「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

100均でキャンプ用救急セットを揃えよう!救急ポーチの詰め方も紹介

100均でキャンプ用救急セットを揃えよう!救急ポーチの詰め方も紹介

100均でキャンプ用救急セットを揃えられるか調査します。100均で救急セットが揃えられるのと思われがちですが、今100均の商品はクオリティが高くドラッグストアに負けません。100均で揃えた救急用品の詰め方も紹介します。100均のポーチを利用して救急セットを自作しましょう。


キャンプ用救急セットを100均で揃えてみよう!

キャンプに欠かせない救急セットを揃えたい時、100均を利用したらリーズナブルな予算で済みますね。ダイソーやセリアなどは、私たちの暮らしに必要なアイテムが豊富に揃っています。しかもほとんどの商品が110円、それでいて品質を落とすことはありません。

キャンプに出掛けるとき、絶対持っていきたいものが、救急用品です。ドラッグストアや薬局などで購入するのも良いのですが、100均でも絆創膏や消毒液といった怪我をしたときに役立つ物が手に入ります。100均で救急セットを揃えてみましょう。

キャンプ用救急セットを100均で揃えるメリット

100均では、ファーストエイドといわれる救急セットは販売していません。しかしアウトドアでいざという時、100均で必要なアイテムを揃えることができます。具体的にどのような救急グッズが手に入るのでしょうか。100均で揃えるメリットを紹介します。

100均で揃えるメリット①:必要なものだけを揃えることができる

ダイソーなど100均では、救急セットの商品はありません。従って救急用ポーチや救急用品をそれぞれ揃える必要があります。100均は、ドラッグストアで販売されている救急用品と同じような品揃えです。さまざまなシチュエーションに合わせて救急グッズを購入できます。

例えば絆創膏、アウトドアでは膝や手をすりむいてしまうことも、100均の絆創膏はサイズや形も豊富です。傷の手当に必要なものや急な発熱のためのシートなど、いざという時の救急用品を販売しています。他にも虫刺され対策用品や手当に必要な器具まで揃えられます。

しかもほとんど110円というのが嬉しいポイントです。

100均で揃えるメリット②:コストを抑えることができる

100均は、私たちの暮らしに必要な物がほとんど揃えられるといっても良いでしょう。しかも110円なので手軽に購入できます。以前はとかく100円の商品は安いだけで品質が悪いのではないかと懸念されました。

現在100均の救急用品は品質が向上して、ドラッグストアストアの救急用品とかわりはありません。例えば救急箱やポーチまで、ありとあらゆる救急用品が110円、気軽に揃えたり補充もできます。

キャンプだけでなく防災用、日頃のお出かけ用などいくつものシチュエーションで揃えられるのも低価格な100均ならではです。

100均で揃えるメリット③:おしゃれにリメイクできる

100均では、救急セットは売られていません。そのため救急用品を入れるケースやポーチが必要です。ダイソーなど100均にはシンプルなケースから、かわいいキャラクターのデザインまで多くのポーチが売られています。

SNSなどでは、シンプルな取っ手付きのケースに救急マークのイラストをデザインしたオリジナル救急セットやかわいくステッチしたアイデアポーチなどが投稿されています。お子さん用に、おうちの薬箱も自分流に変身させてみましょう。

100均で揃う救急セットの中身

あえて薬局やドラッグストアへ行かなくても100均で救急セットが用意できることがわかりました。ここからは具体的にケース、絆創膏や消毒液など100均で揃う救急セットの中身について見ていきましょう。

100均で揃う救急セット①:救急セットのケース

アウトドアやキャンプに持っていく救急ケースは、中身がはっきりわかる物がおすすめです。また持ち運びがしやすいように、持ち手が付いているとキャンプでも重宝します。そこでおすすめの一つは、100均のケース付きクリアボックスです。

このようなクリアボックスは、消毒液や熱さましシートといった大きな物から絆創膏などばらばらになりやすい物まで収納しやすくなっています。コスパがいい100均救急グッズで揃えていくうち、自分好みの救急箱が完成できます。

100均で揃う救急セット②:絆創膏

絆創膏は、常備しておきたい救急グッズです。100均では、大きさや素材も違う絆創膏が豊富に販売されています。100均各社では、それぞれ特徴的で使いやすい絆創膏が目白押し。家庭内に常備したい物やアウトドア用に備えておきたい物など目移りしそうです。

キャンプではちょっとしたことで擦り傷、かすり傷を負う場合があります。また靴ズレになるとアウトドアを楽しめません。そんな時のために絆創膏は必需品です。メーカーによって、消毒液付きのものや防水加工された製品まで多種多様、いくつでも揃えることができます。救急箱には備えておきたい救急グッズです。

100均で揃う救急セット③:消毒液

キャンプ中は、転んでひざを擦りむくなどの怪我が絶えません。通常、応急処置として水道水で傷口を洗います。しかし場合によっては水道が使えないこともあり、そんな時に消毒液があれば傷口の洗浄が可能です。

キャンプでは怪我をしたり、虫に刺されたり予想外の事態が起きます。100均のオキシドールは、成分が薄いと思われがちですが、これは患部への刺激を軽減するためのものです。 ファーストエイドとして消毒用オキシドールは備えておきましょう。

100均で揃う救急セット④:ホイッスル

ホイッスルは災害でトラブルに巻き込まれた場合、緊急事態を知らせるのにぜひ持っておきたいグッズです。災害時はもちろんキャンプ中道に迷ったりしたときに役立ちます。山でのキャンプは、ちょっとしたことで迷ってしまうことも、特に子どもには持たせたい必需品です。

ホイッスルは、IDカードが付いているものもあり、緊急時に身元確認ができます。しかも個人情報は、本体部分の中に入れられます。個人情報をさらすことなく、カバンやリュックサックに取り付けできて安心です。

100均で揃う救急セット⑤:ピンセット

キャンプの時、ちょっとしたことで指にとげが刺さってしまうことがあります。このような場合に役立つのがピンセットです。ピンセットは、とげだけでなく、小さな物を摘まめたりして重宝します。

100均のピンセットは、先端部分が丸いタイプから滑り止めがついているタイプまで種類も豊富です。先端に滑り止めが付いているピンセットが扱いやすくおすすめです。

100均ダイソーでキャンプ用救急セットを揃える

救急セットは、家庭でもアウトドアでもいざという時に役立ちます。とはいえ、薬局やドラッグストアで用意するのは費用がかさみます。そんな時100均で必要なアイテムを揃えればお得です。

本来家庭用の救急箱は、飲み薬や傷の処置をする物など多くのアイテムが整っていますが、キャンプ用の救急セットは、必要な物だけ揃えればいいので手軽に持ち運ぶのでかさばりません。ダイソーで揃う救急セットについてみていきましょう。

ダイソーの救急セットの特徴

ダイソーの救急箱は、以前のような大きいケースではなく、コンパクトなサイズになりました。アウトドアに出掛ける時にも便利です。ダイソーのケースは、トレイ付きなのでピンセットや毛抜きなどを収納できます。

以前と同じ容量が大きいサイズはもちろん、小さなサイズまで品数豊富です。ダイソーには救急セットを収納できるアイテムが豊富、その中でもクリアボックスは入れやすく一目で中身が確認できるのでおすすめです。

100均ダイソーおすすめ救急箱①:ミニポーチ(仕切り付)

山や川でのキャンプは楽しいのですか、河原の石でつまずいて膝を擦りむいたり、枯れ木を触ってとげが指に刺さったりと傷が絶えません。そんな時、救急セットを備えておけば安心です。

薬局やドラッグストアで揃えるのも良いのですが、100均で救急セットを揃えれば費用も抑えられます。100均だからと侮るなかれ、絆創膏や消毒液もドラッグストアの物と変わりません。なんといっても安いので自分好みに救急セットを揃えてみてください。

40代女性
40代女性

コンパクトで持ち運びが便利

評価:

救急用品を収納する際、ボックス型もいいけどポーチならバッグに入れて持ち運べるから気にいっています。

100均ダイソーおすすめ救急箱②:クリアボックス

ダイソーのクリアボックスは、ポリプロピレンの素材なので中に入っているものが一目でわかります。屋外で、いざという時のファーストエイドにも慌てることはありません。

クリアボックスは、コンパクトサイズで持ち手がついているので、場所を移動する際も素早く対応できます。救急用品は、意外と細かく散らばりがちですが、クリアボックスはトレイ付きなので絆創膏などのような細かい物もきちんと収納できます。

40代/女性
40代/女性

持ち運びしやすい

評価:

家でもアウトドアでもいざというとき、さっと取り出せてどこへでも持ち運べます。救急箱の中身がしっかり確認できます。

100均セリアでキャンプ用救急セットを揃える

キャンプブーム真っ盛りの今、100円ショップ各社もキャンプ用品を豊富に揃えています。セリアではキャンプにも使えるファーストエイドに対応できるアイテム販売にも力を入れています。 セリアのケースとセリアならではの救急グッズを見ていきましょう。

セリアの救急セットの特徴

家庭内とは違い、キャンプ中にちょっとした怪我をすると、すぐに応急処置ができません。そんな場合コンパクトな救急セットを用意しておくと安心です。

セリアの救急ケースは、ダイソーほど種類はありません。ケースは中身が見やすい素材が使われていて、防水パッキン付きもあり中まで濡れないなど機能性が考えられたものもあります。ケース表面に水がかかっても簡単に拭き取ることができるなど便利さも特徴です。

100均セリアおすすめ救急箱①:ハンド救急箱

横17.9cm×縦11.5cm×高さ7.1cmのプラスチック製救急箱です。なんといっても値段が安いので、いろいろな状況に応じて複数の救急箱を揃えることができます。

見た目は小ぶりのボックスですが、整理用トレーがついているので、ばらばらになりがちな絆創膏や飲み薬をわかりやすく収納できます。自分なりに工夫して中身をわかりやすくカスタマイズできるのも、プラスチック製救急箱ならではです。

40代/女性
40代/女性

小物を整理するトレーが付いていて便利

評価:

小型で持ち運びしやすいです。トレーがついているので絆創膏などの収納に便利です。

100均セリアおすすめ救急箱②:BEL-FORET

セリアのベルフォーレ収納ケースは、コンパクトで手のひらに収まる大きさです。ケースのデザインは、キャンプメーカーのコールマンを思わせます。 構造はシンプルですが、屋外でいざという時必要な救急用品は収まるので便利です。

キャンプブームの今、キャンプ用品だけでなくファーストエイドのためのケースとして活躍すること間違いありません。セリアはコスパはもちろん機能性や見た目におしゃれな救急箱を発売、このケースはセリアでしか見つけられません。

30代/女性
30代/女性

デザインに一目ぼれ

評価:

こぶりな大きさながら自分好みの救急箱になります。作りが簡単でもふたの開閉はしっかりできます。蓋部分のデザインが、有名キャンプブランドのようで気に入りました。

100均キャンドゥでキャンプ用救急セットを揃える

キャンドゥは、家庭で役立つ便利グッズ販売に特化してきました。家事を楽にするグッズや身の回りの商品など一通り揃えることができます。 キャンドゥでは、アウトドア用の救急箱や救急関連グッズも発売中です。キャンドゥで、他の100均とは違う救急セットを揃えてみましょう。

キャンドゥの救急セットの特徴

キャンドゥは、アイデアいっぱいのハンド救急箱を販売しています。見た目は、シンプルで中身がはっきり見える救急箱です。深すぎないので様々な救急用品がごちゃごちゃしません。

また取り外しが可能なトレイ付き、このトレイには絆創膏などの収納におすすめです。バンドエイドや消毒液などの救急用品はもちろん、家庭内のこまごまとした物の収納にもおすすめです。

100均キャンドゥおすすめ救急セット①:ハンド救急箱

このボックスはなんといっても、持ち手がついているので手軽に持ち運べることがおすすめポイントです。キャンドゥは、100均他社と比べると販売されているアイテムは少ないのですが、家庭的で簡単に使えるアイテムにこだわっています

そのため小さめなケースですが、飲み薬の箱、絆創膏やピンセットまできちんと収納が可能です。緑色のトレイ付き、ばらばらになりやすい飲み薬もきちんと収まります。

40代/男性
40代/男性

救急箱といえばこれです。

評価:

100均各社の救急のケースを沢山販売しているけど、これはシンプルなボックスタイプなので使いやすい。

100均キャンドゥおすすめ救急セット②:保冷剤入りポーチ

キャンドゥには保冷剤入りポーチがあります。このポーチは、片面がすでに保冷になるように作られています。このポーチの使い方はさまざま、自分好みに使えて便利です。

たとえば保冷剤になってる面に沿って濡らしたガーゼや汗拭きシートを収納すれば冷たさが長持ちします。さらに熱さまシートの冷たさもキープできること間違いありません。特に夏場のキャンプでは熱中症対策は重要、このポーチを利用すれば屋外でも安心して過ごせます。

40代/男性
40代/男性

110円だけど使い心地抜群

評価:

ポーチ自体が保冷機能になっているので、夏の外遊びに絶対持っていきたいです。

100均の救急ポーチの使い方

100均各社では、生活に役立つグッズをたくさん販売しています。その中からいざという時に役立つ救急ポーチの使い方ついて調べてみました。キャンプ中ちょっとしたことで怪我をすることがあります。100均のポーチを利用した救急セットの使い方をみていきましょう。

100均の救急ポーチに詰めてみよう

  • 救急セットに必要な物を確認する
  • 必用な物をチャック袋に1回分を目安に入れる
  • 絆創膏はサイズの違うものを用意すると便利
  • チャック袋を用意しておくと雨にも対応できる

ドラッグストアや通販などで救急セットを購入することはできますが、ファーストエイドの救急セットを自分で作ってみるのもおすすめです。 何を揃えたらいいかわからない時は、動画などを参考にして真似してみるとよいでしょう。実はほとんどの救急用品は、100均で揃えることができます。

怪我をしたとき必要な消毒液や絆創膏だけでなく、コンパクトなはさみやピンセットも用意しておくと便利です。さらにゴム手袋を1組、数枚のビニール袋も入れておくと重宝します。

100均でキャンプ用救急セットを揃えて万全な準備を!

山や川でのキャンプは楽しいのですか、河原の石でつまずいて膝を擦りむいたり、枯れ木を触ってとげが指に刺さったりと傷が絶えません。そんな時、救急セットを備えておけば安心です。薬局やドラッグストアで揃えるのも良いのですが、100均で救急セットを揃えれば費用も抑えられます。

100均だからと侮るなかれ、絆創膏や消毒液もドラッグストアの物と変わりません。100均各社では、ポーチやケースを販売しています。自分好みの100円グッズで救急セットを自作してみてはいかがでしょうか。

キャンプにおすすめの救急セットを紹介!必要なものや選び方を解説

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/camp-firstaid/

キャンプにおすすめの救急セットを解説します。キャンプでケガをしたときに使う救急セットに必要なものを説明!おすすめの救急セットの選び方や購入の仕方も伝授します。キャンプで役立つ救急セットも厳選して紹介しますので、参考にして緊急時のために備えておきましょう。

虫除けリングって効果あるの?100均から超音波タイプまで幅広い商品を紹介!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/bug_repellant/musiyokeringu/

虫除けリングって効果があるのかについてまとめています。虫除けに効果がある、虫が好まない香りや成分など虫除けリングの選び方を解説。ダイソーなどのものから超音波効果タイプまで子供から大人が使えるおすすめの商品や使用する時の注意点を紹介します。

登山におすすめの日焼け止め12選!紫外線対策に効果的な人気商品紹介

https://news-magazine-campers.com/outdoor/climbing/mountain-climbing-sunscreen/

登山の時は日射しも強く、肌へのダメージがあるため性別問わず日焼け止めが必要です。日焼け止めの種類はスプレータイプやスティックタイプなど数多く、それぞれにメリット・デメリットがあります。種類豊富な日焼け止めの中から、登山に適したおすすめの商品を厳選してご紹介します!

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

圧倒的なコスパと機能性!「ホールアース」のおすすめテント11選【設営動画付き】

「ホールアース」のおすすめテントをわかりやすく紹介します。「ホールアース」の魅力やおすすめのテントをソロ用・ファミリー用に分けて紹介しています。さらに、設営方法も動画とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。