「この記事はアフィリエイト広告を含んでいます」

ogawa「アポロン」の魅力に迫る!種類やスペック・いまいちと感じる点は?

ogawa「アポロン」の魅力に迫る!種類やスペック・いまいちと感じる点は?

人気ブランドogawaの「アポロン」を紹介します。ogawaのアポロンは、トンネル型のテントで一見シンプルなトンネルテントに見えますが、実はアポロンには優れた魅力が満載です。小川のアポロンの魅力やスペックなどをまとめてみましたので参考にしてください。


ogawa「アポロン」のスペックや魅力を紹介!

ogawaの「アポロン」は、トンネルテントタイプの中でもハイプライスで知られています。しかし、値段が高くても手に入れたいキャンパーが続出しているのはそれなりの理由があります。

人気のトンネル型テントの中でも、小川のアポロンが選ばれる魅力とはどんな点なのでしょうか。気になる小川の「アポロン」には、他を追随する優れたスペックがあります。

小川の「アポロン」がどんなに魅力的なテントなのかさっそくみていきましょう。

ogawaアポロンの種類とスペック

ogawa:アポロンS

アポロンS

¥121000

小川の「アポロンS」は、3人収容可能なトンネル型テントです。アポロンをコンパクトにしたタイプで、2022年に発売されました。全面メッシュ装備となっているので、オールシーズン対応できます。カップルや少人数でのキャンプにおすすめのサイズです。

素材(フライ)ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)
重量フライ約6.0kg、インナー約2.0kg
男性
男性

総じてハイクオリティなテント

評価:

トータル的にさすがの小川だと思いました。前室は予想以上に広く快適で、強度などもまったく問題ありませんでした。雨の日でも撥水性もあり不具合もなく快適に使えました。

ogawa:アポロン

アポロン

¥178200

小川「アポロン」のコンセプトは、日本の気候に適した全天候型テントです。強度と剛性に優れている点は、雨や風などの影響を受けにくい構造であることがメリットとなります。さらにメッシュパネルは、開放感たっぷりでどんなシーズンでも対応できるポイントです。

アポロンのサイズは5人用となっているので、ファミリーやグループキャンプにおすすめできます。

素材(フライ)ポリエステル210d(耐水圧1800mm)
重量総重量(付属品除く)23.0kg
収納サイズ80x45x35cm
男性
男性

涼しくて広々

評価:

家族5人で夏のキャンプで使用しました。外の気温が29度の状態でしたが、テント内は涼しく快適でした。狭いというレビューもありましたが、使い方にもよるのではないかと思いました。我が家は子供3人大人2人で十分な広さでした。

ogawa:アポロンT/C

アポロンT/C

¥162800

小川の「アポロンT/C」は、T/C素材を使用した新たなアポロンです。T/C素材を使用したことで快適さがさらに増しています。ルーフフライが標準装備となっているので、遮光性や結露対策もバッチリです。そして、テントの内側に結露防止対策のカバーがついています。

テントのサイズは、5人用となっているのでファミリーやグループキャンプにおすすめです。

素材(フライ)T/C(耐水圧350mm)ポリエステル210d(耐水圧1800mm)
重量フライ約15.7kg
男性
男性

テント内が広く快適

評価:

まだ、試し張りしかしていませんが、中がとても広いことに感動しました。重さはありますが、それでも快適さを考えたら納得のテントです。キャンプが楽しみです。

ogawaアポロンの魅力

魅力①4シーズン使用可能

小川のアポロンの大きな魅力は、4シーズン使用可能である点です。アポロンのコンセプトは、日本の全天候に適したテントとなっている通りすべてのシーズン使用できます。

スカートを使用して隙間風を防ぐことで冬対策ができ、フライシートによって夏の日差し対策や結露の調整なども可能です。

値段は高額に感じると思いますが、オールシーズン対応ということを考えると頻繁にキャンプする人にとってはおすすめと言えます。

魅力②2ルームテントやシェルターとしても使える

小川のアポロンは、ルームテントやシェルターとしても使うことができます。アポロンは、左右対称の形なのでインナーテントを使用して、そのときのシチュエーションに合わせて好きなスペースにリビングと寝室を作ることができます。

また、インナーテントを使わずシェルターとしてのスペースにもできるため、自由度が高い点が魅力です。

魅力③テントの側面は一面メッシュになる

小川のアポロンは、全面メッシュであることが特徴です。出入口がメッシュなど一部メッシュというテントはありますが、ここまでのサイズ感で全面メッシュというのはあまりないタイプと言えます。

開放感があり通気性もよいため、かなり快適なキャンプが楽しめるポイントです。特に、夏の蒸し暑い時期などは虫の侵入も防ぐことができ段違いに快適だと感じるでしょう。

魅力④設営は複雑ではないが慣れるまでは時間がかかる

小川のアポロンは、サイズが大きいため設営に関しては慣れるまで時間がかかる考えられます。構造的には複雑さはないため、設営自体はさほど難しくはありませんが1人で簡単に設営できるタイプでもありません。

慣れるまでは、最低2人で設営することをおすすめします。とはいえ、慣れてしまえばそこまで大変さは感じないので安心して設営できるでしょう。

ogawaアポロンのいまいちな点

デメリット①重量と収納サイズが大きい

小川のアポロンはメリットがたくさんありますが、デメリットもあります。その1つは、サイズが大きいため重量があるということです。一人で気軽に持ち運びできるというサイズではないため持ち運びが大変です。

さらに雨の日キャンプの後などテントを乾かす場合、サイズが大きいので家によっては自宅で乾かすことが困難なこともあります。アポロン購入を考える際のポイントとして覚えておく必要があるでしょう。

デメリット②前室が狭いという口コミも

小川のアポロンは、前室が狭いという口コミがよく見られます。実際、他のテントと比較すると狭いという点は否めないのですが、これは人数や物の置き方などによって感じ方が変わるようです。

前室に物をたくさん置きたい人にとっては狭いと感じますが、そうでなければ十分だと言えます。人数に対してこだわりのギアを多く設置したい人は設置の工夫が必要となるでしょう。

狭いと感じる人は、前室の使い方次第で快適にすることもできます。

ogawaのアポロンを展示している場所はどこですか?

小川のアポロンを展示しているのは、ogawa GRAND lodge各店舗とogawa premium storeです。実際のサイズ感などを知ることができるので、展示に足を運ぶことはおすすめできます。展示イベントなどは、SNSや公式サイトなどで告知されているのでチェックしてみましょう。

ogawaアポロンをキャンプに持っていこう!

ogawaの「アポロン」の魅力やスペックなどを紹介しました。アポロンは、トンネル型テントの真髄とも言われているキャンパー憧れのテントです。シェルターにも2ルームテントにもなる、まるでロッジのようなアポロンは高規格キャンプにも対応できる優れものです。

アポロンには、狭いなどデメリットもあるのでメリットだけでなくデメリットも理解しておくことも大事と言えます。ワンランク上のキャンプを楽しめる小川の「アポロン」で、いつも以上のキャンプを満喫しましょう。

ogawa(オガワ)のカーサイドロッジまとめ!2022年NEWアイテムの実力は?

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/tent/ogawacersaiderozzi/

ogawa(オガワ)のカーサイドロッジを解説します。カーサイドロッジの基本情報や特徴、カーサイドロッジ以外のカーサイドテントもまとめています。スチールフレームが特徴のカーサイドロッジがオートキャンプに最適な理由も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ogawaのコンセプトストア「ogawa GRAND lodge 成田」がオープン!店舗情報を紹介!

https://news-magazine-campers.com/camping_equipment/ogawa%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%88%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2%e3%80%8cogawa-grand-lodge-%e6%88%90%e7%94%b0%e3%80%8d%e3%81%8c%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%ef%bc%81/

ogawa GRAND lodge 成田について詳しく解説します。ogawa GRAND lodge 成田の店舗情報やアクセス方法、魅力をまとめました。さらに、ogawaのおすすめテント3選も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

夏キャンプに潜むリスク!暑さ対策をして熱中症を予防しよう!

https://news-magazine-campers.com/camping_knowledge/summercamp-netyuusyou/

暑さ対策をして、快適に夏キャンプを満喫する方法を紹介します。暑さ対策のためのキャンプ場の立地や、熱中症予防になるテントの素材なども詳しくまとめます。また、夏キャンプにおすすめの便利グッズも多数取り上げて説明しているため、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のライター

旅行とアウトドアが好きです。2匹の猫とゆったり過ごしています。

最新の投稿


【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

【実体験】スウェーデンのアドベンチャーギア ドメティック「ポータブルストレージ」を使ってみた

スウェーデンのアウトドアギアブランドである「ドメティックのポータブルストレージ」をレビューします。かさばるギアをまとめて収納できるため、車の中やクローゼットの中を綺麗に整えることが出来る便利なアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。


キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめの「モバイルバッテリー」10選!選び方や注意点、容量などを解説

キャンプでおすすめのモバイルバッテリーを10種類紹介します。モバイルバッテリーを販売しているメーカーは数多くありますが、重要なのは選び方を知ることです。バッテリー本体の容量や充電時間などをチェックして、キャンプでも活用できるモバイルバッテリーを選んでください。


【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

【静岡】富士山の雪解け水が味わえる「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」をレビュー!

冬季休業明けが待ち遠しい「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」の魅力を徹底解説します!一日に35,000tもの富士山の雪解け水が湧き出る、苔むしたフィールドに囲まれたキャンプ場。富士山の湧水と針葉樹と広葉樹が広がる森でキャンプを満喫してきました。


【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

【岐阜】多彩でお洒落なサイトと綺麗な景色が楽しめる「IGIYAMA FOREST」をレビュー

「IGIYMA FOREST」は2020年にオープンした、岐阜県各務原市にあるお洒落なキャンプ場です。そんな「IGIYMA FOREST」の魅力と、実際に行って感じたこと、サイトや設備などを紹介するので、是非参考にしてみてください。


これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

これさえあれば憂いなし!「オールシーズンテント」11選 スノーピークやDODなど

春夏秋冬、季節を問わずキャンプを楽しみたい方におすすめの「オールシーズンテント」について紹介します。どの季節でも快適に過ごせるオールシーズンテントの魅力や、3シーズンテントとの違いを詳しく解説。さらに、今チェックしておきたいオールシーズンテント11選をまとめました。


最近話題のキーワード

キャンパーズで話題のキーワード


100均 ブランド 東京 車中泊 アクセサリー 日帰り 関東 火起こし