm インナーテント:(約)240×240×175cm
収納サイズ(約)25×25×65cm
重量(約)9.50kg
素材フライシート: ポリエステル
40代/男性
40代/男性

前室があることの機能性が魅力

評価:

設営が手間取るのでは、と心配しましたが意外と簡単でした。前室が想像以上に広く感じました。虫よけになるメッシュ素材で、害虫を気にすることもありませんでした。全体的な居住空間がゆったり使えました。デザイン、色合いとも気に入っています。

Whole earthテントの設営方法!アース デュラ Wルーム スコーロンを例に解説!

  • 地面の凸凹がない場所を選んで設営の準備する
  • テントの張りロープをのばして地面に固定する
  • ブルーポール2本をテントの天井部分に通す
  • 立ち上げ時にスリーブを引っ張りながらブルーポール2本を差し込む
  • イエローポールを組み立てる
  • イエロースリーブにポールを通し、ポールの下端をイエローテープに差し込む
  • インナーテントを広げ、備え付けフックをすべてフライシートループに掛ける
  • ペグを順番に17か所に打ち込みテントを固定する

テントを設置する場所をなるべく平らな地面を選ぶことで、寝返りを打つときも違和感なく快適に過ごせます。ホールアースのテントは、設営しやすいように各パーツの色分けがされています

 ブルーポールをテントの溝に差し込んだ後、テントが立ちあがったら、イエローポールをスリーブに通しましょう。そのあと、ポールにフックをかけて固定してください。インナーテントをテント内のフックに取り付ければ設営完了です。

Whole earthはテント以外にも人気商品が充実!おすすめアイテム

ホールアースはテント以外にも魅力的なキャンプグッズがあります。キャンプやピクニックにぴったりのクーラーボックス、アウトドアでゆったりくつろげるチェア、テントの必需品であるシュラフなどデザインや機能性があるギアが充実しています。 キャンプ初心者にもおすすめなホールアースのアウトドアギアを紹介します。

①おすすめのクーラーボックス:ミニクーラー

ミニクーラーボックス

¥2090円

ホールアースのミニクーラーボックスは、コンパクトサイズですが、5リットルの容量です。ミニクーラーは、500mlペットボトルの場合の2本/350ml缶の場合6本がしっかりおさまります。  

ボックスの蓋部分を裏返してドリンクホルダーとしても使える便利さもポイント。またちょっとしたテーブルがわりにもなるので、キャンプだけでなく、ピクニックにもぴったりのアイテムです。

サイズ約W27×D19×H17.5cm
容量約5L
重量880g
30代/女性
30代/女性

保冷機能がしっかりしている

評価:

保冷機能がしっかりしているので、アウトドアに持っていきたい。ペットボトル飲料などがちょうど収まります。ホールアースのグッズは色もカラフルで気に入っています。

②おすすめのチェア:マーメイドチェア

マーメイドチェア

¥5489円

キャンプでも、ゆったり過ごしたいときにおすすめのマーメイドチェアです。ラウンド形で包まれるような座り心地がたまりません。材質は、ポリエステルですが、座面は中綿入りで座ったとき体への負担がありません。  

色はブラックがメインで、キャンプサイトでも周囲に溶け込みます。しまうときは、女性でも簡単操作でたためるのがうれしいチェアです。また収束ベルトやハンドルが付いているので、手軽に持ち運びできます。

サイズ【使用時】(約)80×68×82(h)cm 【座面高】(約)38cm
重量約3.95㎏
素材ポリエステル 
40代/男性
40代/男性

座り心地最高

評価:

畳んだ時は、コンパクトに感じますが、広げてみると大きめです。ゆったりして包まれるような座り心地は最高です。組み立てる手間がないので楽です。イスの骨組みがしっかりしているので、壊れる心配もないと感じました。

③おすすめのシュラフ:封筒型ラルゴ10

シュラフ 寝袋 封筒型 LARGO -5

¥7200円

毛布や布団を半分に畳んだような形で、これを封筒型といいます。封筒型は、マミー型とは違い、体に圧迫しにくく、寝返りも打ちやすいので特に初心者にはおすすめです。  

シュラフの表、裏生地ともにポリエステル素材が使われていることで、 外気温が10℃以下になっても寒さの心配はありません。

さらに同じタイプのシュラフどうしなら連結して広く使うこともできます。キャンプから帰ったあと、洗濯機で丸洗いできるのでお手入れも簡単です。

使用時サイズ長さ190㎝×幅90㎝
収納時サイズ55cm×53cm×25cm
素材ポリエステル
重量約2.8kg
40代/男性
40代/男性

品質とコスパ最高

評価:

シュラフの縫製がしっかりしていて、何回使用しても丈夫です。それほどコンパクトではありませんが、クッションとしても使えるので重宝しています。極寒シーズンでなければ、冬場のキャンプでも活用できます。

④おすすめのリュック: バックパック25L

バックパック 25L

¥5808円

リュックサックを選ぶ際、重心が安定する縦長の形状のものがおすすめ。山登りではリュックが左右に揺られやすいこともあります。ホールアースのリュックは、歩いていても左右に揺れにくい構造です。体への負担を軽減するハーネス、背面パッド付でスムーズに歩行できます。

サイズ30x49x19cm
容量25L
素材ポリエステル
50代/男性
50代/男性

リュックがフィットする

評価:

実際、リュックを背負ってみると安定感が感じられます。中ほどのベルトは高さの調節できるように上下にスライドできて便利。雨天のための防水カバー付き、突風が吹いてもカバーが飛ばされないように、脱着可能なベルトで本体に収納されているのが良いと思います。

⑤おすすめのマウンテンパーカー:セーブザアース

セーブ ザ アース

¥6589円

山の天気や気温の急変が予想され、このような時に着用出来る様開発されたアウターです。現在シーズンごとに材質やデザインも豊富になり、雨や雪が内側にしみ込みにくい素材が使われているパーカーもあります。

すっきりとしたアーバンなシルエットに仕上がっているので、キャンプだけでなく普段着としても着回しができるパーカーです。

カラーミディアムグレー
サイズS・ M ・L ・XL
素材コットン100%
40代/男性
40代/男性

着心地がいい

評価:

イメージ通りのパーカーでした。コットン素材なので優しい肌ざわりです。しっかりした材質で金額的にも満足です。

まとめ:Whole earthのテントで快適なキャンプを楽しもう

Whole earthのテントについて解説しました。ホールアースは、常に自然に寄り添うアウトドアグッズを提供しています。テントの素材やパーツが長期に使えることや、軽量化にこだわっていることなど使い手のことを考えていることが口コミ評価が高い理由だと言えます。

また自然にマッチするようなカラーや見た目もおしゃれさもポイント。ホールアースは、テント以外でも多くの方が心地よく使えるようなギアを提案しています。 ホールアースのテントやキャンプギアを選んで快適なキャンプを楽しみましょう。

ルーフテントの後悔しない選び方!人気のおすすめアイテムも紹介

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/rooftent-recommend/

ルーフテントの扱い方について、わかりやすく説明します。ルーフテントのメリット・デメリットを詳しくまとめました。また、選び方のポイントや、おすすめ商品も徹底解説。さらに、ルーフテントを利用する際の注意点も深く掘り下げたので、ぜひ参考にしてみてください。

パップテントの張り方アレンジ!過保護張りや小川張りがおしゃれで大人気

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tent/pup-tent-arrange/

パップテントの張り方のアレンジ方法を、わかりやすく説明します。また、過保護張りや、小川張りなどの張り方を徹底解説。さらに、過保護張りや、小川張りに適したパップテント・タープも詳しく紹介しているので、ぜひ目を通してみてください。

テントコットを自作してみよう!高床式なので雨の日やソロキャンプでも快適

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/bed/tent-cotto-handmade/

テントコットを自作する方法について紹介します。テントコットは高床式となるため、キャンプを快適にすることができる便利なアイテムです。テントコットを自分が好きなスタイルに自作する方法や、おすすめのアイテムなどをまとめてみました。ぜひチェックしてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

安眠は確実!抗菌防臭で丸洗いOK「ロゴス」の枕付きサウンドリーシュラフをチェック

ロゴスより発売された新作「抗菌防臭 丸洗いサウンドリーシュラフ」について紹介します。商品名にあるサウンドリーとは、ぐっすりといった意味を持つ言葉です。アウトドアの夜を快適な睡眠に誘うポイントが詰まったシュラフ。その全貌について、まとめてみました。


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし